PandoraPartyProject

シナリオ詳細

キラキラを辿って

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング

●今年もキラキラを
「おにーちゃん、ちゃんともってる?」
「もちろん。ほら、ここにあるだろ?」
 仲良く並んで歩く少年少女。兄と妹だろうか。
 兄が持つ小さな袋の中には、キラキラと煌めくキャンディが入っている。それを見て妹がほっとしたように笑顔を見せた。
「ことしはちゃんと、わたせるね」
「こ、今年も……だよ」
「えー?」
 目を逸らす兄に、にやりと悪い顔をする妹。気まずくなった兄は1人駆けだしていく。
「あっ、まってよー」
 追いかけようとした妹は雪に足を取られ、顔からぼすんとダイブした。しかし痛くはなかったようで、がばっと勢いよく顔を上げる。視界に入ってくるのは戻ってくる兄──と。
「おにーちゃん!!」
「え?」
 後ろから迫ってくるソレに、兄はまだ気づかない。
「おにーちゃん、にげて!」
「逃げるって、」
 巻き起こる強風に道行く人が悲鳴を上げる。ようやく兄は肩越しに振り返った。同時に、彼の体は持ち上がる。
「おにーちゃん!!」
 妹の声に、少年は遠くなっていくその姿を見下ろして。
「ローレットに──」

 その先は、風に紛れて聞こえなかった。

●ローレット
「大変なのです! 子どもが、モンスターに浚われちゃったのです!」
 ローレットに騒がしく飛び込んでくる『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)。その後を1人の少女が追いかけてくる。
 聞けば、大きな鳥が突然王都の通りを通り抜けて行ったのだと言う。それは一直線に飛んでくると少女の兄の服を掴み、空へと飛んで行ってしまったのだ。
「その他には、建物も人も無事だったのです。何故か、この子のお兄さんだけを狙ったみたいなのですが……」
 何故でしょうか、と首を傾げるユリーカ。そこへようやく息の整った少女が口を開く。
「あのね、あのとりたち、ひかるものがすきなの」
 その言葉に、視線が一気に少女へ集まった。一瞬怯んだものの、少女はイレギュラーズたちの先を促す視線に大きな鳥のことを話し始める。
「まえにキラキラを、……あ、えっと。キャンディをおとしちゃったことがあったの。そうしたら、うえからバサバサってきこえて。あのとりがきて、キャンディをもっていっちゃったことがあったの」
「なるほど、キャンディのキラキラにモンスターが反応したのかも……ってことですね」
 違うかもしれないけれど、と尻すぼみに言葉が消えていく少女。実際のところは不明だが、浚われた少女の兄もキャンディを持っていたと聞けば関連性があるかもしれないと思わせる。
「大きな鳥で、光る物が好き……もしかしたら、タカラスかもしれないのです」
「タカラス?」
 聞きなれぬモンスターの言葉に一同は顔を見合わせた。
「タカとカラスを足して2で割った感じのモンスターなのです。今聞いているお話だとそいつだと思うのです」
 そうイレギュラーズに告げたユリーカ。自らの言葉ではっと何かに気付いた表情を浮かべる。
「……い、急がないといけないかもしれません! きっと今回のタカラスには子供がいるはずなのです。タカラスは皆好戦的で──いじめっ子なのです!」

●上空
 耳元でひゅうひゅうと風が鳴る。少年は視線だけを落とし、その高さにごくりと唾を飲んだ。
 この高さから落ちたら──死ぬ。かといってじっとしていても生きていられる可能性はいかほどか。
 少年は鳥を刺激しないよう、ゆっくりと視線を動かす。そして手元にあるキャンディを思い出した。
 流浪の旅人に聞いたことがある──とある世界では、パン屑を落として道標にする物語があるのだ、と。
(これで、同じように……)
 気づかれないように。そっと、そっと。
 空から落とされた煌きは、眼下の森へ落ちていった。

GMコメント

●成功条件
 少年の保護
 タカラスの撃破

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

●親タカラス
 見た目は大柄な鷹です。好戦的で、光り物を好みます。
 爪や嘴で攻撃を加えてくる他、直線的な攻撃を得意とします。

 鎌鼬(物中扇):翼で風を起こし、範囲内の敵を鎌鼬で切り刻みます。
 突進(物超貫):物理攻撃力の上がった突進攻撃です。【万能】【出血】

●子タカラス×5
 タカラスの子どもたちです。やはり好戦的で、光り物を好みます。
 爪や嘴で攻撃を加えてくる他、直線的な攻撃を得意とします。序盤は少年を嘴でつついたりしていますが、親タカラスが危ないと察知するとそちらへ加勢してきます。その他、巣に近づく者がいれば攻撃します。

 突進(物超貫):物理攻撃力の上がった突進攻撃です。【万能】【出血】

●少年
 保護対象の少年です。キラキラキャンディは手元になく、袋のみが残っています。
 擦り傷程度の軽傷なので1人でも動くことは可能ですが、モンスターに怯えて動き出すことができない状態です。
 巣の中にうずくまっています。

●ロケーション
 森林地帯です。この地帯のある大きな木の幹と枝の間に大きな巣が作られています。地面から巣はたいした高さではありません。
 時刻は昼、天気は良好。
 (PL情報)少年はキラキラキャンディを空から1つずつ落としていったようです。

●ご挨拶
 愁と申します。
 シナリオコンテンツ開始から丁度1年、ということで1年前登場した兄妹に再登場してもらいました。
 巣のある木を探すところからがスタートです。
 ご縁がございましたら、どうぞよろしくお願い致します。

  • キラキラを辿って 冒険中
  • GM名
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月14日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

フェスタ・カーニバル(p3p000545)
エブリデイ・フェスティバル
主人=公(p3p000578)
ハム子
ジョゼ・マルドゥ(p3p000624)
ノベルギャザラー
宗高・みつき(p3p001078)
不屈の
マカライト・ヴェンデッタ・カロメロス(p3p002007)
かくて我、此処に在り
エスラ・イリエ(p3p002722)
牙付きの魔女
エルメス・クロロティカ・エレフセリア(p3p004255)
幸せの提案者
ルア=フォス=ニア(p3p004868)
Hi-ord Wavered

PAGETOP