PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<タレイアの心臓>タランテラ赤い靴を履いて

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●ハーヴェスト・ホール
 茨に閉ざされたダンスホールの奥、妖精たちは外の騒ぎも知らず、どこからか流れてくる音楽に合わせて輪になって踊っている。
 激しく、強く跳ね回るたびに、きらきら、きらきら、羽から鱗粉が舞い落ちる。
 大樹ファルカウに注ぐ陽光、氷のつぶてにぶつかってハレーションを起こした光はまぶしく拡散している。
 けれども彼らは(または、彼女たちは)目を閉じているから――眠っているから――幸せな夢の中で、踊り続けている。現実には、『赤い靴』こと『タランテラ』を履いて。
 全員にそろえられた赤い靴、きれいなバレエシューズは血みたいな塗料にまみれていて、少しずつその色は鏡みたいに磨き抜かれた鏡面に溶け出していくかにみえた。うつらうつら、魔力にとらわれた妖精たちの中には、魔力の扱いに長けた者もいる。
(あれ……)
 ひとりが支配を逃れ、目を開ける。綺麗なダンスホールだったはずの、綺麗な妖精たちのたまり場は荒れ果て、枯れ木まみれの場所だった。自由が戻ると同時に足がもつれる。まだ鋭い茨のトゲが、頬を掠めた。
「ひっ……」
 クスクスクスと靴たちが笑った。
『ちょっと、そこ、勝手に起きないで! まだ曲の途中なのよ』
 グルーザという妖精が、トントンとかかとを鳴らした。彼女は群を抜いた踊り手である。そして、彼女もまた赤い靴を――とびきりに赤い靴を履いている。
『そことそこがずれているわ。もう一度やり直しましょう。眠るわよ、オーケー?』
 ああ、そうか、眠ってしまえばいいのだ。
 一度目を覚ました妖精は、再び眠りの海に落ちていった。乱れたリズムは、靴に身を任せてさえいれば勝手に調和をとる。そうすれば傷つくことはなくて。誰かを傷つけることはなくて。
『そうそう、ちゃんとやってくれたらね! 私だって失敗なんてしないのよ。アレは、あれは――相手が悪かったの! 相手が下手くそで私の足を踏むから、あんなに大勢の前で笑われて――私は……』
 グルーザは1人で何かに向かって怒っている。氷でできた鏡に向かって。靴たちがなおもはっきりと笑う。かかとを打ち鳴らす音は嘲笑の音。ああ、彼女はそれが怖くて起きられないのだ。
 グルーザは、はっとして頭を振った。
『ううん。私は失敗なんてしてないわ! それじゃあ、次だけど――』
 靴は魔力を吸って生き生きと輝く。曲は終わらない。でも、それでいいか、と、目を閉じて身を任せる。
 このダンスパーティーは、いつ終わるのだろう?
 わからない、けれど、逆らうのもこわかった。
 このままでいいや……。

 この先にいるのは、『冠位』怠惰カロン。


 ファルカウを覆いつくさんばかりの冬の暴威は、未だ勢いを緩めない。湖に映った氷は、『割れぬ鏡』水月・鏡禍(p3p008354)のすがたを映さなかった。その後ろから、ひょいとミラーメルが覗き込んで、像が割り込んだモノだから、鏡禍は彼女の姿に気がついた。
「無理矢理になにかさせられるなんて、ごめんだよね! ね、みんなを起こしてくれるんでしょう? ……だったら、案内は私に任せて」
 ローレットには恩があるからね、と、ミラは言う。それから、イレギュラーズを見渡した。
「あ、私のことは、ミラって呼んで」
 ミラーメル・ブルームーンと名乗る幻想種は、長い二つ結びを揺らす。
「眠っている妖精たちが、邪妖精(アンシーリーコート)に操られて踊っているみたいなの。
 場所はハーヴェスト・ホール。大樹ファルカウ下層の居住区の広間。本当なら、妖精たちが踊るとても綺麗な泉のある広間なんだけれど……今は茨だらけで、凍ってしまっているみたい。
 中でも、いちばん厄介そうなのが……グルーザっていう幻想種。彼女はホントに踊りが上手いんだよね。まあ、去年、ダンスパーティーで盛大に失敗してから、ずーっと踊ってなかったみたいだけれど……。それで取り込まれちゃったのかなあ。
……まだ元気があるうちに、なんとかしないと」

GMコメント

●目標
『ハーヴェスト・ホール』にとらわれた妖精たちの解放
オプション:(気持ち)正装でお越し下さい。

●場所
大樹ファルカウ(下層)『ハーヴェスト・ホール』
広いダンスホールです。幻想種が眠りながら踊っています。どこからか音楽が聞こえてきます。

●敵
邪妖精(アンシーリーコート)『タランテラ』
 赤い靴の妖精です。履いているものの魔力を糧に永遠に踊り続けます。

踊り手『グルーザ』
「私がこの中で一番踊りが上手いのよ!」
 とらわれの妖精のなかで、一番踊りが上手い幻想種です。「妖精たちのダンスパーティーで失敗して、それから踊れなくなった」心の隙間につけ込まれ、『タランテラ』と強く同化してしまたようです(操られているような状態です)。
 とてもプライドが高く高慢ちきですが、音楽や踊りに対しては真摯でもあるようです。一緒に「踊る」ことも可能です。踊りの中で激しい攻撃が繰り広げられることでしょう。ですが、効率よくダメージを与えられます。

赤い靴を履いた幻想種×15
 身体を操られている幻想種たちです。ダンスパーティーの夢を見ているようです。
 踊りの上手さには差があるようで、基本的に、もとの幻想種が踊りが上手であるほど強敵です。
 赤い靴は、より上等な使い手を探し求めています。

・踊り手の幻想種本体にダメージを与える
もしくは、
・赤い靴に優れた踊り手であると見せつけ、靴を奪う
または
・赤い靴が耐えきれない動きや音を出す(激しい踊りや、歌、その他)
ことなどで無力化し、救出することができます。
他に何かあれば試しても構いません。

●『夢檻』
 当シナリオでは<タレイアの心臓>専用の特殊判定『夢檻』状態に陥る可能性が有り得ます。
 予めご了承の上、参加するようにお願いいたします。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はCです。
 情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。

  • <タレイアの心臓>タランテラ赤い靴を履いて完了
  • GM名布川
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年06月05日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

スティア・エイル・ヴァークライト(p3p001034)
蒼輝聖光
フルール プリュニエ(p3p002501)
夢語る李花
チェレンチィ(p3p008318)
暗殺流儀
水月・鏡禍(p3p008354)
守護者
ニル(p3p009185)
おかえりを言う為に
ルナ・ファ・ディール(p3p009526)
探す月影
ガイアドニス(p3p010327)
超合金おねーさん
朱華(p3p010458)
煉獄の剣

リプレイ

●茨に閉ざされ、こじ開けて
 妖精たちは踊る。
 踊り続ける。

……ミシミシミシとホールが揺れる。
『超合金おねーさん』ガイアドニス(p3p010327)が入るには、ホールの入り口は少し狭すぎたのだ。よいしょ、とおねーさんは身をかがめて、ダンスホールの扉をくぐる。茨はガイアドニスの障壁にならなかった。意識にも上らないくらいに脆かった。あるいはガイアドニスが強い。
「まあまあ!
か弱い妖精さん達が大変だわ!」
 か弱き人々――その中でもごくごく小さくて、触れてしまえば折れてしまいそうなくらいの妖精たちが、一斉にガイアドニスを睨む。
 道を譲らなければ弾かれてしまうのはこの子たちのほうだ。ガイアドニスは心から思う……何とかしないと、と。
「だから、おねーさんが助けちゃうのでっす!」
 全てをはねのけ、月光のアンクレットは光る。
「よっ……と」
 月光をめがけて、影が落ちてきた。
『探す月影』ルナ・ファ・ディール(p3p009526)は茨の影すらも踏まなかった。4足がゆっくりと後退し、攻撃を華麗に避ける。編み込んだ鬣が揺れる。
「っんとに、深緑っつーのは辛気臭ェな。うじうじねちねち夢夢夢夢……やってんのは怠惰の魔種だっつーのは分かるがよ」
 躍動する脚を、踊り手たちは誰も捕まえることはできない。
「ここですね。……ミラさんがご無事でよかったです」
「うん、ありがと」
『割れぬ鏡』水月・鏡禍(p3p008354)の所作はとても美しい。けれども、どこか居心地悪そうに燕尾服の襟を引っ張るのだった。
「でも安心してはいられませんね、全力でお助けするまでです」
 鏡面は暗い湖の底のように黒く、靴がとらえたのはただ残香だけ――。
 その動きを見て、ルナは頷いた。
「っかしまぁ都合はいい。踊れる連中が集まってるみてぇだからな、俺ァ高みの見物でもして楽させてもらうとするさ」
「ダンスホールで踊り続ける妖精たちの足元には赤い靴、ですか」
 赤い靴を履いた幻想種がくるりと回って、高いキックを繰り出した。
『闇に融ける』チェレンチィ(p3p008318)はごく最小限の動きで攻撃をかわす。背後からの一撃だったが、それはチェレンチィにとって死角外からの攻撃を意味しない。
「アンタも踊れるな?」
 ルナの問いかけに、チェレンチィは頷いた。
「ええ。……以前仕事で舞踏会に紛れ込む機会がありまして。師匠から「アンタも踊れるようにしときなさい」と叩き込まれましたねぇ……」
「……身に着けた舞踏がこんな形で役に立とうとするなんて思いもしませんでした」
 鏡禍は一瞬だけ、誰かに思いを馳せるようにそっと目をつむる。
「教養もたまには役に立つもんだ」
「本来であれば、……複数人お誘いするのも実際はマナー違反なんでしょうけど、お仕事ですから割り切っていきます」
「そうですね。同意見です。ダンスのお相手はたくさんいらっしゃるようですから」
 操られた妖精たちはにこりと笑い、夢の中から手を差し伸べる。
「眠って、囚われて、靴に取り憑かれて。そして永遠に踊り続ける可哀想な人達。私も踊って、靴を奪って壊せば良いのね?」
『夢語る李花』フルール プリュニエ(p3p002501)は双眸に喧騒を捕らえてため息をついた。生まれついた無邪気さで、フルールは優雅にスカートの裾をつまんで一礼する。
「グルーザおねーさん、グルーザおねーさん。私も一緒に踊りたいわ? 踊ってくれるかしら?」
「――私よりも上手いって言うの?」
 フルールはただふわりと微笑んだ。精霊達を取り込み、その姿はゆっくりと大人の女性に姿を変えていった。焔が揺れる。紅蓮のドレス。美しい花……。
「綺麗でしょ?」
「ああ、似合ってるな」
 ルナがさらりと言ってのけた。
「焔のドレスよ。誰も真似できないわ?」
 それは傲慢ではなかった。単に、事実を述べただけだったから。くすぐったくなるような声は甘ったるいもの。
 あどけなさ、純真、……美しさ。少女と大人の女性のはざまに揺れる、アンバランスな美しさ。フルールはまるきり、グルーザにないもので出来ていた。

 妖精は閉ざす。
 カツカツと、まるで指揮者がいるように靴は一斉に音を打ち鳴らす。
 妖精たちの群舞は、少しずつ様子を変えていった。激しいものに。攻撃的で誰も寄せ付けぬものに。誰も知らない物語のステップ。仲間内同士でだけの秘密の暗号。
 勢い余った靴の蹴り上げが、水晶の壁にぶつかった。けれども、ホールはびくともしない。ダンス・トゥ・ローズの花びらが舞った。
「危ないですし、ここはきっと、もっと、たのしく過ごす場所だと思うので」
『陽だまりに佇んで』ニル(p3p009185)はほっとした。ニルの保護結界だ。
「踊ったり歌ったりごはんをたべたりするのは、たのしいこと、で
こんなふうに、無理やりさせられるものではないのです」
 少しずつ言葉を選んで、世界から、友達から教わったものをニルは思い出す。
「……かわいそう、一番にはなれないわ!」
「一番になるのは、大事ですか?」

「ふーん、ダンス……ダンスね」
『炎の剣』朱華(p3p010458)の赤い髪が揺れる。勘でくるりと回ってみせる。天性のステップに、赤い靴たちは拍手をするように踵を打ち鳴らした。
「つまりアレでしょ?
宴の時に踊ったりする……ほら、アレよ、アレっ!」
「違うわ、そこはもっとためて……っ! ああもう! そうじゃない!」
 グルーザが叫ぶ。
「踊りは踊りでもそうじゃない?
よくわかんないわね。こういうのって楽しければいいんじゃないのかしら?」
 朱華の動きは優雅な作法に則ったものではない。けれども魅力的な躍動を放って、目を惹いていた。
 強い衝動が、グルーザを突き動かす。
「スティア、教えてくれるんでしょう?」
「うん、ついてきて」
 朱華に手を差し伸べ、『純白の聖乙女』スティア・エイル・ヴァークライト(p3p001034)は微笑みを返す。聖女の纏った小さな宝石がシャンデリアのように揺れた。
(ダンスは無理やり踊らせるものじゃない、楽しむ為に踊るものだから)

●茨のロンド
 不意に、音楽が変わる。
 舞台が変遷する。つんのめる赤い靴たちは音についていけてはいない。きらりと輝く栄誉に合わせて、荘厳でゆったりとした音楽は軽快なものにかわっていった。
 テンポはかえって早い方が踊りやすい。
 ルナはしばらく足踏みをしている。
……裏拍子だ。
 ルナは踊ってはいない。けれども、つかみどころのないその音は不慣れではなくて熟練者のそれだった。ルナの狙いは、疲れ切った幻想種の1人を逃がしてやることだ。あれは本体が耐えられまい。
 チェレンチィがその意図を汲み取った。翼でホールを跳躍し、飛び退ると空中で妖精の手を取った。
「さあ、どうかご一緒に」
 チェレンチィの一撃は的確に妖精の動きを止める。命すらも容易く奪えるだろう洗練された動きは、呪わしき靴だけを奪い取る。
 茨に向かって倒れる幻想種を、チェレンチィは優しく抱きとめる。我に返った幻想種はそっと頬を染めた。
 その様子を見届けたニルは、微笑んだ。
(ニルも舞い踊りましょう)
 華やかな世界の舞踏会。こういったダンスホールにも、あまり馴染みはない……。けれども、ルナが変えたリズムは、乗れないものを排除するものから「いつでも入っておいで」というような、遊びに誘うようなものになった。
(たぶん踊る人は多い方が、靴の注意とかも分散されるのではないかと思うのですよ)
「ほら、捕まってな!」
 支配から逃れた幻想種がルナの背に乗り、遠くへとぽんとはじき出された。
 楽器の演奏のほかに、……外から、歌声が聞こえる。
 頑張って、というように、ニルの声に静かな声が重なる。ニルの声は美しく、きれいな声だ。小さくて、それでもはっきりと――。
 優しさに満たされている。

 パートナーを失った妖精の群れから、一人がはみだした。そこへ、鏡禍が手を差し伸べ、ホールの中央へと進んでいった。
「素敵なダンスを踊られるそうで、どうかぜひとも僕とご一曲。皆さんと舞わせてください」
「どきなさい。そこは、……主役の! 何よ、こんな誰でも踊れるような音楽はっ! 違うのよ、私は……」
 鏡禍の手元から何かが零れ落ちた。果実のようなそれは、七色を遥かに超えて輝きだす――。派手な音がぱちぱちと巻き起こった。
「宴には、ハプニングもつきものだな」
「はあい、よそ見してる暇はないわよー!」
 一瞬、離脱する幻想種に気を取られたグルーザが、ガイアドニスに向き直った。大きい、そしてダイナミックな振りだった。せめてもと、威力を殺そうとするがそんな小手先すら包み込む愛は深く広く、たくましく――。
「亀の甲よりおねーさん!
ダンスもエキスパートなのよ?」
 見下ろされている。見下ろされている!
 相手にされていないのだ。微笑ましくすら思われている。心から、ガイアドニスは声援を送っているのだ。そうよね、真ん中にきたいのよね、と場所を譲ってくれるのだ。
 グルーザが背伸びしても届かない。
 ずるい、という悲鳴を、ガイアドニスは微笑みひとつで受け止める。
 それは、そよ風が頬を撫でるようなものだった。
「ほらほら、良いのかしら?
その子達だとおねーさんに視線をかっさらわれちゃうわよ!
身体の動かし方がわかっていないわね? 大きな体のプロデュースだってお手の物なんだから!」
 零れ落ちた靴が、ガイアドニスを支配しようと大きさを変える。ぴったりの大きさに変じる。ああ、可愛らしい! ひどく必死でいじらしい、妖精さんのいたずらだ。
 ガイアドニスはそれを受け容れる。
「ストリートミュージック、スタートよ!」
 新たに広がった音楽は激しいものだった。フロアが湧き出す。戸惑った妖精たちから靴がぽろり、また一足と脱げていく。
 ガイアドニスは笑って、くるくると回る。楽しそうに、楽しそうに……。
 アクロバティックなブレイクダンス。茨すら引きちぎって、赤い靴はミシミシと音をたてる。
そして、ガラスのように砕け散った。
 こんなのは無効だ、とがなり立てたいところだったが、鏡禍はしれっと言ってみせた。
「どうされましたか? トラブルで足が止まるなんて、あまりお上手ではないのでしょうか?」
 一切、動じていやしないのだ。それどころがイレギュラーズはみな、めいめいにこの激しい転調に適応して、笑っているのだ。
「こんなのもアリ、スティア?」
「アリアリ! 楽しかったら、なんでもアリだよ。リラックスして――」
(……実際はこの林檎、借り物でよく使われる側だったので慣れただけなんですけど)
 なんて、鏡禍は内心思っているが、鏡禍の内心を読み取ることなどはできはしない。

「こんなの踊りじゃない!」
「それはだれがきめたこと?」
 おかしそうに笑っていたフルールが甘い声で囁くのだ。
「どうしてここで踊っているの? 踊りが一番上手と言うけれど、上手ってどういうこと? 技術が一番大事? 確かに、技術は自分の思い描くダンスを踊るためには必要だけど。それだけでダンスは頂点に立てないわ? 音楽も、絵だってそう。技術は自分の表現したいものを画くのに必要だけれど、あくまでそれは手段でしかないわ」
 フルールは楽しそうに、ゆったりと踊る。自身のキャンバスに色を乗せてゆく。自分で、気ままに、好きな色を――。歌を口ずさんで、楽しそうに。
 花開く、花開く。きらきらと輝く神気閃光は感情の発露。
 悔しくて――妬ましい。

 再び優雅なクラシックに転調した音楽が、再び初心者を誘う。
「朱華さん、改めて踊ってくれる?」
「喜んで!」
 きらきらとした表情はかつてグルーザが失ったものだった。スティアは微笑み、ステップを示す。
 朱華はリードに合わせて、ゆっくりと踊った。
 勢い余って転ぶ朱華を、スティアは優しく微笑み受け容れる。
「っと、ごめん!」
「少しくらい足を踏んでも大丈夫、楽しむ気持ちが大事なんだから。萎縮せずに伸び伸びと踊ろうね」
「違う!」
 茨がしなる。
「違う違う、違う! そんなのおかしい、上手くならないと意味がない……」
「どうかな? グルーザさんも、上手だよ」
「!」
 動きが止まった。
「……此処でステップからの、こうね!
朱華もちょっとわかって来たわっ!」
「そう、上手になったね」
「でしょう?」
 朱華は心から楽しそうだった。
(一緒に楽しもうって感じが伝わってくるんだもの。
こっちも頑張ってみようって気にもなるってモノよ!)

●世界の中心は
「ニル」
 ルナはニルにハイタッチする。
「はい、必ず止めましょう」
 ニルは頷いた。ルナがしたのはニルの心配……だったのだが、ニルはグルーザを見ていた。助けることしか考えていないようにまっすぐだった。
(このまま踊り続けていたら、本当にもう二度と踊れなくなっちゃうかも)
 ぱちぱちと瞬く神気閃光に意志を感じ取って、頷いた。
「よし、捕まれ。いったん離脱しよう」
「ありがとうございます」

(他人を傷つけて蹴落とすもんじゃないだろ?)
 茨でできた袋小路は、ルナにとっては行き止まりではない。ルナは壁を蹴り上げ、天井近くまで跳躍すると背後から相手の姿勢を崩す。燃える血が奇襲を許さない。
 踊りに夢中になって茨に飛び込む幻想種を、引きはがし、中央に放り投げた。そうしていなかったら、茨で傷ついていただろう……。
 ばらばらと落っこちた靴が床に散らばった。
(また一人、脱落者! 情けない……)
「こっちよ?」
 攻撃を食らわせようとするグルーザの前には、いつも。ガイアドニスが立ちふさがっている。
「ふふ、楽しいわね!」
 グルーザは思うのだ。
 たとえ、ホールで一番良い場所をとったとしても……ガイアドニスがいるところは、どんなに端でも。不利な場所でも……そこが中心なのだ。
「グルーザちゃんは、どう?
楽しい?」
「たの……」
 しいわけ、ないじゃない。ここに立つためにどのくらい死ぬほどの努力をしたと思ってるの。
 でも、(上手だね)というスティアの言葉が浮かんだ。
 ぎこちなくはじまり、今、まさに、自分を表現している朱華の様子が浮かぶ。
 いいなあ、と、心のどこかで……。
 ぱんぱん、と、ガイアドニスが手を打ち鳴らした。
「はい、注目! ところでおねーさん、思うのでっす。
この中で一番踊りが上手いってグルーザちゃん、口にしてますが!
じゃあ、今までの君の踊りと比べたらどうなのかな?
比べるまでもなく”下手”なんじゃないかな!」
 ぐさりと、それは胸を刺した。
 それは正論だったから。
 ガイアドニスは上手だったから。
「ええ、おねーさん、グルーザちゃんのちゃんとした踊り、知らないわ!
でも知ってなくても分かるもの。
残念だわ。本当はもっと上手いグルーザちゃんのダンスを見れないだなんて!
踊らされてるのではなく、踊ってる君のダンスをおねーさんは見たいのだわ!」
「うまく踊れるなら、目がさめたあとで
こんな靴に操られるんじゃなく、あなたの選んだ靴で、踊っているところが、ニルは見たいです」
「そんなことしたら!」
 踊れなくなる。今よりももっと……。
「ストイックなのは悪いことじゃねぇ。けどよ……てめぇ、なんで踊ってたんだ?」
 どうして?
 どうして。
 最初は理由なんてなかった気がする。足はずっと勝手に動いていた。これはどっちの意志だろう?
「もっと楽しめよ。
付き合ってやるからよ」

●最後に残るのは
 クスクス…………、
 クスクス…………。
 笑う音が聞こえて……足が止まる。
「そーーーれっ!」
 朱華のアシカールパンツァーが、派手な音を立てた。赤い靴の囁きはもう聞こえない。足を踏み外す。けれども、スティアの咲かせる花が。幾多も、周囲を埋め尽くす魔力の残滓が、綺麗な花弁が柔らかく茨のトゲを覆い隠すのだ。
「えいっ」
 ニルの一撃で、靴が一つ一つ色あせていった。
 赤い靴はくるくるとその場で踊り出す。折れたヒールのまま、また誰か傷つけてしまうだろう。
(二度と誰かにとりつかないように)
「おやすみなさい」
 ニルがトドメをさした。
「お相手、ありがとうございました」
 鏡禍が言った。赤い靴は壊れてばらばらに割れた。水面下で受けた傷はゆっくりと修復されていく。苦しさはちっとも表に出てはこなかった。息一つ切らさず、少なくともそう見える。
(ずっと踊り続けられるのも、技術の一つでしょう?)
「失敗したって、誰も笑わないわ」
 フルールが諭すように言った。
「できた、できたっ!」
 朱華が嬉しそうな声を上げる。
「これなら、ダンスバトルに挑めるわっ!」
「うん、ダンス勝負なら受けて立つよ」
 スティアはまっすぐにグルーザに向き直った。
 踊り手たちは一人、また一人と輪を抜けて、それから歌い、静かにこちらの動きを見守っている。朱華は妖精の元へと向かう赤い靴をあえて履いてみせた。
「圧倒的なカリスマ性を見せつけなきゃ!」
「それじゃあ、私についてこれるかな?」
「頑張りなさい、スティアっ!
大事なことを忘れちゃってる寝坊助にスティアのダンスで思い出させてやって!」

 スティアが踊りを振りまけば、雪解けのように辺りは熱を持つ。
「グルーザさんは上手だと思うけど、全然楽しそうじゃないからね
そんなんじゃ私に勝つことなんてできないよ!」
――この踊りは、あなたには似合わないのではないのかしら。
 靴が嗤う。考えるのを辞めろと囁くのだ。だから自分が踊らせてあげると。
 怖い。
 ルナはグルーザの恐れを感じ取った。
 飛べないんだな。
 自分がそれに似合わないと思ってやがるんだな?
――指先から、表情から。武骨に育った今でも、一たび舞えばルナからは滲み出す。柔らかな仕草。それは似合っていない? そんなことはない。とてもよく似合っていた。
 スティアが男性のパートのものになる。壁に映った姿で、グルーザとスティアは一瞬、手を取って踊っている。

「おねーさんが表現したいのは何? 本当は何のために踊っていたの? 失敗して怖くなることもあるでしょうけど、何のために踊ろうと思ったのか…それを忘れてはいけないわ。もしも、自分が楽しめないなら、誰かが魅了されないなら、それは最高のダンスと言えるのかしら?」
 踊りたい、とグルーザは思う。
「ほら、手を取って? 本当にやりたいダンスを、ここで皆で演(や)りましょ? 共に、夢のようなダンスを繰り広げましょう」
 フルールが誘う。甘い、甘い香りとともに……。
「もっと自由に踊りたいとは思わない?
優劣なんてつけずにただ楽しむ為に
だからグルーザさんも抗ってみて欲しいな
操られながら踊っても楽しくもないよね?」
「踊りましょう、グルーザさん」
 チェレンチィはゆっくりと礼をした。
(ダンスの華は女性、ならばこちらは男性側を担当し、彼女を引き立てる踊りを)
「喜んで」
 急なターンも、意地悪なステップも、チェレンチィはこなしていく。それどころか自分もスピンをくわえ、アレンジしながらも、ゆきたいところに手がある。低い身長。少年は似合わず躍動する。
(失敗が怖いんですね……こんな状況ですが、踊る楽しさを取り戻してくれたらいいんですけどねぇ)
(邪妖精の操りに少しでも抗えないかしら!
操られての踊りがこんなものじゃないと思ってくれたら、隙にならないかしら!)
 もっと自由に飛びたい。
 けれども、茨が――
「はい、考えない!」
……ガイアドニスが茨を薙ぎ払う。
(音楽や踊りに対して真摯で。プライドがあるというのなら。
きっと、グルーザちゃんが本当に怒ってるのは、足を踏んだ子でも、笑った観客でもなくて。
華麗に避けて踊れなかった自分自身なんじゃないかしら?)
 グルーザがステップを外した。
 自分の意志で、踏み出したのだ。チェレンチィは彼女が飛べるように、高く高く飛べるように掲げてやった。
 靴が脱げた。色あせて、崩れ落ちる。
 鏡禍がトドメの、一撃を繰り出す。
「おやすみなさい」
 ニルが言った。

「やった!」
 朱華はスティアとハイタッチする。
「楽しかったよ! グルーザさん。今度また、踊りを見せてね」
 気を失っているグルーザは、おそらく夢の中で踊っている。それは苦痛に満ちたものではなくて、きっと未熟で必死なものだった。
「起きたら勇気の出るおまじないをかけてあげるのだわ!」

成否

成功

MVP

チェレンチィ(p3p008318)
暗殺流儀

状態異常

なし

あとがき

ダンスホールでの素敵なダンス、ありがとうございました!
またご縁がありましたら、一緒に踊ってくださいね。

PAGETOPPAGEBOTTOM