PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
ふふ、ほんとにおひめさまみたい。
よかった、気に入ってくれた。

(安心したように息を吐き。
同意を求めるように精霊たちに、ね?と声をかけて)

…そうなの?
氷も、雪も。命を奪うだけの、ちからじゃ、ないの……?

(あたたかい。あたたかい言葉。あたたかなやさしさ。
少女のこころにすうっと、とけて、染み込んでいくのをゆっくりと感じ取って)

ボク、ね。
ボクのちからも、からだも、この瞳も。
ぜんぶぜんぶ、嫌いだったの。

(でも。小さな手でスカートを握って、それから)

でも、ね。
ようやく。好きになれそう。
だから、ありがとう。

(微笑んで。心からの感謝を伝えたい、と)

……どんなちからでも。
愛されるべきだし、誇れるものだし。
それを知ることのなかったヒトが、いたのは。
少し、残念に思います。

(受け入れられなかった自分のちから。
混沌でも、少女の居た世界でもきっと、同じことはあるのだろうと。
悲しさの混じった声色で告げて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM