PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
なる、ほど。
おじいさんや、おばあさんには、この森は、優しくないですもの、ね。

(納得した様子で小さく頷いて)
(籠の中の草花のなかにあのときと同じものがあることからも、納得してもう一度深く頷いた)

おはなで、ジャムを?
……ふしぎ。どんな味に、なるんだろう?

(自分も近くに腰をおろして、周りの草花に目を凝らし)
(どれが食べられるのかな?と、きょろきょろと辺りを見渡して)

……ボク?
ボクは、ね。前に、ここへ来た時に。
とても心地よかったのを、思い出して。
……だから、全然。大変なんかじゃ、なかったよ。

(煌めく木々が、朝霞に濡れる木葉が、風に揺れる花々が)
(ボクにとっては心地よいのだ、と、伝えるように、花を指で愛でて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM