PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
…ふゆのいろ。
ボクのしらない、優しい冬。

(頷き、そして反芻するようにことばを繰り返して)
(自分の知らない雪や氷のそのすがた。どうして知ることがなかったのだろう?
不思議そうに瞳を輝かせて)

…ありがとう。
ボクの魔法も、きっとよろこんでる。

(ありがとう。ちゃんと心から言える。幸せだな、とつぶやいて)

……!
しらなかった。とってもすてきな、過ごし方。
ふゆって…冬、って、すごいんだね。
ボクにもそんな冬が、来てくれるでしょうか。

(ふゆがきらい、と)
(発してしまった言の葉も蝶も、元には戻らないことを知っているから)
(不安げに眉根を寄せて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM