PandoraPartyProject

シナリオ詳細

夜明けの頃に、笑う君の。

相談期間中

このシナリオの参加人数はすでに定員に達しています!

オープニング


 その細い頸を締めた――


 私にとって、朝は億劫だった。
 貴族令嬢。
 只、それだけが自身を『ブランド』としているのは重々承知していた。
 目覚めてメイドがやってくる。父より長く伸ばす様にと指示された金の髪を梳かす指先には何の愛情も込められていない事を知っている。
 所詮は雇っただけの女達だ。
 服を脱がせ、母の趣味で仕立てたドレスに身を包む。
 そうして、仮面をつけた様に笑うのだ。

 お母様、お父様。本日も良き日でございますね。

 ――ああ、 エルヴィーラ。今日も美しいね。

 いいえ、これもお父様とお母様がわたくしに下さる愛情のおかげです。

 ――その美しさならばきっと王も君を愛してくれるさ。

 ええ、ええ。

 私は貴族令嬢。政治の道具。王に嫁ぐが為に育てられたお人形。
 だから、朝は億劫だった。明けなければいい。夜の儘、誰にも出会わず死んでしまえばいい。


 ひとごろし。
 罪の意識? ――それを抱いて、お金をどうこうできるなんて思うのかしら。


 その日、『花の騎士』シャルロッテ・ド・ロレーヌはローレットへと足を運んだ。
 王へと舞い込む縁談は多く、放蕩王と呼ばれようと彼が『幻想国』の玉座に擦っていることに何ら違いはないのだとシャルロッテはそう告げる。
「王への縁談で一つ、気になることがありまして……その調査をお願いしたいのです」
 絢爛ある花の騎士は穏やかな表情で自身の君主を案じるように一つ言う。
「伯爵家のひとつ、コラヴォルペのご令嬢エルヴィーラ。
 彼女を紹介してくださったのはフィッツバルディ公です。由緒正しきコラヴォルペ伯はフィッツバルディ公の領内でも評価の高い人物ですから……」
 ならば、どうしてその令嬢の身辺を調査したいというのか。
「噂話であればいいのです。しかし、煙なき所に、というもの。
 ――エルヴィーラ嬢は『死にたがっている』……のだとか」
 どうして。そんなもの『女であれば分かる事なのかもしれない』。
 死にたがっている。そんな彼女を死なせてはならぬ存在なのだという事は分かる。
 彼女が『ただのひとり』であればその命の重みは変わるのだろう。
 根も葉もないうわさであれば何のこともない。
『王へと縁談が持ち上がった瞬間に死にたがっている』事が大いに問題なのだ。
「悪評の多き王であることは承知しています。自死への欲求が王へ向かぬとも言い切れません。
 そして――彼女を紹介したフィッツバルディ公の事もあります」
 だからこそ、王宮の騎士団は動けずローレットに頼むのだとシャルロッテは告げた。
 秘密裏にエルヴィーラ嬢を調査し、彼女を生かしてほしい。
 きっと、その裏には何かが存在している――そう、例えば『殺してほしいと願った相手を殺してしまう殺人屋』の姿など。
「この国は確かに混迷を極めています。悪人も貴族派閥により野放しになって居ることもある。……私の使命は我が王を護る事。それ以上は求めません」
 シャルロッテは目を伏せ、ゆっくりと顔を上げた。
「傭兵とは『頼まれた依頼は遂行する生き物』なのでしょう――?」


 情報屋が仕入れた情報はただの紙切れにまとまっていた。

 ある酒場に張り紙があった。
 ――死にたい方はご連絡を。どのような依頼でも受け付けます――
 それは死にたがりを殺してあげる慈善事業だと言わんばかりに堂々と。
 その酒場に最近、身なりの良い女が出入りしていることが目撃されたのだという。
 長い金の髪にエメラルドを思わせる眸の美女。社交界でも見かけるその姿はある意味で有名だ。
 コラヴォルペ伯爵が令嬢エルヴィーラ。
 彼女は、言っていたのだという。

 私は所詮籠の鳥。最早、その呪縛から解き放たれるにはこの命を捨てるしかないのです。

GMコメント

 日下部です。よろしくお願い致します。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●成功条件
 エルヴィーラ嬢の生存

●エルヴィーラ・コラヴォルペ伯爵令嬢
 金の長い神にエメラルドの瞳の美女。美しい社交界の華。
 父母による圧が強く、王の妻となり家の繁栄が為の道具として幼き頃から育てられました。
 最近、酒場に出入りして『死にたがっている』ようです。
 もしも、死ぬならば。もしも、もしもですけれど――私の大好きなものばかりを固めたベッドで死にたいの。だから、窓の鍵は開けておきます。

●殺し屋
 慈善事業の如く死にたがりを殺す『殺し屋』です。
 酒場に紙を貼りだし、対象との打ち合わせを経て、その存在が望む殺し方で最期を与えます。
 最近は金髪の美女と打ち合わせしていることが見かけられました。
 今夜、彼がどのような動きをするのかは――酒場に同席した『誰か』なら知っているかもしれません。

●point
 当依頼は情報精度Bであるために殺し屋が何所で『エルヴィーラ嬢』に対して何らかのアクションを起こすのかは調査が必要です。非戦闘スキルなどを有効に役立てて下さい。

 どうぞ、よろしくお願い致します。

  • 夜明けの頃に、笑う君の。 相談期間中
  • GM名日下部あやめ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月20日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

このシナリオの参加人数はすでに定員に達しています!

参加者一覧(8人)

レイチェル=ヨハンナ=ベルンシュタイン(p3p000394)
蒼の楔
夜乃 幻(p3p000824)
『幻狼』夢幻の奇術師
マルク・シリング(p3p001309)
カタラァナ=コン=モスカ(p3p004390)
海淵の呼び声
ライハ・ネーゼス(p3p004933)
トルバドール
ワルド=ワルド(p3p006338)
最後の戦友
酒々井 千歳(p3p006382)
行く先知らず
藤堂 夕(p3p006645)
圧倒的順応力

相談掲示板

[2019-01-17 23:59:17]
あれ?

そうなると、結局。
彼の喉はもう歌を紡げない方がいいのかなあ?
[2019-01-17 23:58:34]
>王の面子と籠の鳥
ああうん、それ。
僕も気になっていたんだよね。
何が言いたいって、結局問題なのは彼女が生きてるか、死んでるか、でなく、『縁談が厭で死にたがっている』のが悪評だっていうことだよね。
翻せば、彼女がはっきりと死にたがっていない……んん、もっと言えば、王との縁談を望んでいるという証拠というか、証言というか、あれば。
後の事は、そんなに気にされないんじゃないかなってね。
ああ、コラヴォルペ伯はきっとがっかりするし、結婚も貴族の責務だけど……
彼女が望むなら。全ては。

>暗殺者
うん、最終的に利せぬ存在になるのならば、僕も殺すのには賛成。
ただ一筆念置いていいかな。彼の生存が、エルヴィーラちゃんの今後の為に必要な状況になりそうなら、問答無用はナシにしておいて欲しいかなって。

例えば、結局彼女は生存を望んだのに、暗殺者はその身を拐して殺してしまいました。とか。そういう噂の証人になってもらうとか。
それなら名誉に傷も付かず、彼女も自由の身に……
ちょっと牽強付会かなあ?
なので、
[2019-01-17 20:51:54]
https://rev1.reversion.jp/guild/791/thread/7342
ひとまずプレイング書けたので出しておきます!
がっつりエルヴィーラ嬢との接触を優先するので他はおざなりに、文字数足りなくて無理!

私はエルヴィーラ嬢を“逃がす”事は避けるべきだと考えます。
少なくとも、縁談の話が(良かれ悪しかれ)まとまるまでは何かあってはいけないと考えます。

なので、エルヴィーラ嬢の考え方を変える事を最優先にプレイングを組み立てました。
[2019-01-17 20:03:50]
>事前調査
これは…うむ。エルヴィーラ嬢関連に当たる面子(情報収集+アプローチ)と、殺し屋関連に当たる面子を分ける事になるか。確かに両方平行した方が良さそうだ。
平行するなら、俺は殺し屋関連の調査に当たろうかと思ってるぜ。


>殺し屋との接触
これは確かに擦り合わせが必要だと思う。
…個人的には、エルヴィーラ嬢と接触する一歩手前(現場だがお嬢サンに見えない場所)が良いンじゃねぇかと思った。
現場と離れた位置がアジトだった場合ーーお嬢サンへのアプローチ次第では合流が間に合わなくなるかもしれん。かと言って貴族のお嬢サンに荒っぽい場面を見せるのはなァ。とも。


>戦闘
うむ、複数居るって線も可能性として否定出来ねぇな。
俺も対複数戦まで想定しておいた方が良いと思う。
[2019-01-17 19:53:27]
>方針
やる事が変わって来るだろうし、此れは早めに確定させた方が良いと思うぜ。
俺は『殺し屋の対処』『エルヴィーラ嬢への対応』両方必要って流れの認識だが、皆の意見もそれで大丈夫か?

出ている意見を改めて見たンだが…
『自死を防ぐ為にエルヴィーラ嬢へのアプローチを進めつつ、情報収集。殺し屋は殺害。(但し殺し屋撃破前にエルヴィーラ嬢への対処を完了させる)』って感じがベストかなって印象。
殺し屋は拘束で良いって意見もあったが…マルクが挙げてくれた懸念はあるしなァ。うん。

後、念の為にちょっと気になる事を挙げておくと。
今回の依頼人はシャルロッテで…『王の面子を守る為に死にたがりのお嬢さんを生存させる依頼』って事だよなァ。「私の使命は我が王を護る事。それ以上は求めません。」とも、な。
籠の鳥を自由にしてやりてぇのは分かるが。もし其れをやるなら…方法は慎重に吟味するべきかもな。やり方次第では結局王の顔に泥を塗る結果になるかもしれん。
…逆を言えば、王の面子を潰さねぇ方法でお嬢サンを自由に出来たら万々歳になると思うぜ。
長くなっちまって、すまんなァ。一応、念の為!
[2019-01-16 18:52:09]
>殺し屋
自殺幇助の常習犯だし、再犯を防ぐために殺害となるのもやむを得ないかな、と思う。
監禁するにも、適切な場所があるか不明だし、あったとしても無期限に監禁できるわけでも無いしね。
ただ、複数人いる可能性はゼロではないから、エルヴィーラさんを殺しに来た時の戦闘(というか阻止)については、敵が複数いる想定でプレイングを描いた方がいいよね。敵の能力はわからないけど、潜入や暗殺に向いたクラスやスキルの傾向を想定する感じかな。

>エルヴィーラ嬢
僕も自死を選ぶことの無いようアプローチが必要だと思う。
そして、それが事後だと手遅れになる可能性もある。
殺し屋が殺害されたり捕縛された瞬間に自死を選ばれたら、アフターフォローのしようがない。
ある程度手分けして、殺し屋に関する調査とエルヴィーラ嬢に関するアプローチを並行して進めた方がいいんじゃないかな。エルヴィーラ嬢側から情報収集することで分かる事(実行予定日等)もあると思うから。
[2019-01-16 11:10:32]
>殺し屋
どちらか、ならば私も殺した方が良いかと。
やはりもう一度殺しにかかられては面倒だからな……
まぁ実際戦闘になったら八対一だ。戦闘に持ち込めさえすれば生かすにしろ殺すにしろ、そう苦ではないと思う。問題はやはり『持ち込む』まで……殺し屋がどこにいるのか。いつ彼女に接触するのか……その辺りのアドバンテージは完全に向こう側だからな。

>事前調査
私はコネクションの取得を考えている。
殺し屋との打ち合わせの際に酒場に知り合いの誰かがいた……と言うようなプレイングに繋げるつもりでな。

>エルヴィーラ嬢
自殺の可能性……あり得るな。
殺し屋をどうにかしても死んでしまわれたらどうしようもない。
レイチェルの言うように心を変える手段も試してみるべきか。

ただ心を変えるにしろ「彼女の現状」がそもそもの問題なので、中々難しいな。結局籠の中にいる事になる。籠から外へと踏み出す様に誘導すべきか……?
個人的に気になるのは「だから、窓の鍵は開けておきます」で、この辺りが死を招き入れる動作とも籠の外への渇望とも取れる。カタラァナの解釈も興味深い所だ。説得を含めつつ、生きる場所を変える内容も含んだプレイングにしようかと考えている所だ。
[2019-01-16 00:19:53]
>殺し屋
どのタイミングでの接触を想定するかは統一しておいた方がいいかもしれません。
殺し屋の調査を行いその根城を襲い捕縛するか。
それともエルヴィーラ嬢と接触する現場まで泳がせるのか。

>調査
私、エルヴィーラ嬢との接触を希望する予定です。ちゃんと手続きや筋道を作って。
シャルロッテさんに仲介をお願いしてみるので、それが通じない場合は没プレイングになる可能性も。

[2019-01-16 00:02:58]
>殺し屋
どっちでも良い奴が多いンなら。
殺す方でも構わねぇか?…やっぱ、殺すのが確実だと思う。今回差し迫った危険は『殺し屋』だ。お嬢さんの環境を変えるのは難しい事を考えると、後々の憂いはやっぱり出来るだけ減らしておきたいンだ。


>自殺の可能性
取り敢えず、自殺の可能性があるって事が言いたいンだよな?カタラァナは。
それは分からないでもないンで、差し迫った危険(殺し屋)を対処しつつ…お嬢さんの心を変えるのを試すのはどうだろうか?
[2019-01-15 22:42:37]
>殺し屋
殺すか殺さないかは任せます。もし、生かす場合に追い返すのが不安ならば、撃退後に監禁するなどして拘束しておけばいいかもしれませんね。

>調査に関して
街中にいる適当な幽霊に協力をお願いしてエルヴィーラ嬢の動向などを掴んでみようと思います。可能ならば皆の情報をもとに殺し屋の方にも向かわせて監視させたいですね。

>戦闘
プレイングには一応書いておきます。殺し屋もそう簡単に諦めたりはしないと思うので。
不殺が無いので戦闘後一時的でも生かしておきたいという場合は仰ってください。誤って倒さないようプレイングに付け加えます。

生存が条件であって家に帰せと書かれていないとのことなので、
カタラァナさんの言う通りにエルヴィーラ嬢の考え方、或いは生きる場所を変えてあげたいですね。
依頼後の彼女の事を考えると、何とかして(欲を言えばできるだけ穏便に)『貴族令嬢』という籠から出してあげたいものです。
…あっ、私が勝手に解釈してるのでもし意図が違ったならすみません。
[2019-01-15 21:31:55]
成功条件がエルヴィーラ嬢の生存であって、殺し屋を殺すことがそれにイコールではない、というのは解らなくもないかな。
自殺は可能性としては、まあ考えられるとは思う。

ただ、もし死ぬのなら、と発言があるから何があっても自殺をする…みたいな真似はしないと思うから条件付きだろうとは俺は思うけれど。

>事前調査

俺は超聴力で酒場で聞き耳でも立ててみようかな、とは思ってる。
例えば、ベルンシュタインさんが話している時に変な動きをしたりする人だとか、
小声で何かを呟いてたりする人がいないかとかそういう部分を見て見ようかと。

>戦闘に関して

一応、俺は戦闘は行われる事は考慮して戦闘プレは用意しておく予定かな。
殺し屋の生存についてはどちらでも。
[2019-01-15 20:56:29]
顔を出すのが、遅れてごめんね。カタラァナだよ。

>方針
うん、殺すのも最後にはありだと思うけど、どうかな。
達成条件は「エルヴィーラ嬢の生存」で、そこに必ずしも殺し屋が絡む必要はないってことが気にかかるな。

うん、つまりね。
殺し屋を殺して、死ぬに死ねなくなった彼女が自死を選ばない可能性はどれくらいあるのかなって。


なので、もちろん戦闘は念頭に置いておくべきなんだけど。
ちょっと頭を捻ってみたいかも。
たとえばさ。

もしも、死ぬならば。もしも、もしもですけれど――私の大好きなものばかりを固めたベッドで死にたいの。

それは、いつ?
今すぐだなんて言ったのかな。うん、言ったのかも知れないけれど。
だから例えば、彼女の考え方をちょっと変えさせて。
楽しいことも、つらいことも、人の一生、それも幸せな一生を沢山味わって、老いて、その果てに死ぬ。そういう殺し方を望んでみるなら、それも一興じゃないかな。
なんてさ。ろまんちっくが過ぎるかな。
だって別に、生きて家に帰せなんて一言も依頼には書いてないもん。
生きてればいいんでしょう?
どこでだって、僕らのとこでだって、もしかしたら殺し屋さんのとこでだってさ。

>調査
酒場や街角で吟遊詩人でもしながら、殺し屋の評判とか、実際にどんな殺し方をしたのかとか、アフターサービスどうなのかとか、そういうとこを聞けたら探ってみるよ。
[2019-01-15 18:12:14]
ベルンシュタイン様はまとめありがとうございます。

>方針
僕も後顧の憂いを断つことを考えると、殺し屋は殺した方が安全だと思います。

>調査
僕は殺し屋が貼った紙に無機疎通して依頼された殺し屋が割り出せると思います。

>戦闘
殺し屋が一人とも限りません。様々な可能性を考えて、どんな場合でも対応できるのがいいと思います。
[2019-01-15 16:47:31]
>調査
殺し屋がエルヴィーラ嬢に対して、何所で何のアクションを起こすのかは調査が必要との事で。探索に向いた非戦がありゃ活きて来そうだなァ。
OP情報で推測に使えそうなのは…
殺し屋の項の
『酒場に紙を貼りだし、対象との打ち合わせを経て、その存在が望む殺し方で最期を与えます。』
『彼がどのような動きをするのかは――酒場に同席した『誰か』なら知っているかもしれません。』
エルヴィーラ嬢の項の
『もしも、死ぬならば。もしも、もしもですけれど――私の大好きなものばかりを固めたベッドで死にたいの。だから、窓の鍵は開けておきます。』
辺りだなァ。
殺し屋が金髪の美女(恐らくエルヴィーラ嬢)と打ち合わせした日に、酒場に居た人物から情報収集するのはどうだろうか?酒場のマスターや店員、常連辺りは打ち合わせの日も居たかもしれねぇ。
エルヴィーラ嬢の望み的に、自室のベッド辺りが狙われる場所として怪しいと思う。

現段階で俺が出来る事としては。
『人心掌握術』を駆使して情報を聞き出すーー酒場での聞き込み、だな。
殺し屋の外見特徴が聞き込みで判明すれば『ファミリアー(鴉か梟)』+『超視力』で上空から探索も出来ると思う。


>戦闘
戦闘が必要そうな手段で死にたがりのお嬢サンを生存させる場合、此れを詰める必要もあるかな。
殺し屋を追い返すにしろ殺すにしろ、戦闘は必要かなと思う。
敵情報が無いんで、どんな敵にも対応出来るようにするのがベストだろうか?
[2019-01-15 16:46:59]
さて、と。
全員揃ってねぇ所で申し訳無いが…そろそろ先に相談を始めるとするか。忙しいとかもあるだろうし、な。

相談内容としては…主に『どんな手段でエルヴィーラ嬢の生存させるか』『調査』『戦闘』辺りか?他にあればどんどん挙げて貰えると助かるぜ。


>依頼成功条件
今回の目的は『エルヴィーラ嬢の生存』だ。
方法として浮かぶのはーー例の殺し屋を追い返すとか、殺すとかが考えられる。
……俺は可能なら殺し屋を殺っちまった方が確実だと思うかな。理由は今回1度追い返してもまた殺しに来る可能性も否定出来んからなァ。
何か他に手段が思い付けば挙げて貰えると幸いだ。
[2019-01-14 10:14:34]
ワルド=ワルドと申します。
遠距離物理型で非戦は現在は霊魂関係を持っています。
[2019-01-14 03:02:59]
マルク・シリングといいます。
後衛回復型のウォータクト。よろしくね。
[2019-01-14 00:20:54]
藤堂夕ですよろしくお願いしまーす!
メイドになってます!家政婦は見た……!しに行きますね!
[2019-01-13 23:44:30]
ライハ・ネーゼス……神秘の支援型、と言った所か。
戦闘となった際は遠距離攻撃も可能だ。

非戦としてはエスプリ強化『カリスマ』……
それから『演技』や『扇動』などで役者やフェイカーのクラスに繋げる事が出来る。情報取得面で活用できるかもしれないのはその辺りか……もう少しだけ私もSPが余っているが、皆も同様の様だしそこは後々で打ち合わせようか。
何はともあれよろしく頼む。
[2019-01-13 23:35:16]
酒々井 千歳、物理のアタッカーになるかな。
一応近距離と遠距離の両方は扱えるよ。

活用出来そうな非戦は…超聴力くらいかな。
多少はSPはあるから、何か思いつくようであれば俺も取得は検討に入れてるよ。
宜しくね。
[2019-01-13 23:25:28]
…レイチェル=ベルンシュタインだ。
戦闘面では神秘でドンパチやるのが得意で、主な射程は遠距離~超遠距離。申し訳程度だが至近~中距離も対応出来るぜ。
探索面では『ファミリアー』及び『超視力』『瞬間記憶』。情報を聞き出す話術として使えそうな『人心掌握術』があるな。SPはあるンで足りない部分は取得も考えようかと。

長くなっちまったがーーまぁ、宜しく頼む。
[2019-01-13 23:13:30]
はじめましての方もそうでない方もどうぞご贔屓に。奇術師の夜乃幻と申します。
神秘後衛、回復、無機疎通もちでございます。
運営
[2019-01-12 22:40:03]
シナリオ[夜明けの頃に、笑う君の。]の相談掲示板です。参加者はこちらに書き込んで打ち合わせをしてください。

PAGETOP