PandoraPartyProject

シナリオ詳細

春の瞳はなにを映す

相談期間中

このシナリオの参加人数はすでに定員に達しています!

オープニング

●元伯爵令嬢と伯爵と『春の瞳』
 生まれたときからずっと暮らしてきた屋敷を、隅々まで見て回る。
 父に母、ときには親戚や他の貴族たちも招いて食事をとった食堂は、大きなテーブルも椅子も、燭台さえも撤去されていた。
 美術品の蒐集を趣味にしていた父が、世界中から集めた絵画も、一枚として残っていない。母が大切にしていた装飾品や、きらびやかなドレスも残らず持っていかれた。
 使用人たちが季節の花を活けていた花瓶も、見あたらない。銀食器も美しいティーカップも、全部。
 常に人の気配がしていて。すれ違えば誰かが声をかけてくれて。退屈していれば遊び相手になってくれて。
 そういう屋敷であったことが嘘のように、今はしんと、冷え切っている。
「……っ」
 崩れそうになる足に少女は力をこめた。
 ベッドさえないこの屋敷に、少女はあと二日だけ住むと決めている。床で寝ることになったっていい。
 これは爵位と領地まで売り、生きると決めた十五歳の女の子の、最後のわがままだ。
「おとうさま、おかあさま……っ」
 一階と二階を繋ぐ階段の手すりに寄りかかり、涙をこらえて奥歯を噛む。
 
 二週間前、父であるイゼル伯爵と母である伯爵夫人が、事故で死んだ。
 その朝、出かけるという二人を屋敷で見送った少女、シアルは、夕方にその報せを受けた。
 動揺し涙する使用人たち。シアルのこれからを案じる執事。
 幻想の貴族でありながら心優しく清かった両親の訃報に、その夜は親戚たちも駆けつけてくれた。

 翌朝。
 イゼル伯爵家には莫大な借金がある、と証書を手に訪れた男がいた。
 フーゼリニ・ディーオ伯爵。シアルも何度か屋敷内で見かけたことがあった。父が度々、彼から美術品を購入していたのだ。

 証書の署名は間違いなく、父の少し癖のある字だった。判も確かにイゼル伯爵家のものだ。
 あっという間に財産はとり上げられ、それでは足りないからと屋敷中の家具や宝石が売却されることになった。
 もう給金を払えないのだから、使用人たちは全員、解雇された。
 
「この屋敷も、明後日には誰かの手に渡るのよ」
 残ったのは二つだけ。
 市民と変わらない服を着たシアルと、緑色の大きな宝石がついたブローチ。『春の瞳』と呼ばれるそれは、イゼル伯爵家の家宝だ。
 これだけは、手放せなかった。
「わたし、これだけは誰にも渡さないわ。イゼル伯爵家があったという証だもの」
 シアルは明後日の夜、伯母のマーゼル子爵に引きとられることになっている。
 その条件として、やんわりと持ち出されたのが爵位と領地の譲渡だった。
 ひとり娘のシアルが事実上、爵位を継ぎ行った最初で最後の仕事は、その旨に合意する、という書類へのサインだった。
「わたしひとりじゃ生きられない。使用人たちに迷惑をかけられないわ」
 ただでさえ、職場を失わせてしまったのだから。
 お金は払えないけどこれからも面倒を見てね、とは言えない。
 彼らだってこれから大変だということは、シアルにも分かった。次の職場の紹介をしてあげる伝手も器量も余裕もない我が身が、口惜しい。
「伯母さまはお優しいから、大丈夫よ。だから心配しないで」
 立ち上がり、両親の肖像画が飾られていた壁を見て、微笑む。
 不意に扉が叩かれた。
 壁中に張られた「売約済み」の紙を悲しい思いで一瞥してから、シアルは一階に下りる。
 返答の前に扉は開かれた。
「まだいらしたのですね、シアル嬢」
「こんにちは、ディーオ伯爵。なにか御用ですか?」
 腹の底を熱く焦がす思いをすべて沈めて、シアルは微笑んだ。

 本当は、言ってやりたい。
 あなたがおとうさまたちを殺したんじゃないの。
 事故に見せかけて殺したんじゃないの。
 最初から全部、奪うつもりだったんじゃないの。
 だって、だって、この男。

「『春の瞳』をそろそろ頂こうかと思いまして」

 ほら、笑いながら。
 この宝石を狙ってる。

「これだけはお譲りできません」
「タダでとは申しません。それを私に売ってくだされば、屋敷も使用人たちも美術品の数々も、すぐに買い戻せますよ?」
「いいえ」
 毅然とした態度でシアルは首を左右に振る。
 これまでもそうしたように。
「これは、伯爵家があったという証です。どれほど富を積まれても、お渡しできません」
「……そうですか」
 落胆したように肩を竦めた中年の男の目は、猛禽のように恐ろしい光を帯びていた。
「また二日後に参ります。きっと気が変わると思いますよ」
「何度、言われても」
「お体にはお気をつけて。では」
 優雅に一礼しディーオ伯爵は帰って行った。
 ぎゅっとスカートの裾を握ったシアルは、青ざめる。
「まずいわ」

●少女の最後の宝物
「こちら、今回の依頼主の、シアル・イゼル元伯爵令嬢なのです」
「よろしくお願いします」
 紹介されたシアルは、椅子から立ち上がってそっと頭を下げる。貴族の令嬢らしい、洗練された仕草だった。
 少女が座りなおしたのを確認した『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)が、資料を片手に話し始める。
「依頼内容は『春の瞳』の守護と、襲いかかってくる敵をこらしめる、とあるのですが……。ボクもまだ、詳しく聞いていないのです」
「ご説明します」
 凛とイレギュラーズを見つめ、金色の髪に青い瞳の少女は淡く色づいた唇を開く。
「いろいろありまして、イゼル伯爵家は屋敷も爵位も失いました。ですが、これだけは残したのです」
 シアルはポケットから小箱をとり出し、蓋を開く。
 中には大きな緑色の石がはめこまれた、ブローチが鎮座していた。
「名は『春の瞳』。イゼル元伯爵家の家宝なのですが、これを狙う男がいます。イゼル元伯爵家と同じ、幻想の貴族。ディーオ伯爵です」
「ディーオ伯爵、特に当主のフーゼリニ・ディーオ伯爵は美術商でもあるのです」
 さり気なくユリーカが補足する。
「ディーオ伯爵は二日後、恐らく武力をもって『春の瞳』を奪いにきます。……逃げても、わたしがこれを持っている限り、追いかけてくるかもしれません。
 そこで、みなさまには伯爵の手先を退散させるとともに、もう二度とディーオ伯爵が『春の瞳』を狙わないよう、こらしめていただきたいのです」
 告げられる依頼は、何度も繰り返してきたかのようによどみなかった。
 この瞬間のためにシアルは懸命に言葉を選んだのだろう。
「お願いします。わたしにはもう、これしか残っていないのです」
 少女は涙を流すことも声を震わせることもなく、ただ深く、頭を下げた。

GMコメント

●目標
 荒くれ者たちの退治。
 及びフーゼリニ・ディーオ伯爵に『春の瞳』を諦めさせる。
 
 後者は暴力的にでも平和的にでも構いません。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

●ロケーション
 現場に到着するのは依頼を受けて二日後の昼頃です。
 
 幻想某所、小高い丘の上に立つイゼル伯爵家の屋敷です。
 最後まで残っていた執事がいなくなってまだ三日ほどですので、それほど荒れていません。

 広々とした前庭があります。噴水の水はとめられています。
 エントランスもダンスパーティがかつて開かれたほどの広さを誇ります。
 ただしシャンデリアにも壁にも、売約済みの紙がベタベタと貼られています。

 屋敷は三階建てで、相当な部屋数を誇ります。また、敷地内に使用人たちが暮らしていた離れもあります。
 三階にシアルや両親が暮らしていた部屋があります。
 家具類はすべて撤去されています。

●敵
 ディーオ伯爵が雇った荒くれ者たちです。
「小娘を脅してやれ」と命令されています。
 品性は欠けていますが、戦いには慣れています。
 装備は伯爵が用意しましたが、家紋などはどこにも入っていません。足がつかないよう流通経路も工夫されています。
 皆様が屋敷に到着した十分ほど後にやってきます。

 また、戦闘後には悠々と『春の瞳』を回収にきたフーゼリニ・ディーオ伯爵が馬車でやってきます。御者はいますが他にお供はいません。

『荒くれ者』
 貴族の小娘と暴力的な遊びができると聞いてやってきた男たち。
 金で雇われているだけなので、忠誠心はありません。

・荒くれ者(剣)×6:体力と防御力に優れる。
・荒くれ者(弓)×2:毒矢や炎矢を使用してくる。
・荒くれ者(術)×2:回復を行う。また、植物を操り対象を拘束する。
・野犬×2:荒くれ者たちに飼われている大型犬。非常に鋭い嗅覚を持つ。

●NPC
『シアル・イゼル』
 幻想の元伯爵令嬢。
 金髪に青の瞳の、気丈な十五歳。伯爵家の娘であることを誇りに思っている。
 この世に二つとない大粒の緑色の宝石がはめられたブローチ、『春の瞳』を今は肌身離さず持っている。
 決戦日の夜から伯母の家に引きとられることになっており、「爵位と領地を差し上げる代わりに、『春の瞳』には手を出さないでください」という内容の契約を交わしている。

 手先は器用だが体力はほとんどない。コネクションにも期待できない。
 決戦日については、要望があれば屋敷までついていくが、そうでなければローレットに保護されている。

 両親の事故は『春の瞳』と伯爵家の財産を欲したフーゼリニ・ディーオ伯爵が引き起こしたのではないか、と疑っている。

『フーゼリニ・ディーオ』
 幻想の伯爵。小太りの中年男。
 美術商としても名高く、個人的にも美術品の蒐集を趣味にしている。
 その縁でイゼル伯爵と知り合い、度々、屋敷にやってきていた。取引も何度か行っている。

「私が美術品を販売する際、何度かイゼル伯爵が借金を申し出た」
「もうずいぶんとたまっている。亡くなられたなら返済もできないだろう、売れるものをすべて売ってでも金を作ってほしい」
「それでも足りないなら屋敷も売れ、ただし『春の瞳』には家財道具に屋敷を売ってなおつりが出るほどの価値がある」

 などと言って、あっという間にイゼル伯爵邸をからっぽにしてしまった。
 借金の証書はディーオ伯爵が悲嘆にくれるシアルや使用人たちに一度見せただけで、以後、誰の目にも触れさせていない。

「うちにもそんな書類はありませんでした。家の物を買いとりの業者さんに持っていかれるときに、うっかり回収されたのか、それとも……。
 本当におとうさまがディーオ伯爵からお金を借りていたとしても、子どものわたしには教えてくれなかったでしょうけれどね」
 とシアルは言っている。

●他
 情報精度はあくまでAです。
 彼に『春の瞳』を諦めさせる方法は複数あるかと思います。

 以上、ご参加お待ちしています!

  • 春の瞳はなにを映す 相談期間中
  • GM名あいきとうか
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月18日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

このシナリオの参加人数はすでに定員に達しています!

参加者一覧(8人)

レイチェル=ヨハンナ=ベルンシュタイン(p3p000394)
蒼の楔
シグ・ローデッド(p3p000483)
タクティシャン
ウィリアム・M・アステリズム(p3p001243)
天翔る彗星
クローネ・グラウヴォルケ(p3p002573)
傷だらけのコンダクター
ニア・ルヴァリエ(p3p004394)
水面の瞳
村昌 美弥妃(p3p005148)
不運な幸運
イージア・フローウェン(p3p006080)
ロストシールド
エル・ウッドランド(p3p006713)
百合烏賊キラー

相談掲示板

[2019-01-17 09:54:14]
>戦場
…巻き込みもある程度考慮しようかと考えましたが…盾役の人が少ない事、逆に火力役は足りている事を考えると無理に巻き込む必要も無いっスかね…。
…こちらも巻き込みは無しで、可能な限りで使用する事にします。

>ファミリア
…ではこちらのファミリアは奇襲等がしやすい様、偵察用に回しましょうか…。

>囮
…複数居ても問題は無さそうですが…。シグさんが言うよう私が集中的に狙われても皆さんの迷惑になりそうなので…、他の人が請け負ってくれるなら無理にやる必要も無いっスかね…。
[2019-01-17 07:00:11]
確認ありがとうございました。
提出時どう囮しようか考え中でしたので、その点含め調整/更新してきました。>ウィリアムさん
[2019-01-17 05:16:10]
>戦場
んじゃ、俺も室内で異論無い。
巻き込みは注意した方が良さそうだな。
誘い込む形なら、なだれ込んできたところに初手で範囲攻撃をぶち込む……とかできるかな。

>エル
それじゃあ、俺のファミリアーを預かって貰おう。
そちらからの連絡なり合図なりは、普通に話して貰えば伝わる筈だ。

>囮
複数でも問題ないと思う。
……俺はやらないぞ?

>イージア
概ね問題無いと思う。
どんな感じの格好や振る舞いで囮をするか、があると効果が挙げやすいかも……ってくらいかな。
[2019-01-16 21:04:12]
>戦場
利を取れる面子が多いみたいだし、俺は屋内で構わないぜ。
んー、味方の巻き込みに関しては…各自注意って感じになりそうだな。俺も巻き込まねぇように注意しとく。盾役が少ない構成だし、味方巻き込みは結構痛手だと思うからな。

>囮
…貴族のお嬢さんって柄じゃねぇし、俺は辞退かな。体力もねぇンで向いてないのもあるが。
やりたい奴が複数人居るなら、複数居ても構わないと思うぞ。
[2019-01-16 05:00:18]
認識間違いや齟齬があるといけないので一旦仮提示しておきます(経験不足も含め遠慮無く指摘お願いします)。

https://rev1.reversion.jp/guild/806/thread/7336


[2019-01-16 02:33:10]
>戦場
せっかく囮をやって誘い込むなら、奇襲のし易い室内に誘い込む形で良いんじゃないかな。
エントランスの構造次第ではあるけど、階段上とか上階に陣取っておけば有利にやれそうだし。
そもそも階段自体を陣取って塞いじまえば、そう簡単にシアルの所に抜けさせる事も無いだろうしさ。

>囮
防御面でっていうならあたしが混じっても良いよ。
…スキルも無いし、お淑やかなお嬢様に見て貰えるかどうかは分かんないけど。

>ファミリア
護衛について貰ってるなら相手の補足に使って良いかもね。
見た所敵味方含めて銃使いはエルだけみたいだから、敵が来たら銃をぶっ放して貰えるだけで合図代わりなるんじゃないかな。
もしくはエルを戦力にして、ファミリアを持たせておくとか?
部屋にカギが掛けられるとか、屋敷の構造的にこっそり3階に抜けるのは不可能そうだってならこっちでも良さそうだよな。
囮で引っ掛けるのが成功すれば、戦闘を回避してまで探しに行こうって可能性はあんまり高くなさそうだしさ。
[2019-01-16 00:19:57]
・シアル
はい、私がシアルさんの護衛をしますよ。
ただ…合図を送るとかはファミリアーを介した方が良いと思います、
私が使えるスキルで合図を送るのに使えそうなのは無いと思いますから。
[2019-01-15 22:24:24]
>囮
ワタシは大丈夫デスよぉー
複数いても親戚やらなんやで言い訳はいくらでもできマスからねぇ
防御面などで心配があるなら2~3人いてもいいのではないデスかぁ?

>戦場
今の所では室内で問題ない、あるいは室内がいいのではないかという意見が多いので決定するのなら室内がいいと思いマスぅ
巻き込みも発動側が注意深くしていれば巻き込まない…と思いマスからねぇ今まで的にはぁ

ちなみにワタシは至近から近距離の攻撃になりマスかねぇ
複数の攻撃は「神薙」デスがこれは発動前に掛け声を出すよう心がけていマスので巻き込みはしないかと…。

では「魔眼」を習得して持っていきマスねぇ
[2019-01-15 20:08:17]
>囮
該当スキル(枠数含め)やギフトが有りませんが、複数居ても大丈夫でしたら私もやる方向に切り替えた方が良さそうでしょうか?
[2019-01-15 19:52:26]
>シアル
現状に於いてはエルが護衛を買って出ているという認識で良いだろうか?
…その場合であれば、更にファミリアを与える必要性は低くなるかと、な。
何かあった際は、護衛役のエルが何かしらの攻撃なりで合図を行えば良いとは考える。


>戦場
前庭かエントランス…つまり外で戦うのであれば、敵後衛を奇襲しにくくなる事とトレードオフではあるな。
…敵側からもこちらが見えるという事ではあるのでな?

私はどちらでも相応の作戦を執る予定ではあるが、「どっちにするのか」と言うのは早急に確定させておきたい。
そも使う技が違う物になるのでな。
…いざという時シアルの救援に向かう事も考えると、屋内に居たい所だが…
或いは、屋内から外で戦う前衛の援護射撃、と言う手もあるかも知れんな。

巻き込みについては、こちらの範囲はダメージこそない物の、痺れ/ショック/凍結なのでな。
…敵がバステを運用できる以上、巻き込んでしまうと大きく不利になる故に…巻き込まないように使用するつもりである。


>囮
荒くれ者たちに詳細が伝えられていない可能性が高い以上、複数居ても問題ないとは考えるのだが…囮役は集中的に狙われる可能性も高い。
比較すると防御、体力が薄いクローネがやるのは…相応のリスクを伴うと考える。
[2019-01-15 06:39:24]
悪い、顔出しが遅れた。

>シアル
同行させるのは危ない……って言うのは同感だ。
少なくとも戦場には居させられないだろう。
ただ、目の届かない場所で全部終わらせるよりは、最後くらいは……。
という訳で3階自室での待機に賛成だ。

で、ファミリアーをシアルに預けるなら、俺の方でも出来るぞ。
問題なければこっちの方で渡しておこう。

>撃破順
シアルの元へ向かう奴>術>弓>剣・犬 で問題無いぜ。

>戦場
GMコメントで触れられてる前庭かエントランスなら、遠距離攻撃も過不足無く戦える広さがありそうだと思った。
その辺で戦う分には、狭くて遠距離が使えない、って自体はそうそう起きないんじゃないかと思う。
ただ敵の多さから、乱戦になる可能性は高いと思うから、その点で巻き込みは注意が要りそうだ。

俺は基本、単体攻撃が主軸になる。
ショック・不吉(などなど)付与のアクセルカレイドもあるから、怒り付与の助けにもなれると思う。
あとは……HP回復かな。

>対ディーオ
証書はでっち上げの可能性が高いだろうな。
両親は心優しく清かった、って事から、借金してまで美術品を買うような性格とも思えないしなあ。

……あと、やっぱり気になるのは『春の瞳』になんでそこまで固執するのか、かな。
ただ美術品としての価値が高いのか、それとも何かしら曰くがあるのか……。
その辺も聞き出せねえかなあ。
魔眼はあると確かに助かりそうだ。
[2019-01-15 02:06:45]
…訳あって再び顔を出すのが非常に遅くなりました。申し訳ありません…。

>シアル
ファミリアを所持しているんですが、そちらをシアルさんに渡しておきましょうか?…一体しか使役できないので奇襲等には使えなくなりますが…、危なくなった時に伝達する事ぐらいなら出来るでしょう…。
…撃破順は私も異論無いッスよ…。記載ありがとうございます。

>怒り付与
…現在申請中のアクカレが【痺れ】と【ショック】の範囲付与なので間に合えばそちら用意する予定ッスよ…。命中は50程度までなら上げれるので先に私が動けば多少は助けになるとは思うのですが…。

>戦場
…中距離のスキルを使えば屋内でも十分に戦えるのでこちらとしては屋内でも問題は無いッスよ…。
…巻き込みは敵の数とニルさんの体力次第といった感じッスかね…考慮はしますが出来るだけ危なくならない様に注意しておきますね…。

>囮
…一応こちらも演技とギフトの兼ね合いで囮になる事は出来ます…。
…シアルさんになりきる事なら出来るでしょうが…どうしましょうか…?
[2019-01-15 02:06:44]
>シアルさん
たしかに証書関連になると必要有りそうですね。撃破順は私も異論無し、記載もありがとうございます。

>怒り
付与狙いはニアさんの挙げられた順で良いと思います。

>屋敷
結界で防げるタイプの罠なら大丈夫かと。虎挟み辺りは置いてみたい。

囮はちょっと向いてないので、お任せ出来る方に。
[2019-01-15 01:03:42]
>シアル
危なくなった時の合図は何か決めて置いたほうが良さそうだね。
撃破順はあたしも異論無いよ。記載もありがとう、助かる。

>怒り付与
一応、出発までには空中庭園でちょこっと殴られてくる予定だよ。
命中も20後半から30前半ぐらいまで伸ばせる計算だから今よりはマシに付与できるんじゃないかな。
後は名乗り口上に加えて超単怒りアクカレとマーク辺りの併用でなるべく後ろに逃げる敵は少なくできるように頑張るつもりだ。
怒りの付与順はどうしようか。シアルに向かう敵>前衛>後衛ぐらいの優先度で構わないかい?

>戦場
巻き込みは確かに注意しないといけないかな。
ああ、でも最悪の場合、あたしは多少巻き込んでも問題ないからね。
複数吹っ飛ばせるなら容赦なくやっちゃってくれ。

>屋敷
まあ、損壊したくはないよな。
結界で防げる範囲の罠なら仕掛けておくのは悪く無さそうだ。
[2019-01-14 23:10:04]
爆破解体は例えばの話しですよ…?
私だって思い出のある物を壊すのは忍びないですから。
[2019-01-14 23:03:02]
>シアル
援護が必要ならば、何かしら大きな特徴的な音を出す方法があれば、私が物質透過で急行できる。
…後は衝術で敵を叩き出すなり、だな。
撃破順はレイチェルの提案した物で異論はない。

>戦場
私は元々遠近両用故、屋内の方が奇襲しやすいのでそちらを支持する。
爆破解体については…屋敷は対ディーオの結果次第で取り戻せる可能性があるのでな。私はお勧めしない。罠自体を仕掛けるのは保護結界の影響もあり、問題無いと思うがな。

囮は現状、志願しているのは美弥妃のみ故、他に異論が無くば確定となるが、問題ないかね?
[2019-01-14 21:34:24]
>シアル
ふむ、了解。居る必要があるンなら其れにあった立ち回りを提案するぜ。

シアルは侵入口からなるべく遠い場所ーー3階の自室に待機させるとして。
怒りは有効だと思うンで…負担が大きくなってしまって申し訳無いが、お願い出来ると有り難いかも。
ただ、怒りでの引き付けも完璧じゃない(此れを行うニア自身の命中が低くBS付与に余り向かない)ので、他にも対策があった方が安心だと思うかな。何より敵の数が多いので、俺達をすり抜ける事も考えられる。

なので、敵の撃破順を工夫した方が良いかと。
提案する撃破順は『シアルの元に向かう敵>術>弓>剣、犬』って感じだ。
仮に犬を使ってシアルを探す敵が居なかった場合、術士から倒す流れになるから其れは其れで問題は出ねぇと思う。…文字数が気になるンなら、俺が記載しておくので『撃破順はレイチェルに沿う』で済むぜ。


>戦闘
室内で問題が出るとしたら、他は範囲攻撃辺りか。
敵味方が密集しやすいので、巻き込み事故が起きるかもしれん。室内は下がれる距離とかも限られてくる。
ただ、これは『味方を巻き込む場合は使用しない』って記載すれば防げる気もしてる。

室内でやるなら罠も有りかもなァ。例えば3階まで行く道中に罠を仕掛けておけば…万が一、敵が俺らをすり抜けてシアルの元へ向かった時に足止め出来るかもしれん。
屋敷爆破までは、シアルの心情を考えると控えた方が良いかも。…思い出が詰まった家だろうしな。
[2019-01-14 10:51:18]
・戦闘
屋内での遠距離戦闘は場所によって変わるけど問題なく出来ると思います。
階段の踊り場なら高低差を活用出来るし
廊下なら曲がり角に隠れて撃つ事も出来ると思います。
あと、ブービートラップを仕掛けるのはどうでしょうか?
囮役やリピートサウンド等で引き寄せて個室に侵入させて、
罠で倒したり…場合によっては屋敷を一つの罠として使っても良いかもしれない。
もうシアルさん家では無いのならば爆破解体しても問題…無いと思いますから。
[2019-01-14 01:13:07]
>シアル
証書関係の話になった時に居て欲しいかな、って思うんだよな。
問題になった証書を見たのはこの中じゃシアルだけなワケだし、その父親の字かどうかってのもシアルじゃないと分からないワケだしさ。
犬っころは気になるけど、3階立ての屋敷なワケだし…戦闘中は3階にあるっていうシアル達が暮らしてた部屋に居て貰えば良いんじゃないかな、って思ってる。犬だけならまあ、扉まで破れやしないだろうし。
…それでも当然、あたしらが負けた時は大変な事になるワケなんだけど、さ。

>荒くれ者
あたしとしては屋内の方が助かるかな。名乗り口上が届かせやすいし。
ただ、遠距離戦が得意なメンバーが多いし、そっちに不都合が出そうなら屋外でもあたしは構わないよ。
囮もやるヤツがいないならあたしがやってもいいけど…美弥妃のが適任かな。

>対ディーオ
それじゃ、紹介状は持っていくようにしておくよ。
爵位と領地についてはあたしもディーオは絡んでないって認識だね。
ただ、借金問題がどうにかなれば、そっちももう少し楽になるんじゃないかな。

魔眼は良いと思うよ。取れる手は多い方が良いだろうしさ。
そういう意味じゃリーディングも確かに、あると助かりそうだね?
[2019-01-13 23:15:20]
>対ディーオ
「爵位と領地の譲渡」はたしかにシグさんの認識通りかも。

マーゼル子爵⇔ディーオ伯爵間も探り入れた方が良いのかな、と考えてはいましたがそれならディーオ伯爵(借金の証書等)への追究のみに戻しておきます。

どのみち『鑑定眼』『商業知識』の為ハンマー使いますがリーディングも必要でしたら『情報網』→『リーディング』に切り替えましょうか?
[2019-01-13 22:13:21]
>シアル
私の今までの発言は、全て「シアルがその場にいる必要性がある作戦が執られる場合」を前提している。
…若しも、誰も彼女をそこに据える必然性のある作戦を思いついていない、と言うのならば、彼女をローレットに置いておくのに賛同ではある。
作戦がある場合は、改めてその作戦によってもたらされる利益と、彼女を現場に置くリスクを天秤にかければ良いかと…な。


>対ディーオ
一応の確認だが、「爵位と領地の譲渡」については「先代の承認の元ディーオに対して行われた物」ではなく、「シアルの承認の元、叔母(マーゼル子爵)に対して行われた物」だと認識している。
故にいくらディーオを絞り上げても、この件についての直接的な影響は及ぼせないと思うのだが、如何だろうか。

魔眼も試してみるのは良いと思う。
…現状どの手段も失敗する可能性が大なり小なりあるのでな。
重ねて、最後まで聞き出せない可能性を減らしておくに越した事はない。
[2019-01-13 22:03:35]
>シアル
んー、対ディーオの作戦でシアルが居ないと困る内容があるなら別だが。そうじゃないなら極力連れて行かない方が良いかもしれん。
敵の構成や現場情報で気になるのは…『わんこ×2』。そして『家具は全部取り払われてる』って事だな。犬と言えば嗅覚だ。そして家具とかでシアルの匂いを事前に得る事は出来るよな?彼女を何処かに隠しても見付かる可能性は否定出来ないと思う。家具が無いって事は隠せる場所が少ないかもしれんしなァ。
…もし、作戦上連れてくなら護衛は必要だとは。それも敵が多い中で一手取られる事になるからちと悩み所。

>荒くれ者
奇襲手段が多いなら室内も有りだと思うぜ。
室内だと…狭さ次第では敵味方共に自由な動きが出来ねぇ可能性はあるんで。構成は至近や近接組み込むのもちと考えようかと思う。
[2019-01-13 21:07:50]
>シアル
室内なら広さ的にもいくらでも隠れるところはありそうデスねぇ
そういうことなら多少の危険があっても現場にいてもらうことも可能じゃないでしょうかぁ?

>荒くね者
外で広さを確保して戦闘の自由度を上げるか
室内で襲撃を試みるかデスねぇ、ワタシとしてはどちらでも構いませんよぉ
基本的にどちらでも戦闘手順は変わりませんからぁ

囮役なら喜んで立候補しマスよぉ、そういうの大好きデスぅ
仮にシアルさんの代わりにならなくても「誘惑」「性的魅力」エスプリ【椿姫】で相手を油断させることは可能だと思いマスぅ

>ディーオ
SPが余っているので必要なスキルがあるならワタシが取ってもいいデスよぉ
ちょうど次に何を取るのか迷っていたところデスからぁ

ちなみに「魔眼」で催眠状態にして真実を聞き出すとかどうでしょう?
その場にはかなりの数の証人がいることにもなりますしぃ、成功すれば確実に真実を得られる気がしマスぅ
[2019-01-13 12:15:24]
>シアル
…現場近くに居させるとして、別の所で隠れさせた方が良さそうではあるな。
例え彼女に何かしてもらうとしても、荒くれ者を撃退した後かと考える。


>荒くれ者
屋敷への損害を考えて「外で戦うか」「屋敷内で戦うか」と言う選択肢も皆に聞く予定だったが…ニアが保護結界を所有するのならば、屋内でいい気がするな。
その場合、私は物質透過と透視の組み合わせにより任意の方向から敵に奇襲を仕掛ける事が可能となる。恐らくはアクセルカレイド「過冷却集電弾」での襲撃になろうかな。
…回復役は一人程度であれば、封印で拘束する事も可能だ。…先述の技が入れば尚更であるがな。敵前衛が幾ら居ようとも、屋敷内のシチュエーションなら後衛を襲撃する事は難しくない。

また…提案なのだが、「貴族の小娘と暴力的な遊びができる」と聞いてきたのがこの者たちだが…シエルの詳しい姿は聞いていない可能性がある。
幸いにして、今回のメンバーには女性が多い。…誰かが貴族風に変装し、油断させてみるかね?
逃げを行えば、こちらが布陣している場所へ誘い込む事も容易と考える。


>ディーオ
鑑定眼があるならば、偽造の場合はそれで致命打になりうると考える。
まぁ、出来る事は全てしておきたい。リーディングがあればもう少し確実性が取れるのだが…
[2019-01-13 07:05:26]
・シアル
危ないけど屋敷に居て貰った方が良いのであれば、
私が護衛しますよ、完全に護れるかは分かりませんけど。

・戦闘
術者を優先して撃破するのは賛成です。
建物の3階から遠距離攻撃によって狙えるのなら狙ってみようと思います。
[2019-01-13 05:26:11]
相手が美術商の顔も有るので、此方の出方によっては持ち込むのも有りかと思いました。>ニアさん <紹介状

>戦闘
スキル(クラス)変更やハンマー使われる方も居るかもしれませんけど、ざっと見た感じ此方側は半数が中~超遠距離射程型でしょうか。

盾と適度に回復が必要なら司教騎士で前に出ようか考え中です。
[2019-01-13 04:26:06]
まとめありがとう。助かるよ。

>シアル
そうだね、危険なのは確かかな。
何かやってほしい事があれば、上階で待って貰ってりすれば良いんだろうけどさ。
伯爵に「諦めさせる」時には、現地に居てくれた方ができる事は多いんだろうけど。

>戦闘
そうだね、術師は真っ先に狙うべきかな。
あたしはなるべく怒りの付与を狙っていこうと思ってるよ。
相手の前衛が多いから、ちょっと対策を考えた方が良いかもしれないね。
ああ、あとは保護結界を持ってるから、屋敷の事は特に考えずに暴れて貰って構わないよ。

>ディーオ
そうだね、荒くれ者から何か聞き出したり、なんなら一芝居打たせるのはありかもね。
命の代価としちゃ安いもんだろ、って脅すとかでさ。
聞き出した事をそのまま突きつけてもしらばっくれられると面倒だし、その方針でいくなら言質を取りたい所だよな。

証書の偽造の可能性についてはあたしも同意するよ。
この辺りは徹底的にツツいてやりたい所だね。
あとは効果があるかは分からないんだけど、「アルパレストの紹介状」なら用意ができるよ。
話をする時にはあると便利そうだから、持っていくべきかな?
[2019-01-13 02:14:40]
まとめありがとうございマスデスよぉ

>シアルさん
そうデスねぇ、危険なのもそうデスしぃ
今のところはやってもらうこともないので安全面的にもお留守番してもらったほうがいいと思いマスぅ

>戦闘
流れ的には回復持ちの術者を真っ先に仕留めるべきでしょうけれどぉ
相手の前衛も6人となると大分苦戦しそうデスねぇ
野犬も大型ならそれなりに強そうデスし素早さもありそうなんで注意な気がしマスぅ
列系の攻撃なら「神薙」を持っているのでワタシも複数攻撃は可能デスよぉ

>ディーオ
ワタシは荒くね者の人たちに話を聞くのもいいかなぁ?と
忠誠心が無いのでこちらの実力が上とわかればペラペラ話してくれそうデスしねぇ
「春の瞳」関連のことを知らないとしてもぉ、伯爵に雇われて人を襲おうとしたという証言が得られれば多少なりとも武器になるんじゃないかぁって思いましたぁ
[2019-01-12 23:19:45]
(抜けてました、すみません)
証明書を出してきた場合ですが『商業知識』も使えそうでしょうか?
[2019-01-12 23:18:04]
シグさんは纏めありがとうございます。

>シアルさん
私もレイチェルさんと同じく同行は少し危険かな、と。

>戦闘
相手側が
剣:HP/防技高め
弓:ステータス不明、BS毒・炎
術:回復、BS麻痺系?
犬:命中/反応高め? でしょうか。

定石でいくなら術士からでしょうか。

>ディーオ
物理口止めは最終手段として。
借金の証書と、爵位と領地の譲渡の証明書も少し気になり。予想はレイチェルさんと同じく偽造か又は紛失かなと。

『瞬間記憶』等は既に挙げられていたので、『鑑定眼』や『情報網』辺りも使えないかな、と思いました。
[2019-01-12 21:00:09]
シグは纏めありがとさん。

>シアル
今回はちょいと同行させるのは危ないかもな。荒くれ者は『貴族の小娘と暴力的な遊びができる』って聞いて雇われた連中なンで。
もし、作戦内容的に同行させる場合は…誰かが庇う等でフォローが必要になりそうだ。


>対荒くれ者
剣×6、弓×2、術×2に加え…犬っころが2匹か。
兎に角、数が多いなァ。範囲攻撃はロベリアの花があるンでスキルを調整すれば持ち込めるぜ。
厄介なのは…回復を行う『術×2』、遠距離から毒矢や炎矢でBS付与して来そうな『弓×2』辺りか?撃破順的には術士を優先的に狙った方が良いと思う。
後は可能でありゃBS治療スキルだな。…申し訳無いが、回復スキル系は持ち合わせがねぇンでお願いする形になっちまうかな。他は尽力する。


>対ディーオ
恐らく、だが。
『借金の証書はディーオ伯爵が悲嘆にくれるシアルや使用人たちに一度見せただけで、以後、誰の目にも触れさせていない。』
『シアルの「うちにもそんな書類はありませんでした。」』
って話からの推測なンだが、証書がでっち上げ若しくは偽造って可能性もあるよなァ。

偽造の可能性を踏まえた話なンだが。非戦で『看破』があるンで、証書が見れれば偽造を見破れるかもしれねぇ。『超視力』と『瞬間記憶』もあるンで、遠巻きから見せられた場合やチラ見せされた場合も大丈夫だ。一応、一案だが挙げるぜ?
平和的に解決出来なかった場合は…まぁ、武力行使になるか?
[2019-01-12 19:43:11]
さて、今回の相談すべき要項だが…大まかには以下の3つに大別されるかと考えられる。

・シアルが執るべき行動(現場に来るか否かも含め)
・対荒くれ者(戦闘のやり方等)
・対ディーオ(平和か戦闘か、如何なる方法で彼に確約させるか等)

先ずは皆の各項への意見が聞きたい所ではあるな…
[2019-01-12 19:29:22]
シグだ。よろしくお願いしよう。
…タイプとしてはオールレンジ、BS特化となる。

さてはて、脅すならば意趣返し、としたい所ではあるな…
[2019-01-12 06:01:59]
エル・ウッドランドといいます。
私は物理の遠距離攻撃が出来ます。

大切な物を奪おうとするなら…徹底的に痛い目に合わせてやります。
[2019-01-12 03:05:15]
あたしはニア・ルヴァリエ。
前衛盾役ができるよ。

まあ、なんだ。やるからには徹底的にやりたい所だね。
個人的には奪われた財産ってのもなるべく取り返してやりたいかな。
…ツツけば埃が出そうな感じだし、ね。
[2019-01-12 01:45:44]
…クローネ・グラウヴォルケ…神秘で遠距離からチマチマやるのが主になるでしょうか…。
…知っている人もそうでない人もよろしくッスよ…。
[2019-01-12 01:13:54]
イージア・フローウェンと申します。
神秘寄り司教騎士/ビショップスイッチ型になります。

参加者内で一番経験低いと思います、よろしくお願いします。
[2019-01-11 23:48:45]
美弥妃といいマスぅ
神秘系中心で回復も持ち合わせていマスよぉ

話しを聞いただけでもなーんか裏がある感じデスねぇ
それにしても最後の説得は暴力的でも平和的でもいい…なんだか楽しくなりそうデスぅ♪
[2019-01-11 22:54:39]
ウィリアム。魔術師だ。
神秘特化で中~遠距離がメインかな。攻撃も回復もできる。
ま、ヨロシクな。

……しかし。余程あの『春の瞳』に執着してんだな。
どんな理由があるやら、だ。……何にせよ渡させるつもりは無いけどさ。
[2019-01-11 22:40:13]
俺はレイチェル=ベルンシュタイン。
神秘でドンパチやるのが得意で、主な射程は遠距離~超遠距離だ。
以前も依頼で世話になった奴も見るな。見知った顔も初めましても宜しく頼むぜ?

どうもキナくせぇし。
…ガキを苛める糞ったれには一泡吹かせてやらねぇとなァ。
運営
[2019-01-10 21:55:01]
シナリオ[春の瞳はなにを映す]の相談掲示板です。参加者はこちらに書き込んで打ち合わせをしてください。

PAGETOP