PandoraPartyProject

シナリオ詳細

絶えぬ音色

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング

●反故にした約束
『どう終わらせようかしら』
 君はそう言っていた。
(終わらせなければいいのに)
 私はそう思っていた。
 君の楽しそうな表情に微笑みを浮かべながら、一抹の寂しさを私は感じていた。
 終わらなければいい──どうか、終わらせないで。
 そんな願いを神は聞き届けたのだろうか。終わらせてしまう前に、君は病気にかかった。
『どうか、あれを終わらせて』
『任せて。安心して、眠って』
 君の細くなった手を握ってそう告げる。君は安堵したように微笑んで──そのまま、息を引き取った。
 葬儀をして、墓を立て。私はそれに向かったけれど、結局終わらせることはしなかった。
 そうすれば、いつまでも君がそばにいてくれる気がしたから。

 ──だから、きっとこれは罰なのだろう。

 終わらせず、君との約束を破った罰。
 私はいつまでもここに縛られて、君の元へは向かえない。
(ああ、行きたイ、君の元にイキタい。けれど、ヤッパリ終わらせたクナイ──)

●作曲家の霊
「た、大変なのです。お、おば、お化けが──」
 ぷるぷると震える『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)。可哀想に、髪色の如く顔も真っ青である。
「本当なのです、とってもとっても怖かったのです……! あんなとこ、取り壊すとかできるわけないのです!」
 聞けば、そこは幻想貴族が近々取り壊す予定の場所。しかし誰もが取り壊しを渋ることから、不審に思った貴族はローレットへ依頼を出したのだそうだ。
 そして冒頭に戻る──お化けがいた、と。
「多分、知っていたから嫌がったのだと思います……うう、教えてくれればよかったのに……」
 誰もが視線を逸らし、行ってみればわかると言ったらしい。
「お化けだけど壁とかはすり抜けてこなかったのです。もしかしたらちゃんと存在しているのかもしれません。あと、気のせいかもしれませんが……ピアノの音が聞こえた気がしたのです」
 ふるり、と体を震わせるユリーカ。
 その場所は作曲家の姉妹が住んでいたのだという。もしかしたら彼女らの霊もいるのかもしれない。
「皆さん、このままだといつまで経っても取り壊しができないのです。どうか、死霊たちを何とかしてくださいっ!」

●音色
 ああ、ああ。音が聞こえる。
 優しい音。暖かい音。だというのに、どこか寂しさを孕んだ音。
 終わらぬ旋律が鳴り響く。小さく、小さく。気づいて欲しいと言うように──。

GMコメント

●成功条件
 死霊を追い払う

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●死霊×10
 半透明な人間たちです。この場で死んだ人間の強い思いに引き摺られ、寄せられたと見られます。
 全員が暴走しており、侵入者に対して危害を加えようとします。
 半実体であり、反応に優れています。回避はそうでもありません。

 叫び声(神特レ):言葉としては理解不能な叫び声を上げます。【不運】【味方以外のレンジ2が対象】

●ロケーション
 古びた家。倒壊の危険はありません。
 家具などはそのままですが、比較的大きな家です。平屋です。
 (PL情報)ある部屋にはグランドピアノが置いてあり、イスから転げ落ちたまま放置された、女性の白骨死体があります。ピアノには楽譜が立てかけられているようです。

●ご挨拶
 愁と申します。年末ですね。
 死霊たちを倒すだけでは追い払えません。倒した上で、死霊を引き寄せる『物』を壊すなり何なりする必要があります。
 ご縁がございましたら、どうぞよろしくお願い致します。

  • 絶えぬ音色 冒険中
  • GM名
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月07日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談8日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

如月 ユウ(p3p000205)
浄謐たるセルリアン・ブルー
サイズ(p3p000319)
隠名の妖精鎌
イシュトカ=オリフィチエ(p3p001275)
世界の広さを識る者
マルク・シリング(p3p001309)
凍李 ナキ(p3p005177)
小さな亡霊
ペッカート・D・パッツィーア(p3p005201)
極夜
ワルド=ワルド(p3p006338)
最後の戦友
湖宝 卵丸(p3p006737)
湖賊

PAGETOP