PandoraPartyProject

シナリオ詳細

お加減いかが、妖精さん。

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 木漏れ日が気持ちいい、新緑の過ぎようとしている夏。
 野原には秋の花が咲こうとしている。涼やかな風。もうすぐ淡く色づいたとりどりの穂花がふわふわと手招きする季節だ。

 まだ青い、ほぼ葉の上をよろよろとよろめくように青っぽい妖精が飛び、その脇をありえない無軌道で薄ピンクの妖精が飛んでいる。いつでも手を差し伸べられる距離に世話をしているメンテさんという幻想種。そして、様子を見に来たローレットの情報屋・『そこにいる』アラギタ メクレオ(p3n000084)が歩いている。
「何のお話をしていたのでしたっけ? ああ。ネームプレートとドントフォーゲットミーのお話でした。しばらくは新緑にいるのですよぅ」
「私がこんなだから、この子の面倒を見るメンテが必要なのよ。ものすごく感謝してる。せめて、お礼に鼻を利かせて魔よけの草摘みを手伝わせるわ」
「ドントフォーゲットミーは、おとなしくリハビリをするといいのですよぅ」
「なんでこういうことは、するするしゃべるのよ!」
「ドントフォーゲットミーのことは忘れないからですよぅ」
「自分のことも忘れるなっ!」
「ネームプレートとドントフォーゲットミーではドントフォーゲットミーを覚えてた方がいいでしょう?」
「ああいえばこういう~」
「――えっと、何の話をしていたんでしたっけ」
 メクレオは声もなく笑った。
 あかん。全然聴取にならん。なんか技能がないと。


 フェアリーシードから辛くも救出された妖精・ドントフォーゲットミーは現在諸般の事情により新緑に滞在している。
 死のギリギリまで抽出された生命力を少しづつ回復しているのに合わせ、長らく石に封じられていたためすっかり低下した身体機能の機能訓練をしている。
それと、脳の回路が独特な相方の面倒を見るのを両立させるのは無理と判断されたのだ。賢明である。
「――という訳で。やっぱり特殊な状態だったから、未来のためにデータ取りたいんだよ。ドントフォーゲットミーの様子見てきてくれない? 専門職がくっついてるからドントフォーゲットミーの体調の心配とかはしなくていいよ。要はお見舞いしてきてくれないってことさ」
 穏やかな新緑では外部刺激が少ないということだ。戦闘の残り香がするローレットイレギュラーズがもたらす少しのストレスと大いなる気晴らし。
「飛行訓練に付き合ってあげなよ。森のなか、妖精には危険なものもいるからね。後、ネームプレートとか」
 見てないと、どっかに飛んでくから。
「えーと、その。なんだ。まあ、妖精との面識があるみんななら、大体わかるだろうけど。妖精と建設的な会話をするのめっちゃ難しい。ネームプレートは協力するのはどうにか覚えてくれたみたいだけど、そもそも何話してたかすぐ忘れて脱線するし、ドントフォーゲットミーだって、最大限協力する気でいてくれてるけど、気になるところは全部追求し切らないと次の会話を始めない!」
 べしべしと机をたたいている。あまりに収穫がなくて焼き菓子が胸に詰まって、いつもの半分しか食べられない。
「もうね。聞けるとは思ってないから適当に連中にしゃべらせて気になるところを抽出しよう?」
 話がヘムルダリオンを経由してアルヴィオンに吹っ飛んでいくところをどうにかして、ヒアリングしてきてくれ。もう、それだけでいい。マジで頼むぞ。ローレット・イレギュラーズ!

GMコメント

 田奈です。
 アフターアクションありがとうございました。
 フェアリーシードから解放されて、お体ガッタガタの妖精「ドントフォーゲットミー」のお見舞いに行ってくれませんか?
 リハビリしてる森もフラフラ飛んでる妖精にとっては危険な動物がいっぱい。
 メクレオからリスニングも頼まれてますが、もう顔見るだけでもいいんじゃないかな!

*このシナリオはラリーシナリオです。
 一つの章で4人~10人程度まで採用予定です。
 二章以降の参加の場合、初めからいたという扱いになります。
 描写の際、何人かまとめてする場合があります。
 決まったグループで行動する場合は、【(統一グループ名)】を文頭にお願いします。
 一人でアクションの場合は、【孤高】を文頭にお願いします。

 一節
 野原でリハビリ――まずは、ご機嫌をうかがおう――
*ドントフォーゲットミーとネームプレートが幻想種のメンテさんとリハビリしてます。ついつい遊んでしまって、あんまりはかどってはいないようです。
 リハビリのお手伝いしましょう。
*ドントフォーゲットミーは現在色々枯渇している状態なので、通常の治癒スキルではかえって回復の妨げになる状態です。ギフトなどが受け入れられるかは、お世話をしているメンテさんの判断によります。

二節
 野原でのんびりしましょう。警戒しながらのんびりしましょう。

三節
 新緑の森も安全ではありません。なんか出ます。何が出るかは一節と二節での行動によります。注意していれば強力なものは去っているでしょう。
 

*妖精「ネームプレート」
 身長30センチ。白からピンクに変わる髪とそれに合わせた装束。
 男の子だ。
 ミョウガの妖精。
 首から名札を下げているが、字が擦り切れていて読めないし、本人も覚えていない。だから「ネームプレート」
 丁寧にしゃべり、はきはきしているが、3秒後にさっきまで話していた内容を忘れる。
 幸い根気よく話し続ければ、しばらくは覚えているし思い出せる。
 多動気味。目を離すとどこかに行く。束縛されるのが嫌い。
 覚えてないので反省できない。
 ドントフォーゲットミーは大好きですよ?

*妖精「ドントフォーゲットミー」
 身長30センチ。白い手、青い髪、黄色い瞳。抜けるような青い妖精。
 丁寧にしゃべるが、これはツッコミだ。ネームプレートのことはあの子呼ばわり。
 思いついたことは全部話さない時がすまない。大体、その間にネームプレートが本題を忘れる。
 ネームプレートはほっといたら死ぬ。実際はそんなことはない。結構図太い。
 メンテには深く感謝している。絶対この恩は返す。

*幻想種「メンテ」
 ネームプレートとドントフォーゲットミーを自分の家に住まわせて、面倒見ている幻想種の女性。一切ストレスは感じていないようだ。メンタルがミスリル。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

  • お加減いかが、妖精さん。完了
  • GM名田奈アガサ
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年10月17日 20時54分
  • 章数3章
  • 総採用数13人
  • 参加費50RC

第2章

第2章 第1節


 風薫る森の中で、卵粥と苺のブランチはなかなかオツなもの。
 食事が終わったら、歩行訓練だ。
 ドントフォーゲットミーとネームプレートの身長は30センチ。
 ちょっとした草もなかなかの障害物だ。
 それに森のどこから動物が飛び出してくるかわからない。
 ひょっとしたら武器を用意しなくちゃいけないかも?
 二人は、サイズにプレゼントされた鎖でつながれているのを気にいったようだ。よく言えば、一蓮托生。へたすると、一網打尽。
 その辺りも気にしつつ、レッツリハビリ。


第2章 第2節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌


(なるほど、歩行訓練か)
『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)は、鎌なので、体にそういう機能が付いていたことをすっかり忘れていた。
 ゲートのこっちに来た妖精は大体飛んでる。
「確かにギフトを使ってるとき……妖精状態だと常時飛行で移動してたらギフト状態で歩き回るということはしていないな……」
 床を歩いてると致命的な事態が発生しかねないから。飛んだ方が距離が稼げたりもするし、少なくとも踏まれはしない。
「俺も歩き回るか……先行すれば外敵いた場合でも対応できるし……うん、そのプランで行こう」
 
 シャック、シャック。
 サイズの快進撃が続いている。サイズ本体がまさに目前の障害を刈り取っているのだ。物理的意味で。
 手入れされていない草原。ヒトにとって大したことはなくとも、身長30センチ前後の妖精にとっては結構な高さなのだ。リハビリにはちょっとヘビーメニュー。甘やかしではない。高すぎるハードルはやる気の芽を摘む。
「ほんとに何から何までお世話になっちゃって、ありがとう。サイズ」
 ドントフォーゲットミーの視線が定まらない。サイズ本体が妖精体に振り回されてるので。
「二人ともあまり無理はするなよ……リハビリで怪我したら本末転倒だしな」
 ドントフォーゲットミーとネームプレートはにんまりした。
 ようやく、サイズから敬語が取れたので。

成否

成功


第2章 第3節

サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌
マギー・クレスト(p3p008373)
マジカルプリンス☆マギー


「えっと、リハビリのお手伝いって聞いてきたのですが……」
『小さな決意』マギー・クレスト(p3p008373)は、目をぱちくりさせた。
 妖精さん達が、道なき道を切り開きながら行進している。
 いつでもフォローできるようにと、緊急避難シェルターとして籠を腕にかけ、何はともあれ踏みつぶしたりころんだ時巻き込まない絶妙の距離を模索する。
「あ、あ、そっちはちょっと大きな窪みがあるから気をつけてくださいね?」
 ヒトにとっての、ちょっと大きな窪み。それは妖精サイズの結構な谷。
「――迂回する」
 草を刈っていく先導役の妖精さんの後を鎖でつながれた二人組の妖精がよっちよっちと歩いている。明らかに歩き慣れていない。
「えっと、あの、あの」
 マギーとしては、できるだけ継続的にお話ししながら歩きたい。
「適度な歩行以上に歩いたらかえってリハビリに障りがあるかもしれないので……」
 じゃーんと大きめなかごを掲げてみせる。さっき、メンテさんからお借りしました。
「疲れた時とか、もしも大きな動物に追いかけられそうになったら、かごに入って貰って――」
 ここからこんな感じで。とマギーは手ぶりで示した。
「一緒に逃げましょうね」
 ぐっと勢い込んでしゃべるマギーの様子にうんうん頷きながら、妖精さんはけらけら笑った。
「大丈夫よ。ネームプレートが忘れても私が引っ張って籠に入るわ」
 「ドントフォーゲットミーは割とよろよろしてるのですよ」
「いや、冗談抜きで。人間サイズの時は数歩で終わる距離も妖精サイズ状態だとこうも時間がかかるとは……飛行のありがたみがよくわかるな……」
 だんだんペースが分かってきた。草を刈るペースを抑えめにする。
「あ、砂利道か」
 身長30センチの妖精に砂利道。荒れ狂う流氷の海に突っ込むにも似たり。
「足下に気を付けてくれ……妖精サイズだと砂利道は結構歩きにくいな……二人とも滑って転んだりしないように気をつけてな? こんなところで転んだら危ないからな」
 そろそろ休憩を考えなくちゃな。と、サイズは思った。
 全然索敵ができないから、どこか高いところに上らなくちゃならない。と、漠然と考えていた。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM