PandoraPartyProject

ギルドスレッド

Wiegenlied

【!】Lieblich.2

【いのりぼし、かがりぼし】

まほうの夜に、娘はいのりました

『ヒトをこわがらせないすがたになれますように』

けれど、娘は知ってしまいました
如何あっても、自らの根本は”忌まわしいもの”なのだと


『何だ何だ、しけたツラしやがって。
 は?”星屑売り”には会えたが、男だった?
 おまけに訳のわからん鳥野郎だった?

 ……。

 い、いや俺ぁ嘘を教えた訳じゃ無いぜ!
 おかしいな、何処でそうなっちまったんだ?』


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

リアルタイム形式RP。
外部からのお客さまもOK、どなたさまもお気軽にどうぞ。
FairyTail Of Phantomでの一幕。どうか、良い夜になりますように。

【開催日時】
《第一幕 10月31日》20:00~25:00頃
《第二幕 11月1日》18:00~24:00頃
《第三幕 11月2日》21:30~25:00頃

【あそびかた】
上記の舞台でおばけになりきること
眠たくなったら無理せずにおうちでねむること

はいるときは”その場に訪れた体のRP”を
かえるときは”その場を立ち去る体のRP”を

おしまいの時間が近付いたら、
区切りの良いところでわたしがおはなしを締め括る

【◎】
”FairyTail Of Phantom”を楽しむRP
おかしをあげたりもらったり
あまいものが苦手なひとはこっそりおしえて

【×】
メタ発言、顔文字、自分突っ込み(『〜(』『〜(←』等)
末尾の宛名書き『>◯◯』
過度の確定ロール、双方の合意が無い既知ロール
ロールで提示された情報以外のことを”キャラクター”が知っていること
セクハラ、流血沙汰の暴力、泥酔(おさけはほどほどに)
度を越した悪戯をするともれなく魔法が解けて衛兵さん(NPC)に摘み出される
(胸を締め上げ、胴に布を当て、闇を纏う。”何時もの姿”に戻った影は、未だ籠の中に残る祈りのかけらたちを見て、頭を垂れていた)
(自らにかけられていた魔法は解けた。全て、全て泡沫のゆめだったのだ)
(けれど――街に掛かった魔法は、未だ消えていない)
(ならばせめて。人々の幸いだけを願って作り上げた此の星々だけでも配り歩こう)

……。

(仮装。そうだ。此の醜い顔も、人々を脅かす此の顔も、隠してしまわなければ)

(出掛けに足を運んだのは、市)
(魔術を扱う事の無い医師が携えたと云う、鳥の嘴を模した仮面を手に取って)
(名も、顔も、全てを消してしまおう)

……これなら、

(今宵、影は”夜”になる)
(顔を隠し、体の線を隠し、意図的に声を落とす)
(偽りを塗り重ねた異形の鳥。”夜鷹”に相応しい姿で以って、賑やかな街並みへと足を踏み出した)

だれにも、気付かれない。

(嗚呼、安心する)
(だって、此れならば。誰とも視線を合わさずに済むのだから――)
おいッ!!

(彷徨う黒い鳥を見つけた男は背後からだろうが構わずに大声で呼び止める)
(昨日のラクガキ面ではない、“今まで通り”の姿で)
(背後から掛かる大声に、肩が跳ねる)
(丁度、布をかぶった子どもたちにほしのかけらを渡した所だった)

……。

(子どもは男の大声に蜘蛛の子を散らすように逃げていった)
(影は其の儘、ゆっくりと振り返る)

私に、何か。

(鳥の仮面は暗く影を落とし、瞳の輝きすらも覆い隠していた)
昨日は悪かった!

(向こうが目を合わせようが合わせまいが気にせず黒い鳥を真っ直ぐに見据えて言い放つ)

だが…お前も悪いッ!

(ふざけているわけではない。大真面目にそう言っているのだ)
(顔も全て覆い隠した自身の姿を、直ぐに特定したと云うのか)
(或いは、背格好で検討を付けただけだろうか?人違いと云う可能性を、考慮していないのだろうか)
(何方にしても傷面の男の弁明は唐突で、影は仮面の下で怪訝な表情を浮かべていた)

……気味が悪いと思うのも、仕方の無いこと。

(短く無い間を置いて。影は淡々と言の葉を紡ぎ始めた)

私は元より、ニンゲンの偽物。
曝け出そうなど、甘い事を考えた、私の咎。
あなたが、何を謝るというの。
それだよ、それ。
あんたの“そういうところ”が悪いんだ!
勝手に自分を卑下して、自分の評価を勝手に決める。
自分が悪いモンだと決めつけて、自分を隠す!

俺やラノール、ニコがあんたのことを気味が悪いなんて言ったことがあったか?
あんたが幻想種だから何だってんだ。
あんたがニンゲンじゃないなら全員そうだ!
ニンゲン以下の野郎なら俺は大勢見て来たぜ!

(男の言葉は止まることを知らない)
(昨日からずっと考えていた。自分がなぜこんなに腹立たしかったのか)
……。

(男の激白を、影は黙って聞いていた)
(口を挟む事なく。相槌を打つ事すらなく。唯、平坦に)

私の評価は、ニンゲンが決めた。
大勢のニンゲンが、私が生まれ落ちて直ぐに決めたもの。

(へり下るでも、謙遜でもない。”そう”だったから、”こう”なった。其れだけの話だ)
(怒鳴り散らす男を見上げ、首を傾いで)

あなたの言う、”ニンゲン以下の野郎”とは。
どんなものを、いうの。
…。

(夜鷹の問いに一瞬黙るがすぐに口を開く)

人間ってのは、理性のある生き物だ。
感情のある生き物だ。
誰かを平気で傷つけ、踏みにじる…。
自分の欲望のことしか頭にないような奴ら、俺が言ってるのはそういう奴らのことさ。

だから、あんたを傷つけ、踏みにじった奴らの評価なんて気にするな。
ちゃんとした“人間”の俺らに目を向けろよ。

(言い淀むこともなく至極当然とばかりにそう答える)
あなたは、逃げた。

(自分を騙していたのだろうと、二の句も告げずに、碌に話も聞かずに立ち去る背を。忘れたとは言わせない)
(仮面の嘴が男を仰ぎ、そして逸れた)
(気持ち悪いと、恐れたのだろうと。言外に)
だから今、謝りに来たんだ!
夜鷹を“偽物”だと言ったこと、悪かったと思ってる…。
その姿も本当の姿なんだと思い直した。
…すまん。

(昨日の自分の態度を後悔してか、段々と声は小さくなっていく)

だが、両方とも本物なら、なりたい自分になって欲しい。
昨日の夜鷹は今までになく、楽しそうだったから。

だって、“本当の自分”に変身したいって変だろ…?
(不覚。その言葉が相応しかった)
(決して浮かれていたり、浮ついていたつもりはなかったけれど、お菓子のやり取り、姿を変えるお祭りに身を任せていたせいか)
(様々な格好のおばけ達の波に流されて、お人形は皆とはぐれてしまっていた)

……
(失態は失態、今更取り返せる訳もないと一種の諦めを抱いてはいたが、魔法の夜二日目はまず昨日の仲間を探すことから始まった)

”認識すること”はやはり難しい。

(ぽつりと呟いて角を曲がったところで、足が止まる)
(聞き覚えのある声、それなりに大きな声が聞こえたから)

(――しかし、そのまま姿を現すことはせず、角に背を預けた)
(睨み付ける不躾な視線。事あるごとに怒鳴る様)
(何処かで出会っただろうかと、執拗に自信の過去を問い詰めては理由も告げぬ)
(粗野な無頼漢。影にとって傷面の男は不可解な存在であり、今もその印象は変わっていない)
(感情がある生き物だと自分の事を見てくれているのなら。其れ等の行動は、何だったのか)

……へん。

(鸚鵡返しに呟いて。影は今度こそ顔を顰めた)

あなたは、磔にされたことは、あるの。
砂利の上に組み敷かれたことが、あるの。
……石を投げられた事は?
髪を引き千切られた事は?

(女である事。其れを捨てるに至るまで。お前は何を知っているのだと。淡々と問うて)
………。

(自分の想像を遥かに絶する仕打ちを受けて来た、その事実を目の当たりにし絶句する)
(自由奔放に生きて来た。与えられることばかりに飽き、堅苦しいこともあったが恵まれた環境で育った男には到底想像の出来ない世界…)

俺はそんな経験をしたことはない。
だが、黙る気もない。
この際だ、言いたいことがあればあんたも全部言えよ。
変だと言われたくらいで怒る俺じゃないぜ。
私を変だと言ったのは、あなた。
……女でいると、不便。
だから、隠した。それだけ。

(達観。無我。其れ以上を語る必要は無いと、頭を振って)

騙したつもりはないけれど。
もう、夢は見ない。
だから、あなたがきのうのまぼろしを見る事は、もう、無い。

(案ずるなと添え付けて。影は男に向き直った)
待てよ。

(小さい背中を呼び止める)

あんたはそれで良くても俺は良くねぇ!
夢を見ないなんて言うなよ…。
別に俺に見せる必要なんてない。
なりたい自分のまま、生きて欲しいと思ってるんだ。

(何がこの女性をここまで頑なにさせるのか、男にはわからなかった)
(だから発する言葉にも自信がないように感じられるかもしれない)
(ふわふわとすこし浮いている小さなぬののおばけがやってきた。目だけときどきピカッと光っている)
コンバンハ。コチラで星をわけて貰えるって、よるの声が、聞こえたんデス。
(コレと交換こしてほしくて!と、星のかたちのクッキーをさしだしながら。
くびをかたむけるように、小さなからだごとふわりとかたむき)
です。デスケレド。……おとりこみ、されていますか?星は、あとのほうが、いい……?
……。

(――リン)

(刹那。小さく。けれど、確かな音で以って)
(女中の耳に、ベルの音が届く事であろう)
(其れは、影の心臓が。今にも食い破られてしまいそうだったから)
(仮面の嘴が、声のした方を向く)
(見れば、小さな布切れが此方にふよふよと漂ってくるではないか)

(聞き覚えのある声。其れは、ああ、そうだ)

……せんせい。

(全身を闇で覆い尽くした鳥が呼ばうのは。お化けの在り方。其れを教えてくれた存在だった)
(影は一度男を仰ぐと、菓子は持っているか、と問い)

……あなたは、ニンゲンだから。
おまつりを楽しむ権利がある。

甘いお菓子が欲しいなら、キャンディ・ケインを。
そうでなければ、……ほしのかけらを。

(どちらも持っていないなら。嗚呼、何と哀れな事だろう)
(男は漏れなく、”おばけ”の餌食になってしまう!)
(ぱちり、閉じていた瞳を開く)
(”呼ぶ音”が聞こえた)

その辺りで、宜しいのではないですか。

(カツンと靴音を響かせ、角からスカートの裾を翻して現れる)
(スカートはいつもと異なるふりふりのふわふわだが)

あなた方生き物は、何かと難しいものですね。


ほら…おばけ、せっかくいらしているというのに。
(ふんわりと寄ってきた小さなおばけに手招いて)
星ならば、わたくしも持っておりますから、宜しければ。
(バスケットから棒付きの星チョコレートを取り出す)
ニコ。

(影は女中を呼んだ覚えがない。此れは、彼女にだけ届く”贈り物”だ)
(けれど。影は確かに安堵していた)
(此れ以上、自分の内を。過日の在り方を語りたくはなかったからだ)
(素っ頓狂とも思える声が聞こえてくる)
(その声を聞き男の張りつめていた糸が切れる)

な、なんだ…?

(次いで“喋るお人形さん”もとい、ニコが颯爽と姿を現す)
(男が呆けていると夜鷹からの問い)
(先程までの重苦しい雰囲気とうって変わったその質問に数秒反応が遅れる)

……菓子?
そういや、今日もそうだったか…。
悪いな、持ってねぇよ。

(普段の装いそのままに、昨日の問題を解決することしか頭になかった男は当然そんな準備などしていなかった)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM