PandoraPartyProject

シナリオ詳細

あなたの好きな場所

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●Home sweet home
 小説を読んだ。それは一人の男の作家の物語だった。海辺に家を持ち黒い大きなバーニーズマウンテンドッグを飼い暮してる。小説に詰まれば犬を連れて浜辺へ出る。ときおり友人が訪ねて来る。友達……なのだろう。恋人という感じはしない関係だった。そういう静かな時間が過ぎて行く。俺はそれを羨ましいと思った。
 俺の名前はシュン。俺の人生はどちらかと言えば恵まれていないかもしれない。学生時代の弁当持ちの日は憂鬱だった。俺の持って来る弁当は馬鹿にされるからだ。そもそも交友関係が恵まれなかったからかもしれない。いじめとまで暴力的ではないが、グループの輪には入れていなかった。卒業し早々に就職した。仕事は楽なほうだった。仕事さえしていれば怒られることはない。がむしゃらに働きふと、家一軒ほど買える貯蓄があることに気が付いた。じゃあ家でも買ってみるかという気分になったが……どんな家がいいかわからない。そういえば両親は大往生し家族もいなかった。自分の引き出しの狭さに苦笑したが、ある日前述の小説に出会った。ふと思った『他の人間は自分の落ち着く場所、好きな景色などがあるのではないか』と。
 俺が小説を買った本屋は不思議な噂がある。『これは他人の人生の一場面を切り取った物語を記録している』そうまことしやかにささやかれている。

●好きな景色を教えて
「本の中の本ってちょっと不思議」
 ポルックスは小首をかしげてみた。
「今回の依頼は『あなたの好きな場所、好きな景色を教えて』と言うものだよ。それは青い花の咲く花畑でも、いつも暮らす自宅でも、仲間と勝利を勝ち取った日の朝日でも、酒場でウイスキーをあおっていても、ウォーカーの人なら元の世界でもね。何でもいいみたい」
 ポルックスはそれはまだ見たことのない想像の景色でもいいと付け加えた。そしてイレギュラーズが説明したものが本になるらしい。それを自分が好きな場所がピンと来ないシュンに見せてやって欲しいと言う。
「シュンのいる場所は現代の日本に似てるみたいだけど……混沌や異世界はそういうもの、ファンタジー世界。物語だから程度で変には思われないみたい」
 ぱあっとポルックスの表情が明るくなる。少し熱の入った台詞を続ける。
「わたしもあなたの好きな場所気になる! ぜひ教えてね?」

NMコメント

 こんにちは、7号です。皆さんの心の在りどころや、何気ない日常の景色、はたまた掴み取った場所なのか。そんなものを見てみたいなあという興味です。

●世界説明
 現代日本に似ています。ポルックスの説明通りに皆さんの好きな景色が飛躍したものでも「まあファンタジー小説だから」程度で認識されます。

●目標
 好きな景色、好きな場所を教えてください。

●サンプルプレイング
 私は故郷に降る雪景色が好き。朝起きるととても静かで……音を雪が全部吸収してしまう。暖炉の側で暖かいコーヒーを飲むのが好き。

●サンプルプレイングその2
 俺は戦場で戦ってる時が好きだ。土と血の臭いを感じながら、張り詰めた緊張感が自分の血を煮えたぎらせる。

  • あなたの好きな場所完了
  • NM名7号
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2021年06月27日 21時45分
  • 章数2章
  • 総採用数12人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

R.R.(p3p000021)
破滅を滅ぼす者

「最近、練達から入れるようになったラピッド・オリジン・オンライン……知ってるか?」
『破滅を滅ぼす者』R.R.(p3p000021)は誰に話しかける訳でもなく語る。

──俺はあの場所が結構気に入っている。
 R.R.は具体的な特定のどこかを気に入っているのではなく、ROOそのものを好ましく思っていた。自分ではない何かになるのは悪い感覚ではなかった。自分自身を嫌っている訳ではなかったが、今の肉体は『妥協の塊』のようなものだ。理想の体になれる。
「……それは、面白い」

「あそこではギフトの“雑音”が聞こえなくてな」
 そこもいいとR.R.の表情がやわらぐ。彼のギフトは破滅の予知をノイズとして聴くこと。滅ぼす、憎むべき対象でもあったが同時に頭蓋の中を無秩序にかき混ぜられるような騒音をもたらした。
「あの力はそういうものだ」
 便利なのは確かだがギフトは彼を苛立たせた。
「それが、無い──如何に晴れがましいことか」

 R.R.は夢想する。防音室に入って楽器、ギターを準備する。演奏をする気持ちへ集中し切り替える。その間はとても静かなものだ。心は凪いでいた。疑似的ではあるが彼は破滅から『平穏』を取り戻した……そんな錯覚を覚える。だからこそ。
「破滅は破滅させなければならない」
 彼の目が炎のように揺らめいた。

成否

成功


第1章 第2節

バルガル・ミフィスト(p3p007978)
シャドウウォーカー

「ふむ、これはまた面白いですねぇ。自分が好きだった景色をまた見るなんて」
 『影』バルガル・ミフィスト(p3p007978)はひとりごちた。
「……痴呆とかじゃないですよね?」
 半ば彼は本気で心配していた。

 彼の好きだった場所は混沌に来る以前の安酒場だ。
「懐かしきクソッタレな元の世界ですよ」
 景気は悪そうだが喧騒の絶えない店内。自分のように長く着たことでくたびれたスーツの人でいっぱいだ。提供されるのはいい酒とは言えないが酔うには十分。あの時はまだあいつらと馬鹿騒ぎしながら酒を煽っていた。だからこそなのだろうか。同僚が茶化したのだろうか皮肉を言った。何でもいい。それに自分が堪忍袋を緒を破裂させてしまう。先輩の手が出る脚が出る。いわゆるボコボコにされる。それを頬杖をつきながら静観していた後輩。後輩は呆れるように大きなため息をひとつ。

「なぁんて懐かしいです」
 今は席の端に着席し、グラスを傾けながら誰かが盛り上がる。それを眺めている時間がいい。あの時はあの時で楽しかった。だが今は一人酒を舐めながらチープな音楽と誰かの騒ぎを聞くなんてのも一興だ。
「……もう歳ですかね?」
 あの時より幾分か落ち着いた自分に少しショックを受けながら。バルガルはこれは面倒くさがりなだけで、などと言い訳を続けている。

成否

成功


第1章 第3節

トスト・クェント(p3p009132)
星灯る水面へ

「地元の話なんだけども」
そう切り出す『微睡む水底』トスト・クェント(p3p009132)。

「うちって地底にあってさ、洞窟の中に広い場所があって、天井から水が流れて溜まって湖になってる……そんなとこだったんだよ」
 洞窟なのだから、当然内部は暗かった。外界の光が入る場所が少しあり、真昼でもうすぼんやりとしたおぼろげな明かりだ。
「湖の中で、その光が届く……ぎりぎりのところが好きだったな」
ランタンを消せば自分の手も殆ど見えない。
「そんなとこで、ただじっと、水の流れを感じるのがさ」
 ときおり遠くで誰かがランタンを掲げる。蛍のようなゆらゆらと動く光。滝が水面を叩く音も微かに響いてくる。
「静かでなんもなくて……なんにもないことを感じるのが」

──好きだったなぁ。

 彼の目の前で雲の切れ目から光が差す。天使のはしご。ちょうどあんな感じの光が彼のふるさとでは農地だった。トストは思いを馳せる。水に濡れた苔が群生している。ひんやりとした空気が彼の肌をなでる。大地を歩けばしっとりとしているのでさくさくとした足音がする。天井の雫がしたたり、トストの腕に当たる。彼は当たった腕をなでる。湖には小さな影の群れと大きな影。大きな影はきっと自分と同じ海種か何かだろう。
「……帰りたいねぇ……」
 いつも微笑んでいるような表情の彼が、少し寂しそうな顔をした。

成否

成功


第1章 第4節

ルナ・ファ・ディール(p3p009526)
駆ける黒影

「……あん? 好きな景色だ?」
 『月夜に吠える』ルナ・ファ・ディール(p3p009526)がぶっきらぼうに答える。気分を害した訳ではない。彼はいつでもこんな感じだ。
「んなもん、月でも眺めてんのが一番だろ。お天道様は暑くてしょうがねぇ」
 彼はよくラサ──傭兵の地で見かける。砂漠の太陽であればなおさらであった。

「……いや、まてよ。つっても、こいつを俺が見るこたぁありえねぇがな。」
 ルナは考え直す。
「俺が見てぇ景色はな、『俺という存在がなかったファ・ディール』だ」
 ファ・ディール。獅子の獣種の一族。カラスのような毛並みは不吉と言われ、兄と比較され。兄や両親は優しかったが彼に諦念や放蕩癖を与えるほどには否定され続けてきた。ルナは自分さえいなければ老人連中が渋い顔をすることもなく一族が円満な関係を築けたと考えた。
「……あ゛? てめぇがその輪に入った光景じゃないのかだって? ……ハッ! 冗談じゃねぇ」
 一度は誰もが思うだろう。『自分の存在がコミュニティに受け入れられている姿』彼はそれを望まなかったのかと。
「連中の性根も知り尽くしてんだぜ? 今さら家族ゴッコなんざよ。ほら、つまんねぇ話はしまいだ」
 期待を持ち合わせるにしては後ろ暗い部分をたくさん見過ぎたものだ。

「……最初から生まれなきゃ、楽なもんだったろうよ」
 彼の心には焼け爛れが残ったまま。だがまだ心臓は動いている。

成否

成功


第1章 第5節

ヴェルグリーズ(p3p008566)
約束の瓊剣

「俺の好きな場所は最近だと領土のカーラトールの街にある中央広場かな」
 『全てを断つ剣』ヴェルグリーズ(p3p008566)は幻想王都の郊外に領地を持っている。カーラトールは都会とは言い難いが活気のある街である。治安も良く穏やかな空気の流れるいい街だと彼は感じていた。
 物騒な街──例えば戦中の街などは戦死するなどいわゆる『別れ』が多くなる。貧困層が多ければそれもまた争いを生む。そういう観点からカーラトールは落ち着いた街だった。

 広場に隣接する教会があり、朝市が開催される。朝から晩まで一日中賑やかな場所だ。
「でもどこかゆっくりとした時間が流れていて。そこの広場の適当なベンチに腰掛けて、道行く人達を眺めるのが好きなんだ。その人それぞれに生活を思わせる風景それが」
 そういった人々の営みや小さな幸せを見出すのが彼は好きだった。
「この風景がいつまでも続きますようにって……いつも祈っているよ」
 男の子が母親に屋台の砂糖をまぶした揚げパンをねだっている。どうやら朝食だけでは足りなかったらしく母親は仕方なく買い与えている。あの老夫婦は昨日も見た。毎日散歩するのが日課のようだ。眉間にしわを寄せた男性が教会へ向かう。慣れた手付きで野菜の入った箱を片付ける商人。兄の持った食材の入った重そうな袋を自分も手伝うと言う妹。
 日常のために剣を……自分を使うことを。ヴェルグリーズは惜しまないだろう。

成否

成功


第1章 第6節

皿倉 咲良(p3p009816)
正義の味方

「アタシの好きな場所? そうだなー、学校だね!」
 『正義の味方(自称)』皿倉 咲良(p3p009816)が元気よく答える。ウォーカーである彼女の元いた世界の学校が彼女は好きだった。
「うーんとね、学校はアタシにとっての思い出の場所なんだけどー」
 当時を思い出すだけで咲良は自然と笑みがこぼれた。
「そこで勉強したり、ご飯を食べたり、勉強が終わったら自分たちのやりたいことを思いっきりやるの!」
 両手を広げる咲良。勉強は楽ではなかったが、彼女にとって友人と過ごす自由時間が何よりも大切だった。

「あとはね、屋上から夕陽に向かって叫ぶの」
──ずっと友達だよー!
 咲良はそう叫んだ。友人もそれに答える。
──じーちゃんばーちゃんになってもねー!
「そんな感じ」

「あの時はほんとに楽しかったな。まぁ、今でも楽しいんだけどね!」
 ちからいっぱい叫んだあと、帰路の途中コンビニに寄りグレープ味のサイダーとチョコの入ったパイのお菓子を買う。だけど隣の季節限定のレモン味のラングドシャも気になる。
──じゃあ私はこっち買うから。咲良、半分こしよ!
 二人でお菓子も幸せも分かち合って。
 咲良はずっと楽しそうに語っている。だが今すぐには友人に会えないのだ。それを思い出すと。
「……あの子、元気にしてるかなぁ」
 咲良の表情に寂しそうな感情がにじんだ。

成否

成功


第1章 第7節

ロジャーズ=L=ナイア(p3p000569)
同一奇譚

「私──我等『物語』の好きな場所、景色か」
 女性の形をした影……『同一奇譚』オラボナ=ヒールド=テゴス(p3p000569)が声を発する。
「成程、本の中の本、重ねて本と見出せば奇妙さは増すばかりか」
 彼女。いや彼等は思考する。入れ子構造の本にも興味があるがまずは場所や景色だ。
──それは
「我等『物語』が存在していた『本棚の隅』だ」
 書庫や図書館が好きなのか? と問われればそうではない。
「嗚呼、人間の視点ではない。何故ならば我等『物語』は同一奇譚、本そのもの故。埃に塗れるのも時には味わい深く、徐々に黄ばみに苛まれるのも我等『物語』らしかった」
 それもまた物語らしくはあった。だが、
「戯れに背を撫でられ、頁を捲られない擽ったさは悪寒の極みとも言えよう」
 彼等はそれを良しとしなかった。物語は他者に認識されて初めて物語として成立する。ならば認識されない物語は生まれる以前の羊水の胎児……いやそれ以前なのかもしれない。
「さて──そんな我等『物語』も今では私だ。一個体、人間として認識されている。全くが愉快で混沌として在ると思わないか」
──Nyahahahaha!!!
 オラボナが嗤う。彼等が形を持って認識されている。だがしかし、君の認識している『ソレ』は正しいのだろうか?
「チラついたブックエンドがひどく冷たく、心地好くてたまらないのだよ!」
 楽しい愉しい娯しい悦しい。オラボナの口が弧を描くように嗤う。

成否

成功


第1章 第8節

ノア=サス=ネクリム(p3p009625)
春色の砲撃

 『期待できない旅人』ノア=サス=ネクリム(p3p009625)は唇に人差し指を当てしばらく思案していた。
「私の好きな場所、ね……?……考えてるうちにふと、思い出したのよ。私が元いた世界のこと」
 街の印象は練達に近かった。実態は魔法と科学の融合した幻想と未来の都市だった。
「夜中になればそれはもう、綺麗だったわ」
 心臓が鼓動を刻むようにネオンのような光が明滅して街を照らす。魔法による光が人々の営みを照らしていた。
「街そのものが生きているようで、眺めていて飽きることはなかったわね」
 魔法も科学もどちらも高度に発展し素人目には見分けがつかないくらいだ。血のように流動する人々。建物の背骨は天にまで届きそうで。眠ることを知らない街。

 だが街の光はあまりにもまぶしすぎた。それにくらんで見えなくなったものもあったのだとノアは気付いた。空に浮かぶ星々だ。
「空に光る綺麗な星は私のいた世界じゃ多分見えない」
 今にも消えそうな太古のまたたき。優しい光にノアは胸を打たれた。
「私はこの星空が綺麗に見える場所が好き」
 先へ先へ。前へ前へ。もっと高く。そんな街だった。だけど振り返ってみればすぐ足元にもそれはある。混沌へ召喚されなければきっと気付かなかったこと。彼女に新たな願いが生まれ落ちた。
「元の世界でもそんな場所を作りたいのよ」

成否

成功


第1章 第9節

古木・文(p3p001262)
結切

 『想心インク』古木・文(p3p001262)はシュンに対して興味を抱いていた。彼の人生について文の好奇心は刺激された。彼の選ぶ未来が少しでも良いものになればと。
「僕の話が参考になるかは分からないけれど、今日はお喋りしたい気分だし。少しの間、付き合ってくれると嬉しいな」

「僕が好きな場所は海かな」
 文は楽しそうに、だが穏やかに語る。
「忙しい時の息抜きに、ボーっと潮風に当たりに行くんだ」
 文はローレットに所属するイレギュラーズだ。さらに混沌にあるとある店──アルトバ文具店。彼はそこでも働いている。最近では文練達の希望ヶ浜学園では古典教師も勤めている。不思議と予定は重なるものでそれらを同時にこなさないといけない時もある。仕事を終えた文が文具店の椅子に座り、眼鏡を外し目頭を揉む。こういう時にこそふさわしい場所だった。
「ずっと山の中や平地のような……海とは縁遠い場所で暮らしていたから」
 一冊本を選び、海沿いの松原へ。お気に入りのベンチに腰掛け海風を感じながら本を読む。松林を抜けると果てのない海が広がっている。寄せては返す波のそばに光るものを見つける。ガラスだ。カドはまるく削られ、色はうすいアイスグリーン。水平線に夕日が沈む。深い藍色のインクをたらしたような空に変わる。その頃には活気のある港町の光が宝石のようだった。
「もしかしたら海に憧れていたのかもしれないねぇ」

成否

成功


第1章 第10節

シャルロッテ・ナックル(p3p009744)
ラド・バウB級闘士

「ワタクシの好きな景色ですって?」
 鈴が鳴るような可憐な声音。リボンを添えた白いブラウス。コルセットに黒い上品なスカート。彼女を一目見た人はどこぞのご令嬢かと思うだろう。混沌の平均的な人間種の女性よりもいささか大きく威圧感がある。何しろ『青白い令嬢』シャルロッテ・ナックル(p3p009744)は250cmあるのだから。
「それは勿論、ゼシュテル鉄帝国にある大闘技場ラド・バウですわね!」
 シャルロッテはそう即答した。
「血肉を削り合う激戦、湧き立つ歓声、お祭り特有の香り」
 興奮気味に語るシャルロッテは握る拳にも力が入る。
「えぇ、えぇ! 実に素敵な場所でしてよ!」
 相手の素早い蹴りが自分の頬や服を裂く。次に必殺の一撃をまともに食らえば自分はただでは済まないだろう。
──そうでなくては!
 シャルロッテは地面を蹴り特攻ををかける。

「そして何よりも素晴らしいのは……相手に勝った瞬間です」
 地に伏す対戦者。ぴくりとも動かず、医療班が手早く担架で運ぶ。シャルロッテは唇に付いた返り血を舐める。一呼吸遅れて客席の歓声がひときわ大きくなった。
──シャルロッテ! シャルロッテ!
 体はきしみ、まだ鼓動が速い。勝利への達成感。浴びるほどの賞賛。それらは何者にも勝る絶景だった。
「疲労や苦痛も一瞬で吹っ飛びますわよ! 思い出すだけで身体が火照ってきてしまいましたわ……うふふ!」

成否

成功


第1章 第11節

橋場・ステラ(p3p008617)
夜を裂く星

「好きな場所、ですか……」
 『花盾』橋場・ステラ(p3p008617)は考えを巡らせる。
「拙はウォーカーですので……元居た世界、母様達の居る家は勿論入りますね」
 彼女の一人称は少し時代がかかったものだ。異世界からの渡航者であるステラは懐かしく思った。

 少し憂いを帯びた、かと思いきや一転して花開くように明るく答えた。
「此方に召喚されてからだと、色々ありますけれど。やはり豊穣に頂いた拙の領地、ですね!」
 海も近く魚介も豊富で美味。補佐官や領民の皆もいい人ばかりだとステラは思っていた。焼き魚に煮魚にフライにお刺身に……。ローレットの依頼後に領地へ帰ると皆笑顔で「おかえり」と迎えてくれる。そうすると自然に自分も笑顔になり「ただいまです!」と返せる。
 「最近だとウォーカーの方をお迎えしたりして、領主館も少し賑やかになりました」
 ウォーカーの少女たちを迎え、練兵場はにぎやかになった。剣、槍、弓、斧などはもちろん銃などの扱いの訓練もしている。
「そんな落ち着ける大事な場所の一つ、ですね」
 戦いでは勇ましい彼女が年ごろらしくふわりと笑った。
「……元々学生みたいな物でしたから、領主の仕事は中々慣れなくて大変ですけれど、ね」
 領主なのだから仕事には事欠かない。多忙を極めるステラは一瞬濁った様な遠い目をした。

成否

成功


第1章 第12節

「何気ない日常から……特別な非日常。故郷の景色や、ありえなかった景色まで……。色々あるんだな」
 シュンは頷いていた。
「……気になったことがあって」
 シュンが提案する。
「今まで見た中で一番綺麗な景色。とか。それが気になる」
 友好関係と呼べるか怪しいものではあるが、自分の見知った中では
──夏の花火が綺麗だとか。
──ライブの自分のアイドルがいる景色が最高だったとか。
──山頂から眺めるのは絶景だとか。
 そういう話を聞いたことがある。花火は見たことがあるがシュンの心が震えることはなかった。
「だから。参考までに聞きたくて」

PAGETOPPAGEBOTTOM