PandoraPartyProject

シナリオ詳細

【急募】脅迫、恐喝、威嚇、恫喝。あるいは捕り物が得意な方【殺人でも可】

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 幻想沿岸に孤立した小島、監獄島。
 貴族殺しの大罪人、ローザミスティカによって実質的に支配されたこの島には、幻想国内の罪人たちがひしめき合っている。
 囚人達の中にはは一癖も二癖もある連中が多く。気まぐれに殺人を犯す者もいれば、ローザミスティカにこびへつらい、優雅な暮らしをしている者もいる。
 そして中には、ローザミスティカを支配者の座から引きずり下ろし、新たな支配者となろうとする馬鹿も居るのである。

「あー……テストテスト、マイクテスト……おい。聞こえてるかアホ共。いつまでそこに立てこもってるつもりだカス共。こんなのは時間の無駄だ。無駄は省こうゴミ共。さっさと全員武器を捨てて投降するか、テメェの首を掻き切って死んでくれ。頼むよマヌケ共……あ、そうだ。お前らは完全に包囲されてる……って、ハハ。これって最初に言わなきゃいけない奴だっけ」
 拡声器を手にやる気なさげに呼び掛けているのは、ルーイという名の看守だ。そしてその呼びかけは、看守たちによって包囲された大型倉庫、その中に立てこもった囚人達に向けられている。
「ウルセェエエエエエエエエ!! この建物はたった今からオレ達『プリズンデストロイヤー』のモノだ!! ここを起点にオレ達はこの島を制圧し、腐りきった支配体制を破壊する!! テメェらもヒデェ目に会わせてやるから覚悟しとけやクソ看守共!!」
 頑丈にバリケードが張られた窓の奥から、そんな声が聞こえてきた。ルーイは苛立たし気に舌打ちする。
「腐りきってるのはテメェらの脳みそだクソ共。己の実力を顧みろ。どいつもこいつも小物じゃねぇか。これは完全に脅しだが、このまま籠城を続けるならテメェらに待ってるのは想像も付かないような末路だ。簡単に死ねると思うなよ。最大限苦痛を与えながら人を殺す方法を熟知してるサイコ野郎がこの島にどれだけ居ると思ってる。テメェらは全員そいつらのエサに……」
「知るかぁあああああ!! 死ぬのが怖くて革命家なんてやれるかってんだ!! さっさとここから消えて、愛しのローザミスティカちゃんに媚びへつらうんだなぁ!! ヘーコラ頭を下げんのはテメェら看守の得意技だろ!? ハッハハハハハ!!」
「ハァ……これだから馬鹿は嫌いなんだ……つーか『プリズンデストロイヤー』ってなんだよダセェんだよ……ダセェのは顔面の作りだけにしてくれよ……ハァ」
 これ以上の呼びかけは無駄だと判断したルーイは、近くに立っていた部下の1人に拡声器を投げ渡し、カツカツとその場から立ち去っていく。拡声器を受け取った看守は、パタパタとルーイの後を追う。
「えっと……それで、これからどうするんですか、ルーイ先輩? 倉庫に火でも付けちゃいます?」
「バーカ。それじゃあ中の物資も倉庫も燃えるゴミ共も全員燃えちまうじゃねぇか……さっきは首切って死ねとか言ったが、どうであれここは監獄島だ。囚人が居なきゃ監獄は成り立たねぇ……可能な限り生け捕りにすべきだ」
「でもこれ以上放っといたら、いよいよ奴ら外で暴れ出しますよ? 倉庫の中にはまだまだ食料はあるでしょうが、無限では無いです……それに奴らは比較的雑魚いとはいえ、ガチガチの戦闘となれば僕達にも多少は被害が出るでしょうし……ルーイ先輩はメチャ強いから平気でしょうけど……」
「テメェも銃撃の鬼だろうが……しかしまぁ、テメェの言う事も一理ある……あー、どうすっかなー……」
 ポリポリと頭を掻くルーイ。だがその時、ルーイの脳裏にある名案が浮かんだ。
「フ……おい小娘……あー、お前名前なんだっけ」
「ユリです」
「おいユリ。人生の、そしてこの島の看守の先輩としてテメェに1つ、良い事教えてやるよ……素敵なライフハック。教訓って奴を」
「はぁ」
「『面倒な事は、他人に押し付ける』!! クク……これが人生を楽にする秘訣よぉ……!」
「はぁ、そうですか。キメ顔でこっち見るのやめてもらえません?」


「いよぉし、よくぞ集まってくれたなイレギュラーズ……いや、『看守見習い』ども。今日はテメェらに超重大任務を授ける。感謝しやがれ」
「僕も先輩も単純に面倒事を押し付けたいだけですが、ちゃんと報酬は出すのでよろしくお願いします」
 ベテラン看守ルーイとその後輩看守ユリは、集められたイレギュラーズ達を前に説明を始める。
「バカな囚人共がクソデケェ倉庫に立てこもった。烏合の衆だ。面倒だからどうにかしてこい。以上だ」
「以前からこの島の管理体制……というか、主にローザミスティカさんに不満を抱いていた囚人達が、徒党を組んでこの近くの区画にある巨大倉庫に籠城してしまったんです。先輩の言う通り奴らバカですから、恐らく具体的な計画も何も無く、とりあえず物が一杯ある倉庫を占拠したんでしょう……ホント、面倒だなぁ」
 とにかくバカで面倒であるのは間違いないらしい。
「武力で制圧……つーか、全員殺すのはそこまで難しくねぇ。連中大した実力ねぇからな……だが、奴らはゴミだがそれでも無駄に死者を増やすのは本意じゃねぇ。倉庫が燃えカスになるのもな。他の看守にも被害が……万が一死者が出たら割に合わねぇ。だから面倒なんだ」
「まぁでも、このまま被害が増すよりは、後腐れなく全員殺しちゃうのもアリだと思いますけどね。どうせ死んでも誰も悲しまない様な連中ですし」
 なるべく囚人を生け捕りにしたい派とさっさと死んでくれてもオッケー派に分かれている様だが、どうであれイレギュラーズ達の仕事らしい。
「そこでテメェらの出番だ。アホが詰め込まれた倉庫に突入して、奴らを制圧してこい。1人も殺さねぇってのは多分無理だろう。死ぬ最期の瞬間まで馬鹿な奴ってのは意外と多い……だがそこはテメェらの腕の見せ所だ。連中を脅せ。恫喝しろ。恐怖を与えろ。そして1人でも多く降伏させろ。あるいは無理やり縛り上げろ。殺すなとは言わねぇ。だが多くの囚人を生け捕りにする事が出来たら、より多くの報酬をくれてやる。俺のポケットマネーから」
「別に1人も生け捕りに出来なかったからって、怒ったりはしませんよ。面倒が減る事に違いはないですしね。既定の報酬はきちんと支払いますし、先輩のポケットが軽くなる事もありません」
 そこまでの説明を終えると、ルーイとユリはイレギュラーズ達に改めて視線を向ける。
「連中は馬鹿だ。馬鹿だから己の実力を知らず、力を合わせれば何でも出来るし負ける事なんてないと思ってやがる。そして馬鹿だから、自分たちはどんな脅しにも屈さない、どんな相手にも恐怖しないと思い込んでやがる――それは間違いだって連中に教えてやれ。期待して待ってるぜ?」
「あるいは己の愚かさと無能さ、僕達に面倒をかけたその罪深さを、死を以て教えてやってきてください……みなさんとはこれからも仲良くしたいので。是非頑張って下さいね?」

GMコメント

 のらむです。まじめな看守さん達の為に、囚人共をどうにかしてきてください。

●成功条件
 倉庫に立てこもった囚人全員を、死亡か捕縛のどちらかの状態にする

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●注意事項
 この依頼は『悪属性依頼』です。
 成功した場合、『幻想』における名声がマイナスされます。
 又、失敗した場合の名声値の減少は0となります。

●フィールド情報
 三階建ての巨大倉庫。上空からから見下ろせば正方形の形をしている。看守達が包囲中。
 北と南にそれぞれ出入口があり、全ての階層、全ての方角に窓がある。が、いずれもバリケードで塞がれている。屋上はあるが、建物内に続く階段等は無い。
 北と南の出入口付近に、一気に三階まで昇れる階段がある。
 倉庫の東側の窓の外には、1階から3階まで移動可能な物資運搬用のリフトが取り付けられており、現在も稼働可能。

●捕縛について
 ルーイとユリの協力によって、ロープや手錠や足枷などなど、大量の捕縛道具が提供されている。捕縛に適した自前の道具があるのならばそれらの使用も可。
 戦意を完全に失った囚人に自ら手錠や足枷を装着する様命令したり、武器を捨てて外に出て、看守達に投降する事を促して看守達に捕縛させたり、一定以上のHPを失った囚人に対し、至近距離において副行動あるいは主行動で捕縛を行う事が出来る。

●囚人達
 結構それなりの数が居るらしいが、正確な数は不明。プリズンデストロイヤーとか名乗っている。
 どこからか仕入れた銃火器や刀剣、あるいは倉庫内の物資で作った即席の武器等で武装している。全員物理攻撃のみを使用。
 1人1人は大した強さではない。とにかく頭に血が昇っており、今の所誰も降伏する気はない。
 烏合の衆と呼ばれるに相応しく、はっきりとしたリーダーもおらずほとんど統率は取れていない。勢いに任せているだけ。
 中には、どれだけ戦況が不利だったり徹底的に脅しても戦闘を止めようとしない本物の馬鹿も居る。

●ルーイとユリ
 倉庫の外でお菓子とか食べながらみんなを応援してくれてます。
 2人とも生粋の面倒くさがりで、仕事に協力する気は1ミリもありません。

●追加報酬について
 OPの記述通り、多くの囚人を死なせずに依頼を終えれば、追加の報酬が出ます。
 その数によって、額は変動します。

 以上です。よろしくお願いします。

  • 【急募】脅迫、恐喝、威嚇、恫喝。あるいは捕り物が得意な方【殺人でも可】完了
  • GM名茶零四
  • 種別通常(悪)
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年01月14日 22時01分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (8人)

マカライト・ヴェンデッタ・カロメロス(p3p002007)
黒鎖の傭兵
エマ・ウィートラント(p3p005065)
Enigma
茶屋ヶ坂 戦神 秋奈(p3p006862)
音呂木の巫女見習い
ニコラス・コルゥ・ハイド(p3p007576)
名無しの
セレマ オード クロウリー(p3p007790)
性別:美少年
ライ・リューゲ・マンソンジュ(p3p008702)
あいの為に
鏡(p3p008705)
玄緯・玄丁(p3p008717)
蔵人

リプレイ


 立て籠もっている場所から聞こえてくる声には、無駄な元気もまた籠っていた。
「まぁどんなとこにもバカっているもんだし色々大変だよな、うん。そんなバカも嫌いじゃねぇんだがよ……だが空気読めなきゃ不幸が起きるのもまた世の常ってな」
「看守って、幼稚園の先生みたいで大変なんですねぇ……」
 建物を見上げ『博徒』ニコラス・コルゥ・ハイド(p3p007576)は吐息一つ零し『あいの為に』ライ・リューゲ・マンソンジュ(p3p008702)もまた――プリズンデストロイヤーなどと陽気に名乗る彼らの様子を伺いながら看守達の苦労を察すものである。
 だからこそ早急に終わらせてやるとしよう。
 動く。入るべき場所は北と南の二カ所。
 敵の数は未知数。されどその実力の程は知れているのであれば。

「はっはっは――!! 私ちゃん参上なんだぞっ! 秋奈っちゃんの活躍をご覧あれー!」

 南側より『奏でる記憶』茶屋ヶ坂 戦神 秋奈(p3p006862)が派手に往くのだ。
 外で待機するルーイとユリに応援よろしく☆と手を振りながら、扉を蹴破るかのように。入れば見える見える有象無象の囚人達が。
「出やがったな! 俺達ぁ降参しねぇぞボケが――!!」
「ほふーん? 未だに戦意があるなんていい度胸だね。
 それなら――イレギュラーズの私ちゃんに勝てたら話を聞いてもらえるかもね?」
 構ゆる緋い刀身。血気盛んな囚人共を挑発する様に立ち回れば――視線が彼女へ。
 剣撃、衝突の金属音。
 攻勢が集中する――看守達が、雇われたイレギュラーズが攻めてきたと全域に伝わって。
「やれやれ……時折聞く監獄島に来てはみたが……まさか、馬鹿の集まりの世話とはな」
 同時。『黒鎖の傭兵』マカライト・ヴェンデッタ・カロメロス(p3p002007)の一撃が、秋奈に引きよせられている者を捉える。
 それは身体から生える三本の鎖を腕甲に変化させて装着するモノ。特殊な魔力経路が刻まれているソレは獲物を眼前に見据えれば――淡く光り輝くかのように。紡ぐ一撃が踏み込みから囚人の腹を撃ち抜けば。
「ま、これも仕事なら仕方ねぇって所かね。
 上手い事……そこそこのボーナスになれば儲けってとこか」
 その戦闘能力を奪うのだ。
 悶絶させつつも命は取らぬ。同義云々以前に――そうした方が『銭』が多い故に。
 囚人をどれだけ捕える事が出来るか。さてさて一階に、今の所見えるのは四、五……いやまだいそうな気配がする。可能な限りぶっ飛んだ『馬鹿』がいないことを祈るものだが。
「監獄島に投獄されておいて革命家などと名乗るとは……まぁ人が己をどう名乗ろうと自由ですがそれはそれとして、本気でこの島を統治している連中に大事を成せると思っているようで」
 しかし一方で『Enigma』ウィートラント・エマ(p3p005065)は彼らがどんな『暴力的』な輝きを魅せてくれるのか――期待もしている。
 ああ楽しみだ。こんな場所で、己を通す為にわざわざ蜂起したのか。
 感情の発露。ありのままの底を晒す者達よ。
「さてさて、はりきって行くといたしんしょうか?」
 ――意志の輝きを示してみせろ。
 囚人達は雄叫びと共に抵抗を見せている……が、一階にいるのが全てではないのだ。二階、三階にもそれぞれ分散していよう。突入の騒ぎを感じ取れば下に降りてきて総力戦となる可能性もあり……ならば今のうちにとウィートラントが目指すは『二階』だ。
 往く。上へと続く階段への道、邪魔する者がいるならば押し通って。

「――ごきげんよう囚人諸君。バカ騒ぎのパーティは、楽しいかい?」

 その時『性別:美少年』セレマ オード クロウリー(p3p007790)が北側の入口より一歩踏み出すのだ。扉を開いたと同時に暗雲の幻影を繰り出せば、南側に集中していた囚人達には一瞬のどよめきが。
「な、なんだぁこいつはぁ!」
「落ち着けぇ! 看守の連中だろ撃て――!」
 それでも味方ではない事だけは確かだと暗雲へと放つは銃撃。
 如何に隠れるような仕草をしようともこれは所詮幻影だと――
 しかし。
「無駄だよ」
 暗雲より現れたセレマに――堪えた様子などなかった。
 むしろその表情は微笑みに満ちている。であるばかりか背後にあるのは厳重に封鎖された門扉だ。今の一瞬であのような封鎖を果たした……? いやあれも幻影だと勘付く者もいる、が関係ない。
 これは象徴だ。
「君達は逃さない」
 幻影なれど具現とする扉。
 ここから先――君達に自由などないのだと。
「いやぁ、自ら進んで箱詰めされてくれるなんてお利口さんですねぇ。窓にはバリケードの数々……内から蓋までするとは、えぇえぇ実に素晴らしい行いです」
「大人しく投降すれば死なないよ?
 手を出すつもりならぁ、その前に殺すから安心して死んでね?」
 更にその時、上層階を目指す為に現れたのが鏡(p3p008705)と『蔵人』玄緯・玄丁(p3p008717)の二人である。
 一階の囚人達がセレマや秋奈達に気を取られた隙に、一気に三階へと。
 さすればタイミングを少しずらした故か、階段から下りて来ようとしていた者と接敵するが――
「あーあ……もう少し早いか遅いかしていれば痛い思いはせずにすんだのに」
 一切聞く耳持たず。囚人の叫びよりも早く、玄丁の剣閃がその身を穿った。
 殺すまでは切らないが、かといって温く撫でた心算もない。
 まずは三階まで行くことこそが優先だ。一階、二階、三階……全てで戦線を開き、誰一人として外へは逃がさぬ。
「ふふふ……ああ、看守さん達には伝えてほしいですからね――
 ミズ・ローザミスティカに、我々の活躍と、よろしくと言う言葉を」
 道中。玄丁が斬り捨てた囚人の顔と声を鏡は確認しながら。
 想いを馳せていた。
 こんな革命気取りの馬鹿共とは違う、この監獄の本当の支配者の事を。


「なにしてやがる! 相手は少数だぞ、囲んでやっちまえ!!」
「うるせぇ指図してんじゃねぇよ!!」
 各地で開かれた戦端は囚人たちに少なからぬ混乱を巻き起こしていた。
 イレギュラーズ達が全ての階に攻撃を加えた事が、リーダー不在という囚人達の致命的欠陥に更なる響きを加えていたからだ。もしも彼らにリーダー的存在がいれば、統制と共に各地で反撃が行われていたかもしれない。
 しかしいないのであれば斯様な事が行われる事はなく、正に烏合の衆だ。
 目の前に現れた敵を倒す事しか考えられぬ連中ばかりであれば大した事は無い。
「争いは悲しい事です……しかしながら、今ならばまだ間に合います……
 どうか、此処は矛をお納めください……神はまだ貴方達を見捨ててはおられません……」
 であればとライは敬遠なシスターが如き采配を。
 いるは二階。自らの眼前に現れた囚人たちを諭すように、祈りを紡ぎながら。
「なんだぁ? シスターが迷い込んだか? へへっ、今更神なんて俺らが信じるかよ!」
「ほう……そうですか……では」
 直後、ライの顔に微笑みが『貼り』付いて。

「降伏頂けない皆様は……精々祈れよ、溝鼠ども」

 そのまま――彼女は愚かなる馬鹿共へと銃撃を乱射した。
 狙うは胸。神に捧げよその心臓をと、平和への祈りと共に争いの元を断ち切る。
 悲鳴、絶叫、怒号……そのまま跳躍し、倉庫の影の方へ。
 遮蔽物を利用して敵の攻撃を妨げんとする。頭の緩んだ駄々っ子には躾を。
「もしくは間引きをしろと――ええ、承知しました」
 見据える先。透視の力をもってして、遮蔽物の先を覗くのだ。
 ああ――見えるぞ罪深い貴方達の姿が。
「降参し、武器を捨てて両腕を挙げればそれで良しって所ですんが……
 しないのであれば……あぁまぁ、仕方がないでごぜーますよね」
 時を同じく。ウィートラントもまた二階で活動していた。
 一応の降伏勧告。聞く耳持つ者がいればそれで良し。
 しかし聞かぬのならば知らぬと――彼女は殺傷の霧を周囲に放ちながら。
「死んでしまっても」
 紡ぐ言葉は全てが本気。降参するならなるべく早めにと。
 そも、彼女は囚人たちの輝きが見たいだけなのだ。囚人たちの命やその思想などはどうでもいい事である。いやむしろ革命家としての思想を持っているならば、その途上で死ぬる事は己が心に殉じた結果と思えば。
「むしろ本望でごぜーましょ? 夢の半ばで果てる事は、歩み続けた結果でありんすから」
 ならばよりもっと追い詰めた方が良いかと――彼女の心は更なる未来へと心躍っていた。
 ――二階はライとウィートラントにより追い詰められている。
 そして似たような状況は三階でも行われていて。
「ぎゃあああ――ッ!!」
「クフ、ウフフ……こんなあっけなく行けますか。行けてしまいますか。
 流石烏合の衆と呼ばれるだけありますねぇ、プリズンデストロい……」
 特徴的な笑みを携えているのは鏡だ。しかしその姿は先程までとは些か異なる。
 それは彼女に宿る祝福の恩寵。姿を一定の条件の下に『視た』事がある者へと変え――同時に聞いた声を『再現する声』にて敵の油断を誘ったのだ。
 本来であれば多少なり違和感を生じる事もあっただろう。
 しかし導く者のいない統制乱れた環境では鏡の奇襲に抗えず。
「……フゥ、さてぇ。普段なら皆殺しですがぁ、今日は特別大サービス、少しでも生き残りたい人は下の階に逃げ降伏を叫びなさい。うまーく行けばまだ生き残れるでしょう」
 構える妖刀。今からここはブラッド・バス。
 逃げ道無き箱の中だと――紡いで。
「アナタ達の持ち場がここだったこと、私がここに来たこと、その悪運を恨みなさい」
「し、しゃらくせぇ! ぶっ殺してやらぁ――!!」
 狂乱陥る囚人達。
 さればその懐を――神速の抜刀が幾重にも突き抜けた。
「諦めねぇってか? うんうん、そいつはいいことだ。
 確かに諦めなけりゃ可能性は残る。道は残る。それは否定しねぇさ」
 同時。そんな様子をニコラスは眺めながら。
「だがよ、状況を見ろ。現実を理解しろ。テメェらのそれは駄々をこねて見たくねぇものから目を逸らしてるだけだ。諦めねぇ、革命を起こすってんならちゃんと現実をみて判断しやがれ、馬鹿共が――あんまり聞き分けがねぇなら、こちとらも一つの『オーダー』通りにやるしかねぇんだぞ」
 踏み込む。確かな意志と、確かな膂力を持って囚人達の方へ。
 生かすか、殺すか。ある程度は任されているのだ――が、そもそも『生かされる』意志がないというなら道は一つしかなくなるのだ。それはお前達の態度次第なのだと、彼が紡ぐは一つの斬撃。
 それは不殺の意志。生かしたまま相手を無力化する術の一つ。
 倒れたままであれ馬鹿共よ。それでも抗おうとするならば――もう一つの、無数の斬撃を繰り出さねばならぬのだから。
「うーん、扇動した奴がここにいそうなんだけど・ね。
 どいつかなぁ。まずはそいつらを早い所見つけないとねぇ」
 更に三階の別方向では玄丁の刃が降り注いでいた。
 リーダーがいないと言っても扇動した輩はこういう高い所にいそうだと見込んでいる。物陰から現れた輩に後の先たる交差の斬撃を叩き込み、武器を弾いて尚一閃。
 積極的に殺しはしないが、しかし手加減もまたしない。
 ああしかし歯ごたえのない者が多い事だ。数ばかりいて質が伴っていない。
「はぁ、まったく……鏡おねぇさんとも斬り合いたいんだけどねぇ……
 ねぇ、今度勝負しませんかぁ? 時間が空いた時でいいですからぁ」
「ははは――まぁ検討しておきましょう。その内、ね」
 されど数があれば囲まれる事はあるものだ――だから玄丁は跳躍し、鏡の背後へと。
 互いに互いの背をカバー出来るように。
 合わせで潰す血飛沫の間の死角を。さぁさ踊り食いはこれからなのだから――

「ひ、ひぃいい! なんだこいつはぁ!!」

 そして一階。窓を潰している以上、主たる逃げ場はここだけだからと。
 セレマは北の入り口にあり続けていた。
 幾つもの攻撃を受けても。幾つもの致命傷を受けてもなお――彼は倒れない。
「リフトはもうない。いい加減に諦めたらどうかな?」
 再定義し続ける身体が彼を支えていた。
 『どれだけ傷ついても無傷なまま復活する恐怖』と『雑魚はどこまでやっても無駄という徒労』を彼らの心に植え付けてやろう。外のリフトも――特にチームの中で利用する者もいなかったので真っ先に落としておいた。
 抱け、絶望を。君達の見ていた希望の光などここにはない。
「ああ、でも」
 これならあるかなと、セレマはふと思い出したかのように己が手より光を放った。
 それは邪気を払いて焼く聖なる光。
 邪なる目を潰さんとする――不殺の意志が象徴。
「どーしたどーした! 私ちゃんを突破も出来ないなんて、やる気あるのかー!?」
 同時。秋奈の影が南側の入り口で――舞う。
 セレマが北を抑えるのならば彼女は此方を、だ。
 誰一人として通さぬ。陽気な口調を紡ぎながら、囚人たちを抑えつつ――その力も奪っていき。
「私ちゃんは遊びで来たんじゃないんだぜ? そっちは遊びだったかもしれないけど……え、違う? うっそだー。とはいえどうよどうよ? どっちにしろ楽しんでやっていこうじゃあないのっ!」
「くっ、こ、小娘如きが……!」
「さぁ私ちゃんをやっつけるのはどこのどいつだい――? あ、もしかして口上があった方が燃える? なら――さあさあ、血華咲かすは我が刀なり! 敗北せし者は大人しく即お縄の死合舞台! 我が刃の名は奏! いざ! 尋常に!」

 ――勝負ッ!

 奮戦する秋奈の防衛線を誰もが突破できない。いや、突破したとて外には看守たちが待ち構えているが故に、突破が目的ではないのだが――道を塞がれているという心理的圧力を彼らは消し去りたかった。
 だが出来ぬ。秋奈の剣閃は鋭く、針の穴を通すが如く。
 無力化した者は油断すればお縄にもなりそうで。
「うんうん? おっとっと? 逃げちゃだめだよ? どうせどっこにも行けやしないんだからさ! さっさと穏便に捕まってくれるとありがたいなー!」
 世間の厳しさ教えてアゲル――! 
 剣撃一つ。逃がさぬ誰もと、その力を彼女は奪い去って。
「なぁまだやる気あるか? ああいや……それじゃあ一人ずつ聞いていくか」
 直後。動いたのはマカライトだ。
 戦う力を喪失しかけている者へと詰め寄り、一人ずつ『丁寧』に質問を。
「応えるのは単純だ。YESかNOか、それだけでいい――投降するか?」
「だ、だれが看守の手先になんぞ、ヒ、ギャッ!!」
 YESかNOですらなかったのでとりあえず指を逆側へと『矯正』してやった。
「あと九本あるな。もう一回だ……投降するか?
 お前以外にもまだたくさんいるんだからサクサク行くぞ?」
 指では地味かなと思えば、武器を手足に突き立てたり。
 或いは盾で顔面を殴打したりしてもいいかもしれない。
 ――ああ別にNOの答えを期待なんてしてないから、そんなモノが飛び出てきたら肉片千切り飛ばすかもしれないが。
「まぁ、その。こっちもボーナスがかかってるんでな」
 機械の様に冷徹に。ただただ役割を――成すとしよう。
 周囲の囚人達にも『何が』起こっている分かる様にやりながらマカライトは紡ぐ。
 だって銭が減るんだぜ? 居た堪れないだろ――明日の財布の中身がよ。
「ひ、ひぃぃい! 待て、待ってくれ! 降参、降参するよ!」
「馬鹿野郎! プリズンデストロイヤーの志を忘れたのか! 俺は最後まで戦うぞ! ローザミスティカの奴にプリズンデストロイヤーの旗を打ち立ててやるんだああああ!!」
 さすれば戦闘力を失った者の中から段々と白旗を明確に挙げる者が出てきた。
 ……と同時に『それでも戦う』という者も目立ち始めるものだ。
 降伏する者には手錠を。まだ尚戦意を抱く者には。
「ああ、そう。それでいいでごぜーますよ。灯火は最後までねーといけねーんです」
 死を。
 しかしウィートラントは満足していた。降伏する者にはもう輝きがないから。
 興覚めなのだ水を掛けられた革命者など。最後のくすみなど見たいものか。
 その点最後まで諦めぬ愚かしさの輝き――まこと見事。
「薄汚い鼠が隅に立て籠もっているようですね……さぁ駆除しましょうか」
「やれやれ、これ以上血浴びるのは嫌だろうになぁ……」
 微笑むライ。鉄の匂いのする平和への祈りを彼らの身へと届けながら、マカライトは吐息を一つ零していた。
 終わりだ。やがて全て鎮圧されよう。
 生き残った数は幾つかと――指を示して数えながら。
「ふふっ、捕縛だって……優しいよね。そんな指示を出す看守も皆も、さ」
 同時。三階では血の海の中に玄丁がいた。
 捕獲? 僕はしないよ。だって、公的に殺していいからここに来たんだからね?
「まぁ下に逃げた奴まではどうでもいいけど……ああ。凄い銃撃の音だね。綺麗な顔した化け物が陣取ってる場所に逃げ込んだのは幸せだったのかなぁ? ……と、ああそういえば鏡お姉さんもでしたね」
「ん――? なんですって、玄丁くん?」
 こわいこわいと紡ぐ背後。
 衣類破れて血の糊纏う鏡は、倉庫の中にあった適当な布を纏っていた。
 両断した数幾末か。数えてなどいないが、さて、さて。
「ク、フフフ――さてさて冥土の土産にでもなったのなら、良いのですが」
 死出の旅に送った者達の事を想いながら彼女は笑みを携えていた。
 血の中で。鼻歌を刻むかの様に。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

 この度代筆を担当しました茶零四です。

 革命気取りの者達は鎮圧され、監獄島には再びの平穏……平穏? が戻りました。
 しかしまたいずれ監獄からの依頼がある事もあるでしょう。

 ありがとうございました。

PAGETOPPAGEBOTTOM