PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<潮騒のヴェンタータ>海の記憶

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●<潮騒のヴェンタータ>海の記憶
 広大な海が拡がる国、海洋。
 かつて絶望の蒼と呼ばれた海域に浮かぶ島『フェデリア島』に拡がる地上の楽園こと、『シレンツィオリゾート』は、訪れる開拓二周年の時を前に、各国の威信を懸けたクルーズツアーが始まろうとしている。
 ……しかしそんなクルーズツアーの一番大きな障害となっているのは、フェデリア島南東に拡がる『ダガヌ海域』。
 このダガヌ海域には未知なる怪物である『深怪魔(ディープ・テラーズ)』が突如出現してしまったのだ。
 そんな怪異を取り除く為に、イレギュラーズ達には度々依頼が発せられていたものの、中々深怪魔の根は深く、その脅威は未だ全て取り除けていない。
 …そんな折に、突如海洋にもたらされた報。
 この海の深海にある『都』なる場所から少女が訪れる。
 そして彼女は、『都』もまた深怪魔に脅かされており、少し前までは都に伝わる神器『玉匣(たまくしげ)』を用いる事で深怪魔を追い払っていたという。
 しかしその玉匣は破壊されてしまい、その力はコイン状の龍宮幣(ドラグチップ)となり、周りの海底や島に散りじりになって仕舞ったのだ。
 ……そして、そんな少女からの依頼……龍宮幣を集め、再び玉匣を完成させること。
 勿論、玉匣を完成させれば、神器を利用し深怪魔を追い払う事が可能であり、シレンツィオリゾートに関わる各国代表の願いにも通じる物となる。
 故に、各国代表はこの龍宮幣を利用してのイベントを開催しようと目論むのであった。


「という訳で……まぁ皆に集まって貰った訳なんだが」
 深い溜息を吐くのは、『黒猫の』ショウ(p3n00005)。
 彼の表情を見る限り、また無理難題を言われたのか……と思うが、それは確かで。
「皆もちょっと聞いただろうが、このシレンツィオリゾートの二周年記念のサマーフェスティバルが開催されるんだ。だが……まぁ皆も知っての通り、最近ダガヌ海域に現れた深怪魔達はまだまだ猛威を振るっているという状態だ」
「だが、そんな所に、深海の『都』からやってきた龍宮の女王が『深怪魔』達を追い払う『玉匣』を作る為に、『龍宮幣』を集めてきて欲しいって話があってな……各国の代表者達はそれにかこつけて、どこの代表者が最もチップを集めるか、なんていう勝負を始めちまったのさ」
「正直、各国代表の願いは何にせよ……深怪魔を追い払う事が出来る物は、ダガヌ海域の平和を取り戻す為には必然なものになるだろう。そこで皆には、深海に眠る龍宮幣を集めてきて欲しい、って訳さ」
「幸いその龍宮幣の場所は、龍宮の女王から幾つか辺りを付けて貰ってきている。ここに居る皆には、深海に沈んでしまった海底遺跡にあるという龍宮幣を改修してきて欲しい、って訳なのさ」
「深海故に、皆海に潜る必要が有る。更にこの海域では、水着を着ていると、戦闘力が向上するんだとさ……」
 小首を傾げるショウ。
 まぁ理由は何にせよ、龍宮幣を集めれば、深怪魔を追い払えるし……サマーフェスティバルも成功に導くことが出来る。
「ま、色々思う所はあるだろうが、皆の力が必要、ってな訳なのさ。という事で……宜しく頼むな?」
 ショウは、苦笑と共に皆の肩を叩くのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 今回の依頼は『龍宮幣』を集める為、モンスターが大量に棲みついている海底遺跡を探索する事になります。

 ●成功条件
  海底遺跡にある『龍宮幣』を一枚でも多く集める事です。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はBです。
  依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
  海底遺跡は、理由不明で海の底に沈んでしまった建物です。
  どこか中世の神殿のような作りをしており、当然中はまっ暗で入り組んでいます。
  水中なので火系の灯りは使い物になりませんので、それ以外の灯りの用意は必須です。
  尚、海底神殿の中には罠とかはありませんが、建造物の影などに深怪魔やその配下となる化け物達が潜んでおり、イレギュラーズの皆さんを不意打ちにしようとしてきますので、ご注意下さい。

 ●討伐目標
  ・深怪魔『エバーシルバー』1匹
    姿形はリュウグウノツカイがちょっと巨大化した深怪魔です。
    銀色にその身を煌めかせ、その光でもって味方の治癒(HP・AP含め)と自分自身の防御強化(抵抗含む)、更には攻撃に対してカウンターで瞬間的に物理無効のバリアを張る可能性があります。
    味方の援護タイプなので、表だって攻撃を仕掛けてくる事は稀ですが……使役する配下達を上手に利用する事で、その厄介さ度合いは最上級でしょう。

  ・狂王種『シーサーペント』多数
    多脚を持つ、ふわふわと海中で浮かんでいるタコとイカのあいの子みたいな狂王種です。
    その性格はとにかく凶暴で、目に付いた相手をその多脚で雁字搦めに捕縛して、雷鳴を足を伝って流す事で皆様に麻痺とダメージを与えます。
    深怪魔の配下となっており、深怪魔を助ける為の動きを取り易い傾向にありますが、防御不要ならば攻撃に傾注する攻撃的な面が強い狂王種です。

 ●特殊ルール『竜宮の波紋』
  この海域では乙姫メーア・ディーネ―による竜宮の加護をうけ、水着姿のPCは戦闘力を向上させることができます。
  また防具に何をつけていても、イラストかプレイングで指定されていれば水着姿であると判定するものとします。

 ●特殊ドロップ『竜宮幣』
  当シナリオでは参加者全員にアイテム『竜宮幣』がドロップします。
  このアイテムは使用することで『海洋・鉄帝・ラサ・豊穣』のうちいずれかに投票でき、その後も手元にアイテムが残ります。
  投票結果が集計された後は当シリーズ内で使える携行品アイテムとの引換券となります。
  ※期限内に投票されなかった場合でも同じくアイテム引換券となります

 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • <潮騒のヴェンタータ>海の記憶完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年08月05日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ヨゾラ・エアツェール・ヴァッペン(p3p000916)
【星空の友達】/不完全な願望器
交流アドリブ歓迎!

竜宮城の神器『玉匣』、力の欠片の『竜宮幣』…
魔術で魔術師で(不完全な)願望器な僕にとっては
竜宮幣も玉匣も興味深いし遺跡探索もわくわくする!
『竜宮幣』、沢山持って帰りたいね…頑張るよ!

水着姿
https://rev1.reversion.jp/illust/illust/67698

皆に協力
矛盾あれば僕が変更し合わせる

海底遺跡では全員で行動
発光パターンやハンドサインの連携方法を決めておき共有

発光を使用し灯り役担当しつつ遺跡内を探索
気付いた事あれば皆に伝達
皆から報告あれば指示に従う
道中は物陰等に注意し、不意打ちを警戒

僕のギフト(興味深い物がありそうな方角が何となくわかる)も用いて
『竜宮幣』を探すよ、見つかったら回収!
沢山見つかるかなー…って油断はできないね

戦闘時
シーサーペントを引き付けてもらってる間に
攻撃手がエバーシルバーを狙う

僕は攻撃手担当の内の1人
道中のシーサーペントが多いなら
ワールドエンド・ルナティックで倒して道を作り
エバーシルバーをスターブラスターで攻撃し速攻で倒したい
星空の破撃、スターブラスター…神秘攻撃たっぷり食らえー!

皆のダメージやBSは
コーパス・C・キャロルで回復

エバーシルバー倒した後はシーサーペント退治
その後は再度探索、周囲警戒はしておく
エバーシルバー等がいた辺りにも何かあるかも?

楽しかった!お疲れ様ー!
未回収の『竜宮幣』ありそうなら
またいずれ来たいなぁ
リリー・シャルラハ(p3p000955)
自在の名手
海洋での依頼、なんやかんや久しぶりかもっ。よーし、がんばろーっ。
恰好はもちろん、セーラー水着、だねっ。動きやすさはこれが良いかなーって。

とりあえず、携行品(水中呼吸のポーション)を飲んで準備おっけー、だよっ。行動は皆で纏まってになるかな?はぐれたりしたら困るからねっ。

リリーは水中でのアレコレは慣れてないけどそれ以外で役に立てるはずっ。たとえばファミリアー使ってお魚さんに細かい所とか別の道に行ってもらって探してもらったり、ハイセンスでしっかり見たり聞いたり周りの生き物の様子を見て(動物知識)不意打ち気をつけたり。出来ることはいっぱい、だねっ。

それはそうと、問題はエバーシルバーにシーサーペント、だねっ。なんとかしないと。
とはいえリリーは単体BS……そうだ、エバーシルバー狙ったら、勝手にシーサーペントがかばってくれないかな。

深怪魔が防御いらなければシーサーペントは攻撃してくるんだよね、なら集中攻撃すれば勝手に庇ってBSがどんどんついてくれるはず。もしいっぱい庇われても味方が怒りで引き付けてくれるから、どんどん順番にBS技をつけていける、と思うよっ。
つまりリリーの狙いは怒りをつけきれなかった相手、って事になるねっ。BS技をどんどん撃って、最終的にエバーシルバーにもつけれれば……うん、勝機は見えたよっ!
ゴリョウ・クートン(p3p002081)
黒豚系オーク
水着(『水中行動』付きの鎧)(参考イラスト:尾張屋らんこ絵師の水着2020)を装備して『竜宮の波紋』を受けるぜ!

海底遺跡での探索においては、
俺自身が『発光』することで光源となり、また俺以外にも『発光』持ちが居るから相乗効果で充分な視界の確保を行うぜ!
また、『エコーロケーション』で周囲の状況や地形を把握して影に潜む敵対生物の炙り出しを行い、不意打ちに備えよう
一団でのポジションは前衛タンク、仮に不意打ちを喰らっても俺への攻撃なら問題はねぇ
何か察知すればハンドサインで皆に警戒を促すぜ

エバーシルバー及びシーサーペントの群れが襲い掛かってきた場合、
俺の仕事はシーサーペントを引き付けてエバーシルバーと連携させないことだ
俺が配下を引き付け、その隙にアタッカーがエバーシルバーを囲んで殴って頭を優先して潰す、いわゆる首狩り戦術ってヤツだな

動きとしては、シーサーペントの群れに突っ込んで『招惹誘導』で【怒り】を撒くぜ
何せシーサーペントは攻撃的な面が強いって話だ
【怒り】状態で目の前の獲物が不敵に「かかって来な」と挑発してりゃあ攻撃に傾注もするだろう
間接的にエバーシルバーを庇う行動を妨害できるかもしれねぇしな

HPが2割を切れば『ハイネス・ハーモニクス』で自己回復
味方陣がエバーシルバーを仕留めてくれるのを信じ只管に耐えるぜ

撃破後は、エコーロケーションと発光を併用して周囲の探索で龍宮幣を探すとしよう

アドリブ歓迎
寒櫻院・史之(p3p002233)
若木
ドラグチップ集めか
腕が鳴るね
深怪魔を討伐してさくっと集めきっちゃおうじゃないか

えーと、水着だと戦闘力が上がるんだっけ
じゃあ白のサーフパンツにイエローのラインが入ったやつ、エメラルドグリーンのパーカーを着ていくね
ちょっと派手?まあそのくらいのほうが遺跡ではちょうどいいかもね

遺跡内では【発光】して光源になるね
前衛として前に出て歩くよ
いついかなるとき奇襲を受けてもいいように警戒は怠らない
水中だししゃべれるかはわからないから
事前にハンドサインを決めておく

敵と遭遇した時は名乗り口上でシーサーペントをかき集めるよ
そのあと覇竜穿撃で一匹ずつ沈めていくね
エバーシルバーは仲間へお任せ
APが3割切ったら斥力発生Ver.2で回復するね
長丁場だ、気楽に行こう
エバーシルバーよりはシーサーペントの相手をするように気をつけるよ
怒り付与からこぼれたシーサーペントが居れば再度名乗り口上
怒り付与を最優先する

だいたい宝物ってさ、行き止まりにあるよね
あれなんでだろうね?
今回の場合だと水流で引っかかっちゃったりしてるのかな?
ともあれ、分かれ道に来たらソードオブアルマデウスで柱に目印を付けるよ
迷わないようにね
ほんとはマッピングもしたいところだけど、水中じゃあね

ドラグチップ、いくつ集まるのかな
楽しみだね
終わった後は遺跡の探検をもう少ししてみたいな
いつの年代のものなのか
何を祀っていたのか
いろいろと気になる事は多いよね
エルス・ティーネ(p3p007325)
青鋭の刃
「海洋もあの海戦があってから二年なのに
リゾート地まで出来ているなんて…流石と言うところかしら、ね?」

●目標
・海底遺跡にある『龍宮幣』を一枚でも多く集める

●行動
・水着で行動
・視界が悪い所は仲間の発光でカバー、水中は携行品を出来る限りでも駆使
※他、仲間の行動に合わせる
「」

●戦闘
・前衛アタッカーとして攻める
・一体ずつでも確実に仕留める
・基本的には『セレニティエンド』や『神鳴神威』を駆使
 『デッドリースカイ』や『クリムゾン・インパクト』は使用する隙があれば駆使
・仲間へ攻撃が当たらないよう考慮し共闘、敵の動きには充分に警戒
・APの消費には気を使いつつ、AP切れの際は通常攻撃に切り替え
・HPAP回復はヒーラーに任せ攻めの姿勢
・単体攻撃しかない為一体一体確実に仕留める
「」

●後に
グリーフ・ロス(p3p008615)
愛知らば
龍宮幣……経緯はともかく、私はちょっと、この遺跡に興味があります。
アーカシュのような浮島が沈んだものであったなら、誰(何)かが、まだ眠っているかもしれませんから。

水着で参加。
呼吸不要で過酷耐性(弱)あり。水圧や冷たさにも多少耐性があるかと。発光持ちの方も多いですが戦闘中等の警戒や捜索のために携行品で暗視(弱)も用意。
その上で入水前の時点から『環境適応』で範囲水中行動付与を展開。
中でのコミュニケーションは難しいでしょうから発光パターンやハンドサインでの連携方法を共有。

耐久性能と抵抗も130以上ありますが、頑強なゴリョウさんやガイアドニスさんもいますし、前面はお願いして警備スキルで後方や側方の警戒をしつつ『環境適応』の更新、『マナの温もり』で周囲を回復、副行動『簡易修復』でコンディションを保ちます。EXAも多少ありますので、回復は厚めに。
アルティメットレアもあるので敵がこちらに群がってくるかもしれませんがそれならそれで。嘲笑で防御反応し、そのまま支えます。

敵については、一見死んだように見えても自切ではないかも注意しましょう。

もしここがアーカーシュと同じ時代、技術のモノであるなら、動かず眠っている機械などもいるかもしれません。この遺跡や彼ら自身のことも聞きたいですが、まずは見慣れない光るモノ(龍宮幣)や、大きな魚の群れ(敵)を見かけなかったか、無機疎通で語りかけてみます。感謝を忘れずに。
ガイアドニス(p3p010327)
超合金おねーさん
水着で海底遺跡大冒険ね!
https://rev1.reversion.jp/illust/illust/67688
発光パターンやハンドサインも確認済みで準備OKね!

◆捜索
全員で行動!
おねーさん、お宝もおじゃま虫さん達もばっちり見つけちゃうんだから!
前方で主目的の龍宮幣を捜索してできるだけ回収しつつ、エネミーサーチで周辺警戒!
勿論サーチだけに頼らないわ!
水中だから効果はいまいちでしょうけど、聞き耳を立てておくのだわ!
気配も隠して忍びばた足!
おねーさんも奇襲は得手なんだから!
隠れてる場所や不意打ちタイミングを読んだり看破しちゃうわ!
モンスター知識は一般的じゃない相手には活かせないかもだから、参考程度ね!
後々水没した遺跡なんだしか弱い幽霊さんいないかしら?
いたらコイン見なかったかとか、おっきなモンスター見なかったとか聞いてみたいわね!
龍宮幣が障害物越しとかに落ちてたら物質透過でちょちょいのちょいよ!
ところで。
深怪魔さん、指揮したり不意打ちしたり賢いわよね。
おねーさん達が龍宮幣探してるのに気づいて、罠を仕掛けたりしてくるんじゃないかしら?
龍宮幣の周囲で待ち伏せしたり、龍宮幣を囮にして誘い出したりね!
上手く見破れたら出鼻くじいて奇襲返しよ!

◆戦闘
狂王種対処!
ピンチの子はかばう!
アッパーユアハートは狂王種に試して当たるようなら怒り未付与の相手に使用ね!
他は怒り未付与の狂王種をマーク・ブロック!
佐倉・望乃(p3p010720)
特異運命座標
海底の遺跡を探索して、お宝探し……
ふふ、幼い頃に読んだ冒険譚のようなシチュエーションに、わくわくドキドキしてしまいますが。
危険なお魚さんもいるみたいですし、気を引き締めて臨みますね。


◆探索
お気に入りの水着(https://rev1.reversion.jp/illust/illust/67677)を着て。
『暗視』と『水中行動(弱)』を活用し、はぐれないように皆さんと纏まって行動を。
物陰や曲がり角、敵が潜んでいそうな場所は特に警戒を。
何か発見した際等の意思疎通は、事前に決めておいたハンドサインで伝えます。

もし海藻があったら『植物疏通』を試してみます。
大丈夫です。わたし達はちょっと探し物に来ただけで、あなた方に危害は加えません。
何か変わったもの(龍宮幣)や、怖そうなお魚の群れ(敵)について、ご存じでしょうか?


◆戦闘
数が多そうなので囲まれないように注意しつつ、
皆さんの回復を優先して行動します。
負傷が大きい人に『メガ・ヒール』
BSを受けた人に『キュアイービル』で支援を。
各自の負傷具合や他の方の行動を良く見て、過不足無く全体に治癒が行き届くように。
全員の体力に余裕がある時には『静寂とバラード』で少しでも抵抗を高めたり、
『衝撃の青』で少しでも敵の数を減らせるように努めますね。

戦闘中も周囲の警戒は怠らずに。
増援等、何か異変や発見があった際にはすぐに皆さんに報せます。

リプレイ

●海の影に潜むのは
 広大な海が拡がりし国、海洋。
 その一角、フェデリア島に拡がるのは、地上の楽園『シレンツィオリゾート』。
 開拓が始まってからやっと二年……リゾート地として発展を遂げた此処は、更なる観光客を呼び込もうと新たなる企画が立ち上がる。
「うーん……海洋も、あの海戦があってから二年しか経ってないのに、リゾート地まで出来て居るなんて……流石と言うところかしら、ね?」
 と、『青鋭の刃』エルス・ティーネ(p3p007325)が苦笑を浮かべると、それに『自在の名手』リリー・シャルラハ(p3p000955)も。
「うんうん! そうだねー、リリー、海洋での依頼はなんやかんや久しぶりかもっ。でも、こうして海洋が元気に動いているのを見ると、すっごく嬉しいなー!」
 ぴょんぴょんと飛び跳ねて、小さな体一杯で喜びを表現するリリー。
 しかしながら、そんなシレンツィオリゾートに大事件が発生していた。
 観光客を呼び寄せる為の企画、その大事な舞台である、フェデリア島南東に拡がるダガヌ海域では、未知なる怪物『深怪魔(ディープ・テラーズ)』が昨今姿を表し、人々に脅威を与えていたのである。
 それに加えて、その深海にある『都』より訪れし少女からの依頼……深怪魔を追い払う事が出来るという『玉匣』と、それを作る為に必要なコイン状の竜宮幣(ドラグチップ)を集めてきて欲しいという話を聞いたイレギュラーズ達。
「うーん……竜宮城の神器『玉匣』と、力の欠片の『竜宮幣』、と……魔術で魔術師で(不完全な)願望器の僕にとっては、竜宮幣も玉匣も興味深いし、遺跡探索もわくわくするね!」
 と、少女からの依頼を聞いて目をキラキラと光らせていたのは、『不完全な願望器』ヨゾラ・エアツェール・ヴァッペン(p3p000916)。
 それに冷静な声色の『愛知らば』グリーフ・ロス(p3p008615)と『特異運命座標』佐倉・望乃(p3p010720)も。
「ええ……竜宮幣……経緯はともかくとして、私はちょっと、この遺跡に興味がありますね。アーカーシュのような浮島が沈んだものであったならば、誰か、何かが、まだ眠って居るかもしれませんから」
「そうですね。海底の遺跡を探索して、お宝探し、と……ふふ。幼い頃に読んだ冒険譚の様なシチュエーションで、わくわくどきどきしてしまいます」
 表情を変えぬグリーフに対し、どこか嬉しそうな望乃。
 そして『若木』寒櫻院・史之(p3p002233)が。
「そうだね。ドラグチップ集めか……腕が鳴るよ。深怪魔を討伐して、さくっと集め切っちゃおうじゃないか」
 そんな史之の言葉に望乃も。
「ええ、危険なお魚さんもいるみたいですし、気を引き締めて臨みますね? 水着も……こうやって準備してきましたし」
 くすりと笑う望乃……彼女が最後に言った通り、その服装はワンピースタイプの、お気に入りの水着。
 勿論望乃だけでなく、周りの皆も同じように水着を揃って着てきている。
「そうだね……えーと、水着だと戦闘力が上がるんだっけか?」
「ああ。理由はちょっと良く解らないが、まぁ水着を着るだけで竜宮の籠を受けられるだなんて面白いよな!」
 史之の言葉に『黒豚系オーク』ゴリョウ・クートン(p3p002081)ははははっ、と大笑い。
 中々に剛気な水着のゴリョウに対し、白のサーフパンツにイエローのラインが入り、更にエメラルドグリーンのパーカーを着ている史之。
「これもちょっと派手かな? まぁ、その位の方が遺跡ではちょうどいいかもしれないしね?」
 一方リリーはセーラー水着、ヨゾラはパーカータイプの水着、グリーフとエルスははパレオが印象的な水着。
 皆が思い思いの水着に身を包んでいるのを見て、『超合金おねーさん』ガイアドニス(p3p010327)は。
「いや、いいわね! 水着で海底遺跡の大冒険! 発光パターンやハンドサインも皆で確認済だから、もう準備も万全よね!」
 ニコニコなガイアドスに、ヨゾラも。
「うん。よーっし、『竜宮幣』を沢山持って帰ろうか……皆頑張って行こう!」
 と元気良く拳を振り上げて、そしてイレギュラーズ達は『ダガヌ海域』の海底へと潜り行くのであった。

●闇潜む
 そしてダガヌ海域に辿り着いたイレギュラーズ達は、水着に身を包むと共に……ザブン、と海へと潜る。
 いつも荒れ狂う海故に、左へ右へと流されそうになるものの……はぐれないように手を繋ぎつつ、深い深い海の底に向けて潜り行く。
 そして……潜り初めて数十分程が経過した、その時。
「んー……あれ? もしかしてあれかな?」
 ダガヌ海域の海底にひっそりと沈んでいる石造りの建物は、周りを見渡してみても明らかな違和感を感じさせる所。
「うん。あそこで間違いなさそうね。それじゃー早速だけど、みんなで探索開始ね!」
 ニッ、と笑みを浮かべたガイアドニスに、ゴリョウとヨゾラも。
「ああ。んじゃあ俺が光ってやるから、ちゃーんとついてこいよ!」
「うん、あ。みんな纏まって動くんだったっけ? でもはぐれた時用に、一応発光のパターンで合図を決めておきたいんだけど……大丈夫?」
「勿論さ、任せておけ!」
 発光をコントロールし、高速に点滅させたり、ゆっくりと瞬かせたり。
 そこまで光量は多くはないものの、イレギュラーズ8人の周りを照らすのには十分。
「ゴリョウさんだけに全部任せるのも申し訳無いし、必要に応じて俺も光るとするよ」
 と眩しくない程に抑えた発光でぼんやり光る史之にエルス。
「うんうん。それじゃーみんな、がんばろー!」
 えいえいおー、と拳を振り上げるリリー、そしてイレギュラーズ達は、皆で廃遺跡の中へと足を踏み入れる。
 入口と思しき場所に立ち、左右の石造りの柱に触れてみると……こんな水中に長い間あったとは思えない位、まだまだ確りと強度を保っている。
「うーん……思った以上に腐食が進んでないわねー? まるで突然海底にこの遺跡がテレポートしてきたみたいな……そんな感じに思えちゃうわ」
 とガイアドニスが小首をかしげると、それにグリーフも。
「確かに……そうですね。やはり私たちが知らぬ間に、浮島が沈んだとか……その可能性はありそうですか」
「うんうん。とは言っても、空から落ちてきたのなら、そういう痕跡はありそうなものよね。うーん……不思議だわ」
 今ここで調べようとも、直ぐに分かる事は無さそう……と、ガイアドニスがけろっと笑う。
 そしてイレギュラーズ達は、口を開けた遺跡の入口から中へと侵入。
 当然のことながら、海底に沈んでいる遺跡なので、中も海水が充満している様な状態。
 ただ……壁があるからだろうか、荒れる波はこの中では至って穏やか。
「……静かなものですね。先程までとは全く違います」
 と聖乃がぽつり呟くと、ヨゾラが。
「そうだね。こういう静かな場所だからこそ、招かれざる者も居る……のかもね」
 あの少女が言う、深怪魔にとっても、恐らく居心地の良い場所なのは間違いない。
 勿論それを退治しに来たのであって。
「ふふっ。おねーさん、お宝もおじゃま虫さん達も、ばっちり見つけちゃうんだから!! 勿論、竜宮幣も忘れないわよ!」
 ガイアドニスの言葉に、ヨゾラも。
「そだね。沢山見つかるかなー……って、油断は出来ないけどね。ささ、先に行くよ」
 そう仲間を促しつつ、更なる遺跡の奥へと潜っていく。
 ある程度深い所まで行着くと、流石に遮蔽物が多くなり、発光だけでは視界全て賄うのには厳しくなり始める。
「見えにくいよねー。それじゃ、今度はリリーの出番、だよっ!」
 とリリーはお魚さんのファミリアーを召喚し、自分達よりも前煮言って貰い、偵察をさせる。
 魚故にすいすいと先を泳ぐ……そしてそれを追いかけるように、イレギュラーズ達が追尾。
 幾つか角を曲がっていくと……お魚さんが戻ってくる。
「こっちの方、行き止まりだって」
「了解。でもそういった場所に、もしかしたら竜宮幣が引っかかってるかもしれないから、一応見てこよう」
 そう史之が提案し、実際にその行き止まりに行ってみると……行き止まりに引っかかるように、数枚の貨幣を発見。
「これが竜宮幣……何か、特殊な力を持っている様には見えないけどね」
 実際に手に取ってみるも、ぼんやりとうっすら輝いている程度で、力は余り感じない。
 でも、これを集める事によって玉匣は復活させる事が出来る筈……。
 ともあれそれら竜宮幣を袋に回収しながら、史之が。
「それにしても宝物ってさ、良く行き止まりにあるよね。なんでだろうね?」
 と笑うと、それにゴリョウは。
「確かにそうだなぁ……まあ、お作法みたいなもんじゃないかね!」
 はっはっは、と笑う。
 ……と、そのとき。
『ウウゥゥウウオオオオオンン』
 突如、その場に響きわたる唸り声。
 その唸り声の聞こえた方角は……今来た方。
「っ……今の声、あちらの方から聞こえました」
「そうね……明らかに人外の鳴き声。恐らく……」
 グリーフに頷くエルス……その声は、この遺跡に棲みついた怪物達のものだろう。
「っし、皆。そっちの方に向かうぜ!」
 ゴリョウの言葉に皆も頷き、その声がした方へと向かうイレギュラーズ。
 左へ曲がり、右へ曲がり、また左へ……と。
『グゴォオオ!!』
 曲がり角から伸びてきた数脚。
 その攻撃を咄嗟に躱し、その角から一旦下がると……行く先から出て来たのは、多脚のタコとイカが合わさったような醜悪な外見を持つ、『シーサーペント』の群れ。
 更にその後ろでは、ふよふよと水中を漂うようにしているリュウグウの使いの如き姿の『エバーシルバー』。
「もう、深怪魔さん、不意打ちを式したり賢いわよね。おねーさん達が竜宮幣を探しているのに気付いてたのかしら?」
 とガイアドニスが声を掛けるが……彼等がそれに反応を返す事は無い。
 そして、次の瞬間、先陣切って動いたのは狂王種達。
 そこまで広くはない遺跡の中で、触腕を何本も伸ばし、遺跡の壁を壊しながら縦横無尽に攻撃。
「っ……これは中々暴れん坊な子達ねぇ……そんなわるい子達はおねーさんが相手になるわよ!」
 とガイアドニスは己をアピールしながら自分を高め、狂王種達の怒りを誘う。
 敢えて自分に攻撃を集中させる事で、後ろに控えるエバーシルバーへの活路を切り拓くことが目的。
 とは言え狂王種達の数は多く、ガイアドニス一人では全てを賄いきれない……なので、更にゴリョウも威風堂々たる声を上げて、狂王種達のターゲットを強く惹きつける。
 二人が大方の狂王種達を惹きつけてくれた所で、彼等が盾に。
 そして、惹きつけられた狂王種の一体をターゲットと定めて。
「かなり数が多いし長丁場になりそうだ。気楽に行こう」
「ええ、そうね」
 史之にエルスが頷き、史之は覇竜の一手、エルスは音無く息の根を止める一閃を放つ。
 確実に敵一体を沈めつつ、一方で望乃とグリーフは、盾となる二人の体力状況を観察。
「中々……激しい攻撃ですね。望乃さん、回復、手伝って貰えますか」
「ええ、勿論です」
 そう、グリーフと望乃は回復に傾注し、盾の二人を決して崩落させない様に動く。
 勿論狂王種の数が多いので、ダメージを全て回復しきる迄には至らないが……数刻の間に倒れる事は無いだろう。
 そして、攻撃と回復をする仲間の一方でリリーとヨゾラの二人は、敵の動きを暫し観察。
 ……エバーシルバーへの活路が一瞬開いたその瞬間に、ヨゾラは。
「星空の破撃、スターブラスター……神秘攻撃をたっぷり喰らえー!」
 全力でエバーシルバーを狙い済ました星の光の瞬きの一撃。
 ……遺跡の中にキラリと煌めいたその一閃は、エバーシルバーに命中……したかと思ったが。
『グゥオオオゥゥゥ……!』
 攻撃していたシーサーペントの一体が、その身を翻し、攻撃を身代わりに受ける。
「エバーシルバーを狙ったら、勝手にシーサーペントが庇ってくれた……って事は、エバーシルバーを狙えば、どんどんシーサーペントが呪縛とかを喰らってくれる、って事かな? うん……勝機、見えたよっ!」
 力強く頷いたリリーも又、シーサーペントに向けて呪いの弾丸を放つ。
 やはり、その攻撃をシーサーペントがかばいに身を翻し、攻撃を喰らい、バッドステータスが積み重なる。
「惹きつけと並行してやっつければ、シーサーペントを削る事にも繋がる、って訳ですね……分かりました。回復は私たちに任せて下さい」
 そうグリーフが仲間達に呼びかける。
 そしてシーサーペントの攻撃を惹きつけつつ、一匹ずつ確実に仕留めて行くイレギュラーズ。
 竜宮の波紋の効果もあってか、狂王種であろうと苦戦には至らずに、確実に戦況を進めていき……数十刻。
 庇いに庇った狂王種全てを失いしエバーシルバー。
 己にバリアを張り、身を守ろうとするが……そのバリアも常に張り続ける事は出来ない様で、解けた瞬間。
「今だっ、一気に叩き潰すぜっ!!」
 ゴリョウの号令一下、イレギュラーズ達の総攻撃が下り……援護タイプの深怪魔は、なすすべ無く倒されるのであった。

●煌めきを
「……ふぅ。終わった? 終わったかな?」
 息を吐き、周りを見渡すヨゾラ。
 それにガハハッ、と笑いながらゴリョウが。
「ああ、終わった見たいだな! お疲れさん!」
「そう! あー楽しかった! お疲れ様ー!!」
 ヨゾラは、何だか晴れ晴れとした表情。
 そしてそんなヨゾラにエルスが。
「そうね……お疲れ様。と、まぁまだ油断は出来ないわね。まだ何処かに狂王種が潜んでいるかもしれないし」
 耳を欹てて気配を探る……取りあえず、近場では唸り声は無い。
「そうだね。警戒は解かず、もうちょっと探索しようか。ドラグチップ、いくつ集まるのかな? 楽しみだね」
「そうだね。未回収の『竜宮幣』を探さないと!」
 史之に頷きながら、目をキラキラさせるヨゾラ。
 そしてイレギュラーズ達は、海底遺跡を隅から隅までくまなく調査。
 生き残りの狂王種も数匹いたものの……深怪魔を倒した時程の数ではなく、竜宮の波紋の効果もあって、破竹の勢いで討伐していく。
 そして……海底に潜む魔物達を全て倒し、分かる範囲を一通り調査し尽くし……竜宮幣は丁度8枚発見。
「うん……まぁ一人一枚。丁度良かったかな?」
 とリリーが嬉しそうに微笑むと、ガイアドニスも。
「そうね、みんな一個ずつ、ケンカにならなくていいわね!」
 と笑う。
 ……そんな仲間達が会話をする一方で、グリーフと史之は、再び入口の柱の元へ。
 柱の端っこを切り取り、それをまじまじと観察。
「……これは、いつ頃のものなんだろうね?」
 と史之が頚を傾げると、グリーフは。
「そうですね……専門家ではないので、直ぐには分かりませんが……かなり古い頃の物だと思います。あのアーカーシュの頃……と同じ位でしょうか?」
「そう……となると、何か関係あるのかも? 取りあえず持ち帰って調べて見ようか」
「ええ、そうですね」
 関連は不明ながらも、海の底にずっといたにしては塩水の腐敗も進んでいない、そんな奇妙な深海遺跡。
 そんな疑問を抱きながらも……取りあえず竜宮幣の確保も出来たイレギュラーズ達は、海が夜に包まれる前に、急ぎ海底を脱出するのであった。

成否

成功

MVP

ガイアドニス(p3p010327)
超合金おねーさん

状態異常

なし

あとがき

竜宮幣探し、お疲れ様でした。
海底遺跡の謎はあるものの、とりあえず皆様のお陰で深怪魔の掃討に向けた玉匣の復活へと近づけたと思います。

PAGETOPPAGEBOTTOM