PandoraPartyProject

シナリオ詳細

イ=ルーナクの今夜も無茶振りNightエターナル

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●今日は社会問題について

「ぴん、ぽん、ぱんぽーん!深夜■■時をお知らせします!
今夜もやっていきましょう、イ=ルーナクの今夜も無茶振りNightエターナル!!

エターナルて。
永遠に続けてやろうって危害が伺えるんだけど、なんだろうね。
なんかここで打ち切りになっちゃいそうな雰囲気を感じるわ。

そんな嫌な予感をよそに、今日もやっていきましょうお相手はいつもどおり私、イ=ルーナクが務めさせていただきますよー。

手なわけで最初のお便りでーす。

RN『絶対に許さない』さんからー。
何やら怨念がこもってますね。何があったのかしら。

『イ=ルーナクさん、実は自分にはどうしても許せないことがあるんです』

RNにするくらいですからね、よっぽど腹に据えかねることがあったんですかねー。

『というのも、自分は常日頃からゲームを嗜んでいるのですが。最近は風雲ナントカ城みたいな、複数人でアスレチック風のステージをクリアしていくゲームに嵌っているのです』

あー、なんか流行ってるみたいねぇ。実況動画とかめっちゃ上がってるやつ。
私は実プレイはしたことないけど眺めてるだけでも楽しそうよね。

『ゲーム自体は楽しいのですが、時折勝利よりも人の妨害に命をかけてるようなプレイヤーと遭遇して煽り倒されることが稀によくあるのです』

あー、これもねぇ。よく見るやつだわ。
対戦ゲームだからやっぱり変な今年出す人って居るのよねー。
実況なんかしてる人はそう言うのも撮れ高にしてるけどね。

『どうにかああいう人に合法的に思いつく限りの苦痛を味わわせたいのですがどうすればいいのでしょうか』

怖い怖い怖い怖い。
発想が怖い。

アレな言い方しちゃうけどたかがゲームだからね。
ムキになりすぎるほうが損だから。

どうせ1プレイ数分の出会いだからね。
さっさと忘れて次のゲームを楽しむのがいいわよ。

というわけで『絶対に許さない』さんにおすすめなアイテムは藁人形でーす」

●いつもの
「やぁ、いらっしゃい」

境界案内人、カストルはいつものようにイレギュラーズを歓迎する。

「いつものやつ。でもういいかな。このラジオにお便りを出してほしいんだ」

NMコメント

オープニング中に読まれるお便りを考えるのに一番時間を使ってるという噂。

こんばんは、小柄井枷木です。

このラジオ系ラリーシナリオもなんとコレで7回目です。
そんなにキリは良くなかったですが、ご案内させていただきます。

・いつもの説明
 このシナリオの舞台である世界は、一つの大きな屋敷と、その中の各部屋に据え付けられたラジオ、そしてお便りを入れるためのポストだけが存在する小さな世界です。
 住人らしき人は見当たりませんが、屋敷は常に清潔に保たれ、ラジオからは常に誰かの声が流れています。ポストに入れたお便りはラジオの番組宛てに送られたものとされ、番組の中で読み上げられたりします。
 このラジオがこの世界で唯一動きのあるものであるため、お便りを出すことで世界の活性化、ひいては滅亡からの救済となるという理屈はつけられますが要するにラジオにお便りを出して楽しもう、という趣旨のシナリオになります。

 章ごとに違うお題が設定されていますので、それに沿った内容のお便りを送ってください。

プレイングという形で皆様のキャラが出したお便りをラジオパーソナリティのNPCが読み上げる、という形のシナリオになりますので、キャラの描写自体はかなり少なくなります。ご留意ください。

・プレイングについて
 お便りとしてNPCに読み上げてほしい部分を『』で囲んで書いてください。
 それ以外の、キャラクターがこういう心情でこのお便りを書いている、などの読み上げてほしくはない部分は『』の外に書いてください。
 RN(ラジオネーム)をつけたい場合は併記してください。書かれていない場合はキャラクター名での読み上げになります。

 また、イ=ルーナクさんが認識している世界は現代日本に近いものです。ゲームの舞台となる無垢なる混沌の知識は持ち合わせていません。お便りを書く際の参考までに。

・今回のお題について
・第1章
『教えて!イ=ルーナクさん』
 いつものやつ。皆様のキャラクターが抱えるちょっとしたお悩みや疑問をイ=ルーナクさんがズバッと解決、できたら良かったのにね。ってコーナーです。無茶振り歓迎。

・第2章
『遭難!イ=ルーナクさん』
 イ=ルーナクさんが遭難しました。状況を切り抜けるためのアドバイスを皆さんに募集します。遭難しているシチュエーションは山でも森でも無人島でも人間の冷たさに自分を見失うコンクリートジャングルというなの密林でもいいです。
 シチュエーションとアドバイスを書いてお送りください。イ=ルーナクさんがいいリアクションをしてくれます。

 前回やってみて2章構成がやりやすかったので当面コレでやっていこうかと思います。
 それでは、皆さんのお便りお待ちしております。

  • イ=ルーナクの今夜も無茶振りNightエターナル完了
  • NM名小柄井枷木
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年09月15日 23時52分
  • 章数2章
  • 総採用数14人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

メリー・フローラ・アベル(p3p007440)
汚い魔法少女

「では読んでいきましょー。
RN『RNで悩みすぎた』さんからです。
今日はどう来るかしらね。

『なんで相手に温情を与えて懐柔するやり方を太陽政策って言うの?』

ふむ?今日はちょっと毛色が違のかな。

『いや、北風と太陽の話が由来だってのは知ってるのよ。
でも、よく思い出して。

あの話で、太陽はコートを着たままで適温にしてあげるんじゃなくて、暑すぎる温度にして、旅人にコートを脱ぐという手間をかけさせているの。
つまり“コートを脱がないと暑い思いをするぞ!”って脅しをかけて脱がせているのよ』

まぁ、そう言う解釈もありますかね。

『そう考えると北風と太陽のやり方はひったくりと強盗ぐらいの違いしかないと思うんだけど、なんで相手を懐柔するやり方を太陽政策って言うの?』

これは単純にアレね。
こっちが無理やりするか、相手にさせるように仕向けるか、って違いですね。
いやまぁ、適当言ってますけど。

ぶっちゃけねー、こういう故事をもとにした言葉ってあんまり整合性を重視しないからね。
あくまで見立ててるだけだから、状況が近くてみんな知ってる言葉って意味で当てはめてあるからね。
実際、なんとなく想像はつくでしょ?

という感じで納得してもらえたかしら。

と。

『P.S.ついでに、どうすれば北風が勝てたのかも教えてくれると嬉しい』

まず勝利条件を変えるとこから始めるといいと思います」

成否

成功


第1章 第2節

志屍 瑠璃(p3p000416)
遺言代行業

「では次のお便り。
RN『残暑も厳しいこの頃いかがお過ごしでしょうか。私は故郷を離れ異邦の地に住み始めて2年ほど経ちました。特に後悔などはないのですが、それでもたまに食べ物など懐かしく思うことがあります。とはいえ食材もなかなか手に入るものではなく……。再び味わうことができないのであれば、何か新しい美味しいもので上書きできればと思ったのですが、何かお薦めの秋の味覚などありますでしょうか。材料を買って手軽に自宅で作れるものだとありがたいです。経済的に』さんからです。

本文はなし。

たまにあるけどね!
名前欄に間違えて書いちゃうことね!
テストで終了5分前に気がついて絶望しちゃうやつね!

私はできた学生なのでそんな事しませんでしたけどね。
するまでもなく成績は悪かったです。

はい。

RNをお便り本文として話をすすめるけど、ふーむ、秋の味覚ねぇ。
この時期になるとあちこちのコンビニやらで芋やら栗やらのフレーバーのお菓子とかでるよね。
私ああいうの好きでねー。ついつい買っちゃうんですよ。
この大量生産時代に他の季節に買ってもさほど味は変わらないってわかってるんだけどね。
やっぱ秋に食べる芋と栗は特別なのよね。

しかし芋はまだしも栗は自宅で食べるってなるとちょっと手間よね。
剥き栗ならいいんだけど殻付きだとすごい面倒なのよね。剥くのに刃物いるし。

なのでお勧めはお芋かな。茹でてよし焼いてよしご飯と一緒に炊いてよしの優等生よ」

成否

成功


第1章 第3節

天之空・ミーナ(p3p005003)
黒花の希望

「次のお便りー。
RNは、ないですね。
『天之空・ミーナ』さんからのお便りです。

『私はもう生きて1023年になるんだがね』

開幕パンチが効いてますねー。

『妙に運が悪いからさ。どうにかならないもんかね、と。
赤ん坊の時にアサシンギルドに攫われるわ、そっから自力で逃げ出して実家にたまたま戻ったはいいものの、神との戦争で旦那含めて皆死んじゃうしさ。
いや、それなりに楽しい事もあったから、禍福は糾える縄の如しっていうしそういうもんかもしれないけど

どうにか運あげる方法ってないもんかねぇ?』

なるほどねー。
そっかそっかー、アサシンギルドにね。
アサシンギルドって何!?実際に存在するもんなの!?
怖っ!世界の裏側覗いちゃったわ。

でまぁ神と戦争ね。なるほど、1000年も生きてたら神が実際に存在する時代もあったのかもしれませんね。
アサシンって神と同じくらい古い起源なの?

ごめんね、ちょっと主題と違うところが気になりすぎるわ。
えー、そうね。
ちょっとありきたりなことを言っちゃうとそんだけ波乱万丈な人生を歩んできて千と23年も生きてることが既に幸運って考えられないかな?

大変なことも多かったみたいだけど、それでも楽しいこともあったって言えるわけでしょ?
大変なことだけ、楽しいことだけが人生じゃなし、貴方はちょっと長生きしてるからその最大値が大きくなっちゃってるだけなのよ。たぶん。

って、感じで納得できたかしら?」

成否

成功


第1章 第4節

ノリア・ソーリア(p3p000062)
半透明の人魚

「次いきますよ。
RN『透明しっぽの人魚姫』さんから。

『いままで、こうして何度も、お手紙を、出していましたけれど』

そうですねぇ、いっぱい無茶振りくれました。

『よくよく考えたら…わたしは、イ=ルーナクさんが、どんなふうにお仕事なさっているのか、いまいち、よく知らないのではないでしょうか?』

まぁあんまりしゃべることでもないしねぇ・

『そこで…わたしは、思いついてしまいましたの…せっかくなら、いつか、イ=ルーナクさんの職場を、見学させてもらえば、いいのではないかと』

うん?

『…そんなわけで、教えてほしいですの!
いつか、機会がありましたら、イ=ルーナクさんのラジオの、裏側に、お邪魔しても、かまわないでしょうか…?』

えー、これは、どうなんでしょうね?
いや別に見ても面白いことないと思うんですけど。

そんな見たいもんですかね?
お手紙読んで喋ってるだけなんですけど。
いや、だけってわけじゃないんだけどね。打ち合わせとかするし。
でもねぇその辺りは収録の様子よりも見ててつまんないでしょ。

まぁそもそも私の一存で決められることじゃないし。
ねぇ、スタッフさんよ、めっちゃいい笑顔でOKサイン出してんじゃねぇよ。
え、いいの?マジで?

えー。

『もしも、イ=ルーナクさんさえよろしければ、みんなで、リクシナ、ゆきましょう!
ご賛同のかた、わたしに、お手紙くださいですの!!』

というわけでなんかマジでそういう要望が来たらやるそうです」

成否

成功


第1章 第5節

Luxuria ちゃん(p3p006468)
おっぱいは凶器

「次行くわよ。
RN『自宅がなぜか託児所になった女』さんからのお便り。

『お久しぶりです。3度目のお手紙になります。
前回、自宅のキャバクラが託児所化が深刻になったと相談させていただいたのですが、その後進展がありました』

ほうほう。

『なんと、ついに成人男性のお客様が来店してくれたのです』

あらー。良かったじゃない。

『キャバクラとしては非常に嬉しいのですが、相変わらず傍には子供がいるんです』

おう。そこは変わらんのね。

『キャバクラらしい接待をしたいのですが、小さな子供にそういうのを見せるのはどうだろうと悩み続けております。
教育上悪いのではないか、イケナイ遊びを覚えてしまわないか…
ずっと悩み続けていて夜更かしもできなくなっています。
お肌は綺麗になりました。
是非、イ=ルーナクさんの意見をお聞かせください』

お肌きれいになったならいいんじゃないですかね。
まぁそれは置いといて。

うーん、そうね。悩ましいわね。
度々お便りくれてるし、よっぽどキャバクラにこだわりがあるのだろうと思うけど。
でもねぇ、やっぱり流石に子供の前でやるのはどうかなぁって思いますねぇ。

こう言うと改めてキャバクラに子供が入り浸ってるのやべぇなぁって思うけど。

けどまぁやっぱりどう影響受けるかはその子次第だからね。
とりあえず貴方のやりたいようにやってみて、ヤバそうな影響受けてたら改めて考えてみたらどうかな」

成否

成功


第1章 第6節

テルル・ウェイレット(p3p008374)
料理人

「次行くわよ。
RN『母より便りがありました』さんから。
お便りの後の進展も気になりますね。

『いつもお手紙の方を失礼します。
今回もお悩み相談という事ですので、また新しい悩みを……
よく旅から帰って来たり旅先に滞在されている方から、その地のお土産や特産品を購入してきてくださる方がいらっしゃるのですが』

あら。いいよね、そういうの。
ちょっと変なものでも話の種になるしねー。

『今回送られてきたのが2mサイズの大きな木像』

ちょっと変の範疇を軽く超えてきたわね。
誰よそんなの持ってきたの。

『どこで買ってきたのですかお母さん』

お母さんかい!!
大丈夫?親子のコミュニケーション取れてる?
嫌なことはちゃんと嫌って言わないとダメよ。

『というわけですので、この木像の活用法について何か教えて頂けると幸いです。
何というか、ちょっと雰囲気が怖かったり、中々個性的な構えをしておりますが……イ=ルーナクさん、どうか本当に何か良い考えが無いか、お考え頂けないでしょうか!
このままだと常連の方からの奇妙な目線に耐えられません!』

察するに余りあるわ。
喫茶店に行ってそんなの置いてあったら帰宅を考えるもの。

えー、2mの木像の活用方法かー。

薪☆

ていうのは冗談にしても。

お母さんからの贈り物だと処分するのも忍びないしねぇ。
こう、小物置きに使ってみたりとか、なんとかして共存の道を探っていってほしいと思いました」

成否

成功


第1章 第7節

海紅玉 彼方(p3p008804)
レディ・ガーネット

「次のお便り参りましょー
RN『:カナタ・ルビーオーシャン』さんからです。

『今回で二度目のお便りとなります。まず追っかけの件なのですが、ギルドに所属している方に相談した結果、追っかけの人たちはほとんどいなくなりました』

あら、良かったわねぇ。

『聞いた噂ではとある宗教に入信したとか、ネアンデルタールの民になったとか……』

良かった……のか?

『それはそうと、本題に入ります』

あぁ、今の前座なのね。ちょっと気になりすぎるんだけど。

『実は私の師匠が近々領地を手にするみたいです』

ほほう、お家買うのかしらね?

『そのためのお金はすでに稼ぎ終わり、あとはその地での知名度を上げるだけなのですが……正直な話、私も師匠も無性にそのお金を別のことに使いたくてしょうがなくなるのです。人は大金を持つとそのように使い切りたくなるとどこかで聞きましたが、こういう時の対処法を教えていただきたいです』

あー、わかるわー。
目標があってお金貯めてるのに、いざ貯まってみると無性に他のことに使いたくなるのよね。

私もね、昔新しいPCが欲しいなとお金貯めてたんだけどね、ある程度貯まったら「こんだけあるならちょっとくらい」ってついつい散財しちゃってね。

全然目標まで貯まらねーの。あはは。

私のだらしなさを露呈しただけになっちゃったわね。

まーあれです。人の欲望に限りはないってことでね。
心を強く持ってほしいなって思いました」

成否

成功


第1章 第8節

江野 樹里(p3p000692)
ジュリエット

「さてさて次のお便り。
RN『屋敷の中心で受理を叫ぶ』さんからです。
何やら魂の叫びみたいなのを感じますね。

『初秋を迎え、イ様に於かれましてはますます受理のこととお喜び申し上げます
さて、迷子の末に辿り着いたこのお屋敷。折角なのでお便りの一つでもと思いしたためさせていただきます』

あら、礼儀正しいわね。

『秋刀魚おいしいです』

急に!?

『RNにもある通り、私はお屋敷の中心で受理を叫びたいのですが…恥ずかしながら腹筋、背筋、腕立てスクワット。全ての自己最高記録が0という驚異の身体能力の為、声量に自信がありません
茸もおいしいです』

ちょいちょいご飯食べてるなこの人。

『どうすればお屋敷全体に響き渡るほど受理れるでしょうか
受理は最高のスパイスです』

空腹じゃなくて?

『虫の音にも深まる受理を感じる頃になりました
啓蒙なる信徒の一人として皆様の受理を願いつつ
さつまいももたまりませんよね?』

お芋美味しいわよね。
本筋以外が気になって仕方ないお便りってパターンに離れてきたと思うんだけどね。
これはまた新しいパターンね。
書いてる人が集中できてないってね。

しかしまぁ私もお声のお仕事だからこう言うアドバイスは任せておいて。
って言いたいんだけどねぇ。
こういう、マイクに向かって流暢に喋るのと力の限り叫ぶのって結構違う技術だからね。

まぁそれ以前の体力が問題な気もするけど。
というわけで、まず軽い筋トレから始めるといいんじゃないかな」

成否

成功


第1章 第9節

「おっと、そろそろ次のコーナーに移る時間かしらね。
それでは今回もたくさんのお便りありがとうございました、っと」

PAGETOPPAGEBOTTOM