PandoraPartyProject

シナリオ詳細

アンダー・ザ・ローズ~幸福の節
アンダー・ザ・ローズ~幸福の節

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●とある画家の確信
 幸せは人間の原動力である。
 これは私の魔術師としての人生と画家としての人生を併せて得た、そして未だに覆されていない持論だ。
 悲しみや怒りでも人は動くけれど、幸せの比ではない。“こうすれば良くなるから”“ああすれば喜んで貰えるから”、これは人間をポジティブに活動させる感情だ。休日の為に働く、といえば判りやすいだろうか。
 私は魔術師としては失敗したけれど、画家としてはそれなりに成功したつもりだ。もっと成功した奴もいるにはいるが……人生と絵は違う。物悲しい絵は幸せな絵よりも評価されるものなのだ。と、思う。
 絵筆をとって色を混ぜているとき。キャンバスに下書きをしているとき。私は間違いなく幸せだと思う。だから、死ぬ前の自画像は絵を描いているときの自分にしようと決めている。人の幸せってなんだろう、ずっと考えている。誰かを蹴落として得る幸せ。誰かと手を取り合って得る幸せ。それらに優劣はない。同じ“幸せ”。

 最近、知り合いの画家たちがこぞって作業に没頭していると耳にした。ネタを何処で仕入れたのかというと、かのローレットというではないか。
 ネタの為なら魔術もイカサマも厭わない奴らだが、彼らがこぞって興味を抱いたローレットの面々とは一体どんな人たちなのだろう。そして、彼らが絵に没頭しているという事は、間違いなく良いネタ元なのだ。
 ならば、と私はペンを執る。拝啓グレモリー様。
 ……そういえば、彼はまだ人間味のない絵を描いているのだろうか……


●人間味のない画家
「やあ、久しぶりに友人から手紙が来てね」
 サラサラとスケッチブックに鉛筆を走らせながら、グレモリー・グレモリー(p3n000074)は淡々と述べた。
「まあ、友人……という時点で察しはついていると思うけれど、彼女も元魔術師の画家だ。名前はラフィー・ハリバーナ。性別は女性。彼女の得意分野は“幸福”だ」
 一度グレモリーは視線を上げて、集まった人数を数えるように一望する。けれど、またすぐにスケッチブックに視線を戻してしまった。熱心に描いているようだが、何を書いているのだろう。
「彼女は僕たちの中で一番明朗快活、そしてポジティブだ。今までのように悲しい思いをすることはないと思うし、人間味を疑う事もないと思う。そして別にネタ切れという訳でもなく、周りがローレットに依頼したというから自分も、という感じだった。これが手紙」
 言いながらグレモリーは筆を休めることなく、もう片手で封の切られた封筒を取り出すと、机の上に置いた。可愛らしい、透かしのレース模様が入った封筒だ。
「僕はまだじめじめした絵を描いているのか、と心配されてしまったよ。彼女はポジティブだし良い人だが、お節介なところがある。――今回の依頼でネタを仕入れたら、久しぶりに仲間を集めて展覧会をしたい、と言っていた。果たして他の友人が乗るのかは判らないが、其の時は君たちにお知らせする」
 ――できた。
 小さく呟いて、グレモリーはようやく面々を見つめた。
「という訳で、彼女に君たちの思う幸福を教えてあげてほしい。きっといい刺激になると思う。……ちなみにこれは、僕の思う幸福だ。僕の絵をたくさんの人が見に来ている図」
 くるり、スケッチブックを裏返すグレモリー。其処には一枚の絵と沢山の人が、横から見た図で描かれていた。
 ――何故だろう。不思議と穏やかな感じがして、ざわめきが聞こえて来るかのような絵だ。

GMコメント

 こんにちは、奇古譚です。
 グレモリーの友人からの依頼、ラストになります。
 これまでの依頼と関連性は殆どありませんので、今までのストーリーを知らない、という方もお気軽にご参加ください。
 最後は「幸福」です。

●目的
 奇怪画家「ラフィー」を助けよう

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

●立地
 住宅街にある質素な一戸建てです。
 家の中にある画材は高級なものが揃っています。
 興味のないところには最低限でいい、という考え方のようです。

●エネミー?
 ラフィーの作り出す幻影

 真っ暗闇の中に、貴方にとっての幸福が現れます。
 映像かも知れませんし、静止画かも知れません。或いは、声だけかも。
 (プレイング内でお好きに指定してください)
 貴方の心情を一定時間映すと幻影は消え去り、元の景色が戻ってきます。


 基本的に個別描写です。
 また、アドリブ描写が多めの傾向がありますので、プレイング通りに記載して欲しい!という方も明記をお願い致します。
 では、いってらっしゃい。

  • アンダー・ザ・ローズ~幸福の節完了
  • GM名奇古譚
  • 種別通常
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2019年05月23日 22時15分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ノリア・ソーリア(p3p000062)
半透明の人魚
ソフィラ=シェランテーレ(p3p000645)
盲目の花少女
ランドウェラ=ロード=ロウス(p3p000788)
黄昏夢廸
清水 洸汰(p3p000845)
雲水不住
エリザベス=桔梗院=ラブクラフト(p3p001774)
特異運命座標
ミディーセラ・ドナム・ゾーンブルク(p3p003593)
キールで乾杯
アーリア・スピリッツ(p3p004400)
キールで乾杯
アリア・テリア(p3p007129)
幸福を知った者

リプレイ

●幸福画家
「まあ、いらっしゃい! 待ってたわ!」
 『酔興』アーリア・スピリッツ(p3p004400)を先頭として地図通りの場所を訪ねたイレギュラーズ達を出迎えたのは、亜麻色の髪を簡素にまとめたそばかすの女性だった。目が覚めるような蒼く円い眼が印象的だ。『SPARE HAND』エリザベス=桔梗院=ラブクラフト(p3p001774)が訪ねる。
「ラフィー・ハリバーナさんのお宅でございますか」
「ええ! 私がラフィーよ。さあ、入って入って」
「私たちがイレギュラーズだと判りますの?」
「判るわよ、だって私のところに訪ねてくる人なんて、集金屋くらいだもの。画家仲間とはギャラリーとか、そっちで会うことが多いしね」
 『半透明の人魚』ノリア・ソーリア(p3p000062)の問いにさっぱりと答え、一同をリビングに通すラフィー。成る程、家は外から見るととても古いが、内装は綺麗に施してあり、暖かい色彩でまとめられている。そしてリビングの開かれたドアから見えた一室には、多数の絵が置かれているようだった。
「あれは?」
「ああ、お恥ずかしいわね、ごめんなさい。リビングにあった絵を押し込んだの。売りに出して戻ってきた絵だとか、そういう奴よ」
 『黄昏夢廸』ランドウェラ=ロード=ロウス(p3p000788)の問いに、肩を竦めるラフィー。画家とは一概にうまくいく職業という訳ではないようだ。
「それは興味深い! 是非とも後で見てみたいな」
「あらあら、私も気になるわ。ねえ、どんな幸福を描いたのか教えて下さらない? 私、目が良くないから……イメージだけでも知りたいわ」
「あっ、じゃあ俺が後で教えてやるよ! うまく説明できるかなー」
 『盲目の花少女』ソフィラ=シェランテーレ(p3p000645)が期待の面持ちでいうと、『雲水不住』清水 洸汰(p3p000845)が声を上げる。照れるわね、とラフィーは頬を掻き、しかし、終わった後でね、と快く頷いた。
「じゃあちゃちゃっと始めましょうか。何か質問はある?」
「そういえば、展覧会を考えておられるとか」
 『灰かぶりのカヴン』ミディーセラ・ドナム・ゾーンブルク(p3p003593)がぽつり、と零す。うん、とラフィーは隠しもせずに頷いた。
「ええ! 偏屈な仲間ばかりだけど、絵の腕は一級品なの。だから、同じ魔術を用いた――かつての同士として、一緒にやらないかって誘ってみるつもりよ。彼らも絵を公開したくてうずうずしてるでしょうから!」
「とっても楽しそう! いいなあ、やるなら是非呼んでね!」
 『音士』アリア・テリア(p3p007129)が弾んだ声で言う。ええ、とラフィーは頷いて、パチリとウィンク一つ。片隅に置いていたイーゼルと真っ白なキャンバスを持ってくる。
「じゃあ始めましょうか。確か目の悪い方がいたわね。目の前に真っ白なキャンバスがあるわ。其処に意識を集中してみて……そう……」


●ノリアの幸福
 何がわたしの幸福なのでしょう。ノリアはまず、思案した。
 そして最初に、昔過ごしていた深い海を思い返す。其れは直ぐに幻影になって現れる。ごぼごぼ、零れる泡、蒼い果てのない景色。遥か頭上には太陽が丸く優しく輝いて、美味しそうなマリンスノーをきらきらと照らしている。。
 きっととても美しかった世界で、ノリアが知っていた唯一の安らぎ。遠くで鯨が歌っている。

 では、今はどうか。眼前の光景が一つの人影に収束する。
 そう、焦がれる人がいる。尾が焦げてしまいそうな想いを抱いて、姿かたちを想うだけで胸が痛くなって――でも、海にいたときよりずっと、こうしていたいと思ってしまう。
 でも、其れが幸せなのかというと……判らなくなってくる。

 わたしはこれでいいのだろうか?
 もっと、何か、しなければならないことがあるのではないか?

 人影がぶわっと広がって、街の雑踏へと変わった。
 そう。ノリアにとっての幸せは、きっと、今のなんでもない日常。
 大きな捕食者に襲われることもなく、海の中にはなかったあまい食べ物を食べられるだけのお金もあって。
 そして、あの人もいて。
 大変な事も多いし、うまくいかない事もあるけれど、全てが愛おしい。
 この何でもない雑踏が、ざわめきが、その中を泳ぎ揺蕩う事が、ノリアにとっての幸せなのだ。


●ソフィラの幸せ
 彼女の眼前は真っ暗なままだったが――ふと、青草の香りが嗅覚を掠めた。
 これはきっと、森の匂い。そして、竪琴の跳ねるような音が聞こえる。

 ――これは、私の奏でる竪琴かしら。

 其れはかつての風景。優しい春の光に、音色が溶けてしまうような、蜂蜜色の午後。自由気ままに楽譜なく音を奏でる。探検しているような、そんなひそりとしたスリルさえ感じてしまう喜び。

 其処に、ふと、声が混じった。

 ソフィラは直ぐに、声の主に思い至る。ああ、あの人だ。私と話している。私の声はとても――幸せそうに弾んでいて。
 私、こんな声で話していたのね。自分では気付かなかったけど……

「幸せそうだわ」

 呟いた。でも、実感は湧かなかった。
 私、幸せなのかしら。あの人がいる、其れが幸福なのかしら。
 私の思い描いた幸せは、穏やかな時間と自由な音楽。そして、周りの人が幸せであれば、きっという事はなかった。はずなのに……判らないわ。この湧き上がる気持ちは、一体何なのかしら?
 彼に此処にいて貰いたい、そう思うこの気持ちは――


●ランドウェラの幸福
 ランドウェラは、街中の雑踏に立っていた。ああ、やっぱりか、と彼は思う。街行く人は知らぬ顔、けれど、少し先で見知った誰かが待っているのを彼は知っている。それは僕(ランドウェラ)の仲間で――私(ランドウェラ)の仲間だ。私は近くに人がいない寂しい奴だから、仲間が欲しいって幸福を見ているんだ。
 だからそちらへ行こうと思う、と私は言った。多分そう、言ったのだと思う。だから僕は行っておいでよ、と言った。そう、言ったと思う。
 僕は目の前の雑踏を、暖かいと感じて。私は待っている仲間のところへ、急いで。
 そう、――ランドウェラの内面がそれぞれ独立して、やりたいことをやっている。右腕だって動いて、痛みもない。
 そうして穏やかな日常を享受して、二人で――二人の人間として、過ごすんだ。

 嗚呼、其れは何て素敵な景色なのだろう。
 素敵だね。綺麗だね。欲しいね。現実にしたいね。
 其の目に、記憶に焼き付けながら、ランドウェラは夢見る。こうなるように努力しようか。でもまずは今が続くように頑張らないといけないな。ああ。結局、頑張るしかないんだ。

 幸せは掴み取るものだって、陳腐なセリフがあるけどさ。あれは真理だと思うよ。うん、本当に。この僕がいうんだ、間違いないね。


●洸汰の幸福
 はいはい! オレの幸せは朝起きて、太陽におはようって言って、朝飯食べたら外に出て、そのまま昼飯までいっぱいおひさまを浴びて!
 おやつの時間には、一緒に遊んだ子たちとおやつを食べて、夕方までには“明日も遊ぼうな”ってちゃんとバイバイして、夕飯をしっかり食べて、お風呂に入って、ぐっすり眠って、明日もしっかり遊ぶ! これだ!
 毎日遊んで、飯も腹いっぱい食って、しっかり休む! そして毎日、友達や子どもたちに会える! パカお達もいれば、もう幸せマックスって感じだな!

 ――でも、混沌の世界は平和とは言えねー。魔種とか、山賊とか、魔物とか、やっべぇのがいっぱいいる。
 子どもたちが痛い思いや、怖い思いをするのは嫌だ。俺が痛い思いをするより嫌だ。子どもたちや友達のためなら、俺はなんだって恐くねー!
 どんな敵が相手だって、帰ってきたらまた、元気な姿の皆に会えるんだからな!

 俺の周りを友達が囲んで、みんなが幸せそうに笑って話している姿が見えている。そうだ、これも俺の幸せだ!
 そうだ、シミズコータさまが此処にいるんだ!
 バンバン頼ってくれて構わないんだぜ!


●エリザベスの幸福
 やはりわたくしとしましては、愛らしい美少女たちが苺のショートケーキを食べながらお互いの頬についたクリームを指で掬い舐め合ったり、ガチムチナイスガイが汗だくでくんずほぐれつしている様も尊いと思うのでございますが。

 わたくしの目の前には、夕日とベッドがございました。
 ベッドの上には、今にも命を終えそうなご老人。幸せそうな顔をして、夕日に照らされておりました。

 生まれ、老いて、死んでゆく。其のサイクルは普遍的で、人間社会を構築する根底となるものです。
 いつか死ぬから、誰かに受け継ぐ。
 そうやって人間は発展して参りました。本来なら生死とは、生物としての本能でしかないものですが――人間は意志の力によって其処に意味を見出し、人生に意義を持たせます。
 システマティックな生命活動に、説明のつかない光が宿るのです。

 老人は夕日の中、窓越しに路地を走り去る子どもたちを見ておられました。彼らの中には、老人のお孫さんがいるのでしょうか。優しく笑みを浮かべております。
 命の終末に辿り着いた者だけが見せる表情。笑顔だけではないでしょう。悔恨、憎悪、悲哀、様々な感情の発露する、その一瞬。
 其処にこそ、わたくしは輝きをみるのです。美しいと思うのです。沈みゆく夕日の中、老人がゆっくりと目を閉じるさまを見ながら、わたくしは確かに、命の水平線に輝くいのちを見ました。
 嗚呼。幸せなのは、はたしてどちらだったのでございましょうね。


●アリアの幸福
 無数の音に囲まれて、閉じていた目を開いた。
 たくさんの人が行き交っている。何かの祭りをしているような風景。
 この光景には見覚えがある。去年参加した音楽祭だ。色々な人たちが思い思いの音楽を奏でて、その周りに聴衆が集まっている。
 ああ、そうだ。自分も演奏しなくちゃ。
 手に持っていたリュートを、慣れた手つきでぽろん、と鳴らした。

「よっ、待ってました!」
「アリアちゃん、今日も鳴らしてくれよ!」

 歓声が飛ぶ。音楽が始まる。慣らすようなスローから、アップテンポに。みんなの雰囲気を高めて、自分の鼓動も高鳴らせて。笑顔と歌声、歓声が交じり合う華やかな場で、まるでリュートの音も踊り出しているようだ。

「アリアちゃん、いつも幸せそうに演奏するねえ! こっちまで笑顔になっちまうよ!」
 誰かが言う。
「うん! やっぱり私、音楽も賑やかなところも大好きだよっ!」
 アリアは答える。そう、演奏する事こそ私の喜び。音楽があるだけで、人の心はこんなに豊かになれるんだ。人の心はこんなにも、音楽で動くものなんだ!
 それがとても楽しくて、アリアはリュートを掻き鳴らす。観客の笑顔と歓声に己も心を動かされて、自然とリュートを操る手も流暢になる。
 音楽が好き。音楽で笑顔になって貰うのが好き。その笑顔を自分に向けて貰えたら――もう、最高だよね!


●二人の幸福
 アーリアの眼前には、瓶とグラスが並んでいた。中身は言うまでもない。

 ――幸福と言えば、勿論たくさんのお酒よぉ! エールにウイスキー、ワイン、其れからリキュール!
 幻影だから飲んでも味はないけれど、美味しかった記憶が蘇ってきて、其れは其れで美味しいわぁ。
 酒場のカウンター、並ぶお酒、ああ、幻影が解けたらまた飲みにいきましょぉ……なんて考えていたら、ふと人影を見かけた。
 あれは、ミディーくん? あら、あらぁ、うふふ。彼の幻影を見ちゃうなんて、ねぇ。

「ねぇ、一緒にお酒を飲むようになってもう何十年になるかしらぁ」
「アーリアさんも飲みに?」
「そうよぉ。だって、みでぃーくんが同じにしてくれたでしょぉ」
「そう、……そうでしたね。エールにウイスキー、ワイン、リキュール。数えきれないほどのお酒を、貴方と一緒に」
 ふわふわ、ふわふわ。夢心地なのは、幻影だからかしら? とても心地がいい。隣にいるのがミディーくんだから、尚更。

「だいすきよ、みでぃーくん。ずーっと一緒にいたいから、私も長生きしたいの」

 手を取って、ぎゅっと握った。
(柔らかな白い手に、手を取られた)

 ――あれ?
 ――触れている?
 ――幻影なのに……

 ミディーセラは、目の前で笑みから真剣な顔に、そして真っ赤になって俯くアーリアを見ていた。確かに手を握られている。嗚呼、つまり、そうなのですね。

 私たちは、同じ幸福を夢見ている。

 たくさんのお酒に囲まれて、隣には大切な人。
 そして、何の因果かその幸福はこうして交じり合い、手を取り合った。
 確かめるように握り返した手を頬に当てる。びくり、と白い指先が震えた。怯えないで。もう、隠さなくてもいいんですよ。
「だって、わたしも、ですから」
 ああ、やっと見つけた心の在り処。私の幸福は、そう、こうして貴方と隣り合ってお酒を飲む事。
 どうか長生きしてくださいね。
 酒精の魔法にかかったように、今度はふにゃり、とミディーセラから笑いかけて見せるのだ。


●終幕
「素晴らしい幸福だったわ!」
 ラフィーは拍手していた。各々晴れやかな顔をしていたが、全員が何処かニヤニヤしながらアーリアとミディーセラを見ていた。アーリアは真っ赤な顔で。ミディーセラは照れ臭そうに頬を掻く。其の手は繋いだまま。
「というかぁ! どうして皆ニヤニヤして私たちを見てるのよぉ!」
「いえ……だって」
「手を繋いでるし」
「な! オレでもわかったぜー!」
「ええ。まるっとお見通しでございます」
「あらあら、手を? 其れはとっても素敵ね!」
「もぉー!」
 突っ伏すアーリア。ミディーセラはまあまあ、と彼女を宥めながらも、頬を少しばかり上気させている。幻影から一斉に目を覚ましてみれば、二人手を繋いだままだった。其れは彼も恥ずかしかったようだ。
 其の和気藹々とした様子を目にしながら、ラフィーは己の胸に手を当てる。
「皆さん、素晴らしい幸福だったわ……このラフィー・ハリバーナ、みんながローレットに依頼をした理由がいま理解出来ました。この感動を早く絵にしてしまいたいけど、じっくりラフから始めるわね……取り敢えず、疲れたでしょう? お茶を入れましょうか」
「いいね。僕、丁度こんぺいとうやチョコレイトを持ってきてるんだ」
「あ、じゃあ私、即興で曲を弾いていい? お祝いになるような曲がいいかな? こんな感じで……」
 ランドウェラがお菓子を、ラフィーがお茶を準備する横で、アリアが即興でリュートを奏で始める。明るく優しい、祝福の3拍子。
 イレギュラーズは幸せな夢の余韻に浸りながら、その音色に耳を傾けるのだった。

 アンダー・ザ・ローズ。其の意味するところは“永遠に秘密”。
 でも、おやおや。誰かさんの想いは、どうやら明るみに出てしまったようですね。
 お幸せに!

成否

成功

MVP

エリザベス=桔梗院=ラブクラフト(p3p001774)
特異運命座標

状態異常

なし

あとがき

 お疲れ様でした!
 かーっ! みんな幸せそうだわ! かーっ!(嬉しい)
 いやあ、今までのテーマが暗かっただけに、今回は本ッ当に描いてて楽しかったです!
 普段通りの日常が幸せな人が多かった印象ですが、これまでの印象と全然違う切り口で幸福について語る方もいて。
 何より、ポジティブに皆さんを描いていいってなんて幸せなんだろう……と思いました。
 奇怪画家は何を描かせるか非常に迷い続けた作品群ですが、最後に幸福を持ってきて本当に良かったな、と思いました。
 そう思えるのは、参加して下さった皆さんのお陰です。ありがとうございます。

 皆さんに「幸福を知った者」の称号をお送りしております。
 が、件のお二人にはちょっと違う称号をお送りしました。ご確認ください。カクテル言葉って素敵ですよね。
 MVPは、アンドロイドならではの哀愁ある幸せを見せて下さったエリザベスさんにお送りします。とても素敵でした。
 ご参加ありがとうございました!

PAGETOP