PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
そう、なの?
ジャム、すごいね。なんにでも、変身しちゃう。

(待ち遠しいね、とはにかんで)

ひんやりしたこの森は。……きっと、寂しいのかもしれないね。
だから、こんな素敵なお花畑や、薬草をうみだして、ヒトをよぶのかも。
すきだなって想い、伝わってると、いいな。

(ぐるり。少女たちと精霊たちがいるには、広すぎる花畑を見渡して。
うん、やっぱりこの森がすきだ、と確認するように風の音に耳を澄まし、目を伏せた)

ほんと?……そんなふうには、見えなくって、びっくりしちゃった。
ボクもね、沢山お話しするようになったのは、こっちの世界にきてから、なんだ。
だから、どうしてかな……親近感。
“すき”が“おなじ”ってだけでも、とってもうれしいのに、ますますしあわせ。

(おなじ思いならなおさら嬉しいな、と照れ混じりにこぼして)

……うん、ありがとう。えへへ。
じゃあ、えっと、そうだなぁ。
…なにかしりたいこと、ある?

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM