PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
ふだんは……森の奥に。
ローレットにいるときもあるんだけど、森にいたほうが落ち着くの。

(待ち合わせはどこにしようか、と問いかけて)

…うん。安らかな、優しい眠りがあると、いいな。
冬は、ねむりの季節。
…そっか。そうなんだね。

(ことばを繰り返して、反芻して)
(自分の知らない冬のすがたを、羨むように)

ほんと?…そういえば。
エーリカさんは、木々のことばが、聞こえるの?

(声なきものたちの声を、伝えてくれるその行動に)
(ふと気が付いたようで。率直な疑問を言葉にし)

此方の人も召喚されたんだ、ね。
……ひとり。そう、でしたか。
でも、ボクと話していても、変なところはなくて、すごいね。
じょうずだと、思うよ?

(辛いことを思い出させたかな、と申し訳なさそうに視線を落とすのだが。
でも。今ことばを交わしているあなたの姿が、そんな風には思えない、と。
少しばかりの励ましと、心からの尊敬をのせて)

ボクを拾ってくれたヒトが、居てね。
そのヒトが、ことばや、文化や、いろいろなことを。
空っぽだったボクに教えてくれたから。
だから、だいじょうぶだよ。

(もうそのヒトは傍にはいないのだけれど、と小さく付け足して)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM