PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<クレール・ドゥ・リュヌ>騎士の一念

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング

●許し得ぬ戦い
 天義首都における『黄泉帰り』事案は、もはや公然の秘密となって久しい。イレギュラーズが密かに潰してきた芽はしかし、氷山の一角に過ぎず。日々増え続ける案件とその噂は隠しきれぬ段階まで至っていた。……あるいは。『常夜の呪い』事件が落とした影が、『黄泉帰り』をすんなり信じさせるに足る下地となったというなら、それは酷い皮肉と言えよう。
「フォン・ルーベルグを中心に、狂気に侵された人間による事件が続発しています。規律を重んじる彼らが狂気を受け入れることは、普通ならあってはならない。さながら幻想の<嘘吐きサーカス>事件に酷似しています。<滅びのアーク>の高まりも当時に酷似している、とレオンさんがざんげさんに確認できています」
 つまり、魔種による本格的な攻撃行為。『原罪の呼び声』が強く影響している……旗印になる大きな出来事は無いはずだが、一体どうして?
「レオンさん曰く、戻ってきた誰かが『アンテナ』、つまり『原罪の呼び声』のキャリアーとして機能しているということです。<サーカス>と異なるのは、より周辺にとって分かち難い、親しい存在であるということ。協力を要請して正しく対応してくれるかといえば、大きな疑問符が付く相手ということです」
 魔種は魔種なりに狡猾に考えている、というわけで。前回以上に厄介で『冷たい』話である。
 だが、と情報屋は続ける。レオン曰く、『ローレットが対応していてマジで良かった。してなかったら水面下に潜んでた爆弾は今の比じゃなかったぜ』とのこと。今までの『黄泉帰り』事件への対処は、確実に正しい方向へと天義を導くに足るものであった。そういうことだ。
「皆さんに対処して頂きたいのは、首都北西部での騎士団の小規模蜂起、その対処です。彼らは元々、首都内でも多少は名の知れた規律重視の騎士団でした。ですが、彼らは度重なる正義の執行、その報復で少なからず家族を失っており、『黄泉帰り』を果たした身内を多く抱えているとのことです。彼らは首都のいち区画を制圧し、『黄泉帰り』を匿っています。流石に看過できぬと天義首脳陣が騎士団を放ち、一触即発の状態に陥っています。恐らくですが、皆さんが到着した頃にはその緊張もピークに達していることでしょう。
 ……今回、両騎士団の生死を不問とします。ですが、『徹底的にやるなら正体を隠してください』。顔が多少なり露見するというなら、首脳側の騎士は言葉を尽くすか皆さんの実力を眼前で示し、介入できぬと理解させるべきです。無論、狂気に落ちた側の騎士を殺さないで済むなら最上ですが、手加減できるかというと、ちょっと」
 そもそも、騎士団の二正面撃破などという行為自体がかなりの無茶を伴うのだ。どうにか楽をする方法を考えたほうが、無難と言わざるを得ない。
「『黄泉帰り』は区画内の3~4軒に集中して匿われています。彼らは基本的に戦闘力は低いでしょうが、いざ死ぬと分かれば話は変わるでしょう。単独突入は控え、2人以上で突入して各個撃破が安全かと思います」
 無論だが、首脳陣側の騎士を『黄泉帰り』に接触させるのは法度だ。彼らは首脳陣の言葉に忠実で、それらを信じていない。実在を目の当たりにして、果たして『原罪の呼び声』に抗えるか? 正気を揺さぶられた脳では無理だろう。
「以上となります。くれぐれも細心の注意を払い、行動してください」

GMコメント

 騎士同士のドンパチが起きないってことはないでしょう。止めるのが依頼内容ですけれども。

●成功条件
・黄泉帰りの全殲滅
・『騎士同士の武力衝突による』死者を出さない(武力衝突させてもいいが、トドメを刺させてはならない)

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●注意事項
・首脳陣側の騎士に『示威行為を超える危害』を加える際、その場に居合わせ、尚且つ外見が露呈する状態にあったイレギュラーズの悪名が(報酬名声値とは別に)上昇する可能性が含まれます。
 行動一つが自分以外に影響することを承知の上、行動選択をお願いします。

●叛乱騎士×5
 『黄泉帰り』を匿い、狂気に陥った騎士達。基本的に「黄泉帰りを殲滅した上で不殺等で無力化すれば」狂気を脱する。
 その後どう裁かれるかは別として、彼らは救われるだろう。無論、騎士同士の衝突があれば戦死が既定路線であった。
 全員騎乗。槍2剣2弓1。機動5。
・騎士の連帯(パッシブ。叛乱騎士の戦闘可能な残数に応じて物攻と防技が上昇)
・銀の魂(精神無効、攻撃対象を決定後2ターンは別の相手を狙わない)
・チャージ(ランス、ソード):物近単移、致命、呪い
・騎乗射撃(弓):物遠単、流血、足止
・薙ぎ払い(槍):物近扇、麻痺
・後先翔撃(剣):物遠単:カ遠、Mアタック中、連

●首脳側騎士×5
 『叛乱騎士』と同程度の装備・技能を持つ(『騎士の連帯』の補正値がやや高い)騎士達。叛乱騎士と異なり、理ある行動や言説に耳を貸す程度の理性はあるが、飽く迄『天義として正義たる』言説でないと動かないことに留意されたし。
 共闘を申し出てもいいが、不殺で止めると彼らが殺しに来るのでさじ加減とかその他が面倒になる。

●黄泉帰り市民×20
 大体5人ずつ、区画内の民家に匿われている。
 彼らは騎士の蜂起に否定的な言葉を告げるが、死を間近にすれば必死に抵抗してくる。並の人間よりも頑丈。
 彼らを全員殺害した上で騎士を倒すと、正気に戻る可能性がある。
・原罪の呼び声:神特特(自分を中心にレンジ2以内)、不運(純種に対し不吉)、純種は狂気の影響を受ける可能性がある。

 割とアレでそれな話ですが、よろしくおねがいします。

  • <クレール・ドゥ・リュヌ>騎士の一念 冒険中
  • GM名ふみの
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年05月18日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

夜乃 幻(p3p000824)
『幻狼』夢幻の奇術師
ヴァレーリヤ=ダニーロヴナ=マヤコフスカヤ(p3p001837)
祈る暴走特急
ライハ・ネーゼス(p3p004933)
トルバドール
エッダ・フロールリジ(p3p006270)
フロイライン・ファウスト
ハッピー・クラッカー(p3p006706)
惑わされる幽霊
ヴェーゼ(p3p007004)
言の葉に秘めし仮面
ビーナス・プロテウス(p3p007066)
渇愛の邪王竜
モルン(p3p007112)
浮雲

PAGETOP