PandoraPartyProject

部隊スレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
ほんと?……うれしい、ありがとう!

(髪に飾られた花に触れて、嬉しそうにはにかみ)

ふゆのいろをした、魔法……なの、かな。
そう言って貰えると、嬉しいな。ありがとう。
ボクも。……ボクも、エーリカさんの魔法がすきだよ。

(自分の魔法を肯定してくれたこと。
自分の知らない冬を教えてくれたこと。
世界はなんて優しいのだろうか?
幸せをたくさん受け取った少女は、幸せをお裾分けするように言の葉を重ねて)

うん、うん!一緒に、たくさん!
ボクは冬を、楽しい冬、を、しりません。
……だから。
エーリカさんに、たくさん教えてもらいたいな?


キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM