PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<廃滅の海色>絶望はそこにあるか

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●神の国にて
 『占い師』の女、ベアトリーチェ・ラ・レーテの残した傷痕は未だ癒えず。
 信じていた聖教会内部に不倶戴天の敵である魔種が存在したことによる国政への不信。
 そして天義の掲げ断行してきた正義への不満から生じた国そのものへの不満。
 そんな中で天義に降りた新たな神託は『主が定めし歴史を歪めた悪魔達に天罰を。我らは歴史を修復し、主の意志を遂行する者だ』という国内を揺るがすものでであった。
 箝口令が敷かれていようと、シェアキムや騎士団を偽の預言者や歴史を歪めた悪魔であると糾弾するそれは大きな波紋を呼んでいた。
 少し前に発生していた――鉄帝国との国境沿いである『殉教者の森』に姿を見せた『ベアトリーチェ・ラ・レーテ』の暗黒の海と汚泥の兵達。致命者と呼ばれた人々。
 其れ等は歴史修復のための進軍であったと告げるかのようだった。
 加えてエル・トゥルルにおける聖遺物の汚染。
 天義の巨大都市テセラ・ニバスを侵食した『リンバス・シティ』の顕現。
 様々な暗躍はしかし――イレギュラーズの協力により、深刻な事態は避けられていた。
 そして、今……リンバス・シティの調査は、その果てに一つの新たなる領域を見つけ出した。
 それが『神の国』と呼ばれる、ルスト陣営が広げている空間の事だった。
 この地は天義の国に『帳』として降ろされ定着されているリンバス・シティ……とは異なり、まだ『現実に定着していない領域』であるという。
 聖遺物を核としているこの領域は、言うなればリンバス・シティの前準備の空間。
 時間をかけて定着する事によって――いずれは第二・第三のリンバス・シティも出来上がる事だろう。
 故に。イレギュラーズには新たにこの地の調査・核となり得るモノの破壊依頼が舞い込んだのだ。
 そして、今。天義を中心に広がっていたその動きは、新たな局面を見せつつある。
 幻想で……そして今度は、海洋で。
 その恐るべき企みは今この瞬間も進行中だったのだ。
「これが……正しき歴史」
「その通りだ。廃滅病……恐るべきものだ」
 響く会話は、灯台の上からされているようだ。
 どうやら此処は港町のようだが……一般的な海洋の街であるように思える。
 しかし『廃滅病』という恐るべき単語が聞こえてきた。
 廃滅病。現実ではすでに解決したはずの、あの恐るべき病だ。
 それが、この場所には存在している。なんということか。あの『絶望』の日々がまたやってくるというのだろうか?
 たとえば……もしも、の話だ。
 この「神の国」が定着すれば、再び廃滅病が蔓延する……などといった可能性もあるのではないだろうか?
「しかし、これが正しい歴史であるというのであれば俺たちはこれを受け入れねばならない」
「はい。分かっております。我等が聖拳よ」
「……慈悲の心を失う必要はない。偽りの粉砕は何よりも優先すべきこと。正しき救済は、然るべき時に行われるだろう」
 その言葉に、少年は「聖拳」と呼ばれた男に敬意を示す姿勢をとる。
「此処は任せた、致命者たるマチェルトよ。俺は別の場所に赴かねばならん」
「お任せください『遂行者』たるエクス、我等が聖拳よ。この地は私が守護しましょう」
「警戒せよ。歴史修正を阻む者は現れるだろう」
「問題ありません。全て、打ち砕いてみせましょう」
 全ては、正しき歴史のために。

●その絶望を砕くために
「神の国の件についてはもう聞いていると思うです」
 【旅するグルメ辞典】チーサ・ナコック (p3n000201)は集まった面々にそう切り出した。
 神の国。リンバス・シティの前準備の空間と呼ばれる場所。
 リンバス・シティと比べると『神の国』は地への定着率が低く、現時点では存在しているが、梯(道)がなければ至る事の出来ない領域で、聖遺物などを梯にしてようやく移動できる地であるのだという。
 言ってみれば、今のうちにどうにかしておかなければならない場所……ということだ。
 しかしその神の国だが、テセラ・ニバスの帳(異言都市(リンバス・シティ))の内部に存在していた『アリスティーデ大聖堂』より『神の国』の各地へと移動できるようになったのだ。
 簡便に言えば空中神殿でのワープのような役割を果たしているようだが……まあ、要は便利になったということだ。
「で、次に行くべき場所が見つかったってことか」
 『山賊』グドルフ・ボイデル(p3p000694)にチーサは頷いてみせる。
「その通りです。今回の目標となる『神の国』は、海洋です」
「話は聞いてたが、随分とまあ……」
「相手の手は長い、ということです」
 どうやら現実の海洋の街と似てはいるが、そうとも言い切れない部分も多い。
 その最たるものが「廃滅病」の存在だろう。かの一連の事件は遥か昔と言い切るには大きな爪痕を残しすぎた。
 それが再演されるような真似は防がなければならないのだ。
「今回の聖遺物は『極北の指針』と呼ばれる方位磁石だと想定されてるです。ぶっ壊して無事に帰ってくるですよ」

GMコメント

神の国「港町イデルーン」に潜入し、聖遺物「極北の指針」をぶっ壊しましょう!
ちなみにどんなものかというと、どんなことがあっても北を指し続けるスゴイものなんだとか。
まあ、壊すんですけどね!

●港町イデルーン
一般的な海洋の港町に見えます。
中型船や小型船のとまった港、その周囲の幾つかの倉庫、そして酒場や宿屋に各種のお店、一般民家といった建物が集まっています。
廃滅病が蔓延していますが、皆さんが廃滅病にかかることはありません。
なお、重症患者は町の隅にある使わなくなった旧集会所を簡易隔離所にして休ませているようです。

●出てくる敵
・住人×不明
神の国の住人たち。現時点では会話が出来るようです。
ROOのNPCの様な、地の国を参照――つまりはコピーされたような存在です。
つまり知り合いっぽいのや自分そっくりなのもいるかもしれませんが、全くの別人です。
皆さんが明確に「敵」となるような行動をしない限りは彼等は「一般人」でしょう。

・変異種(アナザータイプ)×1
廃滅病におかされた人々が海にさまよう怨念『棺牢(コフィン・ゲージ)』に憑依された結果発生する怪物です。
狂王種と同等かそれ以上の強さや能力をもちます。
知性を徐々に失い、それに伴い姿も怪物に近づいていきます。
丁度半魚人のような姿をしており、何処かで拾った刃物と凄まじいパワーを使い襲い掛かってくるでしょう。
イデルーンの何処かで出会う可能性があります。

・影の天使(強化型)×不明
羽の生えた鎧の兵士の姿をしており、倒す事で消滅をするようです。
剣を掲げ、何かに祈り続けるかのような仕草を見せる事が多いようです。
武器は剣による近距離攻撃と、剣から放つ波動による中~遠距離攻撃です。
主に屋根の上や空中に居て、なんらかの敵性行動を取る相手に反応します。
数が減ると分厚い空の雲の向こうから追加が現れます。

・『致命者』マチェルト
本を掲げる少年の姿をしています。
かつてアドラステイアの渓に落とされた少年の姿にもよく似ていますが、どうやら本人ではありません。
本を開き衝撃波を放つ攻撃と、範囲の味方を癒しBSを解除する「天意の歌」を使用するようです。
皆さんが「正解」に近づいた時、何処かから出現するでしょう。

・『聖拳』エクス
今回はいません。

●ちょっとしたこと
本シナリオでは『竜宮幣』を使用可能です。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はCです。
 情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。

  • <廃滅の海色>絶望はそこにあるか完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2023年06月01日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

キドー・ルンペルシュティルツ(p3p000244)
社長!
志屍 志(p3p000416)
遺言代行業
グドルフ・ボイデル(p3p000694)
イリス・アトラクトス(p3p000883)
光鱗の姫
ロレイン(p3p006293)
クレマァダ=コン=モスカ(p3p008547)
海淵の祭司
オニキス・ハート(p3p008639)
八十八式重火砲型機動魔法少女
カトルカール(p3p010944)
苦い

リプレイ

●神の国へ
 港町イデルーン。何処か薄暗い雰囲気の漂うこの場所は、本物の海洋ではなく「神の国」だ。
 何処か暗い雰囲気の漂うこの場所は、あまり長居をしたい場所ではないだろう。
「効率的に手分けして捜索……といきたい所だが、強力な変異種が居るのが厄介だ。戦力を分散させない為にも仲間と付かず離れず地道に捜索するとしよう。認めたかねェが、あちらさんはむしろ仕事は出来る方だな。油断せず行こう」
 『社長!』キドー・ルンペルシュティルツ(p3p000244)は本人の言う通り、一切の油断は見られない。
 シレンツィオ・リゾートのフェデリア島を中心に人材派遣業を営む派遣会社ルンペルシュティルツの社長であることも手伝っているのだろう、この場の誰にも負けないほどにキドーはやる気に満ちていた。
「聖遺物の手がかりは無し……となると、地道に聞き込みと見回りしかねェな。聖遺物が神の国の核だからこそ、住人は何か本能的に感じ取っているかもしれない。何が敵対のスイッチになるか分からねえから、そこは気をつけねえとだが」
 そう、此処の住人たちは今は普通に会話が出来るが、同時に神の国の住人でもある。
 いつでも敵になり得る存在だということをキドーは忘れてはいない。
「普通に立ち入れない場所に隠してあるかもしれねェ……とりあえず……目立つ高い建物から探してくか」
 あまり仲間と離れ過ぎないように、キドーは跳躍と簡易飛行で高所を探してみる。
 とはいえ屋根の上には影の天使もいる。近くに寄れば敵対行動とされる可能性もあるので、そこは注意が必要ではある。
「廃滅病。随分耳にしませんでしたが、海に面している地域ではまだ残っているのですかね。何とかして差し上げたいとは思いますが、介錯《私にできるような事》は求められていないでしょう」
 『遺言代行業』志屍 瑠璃(p3p000416)もそう呟く。そう、此処では廃滅病……かつて海洋を襲った脅威「らしきもの」が存在している。その成り立ちを考えても存在しているはずがない廃滅病はしかし、今確かに此処にある。
「ならば騒がせず、早々に用を済ませて立ち去りたいところですが――病に苦しむ村に聖遺物《手頃な偶像》。正義を肯定する素朴な感覚の住人。――嫌な予感しかしません」
 そう、だからこそ聖遺物「極北の指針」を探し破壊する必要がある。
 その為にも瑠璃は鷹と鼠のファミリアーを放っていた。
 最初に鷹の眼で上空から建物を透かして極北の指針、あるいはそれを守っていると思われる警備の厳しい場所を探していく。
 障害物の厚みのせいで上空から見通せない場所はファミリアの鼠を侵入させて確認するつもりだった。
 そして旧集会場の調査は最後に回すつもりだ。まあ、上空から見る限りでは異常は無さそうにも見えるが……。
 分かるのは、この町の住人たちは「普通に生活している」ということだ。この異常は彼等にとっては普通で、屋根の上の影の天使も一切気にすることではないのだ。
「けっ……クセェ街だな。あの時と同じだぜ、ふざけやがって」
「よくもまぁヒトのシマで好き勝手してくれちゃって。これを正しい歴史なんて言ってくれるとか、冗談じゃないわよね」
 『山賊』グドルフ・ボイデル(p3p000694)と『光鱗の姫』イリス・アトラクトス(p3p000883)もそう呟きながら周囲を見回す。
 どうにも辛気臭い雰囲気が漂っているが、状況を考えれば「仕方ない」「それでもまあ、マシ」といったところだろうか?
「さあて……手掛かりナシだ、犬みてェに探し回るとするかよ」
 グドルフの方針は地道に聞きこみを続けつつ、「正解」を求めて練り歩くことだ。
「よう、すまねえがちょっといいかい?」
 そんな風に多少ながら丁寧に……それでもガラ悪く住人に話しかけながら、グドルフは情報収集していく。
「何じゃ、山賊のくせに随分整ったナリじゃな。そうしていると、まるでひとかどの聖職者のようじゃぞ」
 『海淵の祭司』クレマァダ=コン=モスカ(p3p008547)もそう軽くからかうが、実際グドルフのやり方はしっかりとしたものだった。
 つまり敵対行動を避けるため最初は天使にはスルーされるようにしているのだ。
 事実、普通に会話している限りは影の天使たちも動かない。
 仲間や自身が聖遺物のざっくりとした位置を把握したらすぐに向かえるようにしているが、この距離を保っていればそれも容易だろう。
 そしてイリスもやはり住人を敵に回すつもりはなかった。そんなことをしてもいいことは1つもないと分かり切っている。
 わざわざ敵を増やすことに意味があるかと聞かれれば当然のように否であるからだ。
(敵に回してもいいことないし……聖遺物の捜索の為にも情報収集は必要だろうけど注意して接触かな)
 グドルフのやり方も意外によく合っているようで、海洋らしさと合致しているのかもしれない。
 そしてもう一点気を付けるべきは影の天使だとイリスも考えていた。
 敵対行動を取らずに可能ならやりすごす方がいい、ということだ。
「ヒントの類は見逃さないようにしないとね」
 そういったものがあれば逃さず解読していきたいし、戦略眼を用いて影の天使の全体的な動きをから重要そうな位置を割り出せないかはやってみたいかも、とも考えていた。
 確かに影の天使の動きから無意識のうちの警戒度の高い場所を割り出せる可能性もあるだろう。
「モノがモノだし船も怪しいよね」
 調べるべき場所はたくさんある。しかし……まずは地道な作業が何より大切だった。

●聖遺物をぶっ壊せ
 港町イデルーンの陰鬱な雰囲気の中、聞き込みは順調に進んでいた。
 町中の店にも似たようなものはあるが、どれも聖遺物ではない。
 そして同様に此処が「普通の町」に見えるということも、なんとも不可思議な気分ではあった。
「正しい歴史を騙る帳……『この海洋』では廃滅病が街にまで及んでいるのね。聞いた話では廃滅病はアルバニアの領域を侵さなければ罹患しないはずなのに……。この歴史では海洋の大号令さえも失敗に終わったのかしら?」
「「廃滅病」の再演なんて冗談じゃない! 人がたくさん苦しむ病気を根絶したのにそれを間違いだ、もう1回やるなんてどんな我儘だよ。誰もが健康に過ごせること以上に正しいことなんてないだろうが!」
 ロレイン(p3p006293)と『苦い』カトルカール(p3p010944)の言葉は、まさにその通りではある。
 かのかの大魔種・冠位嫉妬アルバニアの権能のことを忘れた者はさほど多くは無いだろう。
 しかし此処には確かに廃滅病が存在していて、もしこの神の国が定着すれば……もしかすると廃滅病が過去とは違う形でより広く蔓延するのではないか……そんな恐ろしさすらあった。
「――しかし、廃滅病。もはや目にすることはないと思うていたのじゃが。重症者の床があれば、祈祷を上げさせて貰おう。少しでも慰めになるじゃろうか。神の国と云えど、モスカの祈りは知っておろう」
 勿論危険のない範囲ではあるが……クレマァダはそう考えていた。
 エレメント・マスターで精霊に語りかけ、味方の存在をマーキングしておこうとしていたが……この神の国、どうやら精霊もなんだかマトモではない。神の国の住人がそうであるように、精霊もマトモな存在ではない可能性は高そうだ。
 そしてそれはこの廃滅病も同じで……クレマァダは思わぬ方向から、この神の国という場所を感じていた。
 だからこそ、廃滅病の気配の濃い方向が分かれば1つの助けになるのではないか、とも考えていた。
(世界そのものを侵す病じゃ、精霊にとっても快いものではあるまい。病の源たる方向に、敵はあるのではと想定も出来る……)
 そうすれば、それを避けることだって出来るだろう。
 あくまで探すべきは聖遺物「極北の指針」なのだから。
 極北の指針。それは常に北をさし続ける指針だという。
「磁気の異常などにも影響を受けぬとしたら、それは確かに船乗り垂涎の品じゃな。おそらくは港方面にあろうが……」
 そう、モノがモノであるだけに港方面にあっても何もおかしくはない。恐らくは「そこにあって当然」といったような箇所に置かれているのは、遂行者エクスの関わる神の国に共通の事項だ。
「どこにあるんだろうな、「極北の指針」。絶対北を向く! って触れ込みなら回転台の上にでも置いて展示してるのか? コネもないし、わからないからとりあえず足で稼ぐしかないよな」
 カトルカールもそう言いながら、住人に丁寧に接して情報を引き出そうとしていく。
「「極北の指針」っていう凄い物があるって聞いたのですが、どこかで見ることができますか?」
「極北の? いや、知らないなあ……どんなものなんだい?」
「こう、方位磁石のような……」
「あー。そういうのなら道具屋にあるかもしれないな。ま、この状況で良い品が入っているかは分からないが……」
 なるほど、確かにその通りではあるだろう。
 最悪、変異種が所持しているって思った方がいいかもな……などとカトルカールは思うが、そうではないことを祈るばかりだ。
「しかし、何というか。云い知れぬ不気味さがあるのう、この神の国というのは。どうしてこんなに胸騒ぎが消えぬのか……もしや、廃滅病があるならば、その源たる者も生きておるのか?」
 言いながらクレマァダは「まさか」と自分の考えを振り払う。そんなこと、有り得るはずがない。
 ないが……もしかすると廃滅病そのものは再現可能ということなのではないだろうか?
 だから『八十八式重火砲型機動魔法少女』オニキス・ハート(p3p008639)も、静かに呟く。
「廃滅病……私は直接は知らないけれど、すごく大規模な被害が出たと聞いてる。正しいとかどうとか関係ない。それを再び蔓延させて人々を苦しめるようなことは絶対許さないよ」
 そう、結局はその一点に尽きるのだ。
 何が正しいかはさておいても、苦しみを許容するわけにはいかない。廃滅病を、再び世に放つわけにはいかないのだ。
 だからこそオニキスもある程度あたりをつけながら探っていたが……キドーとも協力しながら屋根の上や上空に敵が多くいる建物を中心に捜索していた。
 広域俯瞰と透視で上空から建物内部覗けるか試してみたり、怪しそうなところにはファミリアーを潜入させてみてもいた。
 住民に対しても何か情報は無いか聞きこみを続けていたが、その中で「明らかに無い場所」を消していけば、可能性のある場所は絞れていく。
「大仰に運ばれた物ねえ……そんなものは知らないけど、大事なものはやっぱり船に積んであるんじゃないか?」
「そうか……」
 まあ、町がこの状況であれば船に積まれているだろうというのは納得できる話だ。
「さて、帳の核たる聖遺物は方角を示す針……これまでの情報を総合しても、それらが必要とされる場所にあるということかしら?」
 ロレインは言いながら、港の中型船に視線を向ける。
「絶対に北を指し示す、磁場の影響を受ける方位磁針よりも確実ってことね。海洋で方角だと、普通に船着き場にありそうだけど、星見の観測所ももしかしたら……?」
「よし、なら次はあの船だ。行ってみるか」
 キドーはそう言いながら、グドルフと頷きあい中型船に乗り込んでいく。
 幸いにも、見張りはいない……廃滅病が蔓延しているのもあるのだろう、なんとも簡単に中型船に乗り込むと、ひとまず分かりやすい船長室へ向かって。
「そこまでです」
 本を持つ少年が空中に浮かび、キドーたちを見下ろしていた。
「悪しき者どもよ。この先に進めるとは思わないことです」
「なるほどォ、ここが正解か? わかりやすくていいね。さあ、奥へ通しな。お宝があるんだろ? 奪いにきたぜ、この最強の山賊──グドルフさまがよお!」
 グドルフが山賊刀を構えると、キドーもそれをサポートできる位置に立つ。
「此処は意地でも通してもらうわ!」
 集まってくる影の天使たちを見ながらも、イリスは名乗り口上を響かせて。
「神の国も、正しい歴史も、私には選択する権利はないわ……ただ現状を見て、選んで進んだ今がこの正しい歴史の今よりいいと思った。思った心にだけは嘘はつきたくない。それだけが戦う理由よ」
 そして、ロレインの放った魔砲が戦いの合図を告げる。
「正しい歴史を信奉する貴方は、なぜそれが伝えられたかを理解しない……諦め、滅びを受け入れたら幸福だとは思わないわ? 予言はその災いを避けるために伝わるものよ」
「その悪しき言葉、聞く耳を持ちませんね」
「ならば力尽くじゃな」
「全力で一気に叩くよ!」
 クレマァダの絶海拳『消波』が、そしてオニキスのマジカル☆アハトアハト・QBが放たれ、カトルカールの瞬天三段が放たれる。
 戦いは常に此方に優勢で、追い詰められていく致命者マチェルトを守るように布陣し始めた影の天使たちも、すでに遅い。
「正しい歴史とは何ですか。歴史とは、生きる為に抗いぬいた人々の足跡の事でしょう。生きたくても生きられなかった人を、生きるために多くを殺めねばならなかった人を、誰かに生きてほしいとその身を捧げた人を。私は誰よりよく知っています。ただ絶滅を是とする歴史に、正しい事などあるものか!」
 ソニック・インベイジョンを放ちながら叫ぶ瑠璃に合わせ、グドルフも突撃していく。
「調子に乗りすぎたな、ガキィ!」
 グドルフの一か八かのぶった斬りが、マチェルトにトドメを刺して。
 扉を蹴破った船長室に置いてあった「極北の指針」を、グドルフは手に取る。
「勿体ねえぜ。北を指し続けるアイテムなんざ、どんな船乗りでも欲しがるだろうによ。さぞかし、高く売れただろうねえ……ま、これでしめえだ」
 一気に踏み潰して破壊すると、瑠璃とオニキスの先導で神の国を脱出していく。
 これでまた1つ、廃滅病の復活を防ぐことが出来た。
 正しさなどというものはさておいても……これでいい、と。誰もが素直にそう思うのだった。

成否

成功

MVP

志屍 志(p3p000416)
遺言代行業

状態異常

なし

あとがき

神の国「港町イデルーン」切除完了しました!

PAGETOPPAGEBOTTOM