PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
! うん、任せて……!

(表情を輝かせ、嬉しそうに頷いて)
(小さな手に拳を作って、がんばります!と)

……!!いい、ですか?
わぁぁ、ジャム、ほんと?
ど、どうしよう、すっごく嬉しい……!!

(嬉しそうに、にまにまと口角をあげて)
(わくわくとした様子で、待ってますね、と付け足せば)

えへへ、でしょ?
この森は素敵なこと、ボクにたくさん、教えてくれたから。

(同じことが共有できるよろこびを、しあわせを)
(その瞬間がとても愛おしいものになると、自分は知っているから)

……そ、そう?
だって。エーリカさんのすきと、ボクのすきが、同じだったもの。
ボク、それがとっても、嬉しくて。
……ぼ、ボク、喋りすぎてない?だいじょうぶ?

(その様子を嬉しそうに眺めながら)
(ふと、自分ばっかりになっていなかっただろうか、と、心配そうに顔を曇らせ)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM