PandoraPartyProject

シナリオ詳細

お加減いかが、妖精さん。

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 木漏れ日が気持ちいい、新緑の過ぎようとしている夏。
 野原には秋の花が咲こうとしている。涼やかな風。もうすぐ淡く色づいたとりどりの穂花がふわふわと手招きする季節だ。

 まだ青い、ほぼ葉の上をよろよろとよろめくように青っぽい妖精が飛び、その脇をありえない無軌道で薄ピンクの妖精が飛んでいる。いつでも手を差し伸べられる距離に世話をしているメンテさんという幻想種。そして、様子を見に来たローレットの情報屋・『そこにいる』アラギタ メクレオ(p3n000084)が歩いている。
「何のお話をしていたのでしたっけ? ああ。ネームプレートとドントフォーゲットミーのお話でした。しばらくは新緑にいるのですよぅ」
「私がこんなだから、この子の面倒を見るメンテが必要なのよ。ものすごく感謝してる。せめて、お礼に鼻を利かせて魔よけの草摘みを手伝わせるわ」
「ドントフォーゲットミーは、おとなしくリハビリをするといいのですよぅ」
「なんでこういうことは、するするしゃべるのよ!」
「ドントフォーゲットミーのことは忘れないからですよぅ」
「自分のことも忘れるなっ!」
「ネームプレートとドントフォーゲットミーではドントフォーゲットミーを覚えてた方がいいでしょう?」
「ああいえばこういう~」
「――えっと、何の話をしていたんでしたっけ」
 メクレオは声もなく笑った。
 あかん。全然聴取にならん。なんか技能がないと。


 フェアリーシードから辛くも救出された妖精・ドントフォーゲットミーは現在諸般の事情により新緑に滞在している。
 死のギリギリまで抽出された生命力を少しづつ回復しているのに合わせ、長らく石に封じられていたためすっかり低下した身体機能の機能訓練をしている。
それと、脳の回路が独特な相方の面倒を見るのを両立させるのは無理と判断されたのだ。賢明である。
「――という訳で。やっぱり特殊な状態だったから、未来のためにデータ取りたいんだよ。ドントフォーゲットミーの様子見てきてくれない? 専門職がくっついてるからドントフォーゲットミーの体調の心配とかはしなくていいよ。要はお見舞いしてきてくれないってことさ」
 穏やかな新緑では外部刺激が少ないということだ。戦闘の残り香がするローレットイレギュラーズがもたらす少しのストレスと大いなる気晴らし。
「飛行訓練に付き合ってあげなよ。森のなか、妖精には危険なものもいるからね。後、ネームプレートとか」
 見てないと、どっかに飛んでくから。
「えーと、その。なんだ。まあ、妖精との面識があるみんななら、大体わかるだろうけど。妖精と建設的な会話をするのめっちゃ難しい。ネームプレートは協力するのはどうにか覚えてくれたみたいだけど、そもそも何話してたかすぐ忘れて脱線するし、ドントフォーゲットミーだって、最大限協力する気でいてくれてるけど、気になるところは全部追求し切らないと次の会話を始めない!」
 べしべしと机をたたいている。あまりに収穫がなくて焼き菓子が胸に詰まって、いつもの半分しか食べられない。
「もうね。聞けるとは思ってないから適当に連中にしゃべらせて気になるところを抽出しよう?」
 話がヘムルダリオンを経由してアルヴィオンに吹っ飛んでいくところをどうにかして、ヒアリングしてきてくれ。もう、それだけでいい。マジで頼むぞ。ローレット・イレギュラーズ!

GMコメント

 田奈です。
 アフターアクションありがとうございました。
 フェアリーシードから解放されて、お体ガッタガタの妖精「ドントフォーゲットミー」のお見舞いに行ってくれませんか?
 リハビリしてる森もフラフラ飛んでる妖精にとっては危険な動物がいっぱい。
 メクレオからリスニングも頼まれてますが、もう顔見るだけでもいいんじゃないかな!

*このシナリオはラリーシナリオです。
 一つの章で4人~10人程度まで採用予定です。
 二章以降の参加の場合、初めからいたという扱いになります。
 描写の際、何人かまとめてする場合があります。
 決まったグループで行動する場合は、【(統一グループ名)】を文頭にお願いします。
 一人でアクションの場合は、【孤高】を文頭にお願いします。

 一節
 野原でリハビリ――まずは、ご機嫌をうかがおう――
*ドントフォーゲットミーとネームプレートが幻想種のメンテさんとリハビリしてます。ついつい遊んでしまって、あんまりはかどってはいないようです。
 リハビリのお手伝いしましょう。
*ドントフォーゲットミーは現在色々枯渇している状態なので、通常の治癒スキルではかえって回復の妨げになる状態です。ギフトなどが受け入れられるかは、お世話をしているメンテさんの判断によります。

二節
 野原でのんびりしましょう。警戒しながらのんびりしましょう。

三節
 新緑の森も安全ではありません。なんか出ます。何が出るかは一節と二節での行動によります。注意していれば強力なものは去っているでしょう。
 

*妖精「ネームプレート」
 身長30センチ。白からピンクに変わる髪とそれに合わせた装束。
 男の子だ。
 ミョウガの妖精。
 首から名札を下げているが、字が擦り切れていて読めないし、本人も覚えていない。だから「ネームプレート」
 丁寧にしゃべり、はきはきしているが、3秒後にさっきまで話していた内容を忘れる。
 幸い根気よく話し続ければ、しばらくは覚えているし思い出せる。
 多動気味。目を離すとどこかに行く。束縛されるのが嫌い。
 覚えてないので反省できない。
 ドントフォーゲットミーは大好きですよ?

*妖精「ドントフォーゲットミー」
 身長30センチ。白い手、青い髪、黄色い瞳。抜けるような青い妖精。
 丁寧にしゃべるが、これはツッコミだ。ネームプレートのことはあの子呼ばわり。
 思いついたことは全部話さない時がすまない。大体、その間にネームプレートが本題を忘れる。
 ネームプレートはほっといたら死ぬ。実際はそんなことはない。結構図太い。
 メンテには深く感謝している。絶対この恩は返す。

*幻想種「メンテ」
 ネームプレートとドントフォーゲットミーを自分の家に住まわせて、面倒見ている幻想種の女性。一切ストレスは感じていないようだ。メンタルがミスリル。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

  • お加減いかが、妖精さん。完了
  • GM名田奈アガサ
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年10月17日 20時54分
  • 章数3章
  • 総採用数13人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌


(リハビリか……俺のできそうなことはないかな……鍛冶屋でリハビリに有効なこと……なんだろう……杖を作るとか?)
 幻想種メンテの家を訪れた『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)は、はわはわしていた。
「ありがとう。私をたすけに来てくれた子よね」
「いえ、どういたしまして」
 本能的衝動に駆られて、心も体も猪突猛進でした。とは、言いにくい。
 勿忘草の妖精のドントフォーゲットミーは、サイズの妖精の体と目を合わせようとしている。
 どんな顔をすればいいのかわからない。本体は鎌の方なのだ。
「何かしら、この素通り感。気になるわ。とても気になって仕方ないわ」
 メンテが、以前の依頼でサイズが「死んでしまう! こいつは天敵だ!」と喚いていたことを覚えていた。鎌の方が本体であることを手短に告げた。
「――ああ、こっちが本体なのね。うん。そうね。心はこっちね。すっきりしたわ」
 本当に気になることがあると、そこから梃子でも動かないのだ。
「リハビリ用に、何か道具を作って差し上げたいと。杖とか――」
 どうにか本題に突入できた。
「そう? 杖も悪くないけど、あまり歩いたりしないし――。そうね。これがいいわ。あなたと妖精の体をつないでる鎖。この鎖の先の両方にベルトをつけたのが欲しいわ」
 素敵、素敵。と、ドントフォーゲットミーは笑顔を見せた。
「ネームプレートと私をつなぐのよ。そうしたらもうはぐれないでしょう?」

成否

成功


第1章 第2節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌

 サイズ――正確に言うと、妖精の体の方――目をぱちくりさせた。
(二人を繋げる鎖か……下手したら監禁? 軟禁? にならないか……)
 サイズが思案している間も、ネームプレートは「何をしていたんでしたっけ?」と呟いている。
(でも……そのくらいの思いの強さの方がいいのかな……)
 重たい鎖がそのまま気持ちを表現する。
「よし、ならば作りましょう! とっておきの鎖を!」
(イレギュラーズの中ならもっとも金属を取り扱えると断言できる……この鍛冶妖精鎌のサイズがな!)
 ひょっとしてそうじゃないかも。という考えがちらとよぎったが、ドントフォーゲットミーが満面の笑みで頷いたので、意識の隅に追いやった。

 作業は時間をかけて行われた。
 鉄インゴットを溶かし、鍛冶道具で打って調整する。
「頑丈に錆びないように強固な絆のようなそこそこ長く頑丈な鎖をね……」
 ベルトは、お互いの腰をつなぐものにした。手や脚では動きに支障が出る。
「これを二人に繋げば離れ離れになることはもうないと思うよ!」
 完成した興奮で敬語が吹き飛んだ。つかず離れずの距離を取るのが可能な鎖。
「妖精用だと結構細くなるんですね」
 メンテが持つと首飾りのように見える。病み上がりのドントフォーゲットミーの負担にならないくらいの重さだった。
「ありがとう、サイズ。これでネームプレートのことばかり考えずに済むわ」

成否

成功


第1章 第3節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌
リゲル=アークライト(p3p000442)
白獅子剛剣


 二人の妖精が笑いながら回っているのを見て、『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)は達成感に包まれていた。
(いい仕事した―、これで二人が離れ離れにならずに済むな……)
「リハビリか。 いいね!」
『白獅子剛剣』リゲル=アークライト(p3p000442)はフェアリーシードに取り込まれた妖精を何人か見た。
 一人は、リゲルのアルベドから救出された。一人は、彼の妻のキトリタニスに吸収された。
 せめて、助かった妖精の力になりたいとお見舞いに来たのだ。
「少しずつ体を動かして、強張りを解すのも良いかもしれない。ゆっくり飛んでみるかい? 落ちそうになるならば俺が受け止めるよ」
 自己紹介の後に、リゲルは両掌を丸くして二人を受け止める仕草をして見せた。
「じゃあ、お言葉に甘えてしまいましょう」
 飛ぶ二人をフォローできるようリゲルがついて歩いた。その後ろをサイズとメンテ。
(……記憶力高められたらいいんだがな)
 メンテが思いにふけっサイズに告げた。
「ネームプレートは茗荷の――物忘れの妖精ですから、もし物覚えがよくなったら、ネームプレートではなくなります――あなたは、妖精に尽くす方ですね? そういう感じがします」
 幻想種も、妖精の世話を焼かずにはいられない。
「例えば、火の妖精の燃える髪を鎮火させようとは思わないでしょう? それにネームプレートの忘れんぼも必要なんですよ」
「もういやぁっ!!」
 金切声に目をやると、ドントフォーゲットミーが声を張り上げていた。
「また落ちちゃった。さっきも落ちたわ。その前も落ちたわ。もう私だめなのよー!」
 忘れられない勿忘草の妖精に失敗経験の山がのしかかって押し潰す。
 ネームプレートは、首をめぐらせた。
「きっと大したことじゃないのですよぅ。ネームプレートが忘れてます。だから、気にしなくていいことなのですよぅ」
 ネームプレートはドントフォーゲットミーの手を取った。
「でも、リハビリは大事なことなのですよぅ。忘れてませんから」
 ネームプレートがドントフォーゲットミーの記憶にふるいをかける。忘れていいのは気にしない。
 ドントフォーゲットミーは、リゲルの掌の上で起ちあがった。
「――偶には歩いてみるのも良いかもしれない。素足を地につけるのも気持ちいいんだ。やってみるなら、魔物が来ないか見張っているよ」
 リゲルは提案した。それもいいかもしれない。
「一休みいたしましょう。サイズさんが卵粥を作ってきて下さいましたから。みんなでいただいて、その後歩いてみましょう」
「え、俺は携帯食料で――」
 サイズはたじたじと答えた。本体は鎌で。妖精の体を維持できれば問題ないのだ。
「苺を持ってきたが、どうかな? 妖精は何が好きなんだろう。これを機に知ることが出来たら嬉しいよ」
 飲食制限などの問題がなければ、是非、一緒にお食事を。と、リゲルと妖精二人がサイズに笑いかけた。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM