PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
うん、いっしょ。
えへへ、そっか。おんなじだ。

(そうだね、と言葉を交わして)

芽吹きを、待つ。
…うん。冬も。きっと、大切なきせつ、だね。

(冬が来るのが怖かった。
でも、今年はきっと、大丈夫だ、と。心のどこかで確信して)
(だから、同じように微笑み、頷いて)

ううん、へんじゃないよ。
ボクが、蝶を生むのとおなじ。
世界からのプレゼントだもの。
…ボクにはそれができないから、うらやましいなぁ。

(どうして?と言いたげに首を傾け)

そっか、お仕事を…。
えらいね。ちゃんと、自分のいきるために、自分で動いたんだね。
それができるって、とってもすごいし、えらいし。
ほめられるべきことだと、思うよ。

(自分が過ごしたことのない時間を重ねた目の前の少女に、尊敬の気持ちは積もるばかりで。
すごい、だとか、えらい、だとか。
そんな言葉でしか表現できないのが悔しそうな顔をして)

ううん。だいじょうぶ。
今はね。お話ししてくれるともだちもいるし。
おかえりって言ってくれるひとも、いるから。
だから、いなくなっちゃったのは寂しいけど、今の生活も、好きなんだ。

(それに、まだこの世界の何処かにいると思うの、と付け足して)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM