PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<永縁の森>雪迷宮のカレイドスコープ

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング


 ――きらいよ。みんな、みんなきらい。

 ――きらい。だから……だから、こないで。


 精霊たちの噂を耳にすれば、『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)はどういう事だろうかと首を傾げることだろう。

 ――『銀の森』に入るなかれ。

 それは、幻想を中心に活動するユリーカにとっては『幻想のガイドブック』にも掲載される観光地だ。鉄帝とラサの国境に存在し、その風景美と平和な風貌よりユリーカにとっても憧れの場所だった。
「入る事なかれ、と先程精霊さん達とリヴィエールさんが言っていたのです。
 ローレットにも最近銀の森へと向かった冒険者の捜索依頼が多数寄せられ始めました」
 今まではそんな事なかったのに、とユリーカは肩を竦める。
 精霊たちは云う『精霊とは違う炎の気配を纏う存在』が迷宮の探索に向かったという噂があると。
 冒険者の捜索と森での『噂』を確かめるべく情報収集に別動隊が向かったため、それに追従する形でユリーカは『迷宮そのものの破壊』を特異運命座標へと依頼した。
『精霊(わたし)達も、ニンゲンも皆森からはでられない』という精霊たち。
 確かにその場所には『魔種』が存在していると森の中の精霊たちが口々に噂していたのだそうだ。
「ボクも色々調べてみたのです。
 精霊たちの噂と現状を見るにローレットの資料庫に寄せられた情報に酷似したものがあったのです」
 それは、『観光客』 アト・サイン (p3p001394)が寄せたデータ――周辺を飲み込む様に迷宮を作り出す魔種『メルカート・メイズ』の活動の情報だ。
「迷宮を作り出すというだけで、危険性が高くない事から、彼女の迷宮の対処に向かっても討伐までは及んでいなかった魔種なのですが……今回も彼女の作った迷宮が『銀の森』そのものの地形を変容させてるのではないかと推測されたのです」
 精霊たちが口々に噂を囁き合う中、『黒いワルモノ』が森を跋扈してる以上、迷宮そのものの放置は危険だとローレットでも結論つけられた。
「申し訳ないのですが、情報屋が入っても『森から出れない』事で、情報を持ち帰れないのです。
 頼りになるのは精霊の噂で……ボクも情報が少なくって本当に申し訳ないのですが……」

 ――森の中には黒いワルモノがいるらしいって言ってたわ!
 ――ワルモノを生み出す魔種がいるという噂です。
 ――その魔種が『雪泪』を中心に道を変化させてる見たいって聞いたわ。

 妖精たちが告げる言葉を信じれば、『雪泪』に向かうべきだろう。
 銀の森にある湖『雪泪』に黒い靄があり、そこから魔物がでてきている――精霊たちの噂を信じれば、其処が『迷宮』の入口だ。
 その中に入り込み最深部に向かえば資料の通りであれば、『黒き獣』が存在しているはずなのだ。
「黒き獣――ワルモノさえ倒してしまえば、迷宮は消滅するはずなのです」
 時間がかかれば外に向かって魔物たちが出ていってしまう。
 特異運命座標には速やかなる対処をお願いしたい。

GMコメント

 夏あかねです。

●成功条件
 ・銀の森よりの帰還
 ・『雪泪迷宮』の消滅

●<永縁の森>
<永縁の森>の冠を持つ依頼は『調査』『探索』が重要となります。
本冠を持つ依頼の達成により、世界に何らかの変化が訪れます。幸運を祈ります。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はEです。
 無いよりはマシな情報です。グッドラック。

●『銀の森』
 ゼシュテル鉄帝国とラサ傭兵商会連合の国境を跨ぐ様に存在する森です。
 溶けない万年雪に覆われた雪化粧の美しい森です。その姿とは掛け離れ砂漠地帯から流れ込んだ温暖な空気が優しく、観光地としてもよくガイドブックに掲載される場所です。
 森は中心部に『雪泪』と呼ばれる深い湖が存在し、その湖には鉄帝特有の『失われた古代兵器』の残骸が沈んでいます。もはや起動することのなくなった兵器は深い眠りについたまま一種のオブジェとして親しまれています。

●『雪泪』の迷宮
 湖に茫と浮かぶ黒き靄から迷宮には居ることができると精霊たちが噂していました。
 その迷宮より黒き獣が姿を現し、森はその道を変容させ惑わせ続けているために靄より迷宮深部に入り、探索が必要です。
 迷宮の内部には罠やモンスターが多く、非戦闘スキルなので工夫して進む事が推奨されます(非戦闘スキルがない状態での探索では難易度が跳ね上がります)
 また、この迷宮の成り立ちはローレットにアト・サインより寄せられた情報に酷似しており、「迷宮深部にいる黒い獣を倒せば迷宮は消滅する」という事が寄せられています。

●資料庫『メルカート・メイズ』
 “突如として建造物や洞窟、森林等の空間が捻じ曲がり、複雑な構造を取るという特異現象が発生した時に彼女は目撃される。
 内部には危険な罠やモンスターが出現する為、迷い込んだ一般人は死の危険に晒される。
 更にその迷宮は、極めて遅い速度であるが、周囲の空間を迷宮の一部として飲み込む為、発生した迷宮には早期の対応が必要とされる。”

●黒き獣たち
 それは魔種の生みだした黒き獣です。――と――。そして――の気配を感じさせます。
 ただ、――であるため、その力は弱く、何かを喰らわんと森をうろついているようです。

 情報精度はE。
 よろしくお願いいたします。

  • <永縁の森>雪迷宮のカレイドスコープ 冒険中
  • GM名夏あかね
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月13日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

ウェール=ナイトボート(p3p000561)
養父は帰宅を決意する
武器商人(p3p001107)
闇之雲
アト・サイン(p3p001394)
観光客
河津 下呂左衛門(p3p001569)
武者ガエル
ニーニア・リーカー(p3p002058)
雪だるま交渉人
九重 竜胆(p3p002735)
一刀繚乱
風巻・威降(p3p004719)
瞬風駘蕩
不動・醒鳴(p3p005513)
特異運命座標

PAGETOP