PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
うん。全然変じゃないよ。
とってもとっても、可愛い。

(嬉しそうな表情に、こちらも顔を綻ばせ)

…っ。

(ひらひら、ふわり)
(気まぐれにその指にとまったその蝶は。
ピキピキ、パリン――。と音を立て、消え去るだろう)
(もしも。もしもふと視線をあげた先。少女と目が合ったなら。
悲しさの色の混ざる表情で、笑みを浮かべ)

うん、……そう、だね。
ボクは、冬が嫌いです。……とても。
こんなこと、誰にも言ったことはないんだけれど。
……ごめんね。きっとボク、今すごく、悪い子だ。

(苦々しい顔で、肯定して)
(申し訳なさそうに、悪い子だ、とことばを零し)

きっと、そうだよ。
ボクはそう思う。

(笑みを浮かべ深く頷き)
(嬉しそうな彼女たちの様子を楽しそうに見守って)

わぁ、ほんと?
ボクもおしゃべりは、好きになれたから。
えへへ、そっか、そっか。

(目を細めて、噛みしめるように)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM