PandoraPartyProject

シナリオ詳細

妖精郷を見下ろす丘で

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 深緑の地に伝わる妖精伝承。
 イレギュラーズは妖精達と出会い、妖精郷アルヴィオンへと導かれる。
 魔種タータリクスに攻め込まれ、一時は凍てついた妖精郷だが、イレギュラーズ達の活躍によって常春の陽気を取り戻していた。
 今、妖精郷は復興の最中。同時に深緑との交流が始まったらしく、幻想種がこの妖精郷に興味を示しているのだとか。
 妖精達から深い感謝と信頼を得たイレギュラーズは時に復興の手伝いを、時に活動する邪妖精ら魔物の討伐を行う。
 今回も、妖精からこんな依頼が……。

 幻想ローレット。
 そこにもたらされたのは、深緑を仲介して届けられた妖精郷からの依頼だった。
『皆、久しぶり。元気かしら?』
 それは、これまで幾度か依頼で一緒になった妖精の少女、エーヴィからのものだった。
「今、エーヴィさんも故郷の集落を含め、あちらこちらで復興作業の為にと手伝いを行っているのだそうです」
 この場はその依頼書を『穏やかな心』アクアベル・カルローネ(p3n000045)が代読する。
 エーヴィは今、故郷の集落で復興の為にと忙しなく働いている。最近は休む暇もないそうだが、しばらく満足に妖精郷で過ごすことができなかったこともあって、充実した一時を過ごしているらしい。
「そんなエーヴィさんですが、一つお願いしたいことがあるのだそうです」
 今度、丸一日のんびりできる日があるそうなのだが、そこで妖精達を集めてピクニックができないかと考えているそうだ。
 ただ、そこには今バグベアが徘徊しているという情報もあって。
「バグベアは全身けむくじゃらの邪妖精ですね」
 妖精伝承では、人喰い妖精としても知られているが、妖精達にとっても害をなす存在だ。妖精郷での事件の間身を顰めていたそいつらは活動を再開させたらしい。
 ピクニックを行うにも非常に邪魔な邪妖精達。
 今後のことも考え、排除しておきたい連中である。
 魔種などとは比べるまでもない相手だが、気を抜くと痛い目を見る為、油断なきよう相手したい。

 事後は持参したお弁当を持ってピクニックを楽しむことができる。
 丘には多数の花が咲いており、常春の陽気もあって花畑は常に満開の状態らしい。
 また、丘からは妖精郷を一望できる。これまで関わった妖精を呼ぶこともできるので、彼らと共に思い出を語り合うのも良いだろう。
「以上ですね。魔物討伐もありますが、どうぞ楽しんできてください」
 アクアベルはそう説明を締めくくり、参加を決めたイレギュラーズ達を送り出すのである。


 妖精郷、ルテニアの丘。
 この地は妖精郷を広く一望することができ、ピクニックの名所としても妖精達の中では知られる。
 妖精城アヴァル=ケインを始め、湖畔の町エウィン、巨大なキノコの森、他にも多数の妖精達の集落を確認することができる。
 また、降り注ぐ陽光はポカポカと温かく、思わずうつらうつらと眠りたくなってくる。
 横になれば、とても柔らかな緑の絨毯のような草原が広がっていて、少し離れた場所には色とりどりに咲き乱れる花畑が。
 その匂いにつられて多数の蝶々達が飛び交う。しばらく氷に閉ざされていた妖精郷にて、じっと春の訪れを待っていたのか、精いっぱい羽根を広げて花の蜜を吸って回っていたようだ。
「久しぶりだけれど、やっぱり眺めがいいね」
 金髪に青い服を着た妖精の少女、エーヴィはその丘から妖精郷を見回し、改めて、この地に平穏が訪れたことを実感する。

 しかし、そんな丘に無粋な連中の姿が……。
「グルルルルル……」
 全身毛むくじゃらで、まるでクマを思わせるような姿をした邪妖精。それらはバグベアと呼ばれる人喰い妖精だ。
 この丘の安全確保もそうだが、いずれバグベア達は妖精を襲うに人里へと降りるのだろう。そうなる前に討伐したい。
「グルルアアアァァッ……!」
 イレギュラーズ達が近づくと、そいつらは牙を剥き、涎を垂らして飛び掛かってくる。
「皆、援護するからよろしくね」
 エーヴィもまたイレギュラーズを回復支援すべく身構える。
 メンバー達は皆、戦闘態勢を取り、まずはバグベアの掃討に当たるのだった。

GMコメント

 イレギュラーズの皆様こんにちは。GMのなちゅいです。
 皆様の活躍によって、再び常春が訪れた妖精郷アルヴィオンですが、なりを顰めていた邪妖精の一部が再び活動を始めたようですので、その討伐を願います。

●概要
 バグベアの掃討。
 妖精とピクニックを楽しむ!

●敵……邪妖精(アンシリーコート)
○バグべア×3体
 人間大の大きさをした全身が毛むくじゃらの邪妖精で、体当たり、食らいつき、爪での引っかきを主体に攻撃してきます。
 かなりの体力、攻撃力を持ちます。それなりの相手ではありますが、ノーマル相当で判定いたしますので、討伐はしっかりと願います。

●NPC
○妖精……エーヴィ
 身長30センチぐらいの精霊種、12,3歳くらいの少女。
 青い服を纏った金髪の彼女で、魔法による簡単な回復支援は可能です。

 他にも、これまでの冒険、依頼で一緒になった妖精達と語らってみて下さいね。

●状況
 妖精城アヴァル=ケイン、湖畔の町エウィンなどを一望できる小高い丘……ルテニア丘にバグベアが現れますので、討伐を願います。
 事後はピクニックができます。丘にはたくさんの花も咲いておりますが、妖精郷を一望できる丘で妖精達と思い出を語り合いながら持参したお弁当を食べるといいでしょう。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

 それでは、よろしくお願いいたします。

  • 妖精郷を見下ろす丘で完了
  • GM名なちゅい
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年09月27日 22時10分
  • 参加人数8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

クロバ・フユツキ(p3p000145)
真実穿つ銀弾
サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌
ラクリマ・イース(p3p004247)
守る者
錫蘭 ルフナ(p3p004350)
澱の森の仔
ウィリアム・ハーヴェイ・ウォルターズ(p3p006562)
奈落の虹
アルメリア・イーグルトン(p3p006810)
緑雷の魔女
エリス(p3p007830)
呪い師
グリーフ・ロス(p3p008615)
紅矢の守護者

リプレイ


 妖精郷アルヴィオンは常春の陽気に包まれており、吹き付けてくる柔らかい風をローレットイレギュラーズ達は感じる。
 空は温かい日差しが照り付けており、深緑出身の金髪男性、『魔風の主』ウィリアム・ハーヴェイ・ウォルターズ(p3p006562)がその陽光が少し眩しいのか手を翳しつつ空を見上げて。
「ああ、いい天気だね。絶好のお出かけ日和だ」
 ピクニックと聞いて、その準備を行ってきた者もおり、別世界出身のエルフ女性、『呪い師』エリス(p3p007830)などは分量を間違えて作りすぎたお弁当を皆にお裾分けしようと考えている。
「ようやく落ち着く事ができたんだな、この妖精郷も」
 左目と腕を異形化させた『ただひたすらに前へ』クロバ・フユツキ(p3p000145)は、元の姿を取り戻した妖精郷にやや表情を和らげる。
 とはいえ、完全に戻ったわけでないことを、同行する妖精エーヴィから背に本体である大鎌を携えた別世界の妖精、『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)は耳にして。
「まだ復興が終わってないのか……やっぱり冬のダメージが大きいのかな……?」
 一連の事件で、『妖精の守り手』、『守護鎌』といった称号を得たサイズではあるが。
(とてもじゃないが、そんな綺麗な称号返上物だな……)
 ブルーベルや冬の王等との戦いを思い出した彼は無力感も覚えていたようだ。
「ここで、多くの自分と似た存在が眠りにつきました」
 アルビノ女性の姿をとる秘宝種、『自分にはない色』グリーフ・ロス(p3p008615)もまた、魔種タータリクスの一件を思い出す。
 彼女にとって妖精郷は彼ら……アルベドたち)


の墓標であり、存在を忘れぬ為の地。それもあり、グリーフは深緑の領地を預かったとのことだ。
「随分長い騒動だったけれどね。それでも、遊びに行けるくらいには平和になってよかった」
 とはいえ、ウィリアムが言うように平和が戻ったのは間違いなく、イレギュラーズに感謝する妖精達は多い。
 あの騒動の中であちこち駆けずり回った甲斐があったと、ウィリアムは妖精達と共にのんびりしようと考える……のだが。
「……おっと、その前に一仕事あったね」
「妖精たちがピクニック、というところで呼んだ覚えのないお客というところかな」
 クロバは妹である情報屋見習いの冬月 雪雫から、妖精郷が平和になったことで、邪妖精の活動が見られるようになっており、それらの1種が妖精達の向かうルテニアの丘への出現が確認されているとのこと。
「バックベアード……じゃなくてバグベア、だね。毛むくじゃらのバケモノ」
 ピンクの髪で右目が隠れた『森の善き友』錫蘭 ルフナ(p3p004350)がその名を呟く。
「厄介な魔熊ではあるけど、妖精喰らいでもあるとは初めて知ったわ」
 こちらは紫の髪で両目を隠す『緑雷の魔女』アルメリア・イーグルトン(p3p006810)は仲良くできない邪妖精の存在を知っていたようではあるが。
「コイツなんでも食うわねぇ」
「人喰い妖精ですか……そんなものが徘徊しているとあっては妖精さん達もピクニックどころではありませんね」
 呆れるアルメリアにエリスも合いの手を入れ、穏やかならぬ状況だと考える。
「人を恐れない獣っていうのはそれだけで危険だよね、やっつけないと」
 幻想種であるルフナは自然の友人だと話す。
 自然を守るというのはただ放置するわけではなく、適切な伐採や害獣駆除も必要なのだと。
「これ以上、この地が傷つき閉ざされてしまうのを避けたいです」
「妖精さん達の為にもさっさと倒してしまいましょう!」
 グリーフの抱く希望は皆も同じ。妖精達もそうだと考えるエリスは視認した前方の敵の討伐をと皆に促す。
「よし、ちゃちゃーっとやっちゃいましょっか」
「さぁ、片付けてピクニックと洒落込もう!」
 同意したアルメリア、クロバが自身に、仲間達へと喝を入れる呼びかけ、バグベアへと近づいていくのである。


 ピクニックの予定地である丘に現れた人の大きさ程もある毛むくじゃらな邪妖精バグベア。
「「ガアウウウゥゥ……」」
 人すら食うというそれらはお腹を空かしているらしく、目を血走らせて獲物を探す。
「まったく、こんなに図体が大きいんじゃ妖精はおやつにもならないだろうに。ご苦労な事だね」
 そう言い放つルフナを含め、3体のバグベアはイレギュラーズをも食料と見なしていたようだ。
「あの大騒ぎよりは楽な仕事でしょうけど……」
 右目を隠す白い薔薇の眼帯が印象的な『冷たい薔薇』ラクリマ・イース(p3p004247)も先日の『月蝕アグノシア』を思い出し、残していてはまた新たな騒ぎになりかねないと確信する。
「しっかりと倒してしまいましょう」
 ラクリマの認識通り、その力はあの時戦った敵とは比べるまでもないが、弱くもない相手ではある。
「ピクニックに浮かれて気を抜いていたら、大怪我だってしてしまうかもしれないからね」
「大丈夫だと思うけど、油断せずにしっかり仕留めるとしようか」
 ルフナの一言を受け、頼りになる仲間との戦いにウィリアムもまた気を引き締める。
「「ガアアアウウゥゥウ……!」」
「今回は基本的にシンプルな正面衝突になりそうね」
 相手の獲物は牙に爪、そして並々ならぬ膂力。
 アルメリアは相手が単純に力でぶつかってくる相手だと分析する。
 この戦いを、妖精エーヴィも後方から支援してくれるが、その前にサイズが立ちはだかって。
「……守ることに関してはやめる必要はないよな」
 結局、妖精の武器であると自認する彼は妖精の敵を倒し、妖精を守るのが妖精鎌の指名と自らの存在意義を思い返す。例え、満足にそれを達成する力がなくとも、だ。
「戦闘……頑張るか……戦場にいるのはエーヴィさんだけだよな? しっかり守るぞ!」
「あ……ありがとう」
 そんなサイズに、エーヴィも頼もしさを覚えていたようだ。
「――あの男がこの地に起こした傷跡はまだ癒えきっていない。だからこそ……」
 クロバは呟く間に、グリーフが周辺環境の保護をと素早く保護結界を張り巡らし、他のメンバー達も戦闘態勢をとって。
「……クロバ・フユツキ、参る!」
 仲間に先立ち、クロバはバグベアを抑えるべく敵へと駆け出すのだった。


「「ウガアアアアァァアア!!」」
 両腕を振り上げて襲い掛かってくるバグベア達。
 力で攻め来るそれらの位置を把握しつつ、クロバは全力で敵の中央に向かい、敢えて自らの存在を知らせるよう1体へと乱舞を仕掛ける。
「御覧の通り一見お前らの餌だぞ。大き目になるからしっかり狙うんだぞ……!」
 鋭い爪と牙で襲い掛かってくるクロバ。
 傷は決して浅くはないが、クロバは血にまみれながらも構えた両手の紅と黒の太刀にソウルイーターを乗せる。
 自分に近づいたところで、纏めてバグベアを叩く作戦だ。
 エリスがそれに巻き込まれぬようにと下がると、代わりに少し前に出たラクリマがクロバの戦いを最適化する為の支援を施す。
「俺巻き込まれたら絶対死ぬので、死ぬので!!」
 そうして、ラクリマはすぐさま巻き込まれぬよう離れていく。
 妖精エーヴィも支援をとバグベアに食らいつかれる前線メンバーに癒しの妖精を向かわせていた。
 その前には、妖精を守ろうとサイズが立ち塞がる。
 注意は仲間の方へと向いていたこともあり、サイズは氷のバリアを展開する。
 敵のうちの1体がサイズに視線を向けてきたことで、彼は続けざまに魔力のビーム砲を発射していく。
「グウウゥゥゥ、ガウウウアアアッ!!」
「こちらです。そう、ワタシの方をみるのです」
 いきり立つバグベアを、グリーフが名乗りを上げてスキルと合わせ注意を引きつける。
 防御を高める彼女は様々な耐性に加え、再生能力と回復スキルを用意しており、さらに反撃体制をとって万全のタンク役として前線に立ちはだかる。
 クロバ、グリーフを巻き込むように爪を薙ぎ払うバグベア。
 彼らの回復には、耐久力に自身のあるルフナが前に出て、故郷である澱の森と霊力によって仲間達についた傷を拒み、塞いでいく。
「悪いな……冬の王の力を奪って行った『あの男』を止める為に俺も止まっていられないんだ!」
 ルフナの支援を受けるクロバは自分に注意が向いたバグベアどもへ、鬼気を纏った太刀で纏めて切り刻んでいく。
「今だ。」
 後はクロバの指示を受け、メンバー達は傷付いたバグベア達を狙い撃つ。
「これなら行けそうね」
 アルメリアは敵をできるだけ複数狙えるよう位置取る。
 魔導書を手に、アルメリアは連なる雷撃を発して纏めて撃ち抜いていく。
 ウィリアムもまた纏めてバグベアを捕捉する。
「大丈夫、3体全部行けそうだね」
 できるなら、クロバの負担を軽減するようそちらから倒していきたいところ。
 周囲の魔素を取り込んだウィリアムはそれを共鳴、増幅させ、神聖なる光を煌めかせてタフなバグベアの体力を削っていく。
 そしてエリスは各個撃破を狙い、敵の数を減らそうとする。
 引き付け役となる2人や仲間達の攻撃する状況を見て、エリスは最も弱っている敵へと魔光閃熱波を浴びせかける。
 圧倒的な威力を持つその魔術はバグベアの体を破壊していくが、それでもなお持ち前の体力を見せつけて。
 グワアアァァオオオオ!!
 腹を満たすべく涎を垂らし、牙を煌めかすのである。

 イレギュラーズ達は布陣を固め、高いタフネスと攻撃力を持つバグベアを着実に攻め立てて弱らせる。
 主として敵を引き付けるクロバは短期決戦に持ち込むべく、さらに纏めてバグベアへと斬りかかり、その身体に呪いを刻んで動きを鈍らせる。
 グアアァァ、ガアアアアァァオオオ!!
 傷だらけの身体で体当たりを繰り出すバグベア。
 それをグリーフはしっかりと受けながらも、しっかりと反撃も大盾で叩き込む。
 高い再生能力こそグリーフは備えているが、時折、回復してくれるエーヴィを気にかける。
 そちらはしっかりとサイズが守りに当たっており、荒ぶるバグベアの攻撃が引き付け役のカバーから時に漏れて彼にも及ぶ。
「追加装甲があるから、そう簡単にボロボロになったりはしねーぞ?」
 小さな見た目のサイズだが、思ったように噛みつくことができず、バグベアは苛立っていたようだ。
 そんな中、1体に狙いを定めていたエリスがそいつを追い詰める。
 傷ついて抵抗力がなくなり、弱ってきたバグベアへ、エリスは呪精の弓から飛ばして矢で射抜いていく。
 数本目の矢でついにバグベアの眼から光が消え、重い音を立てて地面を沈んでいく。
 ようやく1体倒したが、前線に立つクロバやグリーフの傷はかなり深くなってきている。それだけバグベアの剛腕から繰り出される攻撃の破壊力が大きいのだ。
「さすがの威力と素早さだね」
 ルフナは敵の力を冷静に見つつ、仲間より後に動くのを意識し、傷つく引き付け役の2人を癒す為に天使の歌を響かせる。
「まだ戦える? 気力の充填も欲しかったら行ってね」 
 問いかけも行うルフナだが、1体敵が減ったことでその猛攻が鈍れば、すぐさま自分視点でも気力が足りないと判断した仲間に霊力を振りまく。
 そうして、さらなる力を得たウィリアム。
 仲間達のおかげで自らの傷は大したものではないと判断し、ウィリアムは満身創痍の敵の周囲の空間を捻じ曲げ、思いもよらぬ角度と方向から強襲して致命傷を与え、切り倒してしまう。
 これで、残るバグベアも1体。
 多少力の強い敵であっても、単体ではさすがにイレギュラーズを切り崩すことはできない。
 仲間達がそいつへと攻撃を繰り返す中、距離をとってから雷を発していく。
「ささっと止めを刺してやるわ、覚悟しなさいよね!」
 チェインライトニングは数体の敵を纏めて撃ち抜くが、アルメリアのアナイアレイトは1体だけに雷が纏わりつく。
 それによって感電した敵へとラクリマは迫って。
「絶対に逃がしはしないのです!!」
 タフさに辟易としながらも、ラクリマは賛美の生け贄と祈りの歌を響かせて。
 その音色は蒼き剣の魔力となってバグベアへと降り注ぎ、最後の1体の息の根を完全に止めてしまったのだった。


「お待ちかねのピクニックよ!」
 敵を討伐し、アルメリアが早速持ち寄ったサンドイッチや紅茶を用意する。
 エリスもレジャーシートを広げ、色鮮やかなお弁当の中身を仲間や安全確認してやってきた妖精達へとお裾分け。
「沢山食べてくれ。味には自信があるぞ」
 クロバは玉子焼き、唐揚げ、タコさんウインナーにおにぎりといった王道系のお弁当箱でこの場のメンバーをもてなす。妖精達の分も考慮し、それなりの大きさのお弁当箱をクロバは用意していた。
 ピクニックなんて何をしていいのか分からないと考えていたラクリマではあったが、仲間が作ってくれた料理を口にして。
「うん、美味しいです」
 ただ、ラクリマはそっとグリンピースだけは脇に避ける。
 『……奴は食べ物じゃない』と豪語するラクリマだが、じーっと妖精達の冷ややかな視線を集めていたようである。
 そんな妖精達の中には、フェアリーシードとされた子、その子を心配してローレットへと飛び込んできた子がいる。戦いを助けてくれたエーヴィは後者だ。
「……みんな元気そうで、良かった」
 ルフナは数人とは面識があったが、一刻を争う状況では交流する余裕もほとんどなかった。こうして、楽しそうに語らう妖精達の姿に、彼は安堵する。
「お弁当のおかず、交換しよ。あとね、おやつも持ってきたよ」
 なお、ちゃんとおやつは300GOLDに収めてきたというルフナ。
 しばし語らう間に、精霊に幻想種であるルフナは精霊種である妖精に古い友人のような感覚を抱いていた。

 他メンバー達も銘々に妖精達と交流する。
 妖精郷を一望しながら、エリスはお弁当を食べながら妖精達と語らう。
 山菜に小麦を使った料理。ベリー系の果物をふんだんに使ったデザートにお酒。
 そして、妖精郷のキノコなどを使ったキッシュにエリスは目を丸くする。
「そう、そんな料理があるのね」
 エリスは他にも、妖精達からまだまだ復興に忙しない妖精郷の状況について耳にしていたようだ。
 クロバは逆に、自分から外の世界について語る。
「蛸髭海賊団っていう今は『静寂の青』と呼ばれる海を渡った連中がいてな――」
 彼の海洋での冒険譚に、好奇心旺盛な妖精達が多数集まっていた。
 妖精と接するに当たり、やや困惑していたのはサイズだ。
(全ての善良の妖精は全力でもてなすぞ、全力で献身的に動くぞ……)
 仲間のお弁当を運んだり、楽しい話をしたりと忙しなく動き回るサイズは戦闘の反動でその血を求めそうになりながらも、サイズは全力で我慢して。
(いやそれよりも一足先に戻って復興をひとりでも進めるべきか……なんのための鍛治修理だ……)
 煩悶としながらも、サイズは妖精をもてなし続けるのである。

 ピクニックの楽しみは食べ物だけではない。
 アルメリアは草木と意思疎通して直接の会話を楽しんでいた。
「これが幻想種流のピクニックなのよ。……たぶん」
 インドアな生活で妄想を膨らませるアルメリアは、優しく吹いてくる風と草花の声、そして丘から見える妖精郷の景色を楽しむ。
 近場では、敷いたレジャーシートの上にウィリアムが寝そべり、同じくのんびり組の妖精達と景色を眺める。
 とはいえ、彼もお腹を空かせたらしく、持ってきた自家製のスコーンを口にする。
 クロテッドクリームとジャムをたっぷり塗ったとても香ばしいザクザクほろほろのスコーンに笑顔を見せるウィリアム。
 妖精達もそれに興味を持ち、彼は一緒になって食べていたようだ。
 大きな被害を出さずに済んだ丘を、グリーフは妖精と一緒に探索する。
 食事が不要なグリーフのこと。特に持参もなく、咲いている沢山の花を眺めていた。
 その中にあったアネモネの花に、グリーフは足を止めて。
「青はニアの花。赤は、ワタシの、いえ、『私』の花」
 そんな言葉に妖精達が首を傾げると、グリーフは表情を変えずに見つめ返して。
(『ワタシ』はニアの代替品の秘宝種。『私』はグリーフ。グリーフ・ロスという個)
 そう思えるようになったのは、アルベドやキトリニタスといった存在との邂逅がグリーフにはあったからなのだが、それについて彼女が被害に遭った妖精達がいる手前、口にすることは無かったようだ。
「見晴らしのいい場所よね。エウィンの町もきれいだし、町もきれいだわ」
 そして、アルメリアは妖精エーヴィと妖精郷を一望しながら語らっていた。
「古来からの友人として、何とか守り切れてよかったと思うわね、本当。……でも、まだ終わってないのよね」
 今回のような邪妖精とのいざこざもそうだが、アルメリアは自身のキトリニタスを取り逃がしている状態だという。今、彼女はどこでどうしているのか……。
「もし困ったら、また私たちを呼んでよね」
「ええ!」
 そんなアルメリアの言葉に、エーヴィは笑顔で頷いたのだった。

成否

成功

MVP

クロバ・フユツキ(p3p000145)
真実穿つ銀弾

状態異常

なし

あとがき

 リプレイ、公開です。
 MVPは先んじて敵へと範囲攻撃を仕掛けたあなたへ。
 今回はご参加、ありがとうございました!

PAGETOPPAGEBOTTOM