PandoraPartyProject

シナリオ詳細

バルツァーレク家御令息誘拐事件

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 ――それは今から十年以上前に『あった』出来事なのかもしれない。
 ガブリエル・ロウ・バルツァーレクは幻想王国の伯爵家の男児として生を受けた。
 ゆくゆくはバルツァーレク家を継ぐ者として期待され。
 本人も貴族としての責務と義務を自覚しながら日々を過ごしていた――
 だが。
「ぼ、坊ちゃん! お逃げくださ……ぐぁああ!」
 ある日。馬車で移動していたガブリエルが賊に襲われた。
 複数人の男たちが馬車を取り囲み、護衛を押しのけ中にいたガブリエルを捕縛したのである――当時10歳前後の少年が大人達の掌から逃れられる筈もなく……
「むぐ……むぐぐー!」
「チッ! 大人しくしろ、このガキ!」
 それでも懸命に抵抗するガブリエル。犯人の手を噛みて……
 しかし苛立ったのか犯人の一人に腹部に蹴りを入れられ――気絶。
 後、手を縛りて口を塞げば最早悪あがきすら出来ずに連れ去られるものだ。
 ……ガブリエルは病弱ではないが、しかし武勇に優れる程の肉体を得ていた訳でもなかった。
 犯人たちの思惑は何か。身代金か、それとも別の何かか……
 分からない。だが、このままにはしておけなかった――
「どうする!? 坊ちゃんをすぐにでも助け出さねば……!」
「ああ。しかし、手が足りぬ……どこを捜索すればいいのかさえ……!」
 今すぐにでも救出せねばと、報告を受けた伯爵家は焦燥に包まれる。
 ……だが大手を振って探す訳にもいかなかった。なにせ彼は貴族の息子だ。
 そのような人物が誘拐されたと他家に知られるだけでも『面倒な事態』になり得る。
 可能な限り、内密に事を進めなければならなかった。
 幸いにして誘拐されたこと自体はまだ他家には知られていない様に思える――
「……そうだ。近頃噂のギルド・ローレットは……」
「ああ。あのレオン・ドナーツ・バルトロメイや、エウレカ・ユリカがいるという」
「彼ら程の逸材ならば、或いは……!」
 故に彼らが辿り着いた結論は、凄腕情報屋や凄腕冒険者を有する場所への依頼。
 ……この出来事が本当にあったかは定かではない。
 なにせ伯爵家の子供が誘拐されたなど大事件とも言えるからだ。
 少なくとも表立ってガブリエルは誘拐された事がある――という情報は出回っていない。
 そもそも今日は4月1日『何もない日』である。
 だからこれは夢だ。だけれども。

「むぐ、むぐぐ……ぷはっ! はぁ、はぁ……うぅ、ここは、どこでしょうか……?」

 ここに一人。夢であろうと、誰ぞに助けを求める少年がいる事だけは確かであった。

GMコメント

 本シナリオは4月1日中に完結します。
 本シナリオは4月1日……『何もない日』の出来事であり、今日一日だけ体験できる『不可思議な出来事』です。このシナリオが本当にあった事なのかどうかは分かりませんし、あったとしても『過去に干渉している』訳ではありません。

 よろしくお願いします。

●目標
 誘拐されたガブリエルの救出

●フィールド
 幻想郊外に位置する廃墟となっている館です。
 少し広めですが、他に一般人の類はいないので、人の気配を辿ったりすればすぐにガブリエルが監禁されている場所に辿り着ける事でしょう。突入し、彼を救い出してください。
 上手く救出する事が出来れば、伯爵家に御礼として招待されるかもしれません――
(そこからは、かつてのガブリエルなどと語らいの場となるでしょう)

●ガブリエル・ロウ・バルツァーレク
 将来『遊楽伯爵』と謳われる事となる人物です。
 が、今この場では恐らく10歳前後程度の年齢であると思われます。
 何者かに誘拐され、廃館に監禁されてしまっています。助けてあげてください!

●誘拐犯×複数人
 ガブリエルを誘拐した賊共です。
 彼らがガブリエルを誘拐したのは金の為です。ぶちのめしてください!

●備考
 今日は4月1日です――『何もない日』なのです。
 これは夢か何かでしょう。遥か過去に一日だけ迷い込んだかの様な感覚。
 つまり、皆さんは過去の様な世界で行動しますが。
 過去の改変などが出来る訳ではありません。
 今回どのような行動をしようとも現実には影響を及ぼさないでしょう。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はEです。
 今日は4月1日です――よろしくお願いします。

  • バルツァーレク家御令息誘拐事件完了
  • GM名茶零四
  • 種別ラリー
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2022年04月01日 22時40分
  • 章数2章
  • 総採用数17人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

生方・創(p3p000068)
アートなフォックス
志屍 瑠璃(p3p000416)
遺言代行業
イーリン・ジョーンズ(p3p000854)
天才になれなかった女
ヨゾラ・エアツェール・ヴァッペン(p3p000916)
【星空の友達】/不完全な願望器
リア・クォーツ(p3p004937)
願いの先
ニル(p3p009185)
陽だまりに佇んで

 リア・クォーツは驚愕していた。
 これはR.O.Oの世界だろうか――? いや違う。
 『不思議な事が起こっている』と、ただそれだけは分かった。
「なんか、随分とレオンも若かった……
 ていうかこっちの事を分かってない感じだったし……
 い、いや今はそれよりも何!? ガブリエル様が誘拐された!!?」
 どういう事!? 事態の把握がさっぱりできない――
 けれど真実ならば放っては置けない。先日の『失礼』の手前、些か会いづらいが……
 それ以上に彼の身が心配だ。故にこそ彼の旋律を追わんとするもの――
 リアがガブリエルの旋律を間違えようものか。
 此方にいると。廃墟の方面へと足を運べば……
「ふむふむ? ここが情報にあった廃墟かな? ……確かに人の気配があるね。それじゃ早速伯爵……もとい坊ちゃんさんを助けに行こうか……!」
 同時。ヨゾラ――もとい『エア』と名乗る彼もまた廃墟へと向かうものだ。
 成程。悪事を考えている輩が潜みそうな場所である……しかし無駄な事だ。
 なにせイレギュラーズ達が追っているのだから。人の気配を探り探索をしていれば。

「成程、であればあれだね。
 これはレガド・イルシオンの芸術と美食の危機だね、間違いない!!
 僕が今そう決めた! うぉぉぉおぉ! 芸術と美食とバルツァーレクの未来は僕が護る!」

 そして追うのは創もであった。僕はしがない一般人のキツネだけれど、バルツァーレク家の為だったらたとえ火の中水の中覇竜領域の中、ガンバルゾーうぉぉぉぉぉぉ!!
 さてやってまいりました妖しき廃墟の館へ!
「だ、誰だてめぇは!! どこから入ってきやがった!!」
「んん? 僕は通りすがりの美術品の鑑定に来た古物商!!
 この部屋に良い美術品の香を感じるね? 見てもいいかい答えは聞かない」
 そして進む。至高の美術品があるであろう場所を――
 狐と舐めたかい? ざんねーん! 獣種にこういうのがいるのは分かってるだろ?
 ――扉を開ける。
 さすればそこには――ロープで拘束された少年がいて――

「むぐぐ! た、たすけてください! こ、この人達がぼくを……!」
「はわわ、伯爵様……のお子さま? ???
 とってもよく似てらっしゃるのです? すぐにたすけてみせます! えいっ!」

 故に。ニルは伯爵に似た少年を救わんと魔術を振るうものである――
 なんとなく雰囲気が先日出逢った伯爵と瓜二つなのはなぜなのだろうかと不思議に思うものだが――それよりも救出が先決だ! ファミリアーの力を借りてあらゆる角度から探したニルはすぐさまに誘拐犯を打ちのめす。
 ニルはこの間伯爵様とお茶をして、とってもとってもたのしかったのです。
 だから、ちいさな伯爵さまを浚うだなんて……ゆるさないのです!
 また一緒に伯爵さまと絵を見たりするためにも――全力を投じて。
「ぐ、ぁああ!? なんだこいつら……つぇえぞ!」
「あっ! だめなのです。そんなに暴れたら、建物がきずついてしまいます……!」
「ええですので――一人ずつ確実に倒していくとしましょうか」
 が。派手に暴れれば廃墟である建物自体が傷つきそうだ。
 故にニルはあわてて保護なる結界を張り巡らせる――と、ほぼ同時。
 誘拐犯の背後より迫っていたのは、瑠璃だ。
 徹底した隠密行動。気配を悟らせぬ彼女の侵入術により、賊は存在すら気付いておらぬ。
 ――故に一撃必殺。背後から忍び寄り、後ろから口を押えた上で魔力の奔流を叩きこむのだ。
「やれやれ。人を浚うなどという愚かな行為をしなければ、もう少し長生き出来たでしょうに」
 死体は目に付かない場所に移動させつつ、他に敵がいないかを探っていく――
 まだ至るやもしれぬ後続にも情報を共有せんとしながら……

「……ところで私思うんだけど、幼少期にこの例のシスター服を着た私が現れて、人心掌握術とか誘惑を使った上で颯爽と助けたらすごい性癖歪むと思わない? 絶対心に残るわよね? 私は思うんだけど」

 思うわよね。
 思いなさい。
 ――言うはイーリンである。イーリンさん、それ誰に向けて言いました? えっ? 例のデカいケツのシスターとはまた別のシスターって言うのを見せてあげる……? デカいケツのシスターとは一体! イーリンさん!!?
「ごきげんよう。さあ、助けに来たわ。神の御使いとして」
「あ、あなたは――?」
 イーリン、来襲。
 ガブリエルの周囲を在る賊共を薙ぎ払いて――紡ぐ言葉は。
「――ところでシスター服はお好き?」
「え、えぇ? ええと。神に敬虔な方はたいへん好ましいとおもいますが……服?」
 そう。つまりそれはイコールでシスター服が好きという事ね――
 微笑みながら、まるで彼の前にふわりと降り立つように。
 天より至るシスターが敵を薙ぎ払う――胸の前のひらひらとか、スカートの前垂れをたっっっぷりと未来の伯爵に見せつけて……こらー! 伯爵の性癖をなんと心得るんだ、やめなさーい!!
「初めまして。君はガブリエル君、かな?
 僕は『エア』、君を助けに来た冒険者の一人だよ。
 必ずお家に帰してあげるからね――だから安心して……!」
 帰ったら後で猫でももふるといいよ――!
 『エア』は彼を安堵させる様に言葉を紡ぎ、周囲を警戒せんとするものだ。
 潜む賊あらばざくっとやっちゃう為に。ええい、賊に容赦などないのだ――不殺の範囲で!

「ガブリエル様――ご無事で――えっ?」

 そしてリア・クォーツも至る。ガブリエルの眼前へと。
 ただし、その姿は……明らかに『少年』というに相応しい風貌であり。
「う、うぅ……? お姉さん、どなたですか? どこかでお会いした事が――ありますか?」
 それでもリアには分かるものだ。
 目の前の存在は『あの人』なのだと。
 軋む頭痛を気のせいだと思いながら。

成否

成功


第1章 第2節

リア・クォーツ(p3p004937)
願いの先
フラン・ヴィラネル(p3p006816)
ノームの愛娘
猪市 きゐこ(p3p010262)
炎熱百計

 フラン・ヴィラネルの息は荒くなっていた。
 その視線は、麗しい少年のおめめ。おひざ。ぷにぷにのほっぺ――
 はぁ、はぁ。はぁ、はぁ。(・◡・*)ぺろ
「……はっ!? あぶないあぶない、今何か悪霊、じゃないと思うけれど、何かが乗り移ってた気がする! 夢!? はっ、目の前には新鮮な少年が!! 夢じゃないッッッ!!」
「ひっ……!? な、なんなんですか貴方は……!?」
「ねぇ。ちょっと。一回だけで良いから『お姉さん』って呼んでくれないかなぁ」
 ふふふ震えてる。賊に捕まって怖かったよね。怖がってる顔もかわいいなぁ――
 ぐへへ。まぁとりあえず、幼い少年を震わせている悪い人達をぶちのめすとしよう。
 お姉さんに任せておいて! 例え4月1日でも無い胸張りながらフランは言い。

「あーははは! そうはいかないわよ! 折角の金蔓を逃すだなんて!
 者共、やってしまいなさーい!! 逃がしてはダメよ!!」

 が、その時。高笑いと共に現れたのは――きゐこだ!
 彼女は廃墟の奥より出でる。配下らしき賊達を引き連れて。
 ……そう、お分かり頂けただろうか。この事件の黒幕はきゐこだったのである――!
 えっ、ホントかって? いつの間にそういう策謀を張り巡らせたのかって?
 4月1日ですよ……? こまけぇ事はいいんですよ!!
「ん~しかし可愛いわね、伯爵……いえ、まだ爵位は継いでないのかしら?
 まぁいいわ。こういう年代こそ好きな人達がいるのよね――
 きっと愛玩用に大人気になると思うわ。この首輪なんてどうかしら……?」
「ひっ……! な、なんなんでしょうかあの人は……!」
 恐怖に顔が歪む伯爵(幼)。ふふ、その顔よ求めていたのは――!
 号令を下し、少年の奪還を試みる賊陣営! さすれば!
「うおー! いけ――!! ガキを取り戻すんだ――ぐぁあ!?」
「私の魔術を見よー! 火力も範囲も凄いんだからー!
 全部薙ぎ払ってやるわよ! あーははは! あーはははははは!!」
「ボス! ボス!! 俺達も、俺達も巻き込まれて――!!」
「ぉぉぉ! させないよ! 清らかな少年は、私が守るッッッ!」
 始まる攻防。後方より放たれる魔術が――しかしファンブったのか賊にも直撃。
 その混乱の隙間を突く様にフランが全霊を込めるものだ――
 フルパワーフラン、ここに見参。
 肉体言語で語り合おう。少年を浚うなんて……『分からせて』やるのだと(・◡・*)
 何もかもを吹っ飛ばしてやる――! け、結界あるから大丈夫!
 あちらこちらから生じる阿鼻叫喚……の、最中にて。
「さぁ、行くわよ! 付いてきて! こっち!!」
「はぁ、はぁ……! お、お姉さんは、一体……」
 攻防に巻き込まれる前にガブリエルのお手てを引きながら退避するのは――リアだ。
 建物の影に隠れて様子を見る。周囲に敵がいない事が確認できれば息切れる少年へと言を紡ぎ……
「私、私は……ミカエラ。そう、ミカエラよ。よろしくね」
「ミカエラ、お姉さん」
「貴方のお家から依頼されて助けにきたの――大丈夫。必ずお家に連れて帰るからね」
 大丈夫。あたしはこれでも衛兵さんなのよ
 とっても強い衛兵さん――ええ。
 君の為なら、誰にも負けないわ。
「だから、行きましょ。ここからは急ぐけれど――逸れちゃだめよ」
「お、お姉さん」
 刹那。ガブリエルはリアの服の裾を指先で握って。

「……ありがとうございます」

 ん”ッ”ッ”ッ”ッ”ッ”ッ”ッ”ッ”!!
「……御礼は後よ! ほら! 疲れてるなら私が抱えてあげるから、しっかりしなさい! 君はこれから誰よりも強くてカッコいいお方になるんだから! いえ、なったんだから!」
「??? あ、ありがとうございます……?」
 首を傾げるガブリエル――あぁ。なんだか胸の鼓動が早くなった気がするが、気のせいと思って駆け抜けよう。ガブリエルをその腕の内に抱えて。さすれば不安げな彼がリアの服を更に掴んで――ン”ッ”!

成否

成功


第1章 第3節

 ――かくして伯爵家の男児は救助される。
 数多の救いの手が差し伸べられ、賊達の思惑は妨げられたのである――
「くそー! 離しなさい!! 私を誰だと思ってるの!!
 こんな事をして、まだまだいる私の部下が黙ってるとでも……!!」
「煩い! キリキリ歩けッ!!」
 その最中、駆けつけた憲兵に連れていかれるきゐこ。
 他の賊達も捕縛され続け……やれやれ、ひとまずは一件落着と言った所か。
 まぁきゐこは交渉術やら腹芸やら袖の下やらで出てきそうな気もするが――ともかく。

「あ、あの……皆さんありがとうございました!」

 少年は告げる。己を救ってくれた『初めて出逢った』者達に。
「ふふ。いいのよ――ええ。
 私は神の御使いとして、或いは只のシスターとして、責務を果たしただけだから」
「悪い人は『めっ』ってしたからね! もう安心だよ!」
 彼らがいなくば己はどうなっていた事か――なんか派手に登場した前垂れが特徴的なシスターや、こっちをペロペロしてこようとするお姉ちゃんやら、やたら(色んな意味で)記憶に残る面々も多かったが。
「しっしっ! 離れなさいエセシスター! 駄目よ、こういう人の言う事を信じちゃ!」
「ふふっ。何はともあれよかったですね――無事で」
「うんうん。これでレガド・イルシオンの芸術と美食の未来は守られたよ!」
 同時に『ミカエラ』と名乗った自身を護る様に抱きしめる女性や、己を見つけてくれた黒髪の女性に獣種の人物らにも感謝している。それこそ感謝してもしきれぬ程に。故にこそ……
「ぜ、是非、当家にお越しいただけませんか? お礼をしたいと思っていますので……!」
「はわわ。この前もおじゃましましたが、また行ってもよいのですか?」
「まぁそういう事なら是非とも――お邪魔させてもらおうかな」
 ニルやヨゾラ――否。『エア』と名乗った者らも含め、屋敷へと招待する。
 彼らと今一時語り合いたいと。
 幼き伯爵は、そう紡ぐのであった。

PAGETOPPAGEBOTTOM