PandoraPartyProject

シナリオ詳細

再現性東京2010:年の初めの恐れ呼びて

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●再現性東京2010:年の初めの恐れ呼びて
 練達の一区画に存在する『再現性東京』。
 その一区画、『希望ヶ浜』地域は高層ビルが立ち並ぶ場所や、緑の広がる公園地帯、学校の校舎等々……棲まう人達からすれば、何の変哲も無いものが立ち並ぶ地域。
 そしてその一角には、年末年始の時を経て、再び静寂を取り戻しつつあるお寺がぽつり、と存在する。
 まるで孤立するように存在するそのお寺に、周りの人達からまことしやかに囁かれる噂話……。
『あのお寺には、丑三つ時になると異界の門が開かれる』
『その時にその場に委合わせると、異界の門に引き込まれる』
 ……勿論そんな荒唐無稽な噂話、一笑に付す様な話だ、と嘲笑う人達も多い。
 でも……そういった話しに食いついてしまうのも……。
『ねーねー。みんな知ってるー? あのお寺に異世界の門があるらしいぜー!』
『え、まじかよー。おもしろそーじゃん!!』
『だろー? なぁなぁ、こんどしらべに行こうぜー!』
『え、でもさー、うしみつどきって、なんじー? よなかだと、おかーさんに怒られちゃう』
『おこられるくらいでやめるのかよー、いくじなしー!』
『う、うるせー!! わかったよぉ、いくよ、いってやるよー!!』
 ……希望ヶ浜の、とある小学校の校舎裏。
 その学校でも有名な6人の悪ガキ共がそんな会話を交わし……荒唐無稽な噂話を調べに行こうとしていたのであった。


「みんなー、寒い日が続くけどさー、寒い日に怪談話ってのも面白いと思わない? って訳で、ほらさ、私の話をきいてって、って訳なのよ!」
 と、綾敷・なじみが、『希望ヶ浜学園』に潜入しているイレギュラーズ達の集まる『カフェ・ローレット』で声を掛けていく。
 それに興味を持ったキミ達をこっちこっち、と奥の方に呼び寄せながら。
「今日も話を聞いてくれてありがとー。それじゃ早速だけど説明させて貰うねー?」
 と、一枚のお寺の写真を皆に見せる。
 ……ぱっと見た限り、何の変哲も無いお寺の様だが。
「そうよね、普通のお寺さんに見えるわよねー。でも、ここに『悪性怪異:夜妖<ヨル>』が現われてしまった、って訳なのよ」
「この夜妖達はまだ現れたばかりで、深夜の丑三つ時の刻から1、2時間しか外を出歩けないという事で、まだ放っておいても良かったかなー、って思ったんだけど……この夜妖が流したのかは分からないけど、お寺に妖怪が出る、って噂話が最近、流行り始めたの」
「そんな噂話を真に受けちゃった小学校低学年の子供達6人が、この噂話を確かめに行こう、って言い出しちゃったらしいのね。当然襲われたら、子供達はひとたまりも無いわ。そこで、皆に退治してきて欲しい、って訳なのよ!」
「小学生達は、親が寝静まった頃を見計らってくるから、丑三つ時にちょっと遅れてくるかもしれない。でも、今回の夜妖達の活動時間に入るのは間違いないと思うの。少しだけの間は、子供達を気にせず戦えるけど、いつ子供達がくるかも分からないから、常に周りを警戒する事は忘れないでおいてね? それじゃ、みんな宜しくねー!」
 と、ニッコリ笑顔で送り出すのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 今回の依頼ですが、練達『再現性東京』の、希望ヶ浜の小学生(悪ガキ……?)達を助ける依頼となります。
 
 ●再現性東京2010街『希望ヶ浜』
  練達には、再現性東京(アデプト・トーキョー)と呼ばれる地区がある。
  主に地球、日本地域出身の旅人や、彼らに興味を抱く者たちが作り上げた、練達内に存在する、日本の都市、『東京』を模した特殊地区。
  ここは『希望ヶ浜』。東京西部の小さな都市を模した地域だ。
  希望ヶ浜の人々は世界の在り方を受け入れていない。目を瞑り耳を塞ぎ、かつての世界を再現したつもりで生きている。
  練達はここに国内を脅かすモンスター(悪性怪異と呼ばれています)を討伐するための人材を育成する機関『希望ヶ浜学園』を設立した。
  そこでローレットのイレギュラーズが、モンスター退治の専門家として招かれたのである。
  それも『学園の生徒や職員』という形で……。

 ●成功条件
   新年早々から変な噂話を嗅ぎ付けた悪ガキ小学生六人組を守る事、且つ
   『悪性怪異:夜妖<ヨル>』を全て退治する事です。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はBです。
  依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
   今回の舞台となるお寺は、周りに森があり、昼も夜も薄暗い場所です。
   社務所とかもなく、ただ社だけがぽつんとある様な存在なので、正月を過ぎた今となっては深夜に人が訪れる事は先ずありません。
   ここに、悪性怪異:夜妖<ヨル>が、深夜の丑三つ時ぴったりに出現します。
   何故か干支を踏んでいるようで、凶暴な牛さん夜妖です。
   彼らは丑三つ時に森の中から姿を現し、朝日が差し込む前(5時前)には姿を消します。
   凶暴な牛さんなので、とりあえず目に付いたものが攻撃相手、と認識する様です。
   
   子供達については、戦闘開始から5ターン後にやってきます。
   皆様が戦っている音を聞いて、何か面白そう、と言う気持ちでやってきますので、彼らをどうにか守らないと、牛さん達に無防備を突かれて、優先的に殺されかねませんので、注意して下さい。

 ●討伐目標
  敵となる悪性怪異:夜妖<ヨル>は、10匹の牛さんです。
  色はなく、暗闇に漆黒の身体はかなり見辛いでしょう。
  攻撃手段はその牛の角を槍の如くに突進してきて突き立ててくる攻撃がメインです。
  ただ、その攻撃には『多重影2』が付与されていますので、意外に厄介だと思います。
  
  それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • 再現性東京2010:年の初めの恐れ呼びて完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年01月20日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

フルール プリュニエ(p3p002501)
夢語る李花
ヒィロ=エヒト(p3p002503)
瑠璃の刃
仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)
陰陽式
美咲・マクスウェル(p3p005192)
玻璃の瞳
ソア(p3p007025)
雷虎
日車・迅(p3p007500)
疾風迅狼
クンプフリット・メーベルナッハ(p3p008907)
砂翔ける曲芸師
袋小路・窮鼠(p3p009397)
座右の銘は下克上

リプレイ

●信仰を集めし時
 練達の一区画に存在する『再現性東京』。
 その一角に広がる希望ヶ浜地域は、ある意味特殊な……様々な建物が建ち並んでいる。
 しかし、その一つに、人々の信仰の対象である、神社仏閣が存在していた訳で。
 ……そして今回の依頼も、そんなお寺に姿を現わした、大量の牛型夜妖達を退治してきて欲しい……という依頼である。
「いやぁ……年が開けたばかりなのに、もう怪談話ですか! 怪異とはもう少し暖かくなってから出てくるものだと思っていましたが……勤勉ですね!」
 と『折れぬ意志』日車・迅(p3p007500)が苦笑しつつ笑うと、それに『虎風迅雷』ソア(p3p007025)も。
「そうだね。ふしぎな街のふしぎなお社。この場所だけ、カムイグラにどこか似ている気がする……」
「確かにそうですね! まぁ今回出てくる怪異はカムイグラにもいそうな牛さんですしね」
「うん……厚く切ったお肉が食べたくなるね」
 そんな牛を巡る二人の会話に、『夢語る李花』フルール プリュニエ(p3p002501)は。
「あらあら牛さんいっぱい。食べられないのかしら? 流石に食べられないわね」
 と苦笑する。
 確かに牛なら食べれるだろう……けど、今回は夜妖。当然ながら食べられる訳がない。
 ……いや、食べられる、食べられないというのよりも、今回の重要なポイントは、この夜妖を元にしたような、噂話が出てきてしまっている、という事。
 その結果、夜妖の出現するこのお寺に、深夜の丑三つ時の頃に噂話を聞いた悪ガキ共が……やって来てしまうとの事。
「『お寺に丑三つ時に鳴門、異界の門が開かれる。その時、その場に居合わせると、異界の門に引き摺り込まれる』……と。噂話の出処も気になる所ではあるが、まずは子供達の安全を確保する方が先か……まったく、何時の世になっても、子供達の好奇心とわんぱくさは変わらんものだな」
 と、『流麗花月』仙狸厄狩 汰磨羈(p3p002831)が肩を竦める。
 それに『あの虹を見よ』美咲・マクスウェル(p3p005192)と『座右の銘は下克上』袋小路・窮鼠(p3p009397)、『ハイパー特攻隊長!』ヒィロ=エヒト(p3p002503)も。
「冬の夜中、必要もないのにこんなとこに来る元気……侮れないわぁ」
「ああ。ガキンチョ共が大人しくしてりゃあ余計な気を向けなくていいんだが、まぁ、その気持ちも分かる。怖い物見たさでって奴だな。結構結構」
「そうだね。子供はそのくらい元気があってもいいよね! まぁ、今回はちょこっと間が悪かったけど……子供達、きっと親御さん達からキツーく叱られちゃうだろうし、先にちょこっと元気付けてあげたいな。そのためにもちゃーんと助けて、叱られるために親御さん達の方へ無事に返してあげないとだね!」
「そうだな、知った以上は肝試しで済ませてあげるのが大人ってもん、かな?」
 更に迅と窮鼠が。
「そうですね。人を驚かせる怪異ならともかく、傷付ける怪異は困りますね。冬でも元気いっぱいな子供達もいますし、申し訳ありませんが退場願います!」
「ああ。しっかり牛を片付けようぜ」
 そして、『砂翔ける曲芸師』クンプフリット・メーベルナッハ(p3p008907)が。
「よ~っし、それじゃさっさと牛さんの所に急ごうか! もたもたしてたら、子供達が先に来ちゃうかもしれないしね!」
 と微笑むに、フルールも。
「そうね。牛さんを子供達がくるまでに沢山狩るのが今日の仕事よね。賑やかな夜になりそうね♪」
 と微笑みながら、イレギュラーズは、森の脇に立つ神社へと急ぐのであった。

●怪異の牛と丑三つ時
 そして間もなく深夜の丑三つ時へと差し掛かる頃……イレギュラーズ達は、お寺へと到着する。
「ここがそのお寺? ……結構不気味な感じだよね」
 と、ヒィロがぽつり。
 街の中心地からは少し離れた所にあるこのお寺……更には深夜の刻、周りを歩く様な人は、殆ど見受けられない。
「取りあえず暗視の準備はしておいたから、全く見えないって事は無いけど……本当に暗いよね。こんな道を歩いてくる子供達って、度胸あるよね……」
「そうだね! ボクの瞳は特別だから、曇りの夜のわずかな灯りでもよく見えるけど、普通の人なら殆ど見えない様な状態だよね?」
 美咲とソアも暗視に目を光らせつつ、周りを見渡し、一先ず子供達と、夜妖達が来ていない事を確認。
「取りあえずまだ夜妖は現れて居ない様だな。よし、では始めるとしよう」
 と汰磨羈が鳥のファミリアーを使役召喚し、空へと飛ばし、このお寺に繋がる道を上空から監視させる。
 更にギフトの黒猫も合せて召喚し、少し後ろの、お寺の入口を監視させる様に配置し、見張り役とする。
 そんな汰磨羈に続き、迅と美咲、窮鼠の二人も。
「汰磨羈さんが空からなら、僕は地上で動く監視役を配置させましょうか。五感を共有為ておけば、子供達が来るのを事前に幸出来ると思いますし」
「私はそれじゃ、蝙蝠のファミリアーを森に潜ませようかな? 万が一にも森の中から来る、って事も無いとは言い切れないしね」
「なら、俺は、入口に式神を立てておくか。妖みたいな姿を取らせれば、ガキ共の牽制になるだろうしな」
 そして迅は子猫のファミリアーを、窮鼠は人型をしない妖怪を『練達上位式』を発動し、入口を塞ぐように立たせておく。
 そんなイレギュラーズ達が着々と準備を整えていけば、時も刻一刻と過ぎていき……丑三つ時を越える。
『……ゥゥ……』
 と、境内に居たイレギュラーズ達に聞こえてきたのは……何かの唸り声。
 心底まで冷え切らせるような、その唸り声に。
「ふっふーっ、出て来た出て来た」
 と、ソアが何処か嬉しそうに笑う。
 その声のした方向へ視線を向ければ……闇に包まれた森の中から、夜妖達がうぞぞぞ、と次々と現れ始める。
 そして夜妖達は森の中から姿を現わし、イレギュラーズ達を視認すると……。
『ウォォォン……!!』
 と牛とも何ともつかない鳴き声を上げて、威嚇。
 しかしそんな威嚇行動に対してフルールは。
「さぁさぁ宴を始めましょうか。新年なのだから楽しく遊びましょう。夜妖達も、ほらほら踊りましょ♪ フィニクス、ジャバウォック、精霊達。さぁひとつになりましょう。精霊天花を始めましょうね」
 その言葉と共に、フルールは焔を纏う。
 加えて、即座に敵の動きに順応し、ヒィロは仲間達よりも突出し、夜妖達の前へと対峙し『闘志』を発動しながら
「さぁ、夜妖さん、ボク達が相手になるよ!」
 と、堂々とした言葉で言い放ち、それに怒りを誘われた夜妖達が早速攻撃開始。
 当然、突出するヒィロに対し、夜妖が集中攻撃を開始。
 それに正対する様、汰磨羈と迅が両翼に展開。
「子供達がやってくるまで少し時間はありそうですし、彼等が来るまでに出来る限り影牛の数を減らしましょう」
「ああ」
 前衛陣がそれぞれ体勢を整える一方で、一歩後ろに居たソアが。
「先ずは一頭……っと!」
 と言いながら、一番端っこの辺りの牛を狙い疾走し、爪から放つ『バーストストリーム』の一撃を食らわせる。
 即座に仕掛けてきたソアの一撃に、苦悶の鳴き声を上げる夜妖。
 続いて迅が、ヒィロが惹きつけた夜妖の中、上手く怒りが発動しなかった牛へ、ブルーコメット・TSで殴り、追加行動にてオーバーザリミットを起動した上でソニックエッジの一閃。
 更には汰磨羈も横並びで、同じく怒りの漏れた牛へ『花劉圏・斬撃爬浪『鶏頭烈葩』』の一撃を発動し、同じく追加行動にてラッシュを仕掛けていく。
 前衛陣が一通り攻撃を終え、続くは中衛の窮鼠とフルール。
 ただ、二人の狙うターゲットは前衛陣が攻撃していた中で、一番ダメージを喰らっていそうな夜妖。
「さぁて、どこまで減らせるかしらね」
「そうだな……ま、ガキンチョ来るまでに一匹でも多く潰すだけだ」
 短く会話し、フルールが紅蓮爪戯、窮鼠が式符・毒蛇にてそれぞれ攻撃し、一匹を更に追い詰めていく。
 ……そして、最後に美咲が。
「丑三つなんだから、三つでいいじゃないね……10匹も出るとか、欲張り過ぎよ」
 と言い捨てながら、神気閃光を放つ。
 イレギュラーズ達の攻撃が一通り過ぎ、対する夜妖達の攻撃手番。
 攻撃手段は、鋭く研がれた牛の角で、ただ真っ直ぐに突進してくる攻撃。
 夜妖故、漆黒に包まれた身体から放たれる攻撃は、躱すが少々難しく、ヒィロ、汰磨羈、迅の三人を傷付ける。
 そんな夜妖の勢いに対しても、決して打ち負ける事無く、対峙し続ける。
 次の刻も、敵の攻撃手段には大きな変化はない。
 敵の突撃一つ一つを確実に対処し、ヒィロが怒りをばらまき、怒りを外れた夜妖を汰磨羈、迅の二人が前線を突破されないように立ち回る。
 そしてフルール、窮鼠、美咲、ソアの四人が中衛、後衛の位置から同じ敵に狙いを定める事で、一匹でも数を減らすよう攻撃。
 3刻目の集中攻撃で、やっと夜妖一匹を仕留める事が出来るのだが……その時。
『ちょっとおそくなっちゃったー。みんな、こっちこっち!!』
『わーかったよー。でも、ほんとうにくらいよなー!』
 と、空から、陸から二面で監視していたファミリアーの視界に、子供達の姿が映る。
「……ガキンチョ共、来たみたいだぜ」
 と窮鼠が仲間達に告げる。
 そして、子供達はお寺の方へと歩いてくる。
 当然ながらお寺に近づいてくれば、境内で戦う音が子供達の下へも響く。
『うわー、なんだかうるさいぞー』
『だれかいるのかなー? あ、いかいへのもんがひらかれてるのかも!? それなら、はやくいかないと!!』
 と、更なる興味を抱いて、走ってくる。
 境内の入口には、窮鼠の作り出した式神が居る訳で……でも、こんな夜の怪談話を楽しそうにしている悪ガキ達は、気分も盛り上がっていて、式神の姿も。
『あ、いせかいせいじんだー!!』
『ってことは、あそこがいせかいのもんじゃねー!?』
 と、目をキラキラさせて、境内で戦うイレギュラーズ達と、夜妖に視線を向ける。
 そんな子供達の前に、夜妖を見せないよう迅が立ち塞がる。
「新年早々から怪我をしては悲しいですからね。絶対に守ってみせましょう!」
 と言い、更に汰磨羈は、黒猫を子供の方に向かわせて。
「うちの黒猫で気を逸らす。今の内に叩くぞ!」
 と、黒猫をじゃれつかせる事で、子供達の注意を逸らす。
 そして、子供達に対して美咲と窮鼠が。
「いい、あの中に混ざると、死ぬからね。私の近くにいなさい?」
「そうだ。死にたくなけりゃあ引っ込んでろ!」
 優しい言葉と、厳しい言葉。
『え? なに、どーいうこと?』
『ここ、いせかいへのもんじゃないの!?』
 と、悪ガキ共がぶーぶー言い始める。
 しかしそんな悪ガキ共に見せつけるかの如く、ヒィロ、汰磨羈、迅の三人が立ち回り、夜妖達の突撃に対処。
 流石に多重影の能力故、躱せずにダメージを受け、血飛沫が暗闇の中に舞い、苦悶の声を敢えて上げる。
 ……子供達にとっては、人が血を流し、傷つく所など殆ど見た事がないだろう。
『え……?』
 その光景に、目を見開く子供達。
「私達がいなければ、貴方達もああなっていたかもしれないのよ? ……だから、ここで大人しくしていなさい、ね」
 美咲はメガ・ヒールを前衛に掛けつつ、そう子供達に言い聞かせ、フルールも。
「私達より前に出ないでね? そして……勝手な真似は、絶対にしないで」
 と言い聞かせる。
『……うん……』
 と、力なく頷く子供達。
 そう、子供達が大人しくなった所でヒィロが。
「それじゃ美咲さん、いつものあれ、行くよ!」
「ええ」
 とヒィロと美咲が声を掛け合い、恍惚効果が付与された敵に、神気閃光での連携で、確実に仕留める。
 更には別の夜妖には、窮鼠の餓者髑髏封布から繰り出される逆再生の一撃で叩き、更には迅のソニックエッジ、汰磨羈の花劉圏・斬撃衝破『彼岸赫葬』を連打。
 そして子供達が到着してから、二十分ほど。
 蔓延って居た夜妖丑も、残るは1体。
 勿論丑三つ時はまだ終わる事も無い。
「さぁ、そろそろこれで終わりにするよ!」
 と、ソアがぴょんと跳ねては接近。
 そして遊舞爪の一撃を食らわせ……最後の夜妖の影も、爪に切り刻まれ、崩れ墜ちていった。

●悪辣な子の形
 そして……どうにか子供達を無事に守りきったイレギュラーズ達。
「ふぅ、これで一件落着かねぇ……?」
 と息を吐く窮鼠……その背中に。
『うっ……ぅう……』
 と、半泣き状態で、身を震わせている子供達。
 ……そんな子供達に向けて、少しばかり強い口調で汰磨羈が。
「全く、やんちゃ坊主共め。これに懲りたら、丑三つ時に出歩こうだなど考えぬ事だ」
 と窘めるのだが、そこはやっぱり悪ガキ達。
『で、でもぉ……だって、ぇ……面白そうだったんだもぉん……面白い話じゃなかったら、こんな怖い話じゃなかったらぁ、来なかったもぉん……』
 泣きながらも、自分達は悪くない……と訴える。
 そんな子供達に、フルールが。
「そうね、興味があるのはわかるけど、こういう風に危険な場合もあるのです。自分達で対処出来る事なんて少ないのです。私達イレギュラーズでさえ『余裕でやれる』ことは、比較的少ないのよ? これだけ人数が居て、ようやくって事もあるの。だから、こういう事はもうしないで? 約束して?」
 とじっと子供達に視線を合わせながら叱りつけると、うっ……と更に目を潤ませる。
 そんな子供達へ、ソアが。
「そうね……ほーら、ほらほらほら、約束してくれないと、もーっと酷い目に遭うかもしれないんだから……ね?」
 子供の顔を、両手ではさんでむにむにしながらお説教。
 そんなイレギュラーズ達のお説教に……すっかりとしゅんとなり、反省する子供達。
 そんな子供達へヒィロがぽん、と肩を励ますように叩きながら。
「まぁ、皆無事だったんだよね?」
 と問い掛けると、子供達はこくり、と頷く。
「そう。それなら良かった。それじゃもう、この話はこれでおしまい! 後はちゃんと家に帰るんだよ。お母さん、お父さんがきっと心配してるからね?」
 こんな深夜の刻に出歩いたら、補導されかねないし……家に戻ったら雷が落ちるのは間違いないだろう。
 ……そんな子供達に、美咲が。
「仕方ないから、私達も一緒に送ってってあげるわ。でも、ここで見聞きした事は、絶対に秘密よ? 秘密を守れない子は……次はないからね?」
 子供達の注目を集めた所に、催眠をかけるが如くにパチンと指を鳴らす美咲。
 そしてヒィロが。
「そうだね。ボク達に御礼の言葉は要らないよー。ただ、もしちょこっとでも、感謝の気持ちを感じてくれるなら……そのまま勇敢に、元気で育って欲しいんだ。大きくなったらキミ達も、誰かを助けてあげられる人になってくれたら、ボクは嬉しいな!」
 と言い、それに迅が。
「そうだね。そういう強い子になってくれれば、この経験も活きると思うから、ね。応援しているよ!」
 と、肩を叩く。
 ……そして、ヒィロや迅、フルールらが子供達を家まで送る中、残るは窮鼠とソア。
「さて、と……」
 息を吐き、煙草に火をつける窮鼠。
 紫煙をくゆらせ、一息を付く。
 そしてソアは……取りあえず敵の痕跡を隠滅する様、砕けた破片等を片付ける。
 ……一通り片付け終わった頃には、うっすらと空が明るくなり始め。
「……もう朝か……帰ったら、ステーキ、食べよう」
 朝ご飯を心の中で決めつつ、神社を後にするのであった。

成否

成功

MVP

ヒィロ=エヒト(p3p002503)
瑠璃の刃

状態異常

なし

あとがき

再現性東京、悪ガキシナリオ、いかがでしたでしょうか。
恐怖を植え付けるだけでなく、ちゃんと諭すことも大事ですね……まぁ、この子達は目の前で皆さんの血飛び交う戦いを見た事で、かなりのトラウマにはなったと思いますし、親御さんにもこっぴどく怒られたと思います……。
ともあれ子供達を守っていただき、ありがとうございました!!

PAGETOPPAGEBOTTOM