PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<Stahl Eroberung>エピトゥシ城で待ち受けるものは

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●パトリック・アネルの凶行
 浮遊島アーカーシュの探索は、完全ではないまでも、ほとんど全ての地域に調査の手が入ったと言える。
 島内で確保したゴーレムの修繕も完了し、命名者によく懐いている状況だ。  現在、目下最大の問題は、魔王イルドゼギアによる後詰めの城『エピトゥシ城』の攻略。もう一つが強力な防衛機構を持つ遺跡深部『ショコラ・ドングリス遺跡』の探索であった。
 そこで鉄帝国は大規模な攻略作戦を行うことにした。作戦名は『Stahl Eroberung』。
 鉄帝国とローレットの連合軍をもって、一気呵成の大攻勢により完全征服せしめるのだ。
 ……そう。せしめる、はずだったのだ。
 特務大佐パトリック・アネル。
 特務のいけ好かない奴とも言われながらも、国益に反することはしない典型的な鉄帝軍人であった。
 しかしながらレリッカの村長を強権的に軍属復帰させ村から追い出したり、またアーカーシュの何かに関わるユルグという少年を突如『保護』名目で連行するなど奇怪な動きを見せていた。
 そして作戦決行日当日、彼は突如『地上にあるノイスハウゼン基地との通信網を遮断』、そして『力をもってイレギュラーズを作戦から排除する』行動に出たのだ。
 本来的に、パトリックは有能な軍人だった。鍛え上げた壮健な肉体と聡明な頭脳、人好きこそしないが一掴の出世欲や野望も抱き、国益を最優先する、至って健全な人物のはずだった。それがなぜ、これほどおかしな命令を下したのか。
 特務の派閥に組み込まれた帝国軍人達は、あくまで軍人であり、余程でなければ『命令』に従わざるを得ない。
 中には好き好んで戦いを挑んでくる者も居るかもしれないが、当然そうではない者は多いだろう。
 しかし……「何故」なのか?
 分からない。分からないが……特務派軍人達を相手取りながら、アーカーシュの制圧作戦を完遂せねばならないことだけは、事実なのだ……!

●( ‘ᾥ’ )
 『黒狼』ベルグハルト・ラヴィン。
 今回の騒動においては『軍務派』に分類される軍人である。
 かつては『黒狼』ベルガーの名で知られていた腕利きの傭兵。
 数十年前に鉄帝国に敗北して取り込まれた辺境の少数民族出身……であるのだが。
 そんなベルグハルトを見つめる2つの( ‘ᾥ’ )。
 リコリス・ウォルハント・ローア(p3p009236)と必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号である。
「なあ、おい。これをどうにかしてくれ……」
「はーい、リコリスさん。ちょっとあっち行きましょうねー」
「( ‘ᾥ’ )」
「( ‘ᾥ’ )」
  リースリット・エウリア・ファーレル (p3p001984)とЯ・E・D(p3p009532)の手によって2人が隅っこに片づけられていくが……さておいて。
「あー……今回の話については聞いているな。パトリック特務大佐が『やらかした』。これをどうにかしないといけねえ」
 それについては仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)も聞いていた。
 特務大佐パトリックと『特務派』による今回の独断行動。
 それを排除しアーカーシュの制圧作戦を進めなければならない。
「今回、多くの部隊がエピトゥシ城に向かうことになっている。俺達もその中の一角であり古代獣の製造プラントとなっているであろう場所……『ガー・ガルの間』に向かうことになっている」
 そこは過去、かの勇者アイオン時代の四天王の1人「四天王『骸騎将』ダルギーズ・クローン」が愛用した部屋としても有名だ。
 しかしそこは今、劣化したクローンなのか5人のダルギーズ・クローン(色違い)が守っているようだ。
 5色のダルギーズ・クローンは自らを『骸騎戦隊ダルギーズファイブ』と名乗っているようだが……たとえ劣化していようと、5人揃えば相当の強敵であるのは間違いない。
「つまり、それを倒せばいい……ということだな?」
「そうなる。途中には罠もある。かなり消耗することになるだろう……俺も行くが、作戦は任せる。よろしく頼むぞ」

GMコメント

かつての魔王城たるエピトゥシ城の『ガー・ガルの間』に向かい待ち受ける敵を倒し、古代獣製造プラントを破壊しましょう。
途中、様々な罠が待ち受けています。
おおよそ以下のような感じであり、ガー・ガルの間にもあるかもしれません。

バリア床
乗るとダメージを受ける床です。激しい戦闘中は踏むのを避けがたいです。
灼熱床
かなり熱くなっており、足元から燃え上がる場合があり、火炎系のBSを受ける場合があります。
凍結床
凍結しつつも表面は僅かに濡れており、転倒(乱れ系BS)の恐れがあります。また戦闘が長引くと凍結系のBSを受ける場合があります。
ダートトラップ
フロアに設置されている禍々しいオーブを乗せた柱から、不意に魔法の矢が射出される、ダメージトラップです。
灼熱トラップ
フロアに設置されている禍々しいオーブを乗せた柱に近付いた瞬間、炎が吹きだすダメージトラップです。火炎系のBSを受ける場合があります。
落とし穴
踏んだ場合に棘のある穴に落とされるダメージトラップです。
アラーム
通過した際に、激しい警報音が鳴り響き、敵が現れます。

なお破壊目標である古代獣製造プラントですが、液体に満たされたガラスの円柱に、魔物が浮かんでいます。これは破壊命令が出ています。
途中にも存在するかもしれませんので、見つけたら壊しましょう。

●今回の敵
・特務派軍人×不明
特務派に組み込まれた軍人です。銃や剣で武装しています。
鉄帝国本来の作戦目標において、イレギュラーズは協力者であることから、命令自体が不可解なものだと考えているようです。
しかし軍人である限り、上官の命令に逆らうことは極めて困難です。
そのため戦意は低い状態であると思われます。深手を負う前には撤退するでしょう。

・骸騎戦隊ダルギーズファイブ
レッド、ブルー、イエロー、グリーン、ピンク。5人合わせてダルギーズファイブ!
魔王イルドゼギアの幹部のクローン……というか培養されて作られたようですが、何かミスがあったのか本来の性能よりも下のようです。
バランスの良い堅実な戦い方をする剣士です。反を持ち、近範なぎ払い攻撃、ブレイク単体攻撃、必殺単体攻撃、不吉系BS麻痺系BSの神秘超遠貫攻撃を保有しています。
底力系のステータス向上パッシヴ能力を持ち、復讐付きの斬撃は、追い詰められるほど冴え渡ります。

●友軍
『黒狼』ベルグハルト・ラヴィン
必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号
スーパーたぬきち号DX
スーパーゴーレム護る君1号

●情報精度
 このシナリオの情報精度はCです。
 情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。

  • <Stahl Eroberung>エピトゥシ城で待ち受けるものは完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年07月23日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ヘイゼル・ゴルトブーツ(p3p000149)
旅人自称者
リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)
紅炎の勇者
仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)
陰陽式
皇 刺幻(p3p007840)
六天回帰
観音打 至東(p3p008495)
破竜一番槍
リコリス・ウォルハント・ローア(p3p009236)
死食らう血狼
Я・E・D(p3p009532)
赤い頭巾の魔砲狼
熾煇(p3p010425)
紲家のペット枠

リプレイ

「私はほぼ初見なのですが見つけて稼働させたゴーレムは中々凄いものなのですね。余り戦果を取られ過ぎない様、ゆるりと参りませうか」
 『旅人自称者』ヘイゼル・ゴルトブーツ(p3p000149)の視線の先で、ゴーレムたちがガションガションと歩いている。
 必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号。スーパーたぬきち号DX。スーパーゴーレム護る君1号。
「えげつない名前の仲間しかいないように見えるが……まぁいい、信頼はしているとも。ただその……そこのはなんと発音すればいいんだ?」
 『灼滅斬禍』皇 刺幻(p3p007840)がそう呟くが、( ‘ᾥ’ )は( ‘ᾥ’ )である。
 たぶん正確に知った時、刺幻も( ‘ᾥ’ )になれるかもしれない。
 なってどうするんだろう。分からないが。
 いずれ劣らぬ頑健なゴーレムたちだ。
「スーパーたぬきち号DX(以後、たぬきち号)――遂に、御主も戦場に出る事態となったか……うむ、名前に関するあれこれは一旦置いてだな? 頼りにしているぞ、たぬきち号!」
 『陰陽式』仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)はたぬきち号の肩に乗っているが、実に快適そうだ。
「さぁ、進軍しようか! たぬーん、GO!」
 作戦としては単純で、ゴーレムたちに罠を踏ませるという強硬突破だ。
 しかしながらバリア床も灼熱床も凍結床も、ゴーレムの前では意味がない。
「あおーん! 罠も合体モンスターもなんのその! ボクには「必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号」がついているんだ! いっくぞ〜! ボクの代わりに罠を踏む役はキミに任せた! いのちだいじに、壊れない程度に無茶していこう! とりあえず、プラントは見つけたらぶっ壊すよ、えいえいっ!」
 『( ‘ᾥ’ )』リコリス・ウォルハント・ローア(p3p009236)も必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号の肩に乗りながら古代獣製造プラントに攻撃を加えているが……割れたガラスケースのプラントは文字通り使い物にならないだろう。
 そんなリコリスを『不定の男』が此処ではない何処かから何やら楽しそうに見守っているが……ひとまずさておこう。
「ゴーゴーだよ!! スーパーゴーレム護る君1号!! とりあえず、わたしをこのまま肩に乗せていってね」
 『赤い頭巾の魔砲狼』Я・E・D(p3p009532)もスーパーゴーレム護る君1号に肩車して貰っているようだが、実に楽しそうだ。
 自分は射撃型だし、たぶんゴーレムも射撃型なので何も問題は無い。そんなЯ・E・Dの言葉通り、スーパーゴーレム護る君1号は射撃でプラントを破壊していく。
「今回は敵を倒すのが目的だし、罠なんかで怪我をしてられないよね。ゴーレム達だって大事にしないと壊れちゃうし」
【看破】で隠された罠を見つけ【罠対処】で解除、【飛行】で落としや床トラップ系を越え【物質透過】で壁程度ならすり抜けて偵察。
 そうしてЯ・E・Dが対処していくことでゴーレムのダメージも減っている。
 勿論、ゴーレムは3体だけだが……『紲家のペット枠』熾煇(p3p010425)のようにゴーレムが無くとも何の問題もない。
「おー? ここのガラスをいっぱい壊して行けば良いんだなー? よっしゃー!」
 熾煇は力を温存するためにプラントを素手で壊していくが……「俺、力そこそこ強いから大丈夫だぞと仲間達にアピールするのも忘れない。
「罠もいっぱいあるんだなぁ。俺はワイバーンに乗ってそのまま通過するけど、壊したり解除したりした方が良いなら、壊すことはできるぞ!」
 言いながらもЯ・E・Dもゴーレムもいるので、そのサポートに回る形だ。
 そんな熾煇だが、やはり気になるのはゴーレムだ。
「ゴーレム、かっこいいな! 俺も欲しかったけど、ワイバーンが怒るから駄目だな。俺はワイバーンに乗るからな。こいつお留守番するとご飯たくさんやらないと機嫌悪くなるんだ。でもかっこいいなー! あとでちょっと乗ったりしちゃだめか? わ、ワイバーン、怒るなよ! わかった、乗らないから! な!」
 まあ、ゴーレムも主人に懐く傾向があるので、ゴーレムをゲットしなかったのは正解かもしれない。
 『刹那一願』観音打 至東(p3p008495)も戦闘に悪影響を及ぼさず、天井に頭をぶつけない高度の飛行を保つことで床トラップに引っかからないようにしていた。
 他の敵が踏み込みづらいこういった床の上に陣取ることで、優位を取るように立ち回ってもみる狙いもあった。
 そうして仲間達と共に進みながら、『紅炎の勇者』リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)は隣の『黒狼』ベルグハルト・ラヴィンへと声をかける。
「『骸騎将』ダルギーズ……クローン。魔術的な複製体……? 正直得体が知れませんが……比べて特務派の兵は見るからに戦意旺盛とは言い難い。得体の知れない魔物と共同して味方と戦え、ではそうもなりましょうね。軍人として、指揮系統上位者の命令には従わざるを得ないが、といった所でしょうか……ベルグハルト様。ゼシュテルの軍人としては、彼らを如何見られますか?」
「……分からんな。しかしまあ、軍人としては正しい行動だ。軍人であれば理不尽な命令は唸る程ある……すぐ裏切るようでは逆に心配になる。が、説得の余地はあるだろうな」
 一当てする必要はあるだろうが、とベルグハルトは続け、リースリットも頷く。
 確かに、軍人としてはそこが限界だろう。
「戦意が低いということは、懐柔がいくらか有効ではあるかもしれませんネ」
「うーん、それなら軍人さん達と全力で戦う必要は無いかなぁ? どうみてもやる気が無いし、ちょっと傷つければ逃げてくれるよね」
「そうなりますね」
 至東とЯ・E・D、リースリットは頷きあい、そこに立っている特務派の軍人たちに視線を向ける。
「そういうことなのですが……引くつもりは?」
「分かるだろう。命令は命令だ。それがクソみたいなものだろうとな」
「武器を下ろして降伏さえしてくれれば、君たちに手を出すことはしないよ!」
( ‘ᾥ’ )ジッ…
( ‘ᾥ’ )ジッ…
 本人は至って恐ろしい獣の顔で威嚇しているつもりであるらしいが……リコリスとグレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号が( ‘ᾥ’ )ジッ……としていては、なんか別の恐怖が浮かんでくる。
「くっ! なんだそいつら!」
「なぬ! ボクの渾身の威嚇を受けてもなお向かってくる命知らずな人がいるんだって?」
「威嚇といいますか……いえ、此処で出会えたのも僥倖。此処で特務派軍人を追い返してしまう算段といきませうか」
「戦意が低くとも、剣をこちらに向けている間は容赦せんぞ?」
 ヘイゼルの言葉に全員が頷き、鉄帝軍人たちも銃や剣を構える。
 リースリットとしては出来る限り殺さずに……そう、倒すにしても生け捕りにしたい所だった。
 撤退する者については追わず、生け捕りにした者、投降した者については……正規軍に後を任せた方が良いだろうとすら考えていたが……それも、この戦いに勝たなければ不可能だ。
 そうして、前哨戦とも言える戦いが始まった……!
「たぬきハリケーン!」
 スーパーたぬきち号DXにそんなマジンがゴーしそうな武器は搭載されておりません。

●骸騎戦隊ダルギーズファイブ
「さて、彼我の力量差はもう明らかですよネ」
「……ふん」
 終始優勢な戦いを繰り広げ、至東は鉄帝軍人たちにそう声をかける。
 元よりあちら側の戦意の上がらない戦い……イレギュラーズが優位になるのは当たり前とも言えた。
「それでも、上官への報告に用いる証が必要でしたら……そうですネ、私の焼いたパンでも持っていかれます? 腕によりをかけた、しとーちゃん特製メイドサンドイッチですヨ。ええ、ご飯を分けてもいいと思えるくらい、私はあなた方に敵意はありません。それくらいでしたら、信じて頂けますでしょうか?」
「うーん、本当は戦いたくないんだろ? 俺も特務のやつらは倒したくないからな」
「戦ったなら、仮に原隊復帰せずとも義理は立ちましょう。特務大佐の異常を感じているのなら、撤退か投降して祖国に復帰か……選んでも良いのではないですか」
 熾煇とリースリットも、そう特務派の軍人たちに呼びかける。
「……チッ、こっち側に取り込まれたのが運の尽きか」
 特務派軍人のリーダーらしき男がそう言って座り込めば、他の軍人たちもそれに倣う。
「行け。別に俺達が目標ってわけでもないんだろう」
「ええ、では」
 これなら大丈夫そうだ。リースリットもそう判断して、仲間達と共に目的の部屋……ガー・ガルの間へと辿り着く。
 そこには他よりも少しばかり立派な古代獣製造プラントと、強い気配を放つ「何か」がいた。
「貴方達が『骸騎将』ダルギーズ。魔王イルドゼギア配下の魔将……ですか?」
 そう、リースリットの言う通り「達」だ。同じ顔をした奴が色違いで5人いる。
(勇者王の時代の……魔王の重臣、魔将軍ダルギーズ。そうなると、闇精霊の話にあった魔王というのはイルドゼギア。こんな所にその痕跡が……いえ、痕跡どころかこの城が少なくとも拠点の一つだったと)
「フッ……」
 5人のダルギーズは同時に笑うと、一斉にポーズをとり始める。
「ダルギーズレッド!」
「ダルギーズブルー!」
「ダルギーズイエロー!」
「ダルギーズグリーン!」
「ダルギーズピンク!」
「5人合わせて……」
「「「「「骸騎戦隊ダルギーズファイブ!!!」」」」」
 慌ただしく変化しキマったポーズにリコリスが( ‘ᾥ’ )しているが、ダルギーズたちは満足そうだ。
「さて。某めはダルギーズと申す。栄えある四天王が末席を許されし一つの剣士――その慣れ果てにござる。死してなお主命をお守りせんがため、何人たりともここを通す訳には参らぬ。勇者よ、いざ尋常にお覚悟を」
「温度差が凄いな」
 刺幻が思わずツッコミを入れてしまうが、ダルギーズは知らんぷりだ。
「バリエーションをリペイントで済ませるとかえって安っぽくなってしまうものなのですね……」
「……随分とカラフルで愉快な奴等だな? まぁ、こっちも人の事は言えんが」
 ( 'ᾥ' )……もといリコリスをチラ見するヘイゼルと汰磨羈だが、グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号に( 'ᾥ' )されていた。さておいて。
「わたし達とゴーレムを合わせて12人だよ。これだけいれば袋叩きができるね」
 その影響か、元々か。Я・E・Dもとんでもなく物騒なことを呟く。
「えーっと、ダルギーズファイブ? すげーな、かっこいいな! 色がいっぱいだ。あれだろ、『せんたいもの』ってやつだろ? 違うのか?まぁー何にしても倒すんだろ。皆同じなら何となく赤から倒したいな?」
「フッ……来られい。このダルギーズレッド、簡単に倒せるとは思わぬことでござる」
 熾煇にダルギーズレッドがそう応え……戦いが始まる。
「倒す順番には気を付けて!! パワーアップするまえに相手を削り切らないと!!」
「いけー! 必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号! 戦えー! 必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号! 負けるなー! 必殺! グレート超( ‘ᾥ’ )人リコリス号!!」
「ぬううう、字面が煩い!」
「パンチとキックで道を切り開け、スーパーたぬきち号DX!! \タヌットパンチ!/ \スーパーたぬきちキック!/ \たぬき力ビーム!/ うおっ、なんか出た!?」
 リコリスと汰磨羈は楽しそうにゴーレムと暴れ回るが、本当に頼りになるので人数的に凄く有利である。
「……ダークヒーローを気取りたければ、まずは信念の下へ還るがいい。七罪七徳、両面の先で私は待っているぞ」
 そんな中、刺幻も頑張ってシリアスな雰囲気を保っていく。
「うーむシンプルに強敵。腕がなります! ってうわ! ゴーレムの方の( ‘ᾥ’ )が飛びましたよ!?」
 至東の叫び声が響き、ヘイゼルと刺幻が色々と諦めた顔になって。
 最後のダルギーズピンクが倒れた後、全ての古代獣製造プラントを破壊する。これであとは来た道を戻るだけだ。
 そこで……リースリットは、ベルグハルトに声をかける。
「ベルグハルト様。申し訳ないのですが、正規軍人として彼らの後をお任せしても?」
「ああ」
「彼らにも、帰りを待つ家族は居るでしょう。きちんとした任務で、というのならまだしも……こんな所で、軍人であるが故に訳の分からない命令に従わざるを得ず味方と戦って死ぬのなんて、流石に馬鹿げています。どうか、寛大な措置を」
「分かっている。心配するな」
 派閥と命令故に断れない。
 それは当然のことではあるが、こういう時はとても悲しいことでもある。
 だからこそ、此処に彼等の死を望む者などいるはずもなく。
 こんな事態を引き起こした「張本人」への怒りは、増すばかりであった。

成否

成功

MVP

リコリス・ウォルハント・ローア(p3p009236)
死食らう血狼

状態異常

なし

あとがき

皆様の作戦に加えゴーレム大暴れ。
こんなのもう勝つ以外の結末はないですよね!

PAGETOPPAGEBOTTOM