PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<クレール・ドゥ・リュヌ>間違った神の鉄槌

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング

●インタビュー・ウィズ・メディカ
「姉様? 姉様は汚らわしい裏切り者です。早く叩き潰さなければなりません」
 聖母のごとき柔らかな笑みで、シスターメディカは記者に述べた。
 これはある日の記録。過去の話である。
 大きな砂糖壺から角砂糖を一握りとると、紅茶の揺れるティーカップにひとつ、ふたつ、みっつ……カップの縁から紅茶があふれる寸前まで落とすと、ティースプーンでゆっくりとかき混ぜていった。
「覚えています。あれは私が今よりもう少し若くて、もう少し弱かったころ、母様は汚らわしい海の者と不貞を働いたのです。ああ、なんて汚らわしいことでしょう」
 ティーカップから一滴たりとも茶をこぼすことなく口へ運んでいくと、メディカは頬に手を当てた。
「もし私に今の力があれば。いまの信仰があれば。今の立場があれば。きっと母様をこの手で断罪できたのに。未熟さを悔やみます。とても、とても」
 メディカはカップの中身を飲み干すと、ぺろりと縁を舌先で舐めた。
「けれどそれだけの力があったはずの姉様は、逃げました。母様の不貞を知りながら、汚らわしい罪を知りながら逃げたのです。
 ああ、汚らわしい裏切り者の姉様。姉様もあの日断罪されるべきだったのです。
 だから……」
 砂糖壺に手を入れ、角砂糖を握り、握りつぶし、ざらざらと口へと注ぎ落とすメディカ。
「一刻も早く叩き潰さなければなりません。きっと、私の手で。かならず、私の手で」

●月光人形とクリミナル・オファー
「天義首都で『黄泉がえり』事件が頻発していたことは知ってるよね?
 死者が在りし日の姿で帰ってくるというやつだよ。この事件を何件も解決して貰ったけど……あの時点で解決しておいて本当に良かったね。
 もし放置していれば、今とは比べものにならない大惨事になってた筈だし」
 所変わってここはギルド・ローレット天義支部……という名のただのバー。
 コーヒーカップやワイングラスが並ぶ中、イレギュラーズたちは『黒猫の』ショウ(p3n000005)から次に受ける依頼の説明を聞いていた。
「死亡不可逆は世界のルール。何かカラクリがあるとは踏んでいたけど、よりによって魔種の仕業だったらしいね」
 ざんげに確認をとった所『滅びのアーク』が急激に高まっている。
 天義では天義らしくない狂気的な事件が頻発してる。
「黄泉がえり事件とタイミングがばっちり合うよね」
 より調べを進めてハッキリした。
 奴らは蘇った死者でも神のルール違反でもない。
 『月光人形』――強欲の魔種がもたらした悪意の産物だ」

 依頼内容はその『月光人形』の討伐。
 亜麻色の髪。どこか柔和な表情の女性。
 名をリティモア・スピリッツ。
 ……アーリア・スピリッツの、実の母であった。

●波のゆくさきへ
「母様は帰ってこられました。神が母様の罪をお許しになったのです。
 忠実に不正義を断罪し続けた私への、神の報償なのです」
 教会の神父が床に伏していた。
 肩から上はなく、大きなハンマーによってたたきつぶされ、絨毯を赤黒く染めている。
 シスター、メディカ・スピリッツは目を閉じハンマーの柄を握りしめた。
「神はいつも私たちを見守ってくださっている、その証。
 なのに、神を疑う信仰なき人々は私たちをもみ消そうとしているのです。
 そうですよね、母様……!」
 振り向くメディカに、若い女性がおっとりと頷いた。
 爽やかなライム色のドレスを着た、在りし日の母リティモア・スピリッツであった。
「神の報償を。神の証明を、なんとしても守るのです。
 神を汚す不正義を……断罪するのです!」
 強く、狂ったように目を見開くメディカ。
 その声に、教会についていた騎士たちは声を上げて剣を掲げた。
 聖アンダモルト教会における、クーデターの始まりであった。

GMコメント

・成功条件『月光人形』リティモアの破壊

 条件を達するために、教会でクーデターを起こしたメディカ・スピリッツとそれに賛同した騎士数名を撃破しなければなりません。
 メディカを含め騎士たちは月光人形の放つクリミナル・オファーによって狂気に冒されています。話し合いの余地はないとみていいでしょう。
 対人戦闘の準備をしてください。

■■■戦闘状況■■■
 アンダモルト教会礼拝堂で決起を行なっているメディカ及び騎士たちを倒すため、礼拝堂に直接強襲を行ないます。
 侵入口は普通に考えて後部の扉、側面の窓、正面のステンドグラスの三箇所になります。

 室内はそこそこに広いが全長25メートル程度なので使用スキルのレンジに注意して下さい。
 詳しくは戦闘マニュアルのレンジ表を参照してください。

 クーデターに賛同しなかった騎士たちは別の場所に拘束されていますが、こちらは後回しでいいでしょう。(先にこちらを解決しようとすると本命を取り逃がす恐れがあるためです)

■■■敵対存在■■■
・メディカ
 大きなハンマーを用いたパワーファイター。
 いくつかのBSへの耐性と強い特殊抵抗。加えて防御技術。それに依存したダメージソース武器に戦う。
 不正義断罪に対しきわめて積極的であり、教会でも立場が高い。
 極端な原理主義過激派思想をもち、武勲から同質の思想をもつ騎士たちを統率しえた。
 姉アーリアに対して強すぎる確執をもっており、もし戦闘になれば執拗に狙いをつけると思われる。

・リティモア
 細身の剣で戦う。
 本人の意志や性格にかかわらず『月光人形』に備わった命令として抵抗戦闘を行なう。
 戦闘能力はそこそこ。高くも無いが低くも無い平均的なもの。
 受け答えは曖昧で本人記憶も曖昧であるため、偽物の人形とみた方がよい。
 クリミナル・オファーの感染源であり、共感や好意などによって反転や狂気化のおそれをもつ。

・騎士
 数名の騎士。およそ5人。
 全身を鎧で防御し、主に剣を武器に戦う。
 個体によって戦闘能力やスペックにばらつきはある模様。
 油断しなければ負けない筈だが、逆に油断したり侮ったりすると危ない。

【アドリブ度】
 ロールプレイをよりお楽しみいただくため、リプレイにはキャラクターのアドリブ描写を用いることがございます。
 プレイングやステータスシートに『アドリブ歓迎』『アドリブなし』といった形でお書きくだされば、度合いに応じて対応いたします。ぜひぜひご利用くださいませ。

  • <クレール・ドゥ・リュヌ>間違った神の鉄槌 冒険中
  • GM名黒筆墨汁
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年05月18日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

リノ・ガルシア(p3p000675)
宵歩
トリーネ=セイントバード(p3p000957)
慈愛のペール・ホワイト
雨宮 利香(p3p001254)
雨宿りの
咲花・百合子(p3p001385)
白百合清楚殺戮拳
アルム・シュタール(p3p004375)
堅牢なる楯-Servitor of steel-
アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯
リア・クォーツ(p3p004937)
旋律を知る者
氷彗(p3p006166)
氷の精霊

PAGETOP