PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<チェチェロの夢へ>輝けるプラネタリウム

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●精霊暴走
 ノイスハウゼン上空に発見された伝説の浮遊島アーカーシュの調査が始まった。
 調査は鉄帝国軍と、依頼を受けたローレットのイレギュラーズの合同で行われている。
 百年前に消息不明となった探索隊の子孫(レリッカ村住人)の協力もであり、進捗は順調だ。
 新発見は既に百年前の探索隊によるものを大きく凌駕し、島に関する様々なことが明らかになってきた。
 その中でも、精霊を使用した文化については大きな発見といえるだろう。
 地上部や地下表層の遺跡は朽ちた都市であり、精霊を使役した高度な文明を有しているそうだ。ランプのようなもの、コンロのようなもの、冷蔵庫のようなものなど、様々な道具が発見されている。
 古代の人々の生活を解き明かせば将来的に入植や農地開拓なども可能となるかもしれない。
 だが古代獣が跋扈している危険は、未然に排除すべき課題に違いない。
 しかしながら古代獣同様に憂慮すべき問題が存在する。
 それが精霊だ。
 古代で使用されていたと思われる精霊だが……あちこちでの暴走が確認されている。
 精霊が異様に暴れているのは、どうやら遺跡が激しく傷んでいる事が原因らしい。例えばコンロが損壊していれば、火を出す仕事をこなすことが出来ない炎の精霊が、エラーを起こしてしまうようだ。倒すことで鎮めてやれば、エラーから解放出来ることも分かっている。
 そして今。
 とある浮遊島で光と闇の精霊の大暴走が起こっていた。
 ドーム状の建物であるソレが何であるかは分からない。
 しかし……唯一分かるのは、闇のハイエレメンタルらしきモノがその中に混ざっているということだ。
「エラーコード:処理続行不可能。修復プロレス実行中……エラー。トラブルシューティング強制終了。エラー……」
 どうやら他の精霊同様にエラーを起こしているようだ。
 まずは、倒して鎮めなければならないだろう……!

●壊れた大望遠鏡
  古代文明がどのようなものであったか、その全容は未だに解明されていない。
 しかし浮遊島アーカーシュにはその残滓たる器具が幾つか残されており、同時にそれ等は壊れたものが多かった。
 それによる精霊の暴走は倒せば鎮まることが分かっていて、今のところそれが一番良い方法である。
 つまるところ、暴走する精霊の多い場所には「何かがあるかもしれない」わけだが……ハイエレメンタルを含むサンダーエレメンタルの大暴走が起こっている外周浮遊小島が発見されていた。
 そこに至るまでには幾つかの小さな小島を超えていかなければならないのだが……飛行するか岩ほどの小島をジャンプすることで辿り着くしかないだろう。
 では、超えた先に何があるのか?
 今回の調査対象である小島にはライトエレメンタルとダークエレメンタル、そして闇のハイエレメンタルがいることが確認されている。
 その先にはドーム状の建物があるようだが……見た感じ、練達にあるプラネタリウムにも形が似ているだろうか?
 実際にどうであるかは調査しなければ分からない。
 過去の事例でいうとこうした場所には機能を停止したゴーレムが落ちていることがある。
 余裕があれば調査するのも良いだろうか?
 まあ、それも精霊たちを鎮めてからの話なのだが……!

GMコメント

今回の目的地は「プラネタリウム」です。
ただ、音声機能などはなく、映し出される夜空は癒しを重視したのか結構適当っぽいです。
恐らくリラクゼーション系の施設ですが、そういった情報は案内プレートを見つければ確認できるでしょう。
寝っ転がると床がキラキラ宝石みたいに光る、そんな感じの場所です。

●出てくる敵
・ハイエレメンタル(闇)
なんらかの原因で荒れ狂う高位精霊です。自然現象のようなものですが、倒すことで鎮めることが出来ます。意思を持ち、言葉を話すことが出来る存在も居ます。
神秘単体攻撃や範囲攻撃を行います。神秘単体攻撃や範囲攻撃を行います。不吉系統のBSを保有しています。

・ライトエレメンタル×10
なんらかの原因で荒れ狂う精霊です。自然現象のようなものですが、倒すことで鎮めることが出来ます。
神秘単体攻撃や範囲攻撃を行います。ブレイクを保有しています。

・ダークエレメンタル×10
なんらかの原因で荒れ狂う精霊です。自然現象のようなものですが、倒すことで鎮めることが出来ます。
神秘単体攻撃や範囲攻撃を行います。不吉系統のBSを保有しています。

●特殊ルール『新発見命名権』
 浮遊島アーカーシュシナリオでは、新たな動植物、森や湖に遺跡、魔物等を発見出来ることがあります。
 発見者には『命名権』があたえられます。
  ※命名は公序良俗等の観点からマスタリングされる場合があります。
 特に名前を決めない場合は、発見者にちなんだ名が冠されます。
  ※ユリーカ草、リーヌシュカの実など。
 命名権は放棄してもかまいません。
  ※放棄した場合には、何も起りません。

 このシナリオでは飛行スキルや、飛行可能アイテム効果を持っていると戦闘判定が有利になります。
 飛行を持たない場合は騎乗戦闘可能なリトルワイヴァーンを持っているものと見なします。この場合飛行戦闘は可能ですが、判定は有利にはなりませんのでご注意下さい。
 また簡易飛行や媒体飛行は、飛行には含みませんので、ご注意下さい。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

  • <チェチェロの夢へ>輝けるプラネタリウム完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年06月23日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

オデット・ソレーユ・クリスタリア(p3p000282)
木漏れ日の優しさ
咲花・百合子(p3p001385)
白百合清楚殺戮拳
アルチェロ=ナタリー=バレーヌ(p3p001584)
静観の蝶
リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)
紅炎の勇者
ジルーシャ・グレイ(p3p002246)
月香るウィスタリア
ジュリエット・ラヴェニュー(p3p009195)
ゴーレムの母
弟橘 ヨミコ(p3p010577)
えにしを縫う乙女
水無比 然音(p3p010637)
旧世代型暗殺者

リプレイ

●プラネタリウムへ
「あれが新しく発見された遺跡であるな! 随分と辺鄙というか移動しにくい場所にあるが、なればこそ気になるもの! 一体何が待っているのであろうか?」
「目覚めてからの初任務は精霊の排除ですか……。相手が人型ではない以上暗殺する事はほぼ不可ですが、他の方々の支援くらいなら出来るかもしれません……しかし、空中にある島々……、にわかには信じられなかったですが、このような場所があるとは……」
 『白百合清楚殺戮拳』咲花・百合子(p3p001385)と『旧世代型暗殺者』水無比 然音(p3p010637)がそんなことを言い合う。
 アーカーシュ外周に存在する小島群の調査は何度も行われてきたが、そうした場所にはかつてアーカーシュにあったとされる精霊道具が数多く見つかっている。
 どういう経緯で小島に存在しているのかはまだ解明されていないが……百合子の言う通り、そうした場所にあるからこそ冒険心が湧きだすというものだ。
「空に浮かぶ失われた文明の跡地で、星空の戯画を眺める……なんと心躍る依頼なのでしょう。ねえ、”あなた”もそう思いませんこと?」
 手に持つ骨壺に話しかけている『えにしを縫う乙女』弟橘 ヨミコ(p3p010577)には『月香るウィスタリア』ジルーシャ・グレイ(p3p002246)が《香術》テンペストを発動させていた。
「力を貸して頂戴ね。アタシの可愛いお隣さんたち」
 此処から先は飛ぶことが重要になってくるが故に精霊エアリエルたちを呼び寄せたのだが……事実、点々と存在する浮遊小島はそうしなければ移動するのが中々に難しいだろう。
「よーし、今日も変わらず精霊たちを助けに行くわよ! 精霊たちの平穏が私には嬉しいことだもの」
「精霊の暴走…成程、見ていられないほどに痛々しいものね。助けが必要ならば手を貸しましょう。老骨にも、それくらいは出来るでしょうし……しかし、プラネタリウム。夜空を投影する場所……そんなものがあるのね。余裕があれば、少し眺めてもいいのかもしれないわ……全てが無事に終わったら、きっと時間はあるはずだもの」
『木漏れ日の優しさ』オデット・ソレーユ・クリスタリア(p3p000282)に『静観の蝶』アルチェロ=ナタリー=バレーヌ(p3p001584)もそう頷き答える。
 実体化し暴走する精霊は1度倒すしかないし、それで正常に戻る事も充分に実例として確認されている。
 だからこそ、オデットにも迷いはなかった。
「此処では光の精霊と闇の精霊……そしてやはり暴走してる。恐らく彼らと結びついていたと思われる施設は、これまでの例を見るに損壊している可能性が高そうですね。精霊の暴走原因は、施設側の破損かそれとも……?」
「ともあれ、調査の前に先ずは精霊達を鎮めなければなりませんね。移動の邪魔になりますし、何より彼らを鎮めれば、恐らく調査の助けと共にある程度の機能復旧も見込めるでしょう」
 『紅炎の勇者』リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)にアルチェロもそう言うが……そう、アルチェロの言う通りに精霊は元々その場の機能を動かしていた存在だ。
 彼等、あるいは彼女等を正常に戻すことさえ出来れば、元通りとはいかないまでも施設を稼働させる助けになるのは疑いようもない。
「ブーク・カドゥールの一件以来、ゴーレムの複製を任されたからね。精霊も含めてサンプルケースが多いに越したことはないわ」  
 『紅蓮の魔女』ジュリエット・ラヴェニュー(p3p009195)もそんなことを呟く。
 ゴーレムの複製。それが可能かどうかは分からないが……少なくとも、ゴーレムのパーツを集めて稼働できるゴーレムを作れることや、ある程度の修繕が可能なことは分かっている。
「では行きましょう!」
 風精舞で舞い上がるリースリットを先頭に飛行し、目的地へと向かっていく。
 足場になる小島の位置を意識しながら、なるべくほかの人と足並みをそろえて、飛び出したり遅れたりしないように。
 そんなオデットの提案に従うように全員が飛んでいくが……もし此処から落下するようなことがあれば、万が一の事態に陥る可能性だってある。
 とはいえ、それを考えなければ絶景であるのは間違いないだろう。
「ふふ……こうして地を蹴ると、このまま高天原へも行けそうですわね。まるで天女の羽衣を纏ったような……楽しい心地でございますわ」
「うむ! しかし……楽しんでばかりではいられないようであるな!」
 ヨミコに百合子が告げた先。そこにはこちらに向かってきている暴走精霊たちの姿があった。
「先ずは、ライトエレメンタル及びダークエレメンタルから数減らしをしましょう!」
「サポートも任せて! アタシの充填力なら息切れの心配ナシよ!」
 リースリットにジルーシャが応え、精霊の竪琴を構える。
「弟橘ヨミコ、押し通りますわ!」
「ごめんね、この光は痛いわよ!」
 オデットのフルルーンブラスターが炸裂し、百合子が接敵する。
(恐らくは施設に囚われておる故、今は吾達の言葉は届くまい。であるならば疾く沈めてその役割から解放するのが先決であろう)
「これも御身を鎮める為……ゆくぞ!」
 炸裂するは並行世界上の可能性を束ねた一撃……スターゲイザーとも呼ばれる「星見」。
 これから行く場所を想起するかのようなその技が、放たれて。
「リースリットが前を務めてくれる分、楽が出来るようしっかり援護してあげましょう」
 ジュリエットのマリオネットダンスが発動し、そうして……激しい戦いの末に、全ての精霊は正気に戻ったのであった。

●輝けるプラネタリウム
 目の前に存在するドームのような建物を、ジュリエットは感慨深げに見つめる。
「それにしてもプラネタリウムね、星を視るといえば占星術なんて代物もあるけど。コンロといった生活の痕跡やエレメンタルの属性を伺うに、純粋な娯楽施設の側面が今回は強そうかしら」
 プラネタリウム自体は練達にもあるだろうが、精霊の力を使ったものは存在しない。
 そしてアーカーシュの文明は精霊の力にかなり頼ったものであることも分かっている。
「精霊は人々の生活に寄り添っていたのか、それとも使役されていたのか。興味が尽きないわね、戦闘用や環境整備用のゴーレムもあったのだから、生活面を支えるゴーレムなんかも……いけないわ、実物を確認する前に想像ばかりを広げてしまうのは。それこそ星空に想いを馳せるようなもの、今回も成果物を見つけたいわね」
「星空か。この施設でも確かにそれを映しているな。かなり適当のようだが……」
 ジュリエットに闇のハイエレメンタルがそんなことを言うが、想像以上に娯楽の割合が強いのだろうかと、そんなことをジュリエットは思う。
「此処が目的地のプラネタリウム……記憶領域に齟齬が無ければ中は多少の光源はあれど暗闇だったはず……不慮の事態に備えて暗視機能をアクティブにした方がいいかもしれません……暗闇とは最も奇襲に優れた環境、例え標的が排除された後でも十分に警戒しておきましょう……まぁ、安全が確認されれば星を見るのもいいかもしれませんね」
「グダグダ言わずに入れ。音声機能は使えんが、映すだけなら出来る」
 然音をハイエレメンタルが後ろから蹴るが、まあ精霊が元に戻った以上は安全性は確保されていると考えていいのだろう。
 そのドームの中にもすでに何人か入っており、プラネタリウムが最低限の機能で稼働を始めていた。
「全部倒し終わったし、ドームの中を見て回りましょ。星空を映すっていうなら真っ暗にできるようになってるはずだし穴とかないか飛行で確認しなきゃ」
 言いながらオデットは飛行していたが、何重にも保護されていたらしくプラネタリウムの上映室の中には損はない。
「こういう上の方の整備とかゴーレムでどう整備してたのかしらね? 知ってる?」
「ゴーレム……セレストアームズの仕事だ。アレは元々そういうのが仕事だからな」
「そうなのね……機械的なことはさっぱりだけどやってほしいことがあるならいくらでも言ってほしいわ」
 オデットに言われ、ハイエレメンタルは「ふむ」と頷く。
「なら、その辺に転がっているゴーレムを直していくといい。それで少しは変わるかもしれん」
 なるほど、確かにそれは大事なことだろう。
 オデットは何度も頷きながら小さなライトエレメンタルたちに「あなたたちが星を映す役割になるのよねぇ」なんて感心して話してみたりしていた。
 そう、プラネタリウムは本来は音なども鳴っていたのだろうが……現在その機能は完全に壊れ、星空を映すだけに留まっている。
 しかしそれでも百合子は、その光景を素晴らしいものだと思っていた。
 事実、闇の精霊により完全なる夜が再現された中に浮かぶ星々の輝きは、床のキラキラと光る宝石のような輝きと合わせ、まるで星空の中に浮いているような……そんな素晴らしい光景を生み出していた。
 此処がリラックスを目的とした施設である事は明らかであり、音でも加わればよく眠れそうだが……そこは残念といったところだろうか?
「ほう……これは星か? 美しいが適当な幻なのか昔の星図なのかよくわからんな。さっき倒した精霊たちが光と闇だったのはそれらしいと言えばらしいが」
「適当だ。夜空の星はこうではないからな」
「やはりか」
 百合子はやってきたハイエレメンタルに頷きながらも星空を眺める。
 しかしまあ、これはこれで……といったところだろうか?
「見た感じ夜空は適当みたいだし……機械が完全に動かなくてもホラ、光と闇を組み合わせればもっと本格的な星空になりそうじゃない? 人がたくさん来るようになればこの子たちもやり甲斐があるものね」
「まあ、そうするしかないな。修理しなければ完全には動かん」
 ジルーシャもそんな会話をハイエレメンタルと交わす。
「もちろん、プラネタリウムも体験させて貰うわよー♪ 空の上で星空を見るなんて最高の贅沢だわ。こうして使えるのもこの子たちがずっと守ってきたおかげね……星守りの精霊ね、フフ、アリガト!」
 実に楽しそうに語るジルーシャだが、ハイエレメンタルも悪い気はしていないようだ。
「ほら、”あなた”……ご覧になって。天と地の間で眺める幻の星空というものも、趣があって良いですわね。
【幻影】で、ヨミコは少しの間だけ隣に亡き夫の幻を作り出していたが……黒い羽織りに、艶のある黒髪、柔和な顔立ちをした鬼人種の姿は、ヨミコの幸せそのものなのだろうか。ひと時の幻を作り出すこの場には合っているといえるだろう。
 そうして一通り楽しむと、百合子はとりあえず施設を巡ってなにか使えそうなものがないか探してみることにした。
 施設の形がある程度残っているなら、そういう類の何かを発見できてもおかしくはない。
 そして漫然と探すのではなく、テーマもすでに決めていた。
「星を見る施設であれば天体望遠鏡とか天球儀とかそういう感じのやつとか……? 全然役に立たなくても綺麗なものとか面白いものでもよいな。お部屋でプラネタリウムセットとか」
 それはまさに美少女らしい発想とも言えたが……飾ってある道具のようなものを手に取って弄りながら、百合子はそんなことを呟いていた。
 ふと設置された窓から百合子が外を見れば……そこではアルチェロが、壊れたゴーレムの近くに座り込んでいた。
「闇の精霊、ということは、夜空を投影するために暗闇を作り、光の精霊で星を現していたのかしら。過去の事例においては壊れたゴーレムがいた……という話だけれど、コレも、もしかしたら、守護のためのゴーレムなのかもしれないわね」
 そう呟きながら、外壁にもたれかかるようにして倒れたゴーレムを調べる。
 アルチェロの見たところ、幾つかの部品を交換すれば動きそうだが……他のゴーレムの残骸があれば、そこから取ってこれるだろうか?
 そんなアルチェロとは少し離れた場所で、リースリットもハイエレメンタルに話しかけていた。
「貴方達に何があったのか、覚えていますか?」
「魔王だ。奴がやってきて我々は抵抗した。この施設の破損にはそういう原因も含まれている」
 そこから先は覚えていないが、とハイエレメンタルは言うが……充分すぎる情報だろう。
 崩壊の時に、何が起きてこうなってしまったのか。それを知りたかったリースリットにとっては、まさに欲しかった情報とも言えるだろう。
「あとは……この精霊都市文明の人々との関係について、覚えてる事があるのなら」
「関係?」
「この文明における精霊の立ち位置は、やはり私の知るもの……少なくとも深緑や各地の精霊信仰のそれとは異なります。人と精霊が結びつくのではなく、まるで……機器、施設と精霊が結びついているかのような……そう、人と契約するのではなく文明と契約しているかのよう。過去、現在、未来を支配する……この文明の人々とは一体?」
「そんな難しい話は知らん。しかし此処にかつていた人間について、か」
 ハイエレメンタルは何かを思い出すように、その言葉を口にする。
「……アーカーシュは世界を支配する。そんな言葉は聞いたことがあるな」
 その言葉の意味は、分からない。
 しかし……アーカーシュという場所の真実に、また一歩近づいたような、そんな気がしていた。

成否

成功

MVP

リースリット・エウリア・ファーレル(p3p001984)
紅炎の勇者

状態異常

なし

あとがき

プラネタリウム、子供の頃にいったきりな気がします。
今見たら感動できる純粋さは私に残ってるかな……?

PAGETOPPAGEBOTTOM