PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<コレクトル>剥製美食学

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●『剥製』
 最近、特異運命座標と言うコトバを知った。
 颯爽と現れては世界の危機を救う、英雄みたいなヒトたち。
 あーー。いいなーー欲しいなーー。
 そのヒトたち、欲ッしいなーー。
 欲しい。ほしいほしい欲しい。
 彼、彼女、其れがどうしても何としてでも欲しい。
 世の摂理など構うものか。
 数多の愛憎交々を胎に抱いた、純粋で狡猾な異世界の生きモノなど愛するに決まってる。美しいに決まってる。欲しいに決まってる。
 三叉神経を櫛で解かし、体性神経を愛で溶かし、喜怒哀楽を塩で咀嚼し、全部全部キレイに鞣してあげたい。
 固定化した皮膚に頬擦りして、磨いた内臓を肋骨に詰めこんだ、宝箱みたいな玩具にしてあげたい。
 綺麗な鳥籠に首だけつめて、全てのリストランテに並べるなんて、いひひ、考えただけで興奮する。
 イレギュラーズ。
 こんなにこんなに剥ぎたいと思わせるなんて、本当に本当に悪い人たち。
 大抵、英雄は世界のピンチに現れる。
 だから私、今日から世界の敵になるね?
 そうすればきっと私に気がついてくれるよね?
 会いに来てくれるといいな。
 いひ。いひひ。いひひひひひ!!

「……というノリで崩壊しつつあると思います、この世界」
 ごうんと座っているソファが揺れて、数人のお尻が浮いた。
 絶海の孤島、アルカモトラズ監獄の最下層。
 深海に位置する応接室には身なりの良い夫婦と少女が座っている。足元にはダークブルーのスーツを着たテリア犬と水槽に入ったアサリ(二枚貝)。少し離れた場所では首の無い老婦人が編み物をしていた。
 一見普通の幸せ家族に見える彼らはコレクターと呼ばれる世界の異端であり、隠者である。

「剥製、あれが世界の異変を引き起こしているのは間違いないでしょう。彼女に正攻法は通じない。アレでも最強のコレクターですから。会うにせよ、戦うにせよ、まずは弱らせて我々のフィールドまで落とす必要があります」
 物腰の柔らかい男性はこのアルカモトラズ監獄を治める犯罪蒐集家だ。
 剥製のもとに行くツテがあると言って世界崩壊対策部を立ち上げた彼は、凄く……すごーく笑顔だった。
「私たちの蒐集品になってくれませんか?」
 おっとりした金髪の女性はそう言って、囚人番号の刻まれた首輪を取り出した。

●vs犯罪者
「執着の強い蒐集家ほど、他の物に目がいきません。そして剥製さん……彼女の『目』はいま『世界を助ける英雄』を探しています。みなさんに『犯罪者』というラベルを貼れば、少しの間、監視を誤魔化せるはずです」
 その間に彼女の蒐集品を減らして力を削ぎますと、境界案内人TECは言った。
「犯罪蒐集家のパパさんママさんも凄いコレクターなので油断は出来ませんが……あのご夫婦は一人娘のリトルレディちゃんを溺愛しています。その娘さんがイレギュラーズの大ファンなので、本当に蒐集されちゃうことは無いと思います。多分!」
 実に力強い多分である。
「コレクターの強さは蒐集品の多さや貴重さで決まります。先ずは剥製さんが人間界で経営しているリストランテに潜入して、可能なら蒐集品を奪ってきてください」
 ところで何でサングラスと黒スーツなの? と誰かが聞いた。
 頬を赤らめながら、変装ですと彼女は答えた。

NMコメント

こんにちは、駒米と申します。
今回は三章構成のラリーノベルを予定しています。

●目標
世界崩壊を止める
『剥製』を弱体化させる

第一章:準備
できることは二つ。
1.剥製が経営する地下リストランテに潜入し、彼女の蒐集品をうばう(敵へのデバフ効果)
2.犯罪蒐集家に自白をして犯罪蒐集箱を充実させる(味方全体へのバフ効果)

また、味方NPCへ蒐集物を渡すと当シナリオ限定の特殊効果を得ることができます。
できることは三つだった。

第二章:剥製と戦闘。
第三章:二章の結果で変化。

●世界観
前回、境界世界『コレクトル(仮称)』を調査した結果、以下の事が判明しました。

敵NPC
【剥製蒐集家】

味方NPC
【境界案内人】TEC
【毒香蒐集家】レディ・ネヴァン(お婆ちゃん)
【稀覯本蒐集家】ローバー・メール・ロワ(アサリのお姉さん)
【絵画蒐集家】パルナスム博士(テリア犬のお爺ちゃん)
【犯罪蒐集家】レイディアンス家(パパとママとリトルレディ)

●舞台
第一エリア【人間界】
禁酒法時代のアメリカによく似た、欲望渦巻く暗黒街です。美食家が集まると云う噂の4つのリストランテ、いずれかに潜入できます。

『トロメーア』鳥籠に入った大きなカラスの首が飾られている。
『カイーナ』シルクハットをかぶった胴の長い子犬が鎖で繋がれている。
『アンテノーラ』店の中心に蝙蝠の氷像が飾られている。
『ジュデッカ』人骨でダシがとられている。

  • <コレクトル>剥製美食学完了
  • NM名駒米
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2021年04月08日 15時40分
  • 章数3章
  • 総採用数18人
  • 参加費50RC

第2章

第2章 第1節


「いやァァァァl!!」
 ガラスが割れる。皿が割れる。
 銀のメスとフォークは割れずにキャラキャラと床を転がった。
「世界の名は棄てたはず! 肉体は隠したはず! どうして!? なぜ私が再構成される!?」
 案山子のような娘は慟哭する。
「感触なぞ、忌まわしい! 感情なぞ、悍ましい!! 執着以外は何も必要ないというのに何故弱体化した? 他の蒐集家の仕業か? いいや、違う。奴らのようなエゴの塊が自発的に動く事はない。ならば誰だ? 誰の仕業だ?」
 ガラス玉で出来た目が世界を見下ろした。
 誰だ。誰がやった。この犯罪者め。生きたまま臓腑を加工して愛で殺してやる。永遠に肉を剥いで食材として提供してやる。
 でも、盗んだ私の蒐集物はどれも超お気に入りだったので趣味は滅茶苦茶合う気がする。首だけ寝室に置いとこう。
「私の、私の邪魔を、私の逢瀬を邪魔をする者は……邪魔する者は……あららら?」
 そこで剥製収集家『マーレボルジェ』は気がついた。

 邪魔する者=私の敵=それってイレギュラーズでは?

「やだ!! 早く言ってよ!!」
 少女は素早くタキシードを纏うと、藁のような髪を三つ編みにする。
「それって超素敵じゃない! わざわざ剥製になりに来てくれるなんて、これって愛ね。超愛」
 二度と赤くなることも無い、死んだ皮膚に両手を添えて身をよじる。
「お礼に永遠の命を与えてあげる! 死ぬ事も生きる事も無く私の蒐集物に超なってね!!」
 

「ってテンションで待ち構えていると思うんですよ」
「方法は何でも良いので弱らせてください。遠慮してると生きたまま剥製にされますのでお気をつけて」
 レイディアンス夫妻が巨大な扉を示した。
 実際、悲鳴に近い歓声やら怒号やら分厚い扉の向こうから聞こえてくるのだから間違いないだろう。
 壁紙やカーペットまで緋色で統一された屋敷の廊下には生き物の剥製がみっしりと並んでいる。
「彼女は無駄なお喋りが好きなようですから、話しかけて攻撃がおろそかになった隙に全力攻撃を叩き込めば良いのです」
「それ、ちょっとズル……何でもありません」


第2章 第2節

●第零階梯
「ようやく会えたわ、イレギュラーズ! 御免なさいね。貴方たちのこと、清廉潔白な素材だと勘違いしちゃった。でも会えたのだから私達は運命で結ばれているのよ」

 扉を開けると、黒いタキシード姿の剥製が動いた。
 興奮した声色に対して防腐処理が施された少女の顔色が変わる事はない。案山子のような、道化師のような、カクカクとした動きと表情で入室者たちを見上げている。
 彼女の後ろには剥製を素材にした壊れた家具が積み上げられていた。悲しげな目をしたガラス玉がコロコロと転がり、爪先に当たって止まる。

「そこの有象無象共と無駄な足掻きをしてきたのかもしれないけど、無意味だったと教えてあげる」

 剥製蒐集家が奇妙に笑うと、廊下の薔薇窓がグロテスクな色彩に染まった。滲み出した緋の色が監獄の床を侵し、踏みしめていた絨毯が砂のように脆く崩れていく。

「地獄へ招待するわ。私の可愛い、新しい蒐集品たち! 蒐集箱の中で狂ったお喋りを永遠にしましょうね」


第2章 第3節

ルブラット・メルクライン(p3p009557)
61分目の針

●第一階梯
 暗闇だ。
 壊れた獣の剥製と人間の残骸が調度品のように飾られている。
 豪華な屋敷に無人の食卓。蜘蛛の巣がはった三枝の燭台はいつか見た繁栄の成れの果てを思わせた。
「やあ。貴方の目には私がどう映っているのかな?」
「身体も精神も、全てを暴きたいくらい魅力的なカテゴリーに属しているわ。ルブラット・メルクライン」
 百合のような蓄音器がキイキイと耳障りな悲鳴をたて、壊れた黒い円盤を再生する。
 白き知識人に誘われるまま、剥製はそのたおやかな手を取った。
 寄り添う狂った円舞を見守るのは、壁に飾られた生首達の眼球だ。
「ここに来るまでに貴方の蒐集品を見させてもらった。私欲の儘に生きるのは楽しいだろう?」
「ええ。軽蔑した?」
「なに、私も同じだ。神の罰が下るその日まで、お互い愉快に生きようじゃないか」
 楽しく囀るように鳥の仮面が喉を鳴らす。
「だが、永遠の命……とは馬鹿らしい」
「どうして?」
「存在するはずが無いからだ。それに生と死が移り変わり、全てが無に帰する数瞬にこそ、その者の魂の本質が表れるのではないか? 最も尊ぶべき人生の発露を見ず、籠の中で飼い続けるのは惜しいことだと思う」
「時間(クロノス)よりも機時(カイロス)に悦を見出すのね」
 耳元の囁きに合わせ、果実を抉る音が刃先を濡らす。背にナイフを生やした少女は不機嫌そうに笑った。
「いひ。私と踊りながら神への愛を囁くだなんて酷い人。嫉妬しちゃう」

成否

成功


第2章 第4節

ポシェティケト・フルートゥフル(p3p001802)
謡うナーサリーライム

●第ニ階梯 
「あらあらあら」
 森の中に立つ蒐集家は首を傾げた。
「私の蒐集箱はどこかしら」
 終わりの見えない白霧の中、聳える巨木の影はまるで灰色の檻のよう。
「ごきげんよう、それから勝手にお邪魔します」
 小高い丘の上にはガーデンテーブルが一つに椅子が三脚。大きな乳白色の影とラベンダー色のトランク。鹿の創った箱庭のお茶会には客人が必要で、招かれたのはマーレボルジェの方だった。
「ポシェティケト・フルートゥフル。人の形をとる白い鹿だなんて、嗚呼、信じられない!」
「そう言うあなたは、剥製のマーレボルジェね」
 椅子に座る鹿はトランクからティーセットを取り出した。
「ね、恐ろしいあなた。ワタシ達とお茶会をしませんか。お茶会の話題はそうねえ。あなたのお気に入り、たくさん『譲って』もらったお話は、どう?」
 ポットから注がれる紅茶の湯気が見覚えのある犬や蝙蝠を形作る。
「まさか」
 マーレボルジェの動きが固まり、答える代わりにポシェティケトが微笑んだ。
「どの子も可愛くって素敵よ」
「盗んだな!?」
 一歩近づくと、其れこそが真の目的だと言わんばかりに月長石の瞳が残酷に輝いた。僅かな違和感にマーレボルジェは足を止める。
「ワタシ『達』?」
「牙を奮って、クララ」
 霧に紛れて背後に迫る金色顎。
 首が無ければ見ること能わず。
 ようこそ、ようこそ、さよなら。
 森の中は危険がいっぱい。
 気をつけないと食べられちゃうわ。

成否

成功


第2章 第5節

寒櫻院・史之(p3p002233)
若木

●第三階梯

 何かが変だ。若しくは此奴らが変だ。
 膝をついたマーレボルジェは出る筈も無い荒い息を吐いた。
「あ、二度目ましてマーレボルジェのお嬢さん。ご所望のイレギュラーズだよ」
 そんな彼女の混乱をひょいと掬いあげたのは赤い目だった。
「秋宮史之? 二度目まして?」
「ヒント、初めて会ったのはジュデッカだったね」
「ぎゃぁぁ!!」
 ジュデッカの名を聞いた瞬間、剥製は自分の本体に何が起こったのかを正確に理解し、恐怖と羞恥で叫んだ。
「ところでちょっと教えてほしいんだけど大切なものを剥製にする時ってどんな気持ち?」
「は?」
「俺は連続殺人鬼なんだけど」
「ほう」
 突如始まった告白と首輪を見て、マーレボルジェは前のめりで頷いた。完全に史之のペースに乗せられている。
「これでも大事に思う子がいるんだ。食べちゃいたいくらいかわいいんだよ」
「うんうん」
「でも剥製にするのも乙だよねえ。料理するのは楽しそうだけど、そしたらもう抱きしめることもできなくなる」
「超分かる」
「だから連続殺人鬼が猟奇殺人鬼にジョブチェンジする際の参考として、先達に話を伺いたいな~って思ってさ」
「相手が不老不死なら食べるけど、そうじゃなかったら剥製にする」
「そっか。それじゃギガクラッシュ食らってね」
「何で!?」
 油断して炭と化したマーレボルジェの側で史之は飄々と告げた。
「あ、俺ね。ひとつ嘘ついたかも。職業:殺人鬼だ」
「こ、この詐欺師め……」

成否

成功


第2章 第6節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
オフィーリアの祝福

●第四階梯

「初めまして! 俺はイーハトーヴ、こっちはオフィーリアだよ」
 フルオートライフルを構えていそうなギャング風の男が白くてふわふわなウサギのぬいぐるみを抱えてやって来た。
「んー?」
 遂に視界がイカれたようだ。マーレボルジェは目を擦る。いくら擦っても事実は変わらない。
「ねえ、世界の本当の名前、君が隠してたんでしょう? コバルトレクト、本当の名前も格別素敵だけれど仮の名前も……オフィーリア、何で怒ってるの。喋りすぎ? でも仲良くなるのにお喋りは大切だよ」
 鴨が葱と人参と白菜と鍋と火種を背負って真正面にいる。手を出したら剥製蒐集家としての沽券に関わるレベルの無防備さだ。
「くっ、ギャップ萌えにときめく前に軌道修正頑張れウサギ!」
「へ?」
「ぬいぐるみを剥製にする方法について考えてたの」
「ダメだよ!?」
「冗談よ」
「そうなんだ、良かった。ええっとね」
「うん」
「俺は君の蒐集物を奪った側だけど、レディ・ネヴァンの首を蒐集したのはごめんなさいしてほしいな。ねえ、マーレボルジェ。皆にちゃんと謝ったら、改めてお喋りしようよ。やっぱり俺、君とも仲良くなりたいもの! 超!」
「あらあら超だなんて見所あるわね。これは超と腸をかけた……」
「心配して来てみれば」
「ゲッ、毒ババア!?」
 引き攣った声を出した直後、マーレボルジェの頭が床板へとめりこんだ。
「お喋りしてないで、これを連れて上へ戻りますよ。イーハトーヴ」

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM