PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
そう、でしたか。
森の動物は、いたずらが好きな子も、いるから。

(おじいさんやおばあさんの変わりに草花を摘むあなたの姿が)
(優しいうたに、包まれていたのだろう、と思いを馳せ)

エーリカさん。ボクも、その、……おてつだい。
してもいい、かな。

(あのとき繋いだ縁が少女の胸のなかを擽って)
(薬屋夫婦のためにできること。それから)
(それから、エーリカさんのためにできることはないか、と)
(不安げにアイスブルーを揺らして、問いかけた)

うすべにいろ。うすべにいろ。

(いろを、反芻してなんども呟いて、忘れないように)
(辺りに溢れたいろのなかに咲く、薄紅の花をみつめて)

! このこも、ジャムに?
え、と。

(興味はあるようで、どうしようか少し考えて)
(それから、ゆっくりと口を開き)

…うん、やってみる、ね?

(緊張した面持ちで、花と向かい合い)
(片手は茎に、片手は花に添え)
(花に添えた手を、ゆっくりゆっくり、小さく捻れば)
(思っていたよりも簡単に、花はその手の中に落ちてきたようで)

で、でき、た……!!
とれ、とれちゃい、ました。
……これが、ジャムに。

(両手の中にある、薄紅の小さなそれを見つめて)
(それから、籠の中にそっと花を入れようと、籠の方へ身体を向けて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM