PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
……うん。
ボクらも、違うひとで、違う種族だけど。
……おともだちになれたんだもん。
きっといつか、どんなひとも、種族もこえて、仲良くなれる日が来ると思うな。

(小さく頷いて。
そんな日が来ることを祈るように、空を眺めた)

うん、ボクら、おともだち。
……ボクも。ボクもおともだちがふえて、うれしい。
えへへ、しあわせ。

(その様子を見て微笑ましいとでもいいたげに、くすくすと笑って)

手を握ってくれるひとや、おともだちがいるだけで。
ボクはまだまだ、成長出来ると思うから。
……きっとそう、です。
信じます。そんな、未来を。

(小さく手で拳を作って握って)
(がんばります、とでも言いたげに、やる気に満ちた表情で)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM