PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<コレクトル>剥製美食学

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●『剥製』
 最近、特異運命座標と言うコトバを知った。
 颯爽と現れては世界の危機を救う、英雄みたいなヒトたち。
 あーー。いいなーー欲しいなーー。
 そのヒトたち、欲ッしいなーー。
 欲しい。ほしいほしい欲しい。
 彼、彼女、其れがどうしても何としてでも欲しい。
 世の摂理など構うものか。
 数多の愛憎交々を胎に抱いた、純粋で狡猾な異世界の生きモノなど愛するに決まってる。美しいに決まってる。欲しいに決まってる。
 三叉神経を櫛で解かし、体性神経を愛で溶かし、喜怒哀楽を塩で咀嚼し、全部全部キレイに鞣してあげたい。
 固定化した皮膚に頬擦りして、磨いた内臓を肋骨に詰めこんだ、宝箱みたいな玩具にしてあげたい。
 綺麗な鳥籠に首だけつめて、全てのリストランテに並べるなんて、いひひ、考えただけで興奮する。
 イレギュラーズ。
 こんなにこんなに剥ぎたいと思わせるなんて、本当に本当に悪い人たち。
 大抵、英雄は世界のピンチに現れる。
 だから私、今日から世界の敵になるね?
 そうすればきっと私に気がついてくれるよね?
 会いに来てくれるといいな。
 いひ。いひひ。いひひひひひ!!

「……というノリで崩壊しつつあると思います、この世界」
 ごうんと座っているソファが揺れて、数人のお尻が浮いた。
 絶海の孤島、アルカモトラズ監獄の最下層。
 深海に位置する応接室には身なりの良い夫婦と少女が座っている。足元にはダークブルーのスーツを着たテリア犬と水槽に入ったアサリ(二枚貝)。少し離れた場所では首の無い老婦人が編み物をしていた。
 一見普通の幸せ家族に見える彼らはコレクターと呼ばれる世界の異端であり、隠者である。

「剥製、あれが世界の異変を引き起こしているのは間違いないでしょう。彼女に正攻法は通じない。アレでも最強のコレクターですから。会うにせよ、戦うにせよ、まずは弱らせて我々のフィールドまで落とす必要があります」
 物腰の柔らかい男性はこのアルカモトラズ監獄を治める犯罪蒐集家だ。
 剥製のもとに行くツテがあると言って世界崩壊対策部を立ち上げた彼は、凄く……すごーく笑顔だった。
「私たちの蒐集品になってくれませんか?」
 おっとりした金髪の女性はそう言って、囚人番号の刻まれた首輪を取り出した。

●vs犯罪者
「執着の強い蒐集家ほど、他の物に目がいきません。そして剥製さん……彼女の『目』はいま『世界を助ける英雄』を探しています。みなさんに『犯罪者』というラベルを貼れば、少しの間、監視を誤魔化せるはずです」
 その間に彼女の蒐集品を減らして力を削ぎますと、境界案内人TECは言った。
「犯罪蒐集家のパパさんママさんも凄いコレクターなので油断は出来ませんが……あのご夫婦は一人娘のリトルレディちゃんを溺愛しています。その娘さんがイレギュラーズの大ファンなので、本当に蒐集されちゃうことは無いと思います。多分!」
 実に力強い多分である。
「コレクターの強さは蒐集品の多さや貴重さで決まります。先ずは剥製さんが人間界で経営しているリストランテに潜入して、可能なら蒐集品を奪ってきてください」
 ところで何でサングラスと黒スーツなの? と誰かが聞いた。
 頬を赤らめながら、変装ですと彼女は答えた。

NMコメント

こんにちは、駒米と申します。
今回は三章構成のラリーノベルを予定しています。

●目標
世界崩壊を止める
『剥製』を弱体化させる

第一章:準備
できることは二つ。
1.剥製が経営する地下リストランテに潜入し、彼女の蒐集品をうばう(敵へのデバフ効果)
2.犯罪蒐集家に自白をして犯罪蒐集箱を充実させる(味方全体へのバフ効果)

また、味方NPCへ蒐集物を渡すと当シナリオ限定の特殊効果を得ることができます。
できることは三つだった。

第二章:剥製と戦闘。
第三章:二章の結果で変化。

●世界観
前回、境界世界『コレクトル(仮称)』を調査した結果、以下の事が判明しました。

敵NPC
【剥製蒐集家】

味方NPC
【境界案内人】TEC
【毒香蒐集家】レディ・ネヴァン(お婆ちゃん)
【稀覯本蒐集家】ローバー・メール・ロワ(アサリのお姉さん)
【絵画蒐集家】パルナスム博士(テリア犬のお爺ちゃん)
【犯罪蒐集家】レイディアンス家(パパとママとリトルレディ)

●舞台
第一エリア【人間界】
禁酒法時代のアメリカによく似た、欲望渦巻く暗黒街です。美食家が集まると云う噂の4つのリストランテ、いずれかに潜入できます。

『トロメーア』鳥籠に入った大きなカラスの首が飾られている。
『カイーナ』シルクハットをかぶった胴の長い子犬が鎖で繋がれている。
『アンテノーラ』店の中心に蝙蝠の氷像が飾られている。
『ジュデッカ』人骨でダシがとられている。

  • <コレクトル>剥製美食学完了
  • NM名駒米
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2021年04月08日 15時40分
  • 章数3章
  • 総採用数18人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

ルブラット・メルクライン(p3p009557)
61分目の針

● Confessio ルブラット・メルクライン(犯罪番号p3p009557)

「待ちたまえ。私が跪くのは神の御前だけだ」
 敬虔な信仰者は柔らかな口調で静止をかけた。
 滑らかに首を横に振る優美な姿は春風に揺れる鈴蘭の白を思わせる。
「だからその首輪を下ろすんだ……」
「白い首輪もありますよ?」
「承服しかねる」
 絶対NOと両手で表現する彼は、まるで猛獣使いのようでもあった。

「ともあれ、罪を語ればいいのか?」 
 彼は虚空を見上げ隠された眼を遠い記憶へと向ける。
「では私が初めて殺意を以て人を殺めた時の話をしよう」
 紅茶を飲み干すようにあっさりと、ルブラットは己の殺人を口にした。
「私はとある男を殺さねばならなかった。望む望まないに関わらず、ね。震える手で彼の薬に毒を零し入れたさ」
 赤子を取り上げるように持ち上げられた掌には何も無い。
「しかし彼が苦しみ悶え、血を吐く姿を見下ろした時、私は胸の高鳴りを感じた。
 そして、確信に近い感情が私を衝き動かした!」

 我、真理を見出せり!
 仄暗い熱が快哉を叫び、自我の再誕を祝福した。

「あの時の胸を充たす感覚を繰り返すためだけに、ずっとずっと、血塗られた道を歩み続けている。結局、只の救い難い悪人がこの私というわけだ」
「素敵ね」
 告白に聞き入っていた犯罪蒐集家は告げた。
「まるで花みたいな犯罪」 

●ルブラットの犯罪が『永続毒:アルキメデスの小筥』として具現しました。
 

成否

成功


第1章 第2節

寒櫻院・史之(p3p002233)
若木

● Confessio  秋宮・史之(犯罪番号p3p002233)
「はじめまして、レイディアンスの皆さん。あなたがたのコレクションに連続殺人鬼なんていかがだろう」
 進み出たのは犯罪とはまるで無縁という面立ちの青年だった。
「それはお知り合いの話ですか? 我々は当人の自白しか受けとれませんが」
 困ったように眉を下げた当主の後ろで首無し老婆が編み物の手を止めている。
 史之は変わらず、若木のように初々しい笑みのまま自白した。
 連続殺人鬼は俺のことだよ、と。
 
「初めて人を手にかけたのは天義での依頼だった」
 心地よい雨だれのように軽やかに、言葉が、罪が紡がれる。
「正しいならば殺しても良いとささやかれたけれど俺はそれを拒否した。殺人はれっきとした悪徳だ。信念のもとに行われようと依頼として受けようとそれは変わらない」
 穏やかな顔で死の重みを抱く青年。
「だけどね世の中きれいごとじゃすまないんだ」
 命を金と打算の天秤に乗せ、誰かが願った死を叶える。そんなクズであるのだと自罰的に笑った。
「罪の意識はあるけれどもう慣れちゃった。これからも俺は人を殺し続けて」
 浮かべた無垢な笑みは仮面か本心か。
「何も知らないふりをして愛しい人と手をつなぐよ」
 それとも、自分でも分からないほど壊れつつあるのか。
 蒐集家は頬を染める。
「破滅的に美しい犯罪ね」

●史之の犯罪により『再誕不能状態:輪廻転生の自殺』を得ました。

成否

成功


第1章 第3節

ポシェティケト・フルートゥフル(p3p001802)
謡うナーサリーライム
イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
春の約束

「パルナスム博士、スーツ姿がとっても可愛い! お洒落!」
「良い抱き夢気分」
「俺、博士の絵を描きたいな。ビューンってね、空を飛んでいるところ」
「それは恰好良いねぇ、どうぞどうぞ」
「あと、なでなでは許されますか?」
「許されます……」
「あなた、『ひかりのまち』を描いたの?」
「うん、そうだよ」
「因みに小生が絵本を編纂出版しましたドヤァ」
「アナタ達。何を、やって、いるのですか?」
 ふわふわと空気に舞っていたお花を氷点下の声が叩き落した。
「ネヴァンおばあちゃ……レディ・ネヴァン!」
「怖いもの無しか!」
 ふわりとした笑顔を見た数人が戦慄する。
「またお会いできて嬉しいです。首を取り戻したら貴女の絵も描きたいな」
「程々に励みなさい」
 パルナスムを抱えたイーハトーヴ・アーケイディアンは老婦人に深々と頭を下げた。

「テック。この変装、しっぽが少し窮屈なのだけど……似合ってる?」
「とてもお似合いです!」
 音を立てカーテンが開いた。
 長い銀髪はポニーテールに。黒のスーツとXと刻まれた首輪が白い首に映える。
 サングラスをかけたポシェティケト・フルートゥフルは微笑みから一転、引き締まった表情を向けた。
「コードネーム、ビッグディア。準備完了です」
「おぉ~!」
 一同が拍手をする中、金髪が飛び出した。
「ポシェティケト!」
「リトル・レディ、ここはあなたたちの世界と繋がっていたのね」
 突撃少女を受け止めポシェティケトはサングラスを額に乗せた。
「パルナスム博士も、とってもお久しぶりです。それから稀覯本のローバーお姉さま、お会いできて嬉しいわ」
「小生もさ!」
「では『カイーナ』への潜入について話そう。ビッグディア君は標的の確保。ドールメイカー君はサポートだ」
「ドール? それって俺のこと?」
「うん。あと絵を描いて欲しいな……」
「それなら任せて!」
 見上げる博士にイーハトーヴは拳を握って見せた。
「では、これより作戦名『胴長の犬』を開始する!」


「この子も蒐集品かしら」
 白銀と緑の大小。その二人組は夜空から雪が降るように店先へと現れた。
 大きなサングラスをかけた背の高い彼女は変わり者のセレブか俳優だろうと守衛は見当をつけた。
 付き人と犬を連れた客は大抵そうである。
「イエス、マム」
「うちの子と遊ばせても?」
 微笑む淑女の腕にはつぶらな瞳の胴の長い犬が抱えられている。
 屈強な守衛は鎖に繋がれたシルクハットのコーギー犬を見下ろし頷いた。
 守衛の死角で怪盗は手早く画用紙を広げた。
 そこには鎖に繋がれた犬と瓜二つの光景が描かれている。絵の中の犬が画用紙から抜けだし、代わりに現実の犬が紙の中へ吸い込まれた。
「ターゲットの確保に成功よ」
『やった!』
 インカム越しの歓声の中、くるりと丸めた画用紙をスーツに忍ばせた。

●イーハトーヴの絵画が『幸運上昇:物言わぬ詩』を発生させました。
●ポシェティケトが『グラドゥス三世』を収奪しました!

成否

成功


第1章 第4節

寒櫻院・史之(p3p002233)
若木

 例えるなら納骨堂か、地下墓所。
 カスタードクリーム色の骨で埋め尽くされた店内を蝋燭の灯が照らしている。
「『骨付き肉』のスープを頼むよ」
 黒猫のように現れた眼鏡の青年は、異端な店の中では普通と言う名の異質であった。
 悪趣味なインテリアに動じる事もなく、どこか楽しげに椅子に座っている。
「どんな味だろう。まあ人外はよく人間を襲って食べてるから意外とおいしいんだろうな」
 純粋な口ぶりで『あまりにジュデッカらしい』注文をするものだから、歴戦のウェイターもこの客をどう取り扱うべきなのか困惑していた。
 メニュー表の文字をなぞっていた緋色の瞳が上目で愛想良く笑う。
「人骨のダシはね、俺も興味あるんだ。こう見えて料理好きだからね」
 その首には連続殺人鬼である事を示す首輪が付けられていた。

 清潔なテーブルクロスと磨かれた銀のスプーン。供された白いスープ皿には琥珀色の液体と左手の骨。
 骨を店外へ持ち出すと呪われる、との忠告通り史之は手ぶらで店を出た。
 意外というか予想通りと言うか。
 チキンスープに似てたなとの感想と共に、光の射しこまない裏路地の奥へと身を滑らせる。
 ペロリと出した舌の上には白い小指の骨。飴玉ほどのそれをハンカチに包みながら史之は小さく笑った。
「かわいいあの子がおいしそうに見える呪いにかかりませんように」
 その願いはもう、手遅れかもしれないが。

●秋宮・史之が『剥製の骨』を入手しました。

成否

成功


第1章 第5節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
春の約束

「まさかこの俺を出迎えられないとは言わねえよな?」
 悪魔のように響く声。不健康な肌に刻まれた眼下の隈からは、威圧感と共に濃い死の匂いがしていた。
 葡萄色のストールに深く目元を覆う黒のホイブルグハット。開いたペイズリー柄の胸襟シャツからは浮いた鎖骨が覗いている。
 漆黒の外套をマントのように肩に羽織り、メイド姿の少女と銀のアタッシェケースを携えた其の不吉な男は、影のように『トロメーア』へ訪れた。
 つまらなそうに食事に手をつけていたが、舞台上に鳥籠に入った鴉の首が上がると指を鳴らしてウェイターを呼びつけ嗤う。
「おい、あのカラスが気に入った。話の出来る奴を呼べ」
「しかしですね……」
「早くしろ!」
 蹴られた机が音を立て床を擦り、程なくして現れた支配人は生贄羊のように怯えていた。
「あれは幾らだ?」
 開いたアタッシェケースの中には翠色の札束が敷き詰められている。金にがめつい支配人の喉がごくりと鳴った。
「取って来い」
「了解、マスター」
「ちょっと!」
 鳥籠を抱えた少女に守衛が手を伸ばした瞬間、その巨体が吹き飛んだ。
「連れに手ェ出すんじゃねえよ」
 見開かれた飢えた狼の眼光に、店内は墓場のように鎮まり返った。

作戦名:怖いギャングによるゴリ押し奪還
主演:イーハトーヴ・アーケイディアン
資金源:皆のおこづかい
Q.誰も止めなかったの?
A.むしろノリノリでした。

●イーハトーヴが『ネヴァンの頭部』を奪還しました。

成否

成功


第1章 第6節

ポシェティケト・フルートゥフル(p3p001802)
謡うナーサリーライム

 お喋りな『アンテノーラ』に沈黙が訪れるとは! 支配人は喜んで客人を迎え入れた。

 宝石のチョーカーとイヤリングを付けた其の女性は、薔薇模様のベールで目元を隠していた。
 アンティークドレスに夜帳色の帽子を斜めにかぶり、織り重なったモスリンの中に纏められた銀糸の髪は巫女や少女を思わせた。否。少女というのは印象で林檎飴のように艶やかな唇の紅と神秘的な香水を纏う姿は貴婦人と呼ぶに相応しい。
 片手にボンネット帽子の少女の掌、もう片手には巨大な旅行鞄の手綱が握られている。席へと案内される彼女たちが蝙蝠の氷像の前を通ると、残り香りのように癒しの緑光が煌めいた。

「これはプランBね」
 氷像に変化無し。
 ポシェティケトは壁に並んだ立派な鹿首の剥製を見上げ、小さく首を振った。
「鹿が鹿の姿で大暴れをしますから、その隙にテックは蝙蝠の氷像を魔法のトランクに隠して奪取してちょうだいな」
「肯定。迅速に退避後、リトルさんのお家で合流ですね?」
「そうよ。クララは援護をお願いね」
 普段より光量を抑え目にした金色が深く瞬く。
「でも、その前に」
 アーティチョークのマリネ。トマトのブルスケッタ。アスパラガスと生花のサラダ、レモンソースがけ。
 食卓と皿を前にした二人と一匹は背筋を正す。
「「いただきます」」
 その日、巨大な白鹿の呪いがリストランテを壊滅させたという都市伝説が生まれた。

●ポシェティケトが『BAT』を奪還しました。


成否

成功


第1章 第7節

 ――情報を更新します。

登録:『アルキメデスの小筥』
 全ての味方ユニットに毒属性が付与されます。

登録:『輪廻転生の自殺』
 全ての敵ユニットの復元行動を阻害します。

登録:『物言わぬ詩』
 全ての味方ユニットの幸運が上昇します。

更新:『グラドゥス三世』
 絵画蒐集箱からの支援 回避・防御200%上昇。

更新:『ネヴァンの頭部』
 毒香水蒐集箱からの支援 回復・攻撃260%上昇。

更新:『BAT』
 仮称世界<コレクトル>が正式名称<コバルトレクト 蒼の車輪>に上書きされました。
 特異運命座標への支援を開始します。

素材『剥製の骨』を使用。
 入手した物質情報を元に肉体を再構成……成功。
 登録名:剥製収集家『マーレボルジェ』の物質化に成功しました。  
 剥製蒐集箱の具現化に成功、これより犯罪蒐集箱と部分接続します。

 ――どうぞ、ご武運を。

PAGETOPPAGEBOTTOM