PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<アアルの野>共に歩くは命無き影

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●<アアルの野>
 大陸中央部に広がる砂漠地帯、そこに点在する遺跡群『FarbeReise』。
 そこへの、大鴉盗賊団による『ネフェルスト』の襲撃事件。
 しかし、フェルベライズ中核へ至る為にレーヴェン・ルメスを人質にしての進撃という事件が発生したのだが、イレギュラーズ達の力により、それを食い止める事が出来た。
 そして……そんなファルベライズ中核へ浮かんだ扉に姿を現わしたのは『イヴ』と名乗る少女……いや、人の形をした人形。
 突然の事にイレギュラーズ達は驚くのだが、彼女の口から語られし事実。
 彼女はこの地の守護者であり、人ではない。そして、己の様に土塊で固めた人形に、仮初めの命を宿らせた存在が『ホルスの子供達』と呼ばれる事。
 彼女達はファルベライズを居所とした大精霊『ファルベリヒト』の力の欠片である色宝で、『死者蘇生の研究』』に利用され、た存在なのだ。
 そして彼女達は、土塊の人形に『名を呼ばれた事を発動条件にし、願った相手の外見を転写する事』によって、色宝を利用し、可能にしたのだ。
 その話から推測するに、今迄よりも強力な『色宝』があるのは間違いないだろう。
 しかし、イレギュラーズ達に対抗するが如く、大鴉盗賊団・コルボとその部下達も、既に中核に向けて針路を取り始めている。そして。
「この先に進むのを、止める事は出来ません……しかし『ホルスの子供達』を倒さない事には、先に進めないでしょう……」
 そんなイヴの言葉に対し、イレギュラーズ達もまた、遺跡に向けて針路を取るほかに無かった。

●共に歩くは命無き影
「センパイ! 今日もちょっと、手伝って欲しいんっすよ!!」
 『パザジールルメスの少女』リヴィエール・ルメス(p3n000038)は、ネフェルストを訪れていたキミ達に、大きな仕草で注目を集めながら、声を掛ける。
 そして。
「話し、聞いてくれるっすね!? ありがとうっす! それじゃ、早速っすけど、説明するっす!」
 と、満面の笑みを浮かべ。
「センパイ達が、たくさんの『色宝』を集めてきてくれたお陰で、ここ、ネフェルストにもかなりの『色宝』が集まりつつあるっす。本当に、感謝感謝っす!」
「でも、『色宝』が集まった結果、ポロポロと弊害が出て来つつあるっす」
「乱立する『FarbeReise』遺跡、その中心である『ファルベライズ』には、クリスタルが敷き詰められた『ファルベライズ・中核』という所があるんっすよ。でも、今回はそこじゃないんっす」
「この『中核』に繋がる扉は、かなり大きな湖の真ん中にぽつん、と立っているんっす。そして、その扉の中から、多数の『ホルスの子供達』と共に、炎の精霊『サラマンダー』と、風の精霊『シルフ』達が凶暴化して出てきてしまっている様なんっすよ」
「『ホルスの子供達』は、無尽蔵に生成されるようなシステムがある様っす。ただ、そのシステムは生きている者を糧にして作られている様で、扉の外に存在する『ホルスの子供達』を全て倒さなければ、継続的に生成され続けるっすから、一時的にでも全滅させる必要があるっす!」
「ただ、単純に子供達を倒す事は出来ないんっす……さっきも言った通り、凶暴化した『サラマンダー』と『シルフ』の精霊達が、ホルスの子供達を生き残らせようと、牙を剥いてくるんっす。精霊達は常に飛行状態ッスから、場所の制限も受けず、様々な方向から強烈な魔法を放ってくるから、要注意っす!!」
 そして、最後にルメスが。
「精霊達が暴走するのがどうしてかは判らないっすけど、『ホルスの子供達』をこのまま放置しておく訳にはいかないッス。センパイ、宜しく頼むっすよ!!」
 と、気合い充分に拳を振り上げるのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 今回は、『FarbeReise』地底湖で『ホルスの子供』達を退治する依頼となります。

 ●成功条件
   ファルベライズ地底湖において、『ホルスの子供達』及び『精霊達』を全て倒す事が目的です。

 ●情報精度
   このシナリオの情報精度はAです。
   想定外の事態は絶対に起こりません。

 ●周りの状況
   地底湖の真ん中の小島に扉があり、そこから『ホルスの子供達』及び『精霊達』が出現します。
   ホルスの子供達については、最初に出現するのは8人。その後3ターンに一人ずつ、扉から出現します。
   小島に渡る橋が架けられてはいますが、横幅的には2人並んだらギリギリ……という位に狭いです。
   尚、敵である精霊二種は常に飛行状態を取っており、橋以外の所から攻撃を仕掛けてくる事が可能です。

 ●討伐目標
   敵となるのは3種類になります。
   1)ホルスの子供達 8体+α
      土塊の姿に、身体の内部にコアとなる色宝を埋められた悲しき者達です。
      大きさは人間種の子供位の大きさで、体力もかなり高いです。
      攻撃は変な能力を使う事無く、ただただ殴り掛かるのみになります。
      又、毒のバッドステータスは(生命体ではない為)無効です。
      言葉は認識はしますが、喋るのが『意味不明な言葉になってしまう』ので、互いの意思疎通はほぼ出来ません。

   2)風の精霊『シルフ』 2体
     風の精霊です。BSの中で、機動力のー修正を受ける能力と、能動行動が行えなくなる系のBSは無効となります。
     又、癒しの風を周囲に靡かせることでのHP回復、強靱な刃の風を吹き荒れさせる事による神・遠距離・範囲攻撃が可能です。
     体力はそこまで高く無いものの、上記の風の刃は多少ではありますが、攻撃力が高めです。

   3)炎の精霊『サラマンダー』 2体
     炎の精霊です。BSの内、炎の付く名前のBSは無効となります。
     回復能力はありません。
     攻撃については炎を吐き出して攻撃します。神・遠距離・列攻撃になり、『業炎』のバッドステータスがつきます。

  • <アアルの野>共に歩くは命無き影完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年01月31日 22時20分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

オデット・ソレーユ・クリスタリア(p3p000282)
木漏れ日の優しさ
ミルヴィ=カーソン(p3p005047)
剣閃飛鳥
アイリス・アベリア・ソードゥサロモン(p3p006749)
<不正義>を知る者
ルカ・ガンビーノ(p3p007268)
竜撃
カイン・レジスト(p3p008357)
数多異世界の冒険者
アシェン・ディチェット(p3p008621)
玩具の輪舞
ライ・リューゲ・マンソンジュ(p3p008702)
あいの為に
アセナ・グリ(p3p009351)
灰色狼

リプレイ

●風の吹かぬ中
 大陸中央部に広く広がる砂漠地帯の遺跡『FarbeReise』、その遺跡中核を構成する『ファルベライズ』遺跡。
 地底に広がる広大な遺跡の中に現れた、土塊の『ホルスの子供達』という、新たなる脅威。
「ホルスの子供達……命を糧にずっと作られるのよね? ……ほんの少し前、妖精郷でも似たような事が起こったと聞いたけど……あの時は妖精の命だった……のよね?」
 と、『灰色狼』アセナ・グリ(p3p009351)が軽く首を傾げると、それに『数多異世界の冒険者』カイン・レジスト(p3p008357)が。
「ああ……確かにそうだったね。前は妖精の命、今回は子供達の命……という事なのかな? 無数に湧き出る『子供達』だけでもやっかいなのに、それに加えて、ここでは精霊まで暴走しているとはね……」
 と天を仰ぐ。
 そんなぼやきに『木漏れ日妖精』オデット・ソレーユ・クリスタリア(p3p000282)と『竜撃』ルカ・ガンビーノ(p3p007268)が。
「ホルスの子供達を護る、凶暴化した精霊、か……ホルスの子供達を襲ったりするのじゃなく、守るというのがなんだか不思議な感じね……?」
「そうだな。ホルスの子供達はうじゃうじゃいるし、錬金モンスターは出てくるし、挙げ句の果てに精霊か……ま、パサジール・ルメスは昔精霊と協力したって話だからな。遺跡に仲間がいるのは不自然じゃねぇか。つーことは……こいつらもパサジール・ルメスの仲間……いわばラサの同期、って訳か」
 そんな二人の言葉に、『玩具の輪舞』アシェン・ディチェット(p3p008621)と『暁の剣姫』ミルヴィ=カーソン(p3p005047)も。
「たとえ仮初めでも、命が宿っているのなら、あの子達も生きているのだわ……カムイグラの敵さんもだったけれど、戦いたいって気持ちを持っていない命を利用するのって……とても嫌だわ」
「そうだね。生きている者を糧に仮初めの命を作り出す……こんなもん許しちゃおけないけれど、クソ親父が聞いたら『非効率な劣化に過ぎず甚だ非効率』って、したり顔で言うんだろーな……」
「……? 親父さん、錬金術師だったりするの?」
「いや……まぁ……ね。死んだ人に逢えるかも、だなんて言うから、思い出しちゃったじゃんか……! これは必ず、破壊しなきゃ!!」
 ぐぐっ、と拳を振り上げ、一層気合いを入れるミルヴィ。
 それにアセナが。
「うん。凶暴化した精霊はホルスの子供達を護るみたいだけど、その目にはホルスの子供達はどのように見えているのかしら? やっぱり子供……なのかしらね?」
 と首を傾げると、『<不正義>を知る者』アイリス・アベリア・ソードゥサロモン(p3p006749)が。
「可能性は……ありそうです……。子供達の命を……守ろうとしているのかも……しれませんが、このまま放置出来ません……から……」
 『ヨハナからアイリスへの預言書』を開いた中の一節の文言から、精霊達と子供達の関連があるのでは……と考えるアイリス。
 無論……それが真か偽かを確かめる術はない……けれど同意出来る部分も多い。
「ま、場所の問題か或いは別なのか……さておき放ってはおけないよね」
 とカインが言うと、ルカが。
「まぁ、そんなやつらを殺す訳にはいかねぇな」
 と気合いを入れると、ディチェットにルカ、オデットも。
「そうねぇ。かわいそうだけど、倒さなければ進めないのなら、仕方ないわねぇ……」
「悲しい気持ちもあるけれど、今はきっと怒っているのだわ。色宝の事で揉めるのは仕方がなくても、どうしてあの子達を道具みたいに使うの。お人形でも、生きていたらヒトなのにね」
「子供達を、永遠の苦しみから助ける。そして精霊さん達にも、私の声が届くといいな……」
 そんな仲間達の言葉に『あいの為に』ライ・リューゲ・マンソンジュ(p3p008702)は。
(「ええ、ええ……撃たねばならないのなら、撃ってしまえば良いでしょう。精霊が何故暴走したとか、ホルスの子供達が悲しい存在だとか……そんなものはお金になりません。今回は報酬が入るのですから、それでノープロブレム……ええ、それで良いのです……」)
 と内心で思いつつ。
「ええ……そうですね。苦しむ彼ら彼女らを救いましょう。それが、救いの道なのですから……」
 と、手を合わせ、優しく微笑むのであった。

●荒れ狂う精霊達
 そしてイレギュラーズ達は、『ファルベライズ』を進み、地底湖へとたどり着く。
 目の前に広がる湖、湖の真ん中にぽつんと存在する小島、そして島に繋がる橋一つ。
 島からは掘ホルスの子供達が次々と姿を現わし始め、その周りには風の精霊『シルフ』と、炎の精霊『サラマンダー』の姿がぼんやりと現れてくる。
「本当に、精霊さん達が……」
 とオデットはちょっと信じられないと言った感じで、息をのむ。
「取りあえず……架かる橋はあの橋だけの様だな。子供達で一番危険なのは、あの土塊の腕から繰り出される一撃、と……」
 とカインが仲間達に注意喚起すると、アセナとルカが。
「その様ですね。ただ、ホルスの子供達は増える以外、そこまで苦ではないみたいだから、やっかいな精霊を相手しましょうか?」
「そうだな。飛行状態の精霊達はそれで行くか。子供達の方は……頼めるか?」
 それにミルヴィとディチェットが。
「取りあえず橋を封鎖すれば、ホルスの子供達を押し込める事が出来るかな? アシェン! アタシも万全にできないかもしれないけど、フォローよろしくね!」
「ええ、分かったわ!」
 短い言葉で頷き、そしてミルヴィとディチェットは、すぐさま橋の方へと急行。
 それに遅れない様に、ライ、カインらも橋へと駆け込んでいく。
 ……もちろん、イレギュラーズが敵対すれば、子供達としては殺すべく、拳を振り上げ、反撃してくる。
 そんな敵の初撃をブロックで確りと受け止めるのはミルヴィ。
「ごめんね、この橋は通行止めなの。通りたかったらアタシを倒してみな!」
 と、威風堂々と宣言する。
 そんな彼の言葉に対しホルスの子供達は、ウゥゥ……とうめき声を上げながら、前へ前へと後ろからも進んでくる。
 ……そんな中、ホルスの子供達の周りに居た精霊達は、邪魔するイレギュラーズ達を排除すべく、ふわり、ふわりと湖上を飛んで、左右から攻撃を仕掛ける。
 そんな子供達の動きに、少し後方のオデットは。
「……本当に、凶暴化してるのね……」
 目を閉じ、シルフとサラマンダー達以外の精霊が周りに居ないか、を探る。
 しかし……他の精霊達は居ない模様……彼らが凶暴化した結果、他の所へと逃げていったしまったのだろうか、いない。
「普通なら、他の精霊も居そうなのに……誰も居ないのね……」
 悲しげに呟くオデット。
 ……その間にも精霊達の攻撃は続いていくが、それはディチェット、カインが対応。
「精霊達を一体ずつ着実に仕留め、数を減らしていきましょう……敵が』消える事でしか、この世は平和を保てないのだから」
「ああ。精霊も『子供達』も、分からない事でたくさんだ」
 そうぼやきつつ、まずは牽制に空音のオーバードと、神気閃光で牽制気味の一撃を食らわせる。
 牽制攻撃に対し、精霊達は左へ右へ……と飛び回り、攻撃回避。
 そんな精霊達に向けて、オデットが。
「ねえ、お願い、聞いて精霊達! 私の友達。なんでそんなに荒ぶるの? ホルスの子供達を護ろうとするの? 彼らは無理やり生き返らされたようなもの、命の流れに逆らっているのに、あなたたちは何かを知ってるの?」
 ホルスの子供達が命なき存在である……というのを訴えかける。
 しかし子供達は……というと、オデットの言葉に答えることはない。
 ……いや、むしろ暴走状態故に、言葉を解そうとはしていないのかもしれない。
 そんな子供達に向けて、ロザリオを掲げ。
「……どうか『あなたの心へ届きますように』」
 と、平和への祈りを捧げるライ。
 ……ただ、そのロザリオから放たれたのは銃弾。
「ええ、ええ。神は仰っています。敵を射線上に捉え、引き鉄を引けば当たる……と。神が作り給うた法則……御意志なのです」
 と、精霊達の間を割り裂く一撃。
 突然の事に、精霊達も驚いた様な動きを見せる。
 そしてシルフ、サラマンダーの一体ずつは、ライら後衛の方向に向けて飛んでいく。
 そんな精霊の動きを、さすがに橋上の仲間達は対処出来ない……だが、ルカが後衛の前に立ち塞がる。
「ちょいと痛い目に逢わせちまうが……勘弁してくれよな!」
 ルカはそう叫びながら、不殺効果のついた黒顎魔王の一撃を放つ。
 続いてオデットは。
「……ごめんなさい。でも……ここで止めないと、あなたたちが悪者になっちゃう。それは……いやなの」
 自分へなのか、精霊達へなのか……あいまいに呟きながら、ヘビーサーブルズの一撃。
 アイリスも、オデットに続き。
「……神よ罪深き彼女に贖罪の機会を与え給え」
 と、聖句を紡ぎ、『聖業人形・マグダラの罪十字』を己が前に立たせ、精霊達へと接近させる。
 さらにはアセナは。
「貴方達は何を思って、ホルスの子供達を守るのかしら? 愛する人の姿に見えるのかしら、それともただそういう風にうごかされているだけかしら?」
 と声を掛けつつ、拳骨で対応する。
 そして次の刻。
 子供達は橋上に立ち塞がるイレギュラーズ達を押出すべく、後ろの者は前へと進み、前の者は拳で殴る。
 土塊の体複数が折り重なる事で、重さで勢いづく一撃が繰り出される。
 ……が、そんな敵の攻撃にも負けない様、ミルヴィは副行動で己に殺人鬼ミリーを使い、自己回復。
 さらにハイ・ウォールを全力で発揮し、決して突破されない様に対峙、そしてロザ・ムーナにて、至近距離一体に的確なダメージを与える。
 一方のディチェットは、AKAでミルヴィを支援を継続。
 どうにかホルスの子供達は、ミルヴィとディチェットの二人でうまい具合に対処は出来ている模様。
「こっちは精霊達を早く倒すしかないか……回復手段を持つシルフをまずは先に倒そう」
 とカインが橋上側のシルフに向けて、神気閃光の中距離射撃を穿つ一方、湖岸側ではルカが盾となる。
 ただ、シルフが後方、サラマンダーが前へと移動するので。
「後方に下がったとしても、『逃がしゃしねえ!』ぞ!」
 と、遠距離まで届く、空間ごと殴り飛ばす一撃で、サラマンダーをものともせずに攻撃。
 あわせてライのロザリオ、アイリスのエメスドライブ、オデットのヘビーサーブルズ、そしてアセナの拳骨が次々と放たれる。
 ……さすがに、そこまで体力を持っていないシルフは、猛攻の前に、瞬く間に瀕死の状態。
 取りあえず、自分に対し回復を飛ばして何とか耐えきる。
 そんなシルフの瀕死に何か行動を替える事もなく、サラマンダーはグゥォォ、と炎を吐いて、立ち塞がる前線へと反撃し、ダメージを蓄積しつつ、業炎のバッドステータスを付与する。
 ただ、業炎をものともせず、さらにイレギュラーズ達はシルフへの攻撃を継続。
 攻撃の手数が多い湖岸側の方に向かったシルフは、さすがに耐えきれずに崩れ墜ちてしまう。
 ただ、橋上側のシルフは湖上側が倒れたとしても、そちらには向かわない。
「良し。次はサラマンダーだ。出来ればこいつは、湖に落としたくはねえから、少し下がるぜ」
 と、ルカは数歩下がり、サラマンダーを地上へと誘導。
 もちろん、サラマンダーはそんな配慮を気に掛けるような事もなく、誘導されるがまま地上へ。
 そして、誘導した後にルカの黒顎魔王、アセナのジオ・インパクトが決まる。
 倒れしサラマンダー…不殺の効果もあり、その場に転落。
 そして、湖岸の敵を倒した次の刻。
「さぁ、もう二体の精霊達を呼び寄せるとしましょう」
 とライが遠距離からロザリオの一撃、アイリスがスティールライフをそれぞれ使用し、橋上の仲間に攻撃している精霊を湖岸の方へと誘導。
 残る二体の精霊達が、それに誘われるがまま移動し、イレギュラーズ達は総攻撃。
 ……その間、ずっとホルスの子供達の進撃を止め続けるミルヴィ、ディチェット。
 さらに数刻の後、残るはホルスの子供達。
 橋の上、そして島の中に10体の子供達。
 そして湖岸で対応していたルカも橋の方へと移動。
「サンキュー、おかげでやりやすかったぜ!」
 と、対峙し続けていたミルヴィとディチェットに御礼しつつ。
「さて、それじゃあ一気に子供達を仕留めて行くぜ!」
 とH・ブランディッシュでまとめてたたきのめす。
 そして、ミルヴィのメナス・ルーヤ、ディチェットの陳腐なバラッドが続いて先頭の敵を中心にはなたれ、ダメージが蓄積していく。
 それを補助するようにカインがファントムチェイサー、アイリスのエメスドライブ、アセナのジオ・インパクト。
 橋上は狭く、敵にとってはメリット。
 そんな戦場、湖岸から遠距離攻撃する事により、敵にとってはデメリットとなってしまい……数刻の後、ホルスの子供達も全て、崩れ去って逝くのであった。

●嵐の後に
 そして、ホルスの子供達を全て倒したイレギュラーズ。
「……ふぅ……」
 と、静かに息を吐くオデット。
 ただ、その表情は硬いまま。
 ……そんな彼女の心境を推し量ったルカが。
「大丈夫か?」
 と問いかける。
「……大丈夫です」
 と、こくり、頷く。
 そしてカインが。
「まぁ、取りあえず扉の所に向かうとしよう。いや……僕が向かうから、オデットとルカは、精霊達の方の確認を頼める?」
「そうだな、分かった」
 そしてカインにミルヴィ、ディチェットが扉の方へと向かい、さらなる敵が出ないように注意している一方で、ルカは目を閉じ、倒した精霊達の様子を調査。
 彼らの……精霊達の息吹は、まだ、残っている。
 それに。
「……ほんとは目ぇ覚まさせて介抱してやりてぇところなんだが……暴走の原因がわからねぇ以上、目ぇ覚ましてまた暴れ出す可能性はあるからな」
「そうですね。取りあえず、出来る部分で治療しましょう……気がついたら、私から話を聞いてみます」
 ルカにオデットが提案。
 とは言え精霊達を治療する方法と言えども、ただ体力を回復するだけではどうしようもない。
 取りあえず様子を見つつ、火と風を起こして、それぞれの精霊の力を充填していくしか出来ない。
 ……そしてしばらく待ち続けると……精霊達が、目を覚ます。
『……? ……!!』
 周囲をきょろきょろ……イレギュラーズ達を見つけて、びっくり。
 そんな精霊達に、オデットが。
「目、覚ましたのかな? 大丈夫、私達は、もうこれ以上あなた達を傷付けるつもりはないよ?」
 できる限り優しく声を掛ける事で、精霊達の警戒心を解く様に振る舞う。
 ……そんなオデットの言葉と仕草に、精霊達は。
『……』
 小さくこくりと頷き、彼女の周りをぐるぐると浮遊するのであった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

<アアルの野>ファルベライズシナリオに参加いただきました皆様、ありがとうございます!
精霊達が暴れ回るという事で、ちょっとだけ複雑な心境を持った方もいらっしゃったかもしれません。
とは言え彼女達も利用されただけの存在なのでしょう……皆様のおかげで、彼女達も正気を取り戻した事でしょう……ありがとうございました!

PAGETOPPAGEBOTTOM