PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(確かに今、くすりと笑みを浮かべた少女の様子に)
(安心したように息を吐いた)
(少しばかり緊張していたようで、リラックスすることができたらしい)

……もっ、と?

(ぱちり、目を瞬かせ)
(自身の知らないおひめさまの姿を知っているのだろうか、と)

精霊さんの、おひめさま。
ふふふ、お姫様には、冠が必要、でしょうか?

(ここは花畑。きっと、花冠をつくることだって、できるはず)
(だから、周りの花に目を凝らして、もう満開を過ぎた花を手折る)
(花にも命はあるから、という、少女なりの気遣い)

ふむ、ふむ。
こ、こう、でしょうか……?

(不器用ながらに返してみせたカーテシー)
(バランスが取れなくて少し震えているのは、きっと見間違いなどではない)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM