PandoraPartyProject

シナリオ詳細

再現性沖縄20XX:餅は食っても食われるな

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●再現性沖縄とは
 そこはまるで……《沖縄》であった。
 練達の一区画に存在する再現性沖縄。さらにその一区画には翔波と呼ばれる地域が存在する。
 それは異世界『地球』よりこの世界に召喚された人々の言う《沖縄》を何か凄い勘違いして、「大体こんな感じだろう」というイメージで出来上がった魔境である。
 沖縄にはあらゆる夢がある。沖縄は食べ物が美味しい。
 そんなイメージを植え付けられた料理人たちは「沖縄こそは料理人に約束されし聖地である」と思い込み、事実翔波ではあらゆる食材が手に入る。
 そして全ての物事は料理でのみ解決され、あらゆる暴力は此処では排除される。
 料理こそ全て。料理が世界を救う。
 火と油、水と調味料に囲まれた世界こそ我が人生……それに気付かないなど料理人として愚かだし何なら皿洗いからやり直せばいい出直してこいやド素人が……その境地に至らなければ料理人としては未熟に過ぎ、究極の一皿になど永遠に届きはしない。だからこそ、街ではいつでも料理バトルの音が鳴り響いている。
 練達を襲った未曽有の大事件。
 それは沖縄にも少なくない影響をもたらした。
 しかし、しかしだ。
 だからこそ「今」、沖縄らしくあらねばならない。
 それが再現性沖縄に暮らす者たちの、誇りなのだから。

●お正月の足音が聞こえてくる
 クリスマスが過ぎれば、正月の準備が始まる。
 ……シャイネンナハト? 沖縄ではクリスマスなので。
 ともかく、正月の準備が始まる。
 沖縄での正月は鏡餅を飾り、門松を玄関前に置くオーソドックスなものだ。
 勿論門松の竹はしっかりと削り、いつ不届き者が出ても竹槍として使える仕様になっている。
 だから何故再現性東京の担当者と情報のすり合わせをしないのか。
 とにかくそんなわけで、どの家や店でも正月飾りの準備も進んでいる。
 しかし……何より重要なのは、やはり「餅」だろう。
 もち米を搗いて、餅にする。
 ぺったんぺったん、餅ぺったん。
 何処に行っても「我の搗く餅こそ至高なり」「いや俺の搗く餅こそ究極なり」と料理バトルが始まっている。
 かの練達を襲った大事件も過ぎ去り、来年はきっと良い年にしようと、何処でも餅の準備には手を抜かない。
 誰もがぺったんぺったんと、餅をついている。
「正月、か」
 サイズ(p3p000319)は、そんな光景を見ながら翔波の街中を歩いていた。
 なんだか武器に使えそうな門松や、マンガみたいに伸びてる餅つき光景など……見ていて楽しい光景ではある。
「今度は餅のモンスターでも出るんかな……? ずんだもちとか?」
「残念! 鏡餅でしたモチ!」
「キー!」
「あ、出た」
「そう、出ちゃったモチ! そして出会ったからには料理バトルモチ!」
 明らかに鏡餅をイメージしたと思われる怪人と、焼いたお餅をイメージしたっぽい戦闘員……もとい料理員たち。
 時節柄どう考えても強い鏡餅怪人の襲撃。
 流石にまだ沖縄経験の浅いサイズ1人では敵うはずもなく。
「うわーははは! お前を餅のトッピングにしてやるモチ! ちなみにこれは食べられない餅なので安心モチ!」
 つきたての食べられない(重要)「おしおき餅」でサイズをくるんでいった鏡餅怪人たちは何処かに行ってしまう。
 しまうが……それで終わらせられるはずもない。
 絶対奴をお雑煮にしてやる、と。
 そんな決意と共に、サイズは仲間を探すべくカフェ・ローレットへと向かうのだった。

GMコメント

料理人の皆様、再現性沖縄<アデプト・オキナワ>へようこそ。
え? イレギュラーズ? そんな肩書此処じゃ牛脂1つ分の価値もありゃしないぜ!
そんな感じです。

今回の敵は鏡餅怪人と料理員(ザコ)たちです。
鏡餅怪人は白出汁のお汁に焼いた餅を入れたシンプルお雑煮。
料理員たちはきなこ餅を出してきます。
料理バトルで倒せば、いつも通りに「ぐわー!」と吹っ飛んで美味しいお雑煮をお箸付きでドロップするかもしれません。
それでは皆様、良い沖縄を。

●翔波
 再現性沖縄20XXに存在する料理バトルの街。
 何かあれば料理で解決する料理馬鹿の聖域。
 ローレットのイレギュラーズの皆さんは料理人として参入することができます。
 此処では全てのステータスは無意味です。武器は振ってもハリセン程にも通じず、ギフトもスキルも無効化されてしまいます。
 ただし、相手より美味い料理を作れば大ダメージを与えて海老ぞりで大空に吹っ飛ばすことができます。
 相手の料理の方が美味ければ自分がそうなるってことですよ。
 なお、必要な食材や調味料は「基本的」にはその辺に生えています。
 豚肉の木とか砂糖の実とかあります。超怖ぇ。
 幻の食材と言われる類のものは特殊な場所、あるいは状況でしか存在しなかったりします。
(逆転が必要なシーンで偶然見つかったりするかもしれません)

●情報精度
 このシナリオの情報精度はRです。
 料理には常に想定外が付きまといます。
 プライドなんてミキサーにかけて飲んでしまいましょう。
 ハヴァナイスデイ。

  • 再現性沖縄20XX:餅は食っても食われるな完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年01月06日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌
ミルキィ・クレム・シフォン(p3p006098)
お餅はお汁粉に
河鳲 響子(p3p006543)
天狗
ハッピー・クラッカー(p3p006706)
爆音クイックシルバー
観音打 至東(p3p008495)
snɯı̣uⱯ ɯʎuouⱯ
暁 無黒(p3p009772)
No.696
ブランシュ=エルフレーム=リアルト(p3p010222)
航空猟兵
ネフェルティ(p3p010259)

リプレイ

●鏡餅怪人を探せ
「沖縄! いろいろと南国の楽園! ブランシュもさむいからリフレッシュついでにバカンスに来たですよ。 え? スケジュール押してる? そんなー。モチ怪人は出るし沖縄は満喫できないし、料理バトルするかしないですよ……?」
『航空猟兵』ブランシュ=エルフレーム=リアルト(p3p010222)がしょぼんとしているが、沖縄はいつでも来れるのでバカンスを諦めないでほしい。
 そんなわけで復讐心に燃える『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)の援護の為にやってきたイレギュラーズの面々だが……このお正月ムードの漂う中では鏡餅怪人が何処にいるかはいまいちよく分からない。
(怪人と戦闘員とは言うけれど、特に悪事を働いたってわけではないんですね。いえ、まあ言うなればプロレスのようなものなのでしょう。催し物で賑わうのは望むところです。がんばりましょう)
 ネフェルティ(p3p010259)はそんな事を考えながら拳をギュッと握る。
 あえて言うのであればサイズが食べられないお餅のトッピングにされたのが悪事であるだろうか?
 まあ、プロレスじみているのはその通りである。
 かの東京の夜妖と比べると物凄く平和な連中がクッキングモンスターだとすら言えるだろう。
 この沖縄も未だ練達を襲った未曽有の事件の影響から抜け切れてはいないが……それでも沖縄を愛する者達の努力によって元気に沖縄している。クッキングモンスターですら同じなのだ。
「流石に料理スキル未活性の状態で八人分の料理を時間内に作るのが無理だっただけで、今回で4回目だから経験が浅いから負けたというわけじゃないぞ……タイマンだったら勝ってたからな……今の俺ってこの世界ではまだ初心者なのかな……中堅くらいになれたかなと思ってたが。まあ、このまま負け続けるのはカースド武器として許せないね……しっかり復讐せねば」
 サイズは料理バトルとはいえ負けたのは結構悔しかったらしい。
 まあ、何処まで行けば沖縄中堅とかベテランとかになるのかは不明だが……『ミルキィマジック』ミルキィ・クレム・シフォン(p3p006098)は、かなりベテランのオーラを醸し出している。
 具体的には完全に沖縄に染まったかのような、そんな雰囲気だ。
「仲間がやられたとあっちゃあ黙ってられないよね! ボクもリベンジマッチ手伝わせてもらうよ! 鏡餅怪人にボクが沖縄の洗礼を浴びせてやろうじゃないか☆」
 まさに頼りになるミルキィだが……ハッとしたような表情になる。
「とはいえ、この時期のお餅料理は色んな補正がかかって強敵なのは確かだね、半端な料理じゃあ不覚を取る恐れもあるね……正月には正月で……となるとおせちで対抗……いや、違う! ボクの沖縄修行で高まったR-Senceが訴えてきている! そう……おせちもいいけどカレーもねと!」
「R-Sence!? まさか目覚めた奴がいるモチ!?」
「あっ」
「やべっ、見つかったモチ」
 お正月のお雑煮露店を出していた鏡餅怪人が慌てたような声をあげる。
 あまりにも堂々としていたのでそういう季節モノのコスプレかと『天狗』河鳲 響子(p3p006543)もスルーしていたが、本気でクッキングモンスターであったらしい。
「危険な存在だとは分かってるのですが、この時期に相応しい怪人が現れましたね……しかしお餅料理ですか。中々難しい題材ですが……弱気な事は言ってられません。いつも通り出来る事をやるだけです。ふふ、腕がなりますね」
 響子は言いながらもR-Senceとかいう謎の単語に疑問符を浮かべるが……R-SenceとはすなわちR-Sence<リョウリ・センス>。再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波に染まった人間のみ使用できる謎の超感覚である。
 説明しても分からないが、たぶん沖縄に染まると自然と理解できるタイプのアレだろう。
 ちなみにスキルとしてしっかり世界に認識されていたりもするし、ミルキィは順応してしまったということだ。さておいて。
「見つけた……勝負だ」
「くくく、望むところモチ! 俺達が勝ったらおひとり様一品ずつ購入してもらうモチ!」
 実に平和な要求だが、クッキングモンスターとは大抵こういう連中である。
「よっしゃあ!!! 幽霊ですがね!! 乙女なんでね!! お料理くらいはね!! 好きな人のね胃袋とか掴んでいきたいんでね!! 握力とか鍛えていこうね!! ガッといってギュッと掴むよ!!」
「料理は良いもんっすねぇ……調理してる時は楽しいし出来上がれば美味しい物も食べられて笑顔になれるっす。依頼も大事っすけど……俺は! 皆を笑顔にする料理を作るっす!」
「くくく……どうやら気合充分モチ! ならば覚悟はいいモチね!?」
『爆音クイックシルバー』ハッピー・クラッカー(p3p006706)と『No.696』暁 無黒(p3p009772)の気合の入った叫びに鏡餅怪人が応え、『破竜一番槍』観音打 至東(p3p008495)もビシッとお玉を突き付ける。
 此処では刀より料理がモノを言う。そしてメイド再修行中の至東だからこそ、言える事がある。
「甘い! 料理をポンと出しただけで『正月でござーい!』とはなんたる甘さ! 素晴らしき料理に必要な三感を言ってみろ! そう! すなわち『食感』『シズル感』『スペシャル感』! その3つを兼ね備えた、観音打流どこでも正月をとくと召し上がれ!」
 それはまさにこれ以上ないくらい沖縄「らしい」宣戦布告。
 こうして、今日のクッキングバトルが始まったのである。

●今日のテーマはお正月
「前回は数を作りにくい料理を作ってたから時間切れになってしまったので、一回の料理でたくさん作れるシチューを作ろう、寒い時期にシチューは定番だし、しっかり戦えるだろう」
 復讐に燃えるサイズが選んだのはシチューだ。
「人参、玉ねぎ、肉、マッシュルーム、じゃがいもをごろごろ入れて美味しいシチューを作るよ。大鍋で作れば一気に作れる…余った奴は俺や参加者イレギュラーズのお腹に入ります、料理は無駄にしません」
 そしてR-Senceがギュンギュンに発動しているミルキィはカレーだ。
「ボクが作る料理はこれ、カレー! それもあえてスパイシーになりすぎない、どことなくなつかしさを感じるルーカレー! 林檎と蜂蜜をくわえた童心に訴えかける甘辛いちょっとどろっとしたカレーがおせち疲れがたまった口を優しく癒してくれる一品さ!」
 そして、お肉は沖縄の力を宿した聖なる豚であるアグー豚。
 とろける脂身と旨味を持つ肉でありながら、極めてヘルシー。そんな夢のような肉である。
 そして……響子は自前の料理道具である「十全式調理道具一式」をこの場に持ち込んでいた。
 クッキングバトルでは必要な調理道具一式は何処かから出てくるが、それでは足りぬというプロ精神だ。
 あるいは居酒屋の看板娘として働いていた経験のなせるものかもしれない。
「何故か食材は生えているようなので、出来立てのお餅を使ってまずは普通のメニューを作ってみましょう」
(植物の詳細などを考えたら負けなので気にしません。せめて身体に悪いものが入ってないか毒味などもして祈るばかりです……)
 その辺りは大丈夫だ。沖縄は食材に関して罠は存在しない。
 もし存在するとしたら油の取り過ぎは身体に悪いとか食材選択のミスとか……本人に起因するものだけだろう。
 まあ、豚肉の木とかが存在する場所で沖縄慣れしていない響子がそう思ってしまうのは「さもありなん」といったところではあるだろう。
「お汁粉お雑煮続くと身体も火照るでしょうし、こし餡を使ったいちご大福や よもぎ餅を添えた和風のパフェなんかどうでしょう。苺の甘酸っぱさやヨモギのアクセントで口の中の甘ったるさも和らげてくれますよ」
 そう、響子の選択したメニューはデザート。
 それも和風でありお正月料理にしっかりと合わせた形だ。
 まさに全体でのチームとしての組み立てを意識したメニュー選びとも言えるだろう。
(それでも甘さは完全に消える訳じゃないので、逆に利用してトドメをさしにいきましょうか。茶が合ってこそ甘味が引き立つというもの、なので茶を立てて……)
「さあ、河鳲家直伝の呈茶術をお披露目しましょう」
 さあ、そしてハッピーはどうか。
「良い感じのご本を見つけました!! 【華蓮ちゃんキッチン(時短編)】。これで【料理】のスキルを強化できるね!! 【料理】のスキル持ってねぇけどな!!!!!!!!!!!!!」
 大丈夫、料理は愛情である。腕が最重要だけど。
 しかし流石にハッピーはすぐに立て直している。
 効果はさておき、レシピ本であれば当然レシピが載っている。
 それを元に作ればいいというわけだ。
「じゃああれですね!!! 鍋にしよう鍋に!!! 時短料理の本にも書いてあるし!! 私が今鍋の気b…じゃなくて、料理を得意としない私でもアイディア次第で美味しくいけるので!!」
 気分と言いかけてやめたようだが。
「じゃあキムチ鍋にしようぜキムチ鍋! 私が今キムチ鍋の気分なのでね!!!!」
 即座に気分と言ってしまっている。まあ、大丈夫ではあるだろう。
「大き目の鍋を用意してもらって、そこにガンガン具材をぶち込んでいこうね! 白菜とかキノコとか豚肉とかお約束の食材はしっかりその辺に生えているやつを採取して……」
 と、そこまで言って……ハッピーは目をカッと輝かせる。
「まあね! 鍋っていうのはね! 皆で一緒に囲んで楽しく食べることが美味しさの秘訣なわけですね!!! 楽しい事が、何より大切なわけですね!! つまりですね! 皆で協力して作る訳ですね!!! 皆で材料を持ち寄る訳ですね!!! 相手チームも味方チームもギャラリーもその辺飛んでる鳥も動物も好きな食材持ってこーい!! え……闇鍋?? はっはっは!! 美味しくなるか面白くなるか、皆次第だね!! 私? じゃあ私は餅で。サイズさんを襲った餅どもに怒ってるなんてことは決してない。ただ単に餅を喰らおうと思っただけだよ」
「くっくっく……」
 と、そこで鏡餅怪人がモチモチと笑う。
「俺達に鍋の具材を持ち寄らせたかったらこの勝負に勝つモチ! それが沖縄の掟モチ!」
 なるほど、それが掟ならば仕方がない。闇鍋はクッキングバトル後の楽しみである。
「鍋の準備の合間に! バターと砂糖と卵をしっかり混ぜて、それを半分に分けて一方には薄力粉だけ、もう一方には薄力粉とココアを加えて一生懸命ひたすら混ぜて捏ねて! そうして出来た生地は鍋パしてる間寝かしておく……と」
 これはちょっと寝かしておいて、あとで生地をハートの形に沢山切り抜いてオーブンでしっかり焼くのだ。
(乙女の最強兵器の一角、手作りクッキー、食後のおやつに、サイズさんへ渡します。食べてくれたら嬉しいな)
 そうしてクッキングバトルの最中に乙女パワーをもハッピーが発揮している中で。
 至東が選んだ料理は雑煮である。
 なんと鏡餅怪人と正面から(料理で)殴り合いをする気満々だ。
「ウチのお雑煮は白だしとお餅と鶏肉とほうれん草と香り付けのゆずですので、対手とあまり変わりませんネ。昆布は羅臼、みりんは勿論、みりん風調味料じゃないもの。その他食材もこだわり妥協しませんが、これだけで勝てるとは思っておりません。食感とシズル感においては、いいとこ互角でしょう」
 そう、雑煮とは各御家庭やお店によって千差万別ではある。
 あるが……「少々の違い」から脱するのは中々に難しい。
「ならばごらんあれ、これが残されたパズルのピース……! 出でよ、コタツとみかん! ささ、とりあえずコタツに入って温まって。おみかんもありますよ?」
「調理中は出来んモチ。あとで入るモチ」
 そんな会話をしながらも、至東は料理の仕上げに入っていく。
 出すタイミングは大事だ。そういう意味では今彼等が入らないのも計算済。
(出すタイミングは相手がいい感じにほかって来たところで……すかさずできたてのお雑煮を! そう、正月料理とは! 雰囲気もいただくもの! 私も同じこたつに入って、思い出したように「あけましておめでとうございます」と言えば、こちらの術式は完成! とめどなく溢れる『正月というスペシャル感』に、為す術もなくぶっ飛ぶが良いですヨー?)
 そして無黒はまずは納得いく食材からである。
「幻の食材ってのも気になるっすけど俺はその分まごころ込めるっすよ! って事でまずは食材探しっすね!」
 そう、沖縄では探せば食材は見つかる。
「うわ~本当に見た事ある食材がなんかよく分からない感じに生ってるっすね……よし、いざ収穫っす! お、これこれ! ジャガイモはラサの目覚めっすね! ジャガイモなのに甘みがあってしっとりホクホクで優しい味がするんすよ~。あとは牛乳とチーズにバターを揃えてっと~」
 中々沖縄適性があるのか、無黒はすぐに目的の食材を収穫完了する。
「さて調理開始っす! まずはジャガイモを蒸かして、玉が残らない様にマッシュっす! そこに牛乳、もちろん搾りたてっす! まさか大きい貝から搾るとは思わなかったっすけど……なんで美味しいんすかねコイツ」
 ちなみに牛乳の実とかもあったりする。
「まぁいいっす! 何回かに分けて滑らかになるまで伸ばしてくっすよ~。 OK! これにこのとろりとしたチーズを包むっす! 癖がないのに味が濃くて美味しいんすよね♪ これを有塩バターをひいたフライパンで両面キツネ色になるまで焼いたら完成っす!」
 そう、そうして完成したものは。
「THEおふくろの味! イモモチっす! ジャガイモと牛乳の元々ある優しい甘みをバターの丁度良い塩気が引き立て、癖のないチーズでコクと味の深みを出すっす! 噛んだ時のカリカリの表面と中のホクホク感のアクセントと、口いっぱいに広がる優しい甘みで思わず笑顔になるっすよ!」
 餅というものに寄せてくる無黒の作戦は流石という他ない。
 そして、ブランシュ。こちらは沖縄料理である。
「沖縄といえばラフテー、ゴーヤーチャンプルー、ソーキそば。ならばブランシュが作る料理は……全部入れた物ですよ! すなわち、ゴーヤーチャンプルーソーキそば! ラフテー入り! 寒い時期にもピッタリ!」
 混ぜすぎな気もするが、麺は優しいので平気だろう。
「まずはゴーヤーチャンプルーを作るですよ。ゴーヤーチャンプルーってどうやって作るですよ? とりあえずゴーヤとラフテーを炒めればいい気がするですよ。前に見た時は卵とも入ってた気がするし、多分この辺と砂糖醤油塩にんにく入れれば何とかなるですよ」
 まあ、大体あっている。
「で、次にソーキそば作るですよ。ソーキそばのソーキが何か知らないですよ。とりあえずお蕎麦茹でるですよ。そしたらそこにゴーヤーチャンプルーえい!!! 続いて焼いたラフテーをえい!!! 温かいおつゆをかけて、完成ですよ! ゴーヤーチャンプルーソーキそば! ラフテー入り! 多分美味しくはなってる気がするですよ」
 お味については……これから審査で明らかになるだろう。
「それはそうとお正月である事をすっかり忘れていたですよ。こうなったらもう一品作るですよ。何もお餅と名の付く者は、もち米から出来るお米だけではないのですよ。ジャガイモを潰して、丸めて形にするですよ。そしてそいつを焼き目がつくまで焼いたら……再現性北海道で学んだいももちの完成ですよ! これなら、きなこ餅に対して立派に対抗できるですよ。北と南の戦いをはじめるですよ」
 無黒のいももちと合わせ、風味の少し違うものがもう1つ。これは強い武器になるだろう。
 そして最後はネフェルティだ。
「郷に入っては郷に従えとも言いますし、再現性東京の料理を作りましょう……相手の料理はお雑煮ときなこ餅ですか。最終的な食べ合わせ等も考えると、被りは避けて行きたいですね」
 なるほど、沖縄には東京をぶつけるというわけだ。
「というわけで、メインは筑前煮にします。食材は鶏もも、しいたけ、こんにゃく、れんこん、ごぼう、にんじん、里芋、絹さや、調味料は油、醤油、酒、みりん……先にお鍋で食材を炒めて火を通して、調味料を加えて煮詰めて作ります。相手のお雑煮の方がシンプルな白出汁のようなので、少し長めに煮詰めて味を濃くしてみましょう」
 そうして煮ている間は暇になるからと、かまぼこを探して切ったり、お餅を焼いたりして摘まめるものを増やしていく。
(ええ、一人で十分火は扱えます。このような見た目ですが、少なくとも定命の人間の10倍程度には長く生きていますから。吹聴するようなことではないので、子供扱いされても目くじらを立てたりも、誤りを訂正したりもしませんが。それはそれとして、プライドというか、はっちゃける事に対する抵抗はあるので……出来るだけ保って居たい所ではあります。塩と言われても構いません。真面目な料理を叩きつけてこの局面を乗り越えて見せます)
 表面上ではあまり見えないが、ネフェルティにもプライドはあるということだ。
 そして……全員の料理が出来上がり、試食が始まる。その結果は……「
「ぐあーーーー!」
 お餅怪人と、にんにくを入れ過ぎたブランシュが天高く吹っ飛んでいき……勝ち数の差でサイズたちの勝利であった。
 だが、その瞬間。
「声が聞こえる…餅は雑煮よりもずんだ餅にするべき……?」
 内なる声に従ったサイズは枝豆を模した弓を発見。
 手にすると気付く、これは武器の俺と違って、力を失ってない……? 使い方はなぜかわかる……餅怪人を料理で倒した後に撃ち込まば、ずんだ餅が出来る? 撃ち込む際はこういえばいいのか!
「ずんだー!」
 そうすると、ドロップするお餅のうちの幾つかがずんだ餅へと変わっていく。
 消滅する弓を見ながら、「これも沖縄特有の現象かな……」などとサイズは呟いて。
「今のは勝利演出モチね。お前がずんだ餅が食べたいと思ったから、そういう演出が入ったモチよ」
「うわ、生きてる」
「沖縄はそういう場所モチよ」
 言いながら、鏡餅怪人は「落とし物モチ」とサイズがなくした調味料を渡して。
「おせちもいいけどカレーもね、そしてカレーもいいけどお餅もね! 辛い物のあとには甘い物が食べたくなるし、このお餅でお汁粉つくるよー♪ さあさあ、食べたい人は並んで並んで!」
「餅が足りなくなったら…そうですね、「大きな鏡餅」がありますし使ってみるのも面白そうです……ふふふ、冗談です」
 そうして、ミルキィと響子が楽しげに笑う。
 未だ復興の最中ではあるが……沖縄は、今日も沖縄らしく毎日を生きている。

成否

成功

MVP

ハッピー・クラッカー(p3p006706)
爆音クイックシルバー

状態異常

なし

あとがき

コングラチュレーション!
皆様はお餅は食べましたか?
良いお正月を過ごされたならば幸いです。

それでは、再現性沖縄はいつでも皆様のお越しをお待ちしております

PAGETOPPAGEBOTTOM