PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
……うん。きっと。 ボクね。思ったの。
きっと、シトリヴの森は、もう、すきなものの中に、入っていたの。
だから、ここに来ちゃったのかも、しれない。

(ふしぎだね、と恥ずかしそうに俯くのだが)
(視界の端に揺れる耳をみて、すこしずつ顔をあげて)
(その様子に、かわいいなぁ、とくすくす笑って)

そう、なの?

(瞳を大きく開いて)
(それから、嬉しそうにはにかみ笑いかけ)

……えへへ、うれしい。
おんなじ、だね。

(すきなものがおなじ、って、すごく嬉しいな、と、小さく呟けば)
(薄ら赤く染まる頬を、隠すことはせず)
(目の前にいる、優しい少女と)
(ともだちになりたい。と、思った)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM