PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
そっか、人間種……

(ちらりと少女のもつ長耳に目を向ければ)
(自分の知らない苦悩があるのだろうな、と少し申し訳なさそうな表情に)

ヒトにとって。
未知は恐怖であり敵なのでしょう。
だから知りたいと思うのか、そうではないのか。
……エーリカさんとであった方は、後者だったんですね。

(自分だったのならきっとできない考え方だな、と感嘆の声を漏らし)
(すごいね。と。言葉にすることは躊躇われたので、また蝶を飛ばして)

ぼ、ボクってば、ついうっかり。
きをつけるね。

うん。きっと、ボクはそれだけでたくさんパワーをだせちゃいます。
ありがたいです。彼がそばにいてくれると、知らないことをたくさん知れます。
…はい。どこかで会えたら、きっと成長したすがたを、見てもらいたいのです。

(大きく頷いて。自分はまだ未熟だけれど、でも少しずつ前へ進めているはずだから)
(だから、ありがとうと微笑んで)


……。あの、ね。
ボク、もうお友達だと、思ってたんだけど……だめ、だった?

(目と目が合って。思わずそう返せば)
(やっちゃった、と言わんばかりに申し訳なさそうに頬を掻いて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM