PandoraPartyProject

シナリオ詳細

《狐の嫁入り 異聞録参》豚人之王ヲ討伐セヨ!

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

■災厄は足音を立ててやってくる
「団長!姿を確認できました!」
 スーラク・ルークスが治める城塞都市。先日のオーク達の暴動を鎮め、捕らえたオーク達からの情報を纏め。オークロードの出現という一報があり。
 それからの城塞都市は、只管に壁の修繕増築。籠城の為の物資補給。旅人の出入り制限などなど物々しい雰囲気であった。
 その一方でしっかりと斥候を各地に飛ばし、オークロードの話が本当であるのかを探らせていたのだ。そして……今まさにその斥候が息を切らせて戻ってきた、という訳だ。
 騎士団長スーラクとその息子イグニス。今や立派な協力者となった猿人の長ギルダス。そして友軍として駆けつけた、森を護る者アングラーも。城塞都市の一番高みにある部屋で、重い空気を纏わせながら、対抗策を話し合っていた。
「スマンな義兄弟、わざわざ来てもらって」
「なに、オークロードが森にまで来れば……未曾有の大災害となる。当然の行いだ」
 なんとか笑ってみせるスーラクとアングラーだが、やはり重い空気を払うまではできない。
「我が部族からも戦える者を連れてきて貰ったが……」
 アングラーが森から出てくる際に。ギルダスの命で腕に覚えのある猿人の若者達が援軍として共にやってきたのだ。彼らは今、騎士団員達に混ざって訓練に励んでいる。
「有り難い話だが……それでも、正直足りるかは怪しいな」
 イグニスが、苦虫を潰した顔のままそう零す。
 伝承通りなら。オークロードは、一人で街を滅ぼす程の戦力を有し、その力と振りまく恐怖で配下のオーク達を操るという。
 恐怖に駆られたオーク達は、普段では行わない悪行に身をやつし。様々な物資を奪い、行く先々の力を減らし。そしてオークロードが蹂躙していく。
「……やはり、彼らに頼るしか、ないのか……」
 どこから来たのかわからないオークロードに対抗するには。
 同じくどこから来たのかわからない。されど信頼できる「友人達」の助力が必要だと、結論づけた。

■我こそはと思うものよ!
「……という事なの。このままではスーラクさん、イグニスさんの城塞都市はオーク達の群れに負けて滅ぼされてしまうの」
 いつもの背表紙の本を手に。悲壮な表情を浮かべた境界案内人のポルックスがそう語る。
 とにかく、いつもよりも人手が欲しい、と。折角、滅びの運命を退けてここまで続いた物語。こんなところで終わってしまうのは悲しいから。
「腕に覚えがなくても、戦う自信がなくてもいいわ。やれることは必ずあるはずだから。だから、お願い。皆、力を貸して!」
 集まったイレギュラーズを鼓舞するように、拳を握りしめて大きな声で。ポルックスは皆を送り出した。

NMコメント

 ラリーシナリオが解禁されましたので、当初の予定を変更しこちらの形式で失礼します以下略です。
 恐らく異聞録の最終シナリオとなります。これの終わり方次第で「狐の嫁入り」シリーズの本編に何らかの影響が起こります。
 以下概要
・目標
 オークロードの討伐
・戦場
 城塞都市から出てすぐの原野。障害物はなく開けていますが道を外れると農夫達が耕した畑などがあります
・第一章
 オークロードまでの道を切り開きます。
 立ちふさがるオーク達を倒すだけでなく、戦い傷ついた仲間を癒やす事。倒れた者を救助する事。街で怯える一般人を励ますなど、やるべき事は多岐に渡ります。
 皆様が一番活躍できる事をプレイングで表現してください。

・第二章
 オークロード討伐戦となります。
 オークロード本体に攻撃する方。オークロードの周囲にいる精鋭オークを排除する方。戦った人を癒やす人等が必要となります。
 オークロードは非常に強力な敵です。油断なさらぬように。

・第三章
 戦後処理になる予定です。
 被害を受けた街や畑の修繕。オーク達の処遇などを決める話し合いへの参加などができます。

 以下参加NPC。及び敵の詳細
 味方NPC
■スーラク・ルークス
 強力無比なNPCです。オークロード以外にはまず負ける事はありません。第一章での戦力が足りなかった場合でも彼がなんとかしてくれます。
■イグニス・ルークス
 一対一ならば堅牢確実なNPCです。精鋭オークよりちょっと強い程度。
■ギルダス
 HPと攻撃力に優れるNPCです。その豪腕は並の鎧では防ぐ事叶わないでしょう。
■アングラー・フォレスト
 後方からの援護、回復に長けたNPCです。癒やし手が足りなかった場合彼に頼る事になります。
■メルティ・ルークス
 アングラーの娘にしてイグニスの嫁。アングラーと同じく後方支援に長けたNPCです。
■他スーラク率いる騎士団員、ギルダス率いる猿人の若者達
 オークの群れと戦います。無難に戦ってくれますが、精鋭オーク以上の相手は務まらないでしょう。
 
 基本的に上記NPC達は、イレギュラーズの手が届かないところで戦います。もし誰かと共闘してみたい等ございましたらプレイングに盛り込んで頂ますようお願いします。

■オークロード
 非常に高いHPと物理攻撃力と。また高い再生力とクリティカルを持っています。しかし反応、回避、EXAは低く、意外にも抵抗力は皆無に近い弱点を持ちます。
 特別なスキルは持ちませんが、手にした斧を振るうだけでとてつもない破壊力を発揮します
■精鋭オーク×10
 オークロードを守る精鋭です。並のオークよりはよっぽど強く、HPと防技に優れます。特別なスキルは何も持ちません。
■一般オーク×無数
 第一章で主に戦う相手です。イレギュラーズの皆様ならばまず負けないですが、油断はなさらぬように。

 長々と書きましたが、以上となります。
 各章、最大10名程度の採用予定でございます。よろしくお願いいたします。

  • 《狐の嫁入り 異聞録参》豚人之王ヲ討伐セヨ!完了
  • NM名以下略
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年03月29日 17時17分
  • 章数3章
  • 総採用数19人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

ジュルナット・ウィウスト(p3p007518)
風吹かす狩人

「親父殿にスーラククン、お久しゅウ。辛気臭い顔してどうしたんだイ?常人より老いたおじいちゃんの手ならいくらでも引いて構わないんだヨ?」
 今まさに。城塞都市に殺到せんとするオークの群れと、それを護ろうとする騎士団が激突せん。そのような緊張感高まる戦場に、『風吹かす狩人』ジュルナット・ウィウスト(p3p007518)のどこか暢気な声が風に乗る。
「誰かと思えば貴様か」
「おう、久しぶりだな!」
 アングラーとスーラクが、顔馴染みの登場に少しばかり顔を綻ばせ。すぐに眼前の敵へと視線を戻す。『しっかり働けよ!』と言い残し、それぞれの戦う場所へと散り。
「ああ、任せときナヨ」
 誰にともなくそう零したジュルナットは、静かに矢を弓へと番え。駆ける。

 オークの群れに初めに突っ込むスーラクと、彼が率いる騎士団員達。そして、その背後からジュルナットの放つ矢が。オークの身体を打ち貫く!
 その一撃は鎧のみならず、肉の壁など無意味とばかりに。目の前に立つもの全てを穿ち、喰らっていく。
 
 途中。戦場を離れ田畑に殺到するオークを視界の端に捕らえ。ジュルナットは無慈悲に、無表情に。彼の者の頭を射抜く。
「言っちゃ悪いけど結局人型に変わったって豚に変わりはなイ、彼らにも事情理由はあるんだろうけど割り切って貰わないとネ」
 どこか冷たくそう言って。ジュルナットは更に戦場を駆ける。

成否

成功


第1章 第2節

セリア=ファンベル(p3p004040)
初日吊り候補
長月・イナリ(p3p008096)
狐です

「助けを求められたから、依頼を受けてみたけど……敵はオークなのね。腕に自信は無いけど、ちゃんと戦えるかしら……」
「オークなんて、洞窟の奥に置いておーくのがいいのよ。……なんでもないわ。何事も爆弾で解決するのが一番よ。」
 緊張した面持ちの『新米の稲荷様』長月・イナリ(p3p008096)と、誰にも拾われないボケを発揮した『初日吊り候補』セリア=ファンベル(p3p004040)。一見対照的な二人だが、戦法は似通っていた。
 すなわち。前衛は頑強な騎士団員達に任せ、後方火力に徹する事。
 イナリの持つ神器のレプリカが、オークを火に包み。セリアの放つ精神の弾丸が、追い打ちをかけるべく飛び交う。
 焼けただれる肉の匂いと、恍惚の叫びのまま息絶えるオークの身体が戦場を埋め尽くしていく。
 しかしてオーク達もただやられているだけではない。騎士団員の壁を突破し、イナリに殺到する姿が3人。されどイナリは慌てない。
 手にした剣に力を込めて地面に突き立て。
「力を貸して……! 迦具土神!」
 イナリの小さな身体に膨大な熱量が宿り、其れを一気に眼前に放つ大技!
 熱線が通った後には、オーク達の肉体は影しか残っておらず。生きていた証さえない。
 大技の反動で少しふらつくイナリに、即興で作り出した治癒用のポーションを渡すセリア。
「はい、これで回復よ。まだまだ先は長いんだから」
「え、ええ。ありがとう」

 イナリの一撃にオーク達は怯み。対する騎士団員は士気が上がり勢いよく攻め立てる。
 これが戦争。これが生存競争。
 優勢に戦闘を進めながら、セリアはぼんやりと思う。
(いつも貧乏くじばかり引いてる私だけど……今、まだ生きているだけ、幸せなのかしら)
 目立たぬ、地味な活動しかできないが故に。誰にも注目されていないが。それでもこれから、と信じて。

 対するイナリも、土の壁でオークを弾き飛ばしながら。ちらりと戦場の外をみる。
 農夫達の耕した畑と、農夫達の為の小屋。作物を実らせる力のある自分なら、荒らされても加護を与えられるのだろうか、と。
「オォォォッ!!」
「くっ!」
 物思いにふけっている間に接近してきたオークに、炎纏う剣を叩きつけ。意識を切り替える。
 今は戦わなきゃ。その後で、きっと。と。

成否

成功


第1章 第3節

アクア・フィーリス(p3p006784)
闇と炎

「オークが、やってくるから、いっぱい倒せば、いいんだね……うん、大丈夫、わかってる」
 自分に言い聞かせるように。胸の前できゅっと手を握り、『闇と炎』アクア・フィーリス(p3p006784)は騎士団員達に肩を並べる。
「少し先に出る……!」
 そ両隣の騎士に言い残した彼女は走る速度を上げ。眼前のオークを一度は無視し、その背後へ。周囲がオークばかりの囲まれた状況に見え、騎士は慌てるが、アクアは怯まない。
「燃えろ……!」
 自身の心に残る憎悪を炎に。手から放たれる慈悲無き炎はアクアに殺到したオークを尽く焼き尽くす!
 少しばかりの傷を受けたアクアだが、それで休む事はなく。むしろ、力が増していく。
「まだ、倒れるもんか……諦めなんて、しないの……!」
 漆黒の炎が彼女を包み、騎士に、オークに。近寄る事を戸惑わせる。
 しかしここは戦場。一人のオークが槍を手にアクアに襲いかかろうと地を蹴る。
 が、アクアの憎悪の炎が異形の手を形作り。彼の身体に纏わりつき、引き裂いてしまう。
 キッと目線鋭く、次の標的を見定めるアクアの視線から逃れようと。一部のオーク達は我先にと逃げ出していく。

(……最後は、ハッピーエンドだよ、ね?)
 少し落ち着きを見せた黒き炎を身にまといながら、アクアは空を見上げそう願う。
 過去の自分に訪れなかった、でも、違う自分は迎えているであろう。そんな終わりが、この城塞都市にありますように。

成否

成功


第1章 第4節

アリシア・アンジェ・ネイリヴォーム(p3p000669)
黒焔纏いし朱煌剣

「おう、嬢ちゃん、久しぶりだなぁ!!」
「細かい話は後よ、手を貸すわ!」
 知った顔、『黒焔纏いし朱煌剣』アリシア・アンジェ・ネイリヴォーム(p3p000669)を見つけスーラクは豪快に笑う。その一方で剛槍でオークを薙ぎ払う事は忘れず、だが。
 戦場を駆けるアリシアもそれに手短に返し、目に魔力を集中させる。オークの動きが、死角がよく『視える』。
 オークが振り下ろす斧を避け、或いは受け。されど流し。最小限の動きで被害を抑えたアリシアは、手にした刃に紫電を纏わせ、オークに振り下ろし。返す刃に厳かな魔力を宿して肉体を切り裂くというよりは破壊する。
 突然の死を迎えたオークを見て、生き残るオークが彼女をとらえようと群がる。しかしてそこは、猿人の若者が間に入り込み、彼女を護り。
「助かる……!」
 一言礼を置いて。もうひとりの自分を喚び出し魔法弾でオークを撃つ。猿人の若者の豪腕が追い打ちとばかりにオークの顎を殴り上げ、昏倒させる。
「まだまだ数は多い……油断せずに!」
「おう!」
 毅然としたエリシアの立ち振舞が、味方を鼓舞し、士気を高めていく。

成否

成功


第1章 第5節

コゼット(p3p002755)
ひだまりうさぎ

 戦いは勢いを増し、苛烈を極める。そんな最前線、騎士達がオークを抑えている中に飛び込む小さな影が1つ。
「あ、おい、危ない…!」
 その姿を視認した騎士団員が、思わず呼び止めようとするも。小さき身体はするりするりとオークの振るう剣を、斧をすり抜けていく。
 『ひだまりうさぎ』コゼット(p3p002755)が、持ち前の身軽さをもってオークの群れを撹乱していく。
(だいじょうぶ、負けないよ。あたし逃げるのとくいだから)
「騎士のみんなは攻撃して。あたしが引きつけるから」
 オークの悪意が、自身と騎士に向けられる殺意がノイズとなって大きな耳に響く。
 それでもコゼットは、退かない。小さく跳ねて、戦場を舞台として踊るように軽やかに。その時々でオークを引きつける力を混ぜて。
 類まれなる身のこなしと、手にした盾の頑強さがコゼットの命を守る。
 暫し見とれていた騎士達も、ハッと意識を取り戻し。コゼットの決意に報いるべく声を張り上げる。
「今が攻め時だ!彼女の献身を無駄にするなぁっ!!」

「みんなはあたしが守るから。みんなはみんなの守りたいものを、守って……!」
 コゼットの小さな、しかして確かな祈りと決意は。数多くの騎士を奮い立たせる。

成否

成功


第1章 第6節

ルリム・スカリー・キルナイト(p3p008142)
勇気のチャロアイト

「オーホッホッホ!ギルダス様に騎士団の皆様、今回もよろしくお願いしますわ!」
 逞しき豪腕でオークを殴り倒す猿人の長、ギルダスと。彼と共に戦う騎士団員の耳に、いつだったか聞いた覚えのある声が届く。
 『「姫騎士」を目指す者』ルリム・スカリー・キルナイト(p3p008142)が駆けつけ、少し荒れた息を整えてから、いつもの高笑いとともに挨拶する。
「……ああ、ルリム、か。此度も協力、感謝する」
 姿を目で追わず、されど声だけで誰かわかるギルダスは。静かな、それでもルリムの耳にはっきりと聞こえるように、そう呟き。騎士団員の中にもルリムに挨拶を返す者がいた。
 再会を喜ぶのもそこそこに、ルリムは愛用のジャスティスソードを掲げ。声高らかに宣言する。
「この先に進みたくば私、ルリム・スカリー・キルナイトを倒してからにしなさい!」
 その声に、何よりルリム自身の身体から発せられる香りにオーク達は魅了され、群がり。ルリムに対し複数で飛びかかる!
 しかしてそこは織り込み済み。一度ルリムと共闘しているギルダスと騎士団員が共にオークを殴りつけ気絶させ、ルリム自身も命を奪わぬようにと峰打ちで応戦する。
(オーク達とて元は無辜の民の一人……無益な殺生はしたくありませんわ)
「……立派な心がけだ。小さき騎士よ」
 ルリムの内心を察したギルダスが、不器用に。されどしっかりと彼女を称えた。

成否

成功


第1章 第7節

マルベート・トゥールーズ(p3p000736)
饗宴の悪魔

「オークとは懐かしい!私の故郷にも居たよ! 匂いには些か難があるけど豚肉のような味で美味しかったと記憶してるね。全く同じ種ではないにせよ、少しは郷愁に浸れそうかな」
 オークの群れが或いは息絶え、或いは捕らえられ、或いは逃げ惑い。瓦解し始めた頃に。不穏な事を呟きながら『饗宴の悪魔』マルベート・トゥールーズ(p3p000736)は戦場に姿を見せた。
 生物の肉ならば、何でも喰らうという彼女にすれば。この戦場はご馳走の山なのだろう。思わず舌なめずりをして品定めをしてしまう。
「ああ……素敵だ。もっと素敵な子もいるだろうけど……」
 と、離れたところから逃げ出してきたのか数体のオークがマルベートの前に現れ。一見か弱き少女である彼女を叩き伏せて道を開こうと襲いかかってくる。
「そう、君達のように思い上がっている子だよ!!」
 残酷な笑みを浮かべたマルベートが描くは、この世界には存在しない恐ろしき魔術。その魔法陣に捕らえられた一人のオークは、毒に侵され炎に焼かれ血を全身から噴き出し、ただの肉塊と果てた。
 その無残な最期を目にした他のオークは、きた道を、恐怖に支配されながら戻っていく。
「なんだ、もう来ないのかい? ……ふふ、あの子にもいくつか料理して持っていってあげようかな」
 無邪気で残酷な悪魔は、未だ戦場を物色する。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM