PandoraPartyProject

ギルドスレッド

キャリー喫茶店

【高速RP】日曜日のお茶会カウンター席(17日20:00~)

▼今日はお茶会の日。
 落ち着いた店内のカウンター席とそれに程近い席は賑やかだ。

○お品書き
・カフェラテ ・カフェオレ ・ココア ・ミルク
・セイロン ・ダージリン ・ロイヤルミルクティー
・サンドイッチ ・カレーライス ・かぼちゃスープ
・砂糖菓子の茶葉ティー  etc...

 店内席、テラス席の近くにあるカウンターとその周辺の高速RP用スレッドです。
 高速用の店内席、テラス席と平行して参加可能。
 日曜日の20時頃から22時ぐらいまでパーセルが常駐しています。それを超えたら「その後も楽しく談笑しました」で〆。続けたかったら店内、テラス、または個別を勝手に建ててどうぞ。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
ご褒美ですか、甘い物は確かに有れば嬉しく思いますね。
特定の何、と言われると言葉に詰まる程度の曖昧なものでは有るのですが…
(ふむ、と思案し明確な答えが出せないことに苦笑する)

はい、頑張りますよ。
(パーセルの口からそう言ってもらえた事が嬉しいようで、にへらと笑う)
母親つぅか神様見てぇなもんだけどな。物理的に逆らえねぇし。
甘いものはやっぱ小さい子には人気……なんか具合が違うか?(と突っ伏した赤髪に首を傾げ)
(ミルを挽き終えて、ドリッパーに濾過紙をセットしているとカウンターに突っ伏す影を見て)
……なんだ、今日は随分とお疲れの様子だな。ま、何はともあれいらっしゃい、エゼルの嬢ちゃん。甘いものっつーと……ああ、ちょうど良いのがある。砂糖菓子の紅茶。
あら、エゼルもお疲れなのかしら?
今日はお疲れの人が多いわねぇ……
(入ってきたエゼルを見て小首をかしげる)
お、エゼルじゃねーか。ちょうどいい所に……って、つかれてんな

なーるほどねぇ。お菓子とか飴とかその辺が良い所かねぇ
(アグライアに頷き)
砂糖菓子の紅茶の気配がした!(床を透過して入ってくる)
どんな事をしたご褒美か、にもよりますしね。
お使いをしたから飴玉を貰えた、みたいな感じで釣り合いが取れているのかという点も大事だと思いますよ?
(カフェラテに口を付け、言葉を続ける)
ま、6月も中旬だしな。それに最近ほうぼうで動きが活性化……っと、依夜の嬢ちゃんかい。いらっしゃい。普通に入って来いよ。……アンタも飲むかい?
砂糖菓子の……なに。紅茶って知らないけど、私でも飲めるならそれちょうだい。
お兄さん、ちょうどいい所に……って、なにかあったの?(顔だけ向ける)
(床を透過して出てきた影にびくっとする)えっとえっと。こ、こんばんは。(本人はともかく幽霊ムーブはやっぱり怖い)
うおっとっとととと(下から突然飛び出したのに驚き、バランスを崩すがギリギリ持ち直す)
また心臓に悪い出方をするな、というかよー驚かんな(とマスターを見て) まぁ俺に心臓は無いけどよ、HAHAHAHAHA
……上から押さえてみたくなるな。ばんわだぜ、依夜の嬢ちゃん。

あー……そのつり合いってのが難しねぇ。
そんなモンやったのはずいぶん昔だからなぁ
え~っ!? 幽霊的にはほら、驚いてもらいたいなぁって思うんだよ!
なんでこういっつもさらっとした反応なの!(ずずいと顔を近づけてむす~っとしたあとで)
久々にもらおうかなあ。最近ずっとラテだったから(ふわっと離れてカウンターの一つに)
あ、やった、驚いてもらえた!(エゼルとクラカの反応に心なしか嬉しそうに笑って)
みんなやっほやっほ! 幽霊らしいでしょ?
おさえちゃや~だ~! 火とは通れないんだからめり込んだままになっちゃうんだよ~。
ご褒美に貰えるならなーにがいい?(突っ伏した顔に合わせて傾きながら)>エゼル
おまちどう、当店オリジナルブレンドコーヒーってな。いつものより挽いたばっかりだから香りが良いぜ。
(言って、ドリップしたてのコーヒーをスティーブンの席に置く)

紅茶。茶の一種なんだが……そうか、エゼルの嬢ちゃんは知らねえか。まあ待ってな。
(ポットを用意して、湯で温めてから紅茶の茶葉を入れる。この時点で、かすかに店内に甘い匂いが漂い始めた)
いや、なんつうか依夜の嬢ちゃんじゃ迫力がねえっつーか……驚きようがねえわ。
びっくりするというか、怖いというか……怖くない?(ふるふると首を振る)

ごほうび……うーん。甘い食べ物はたしかに嬉しい。イチジクを乗せて焼いたパンとか。
おう、ありがてぇ。
(コーヒーカップを受け取り少しずつ飲む)
かー……何時もよりうまく感じるぜ。やっぱひきたてだってことかねぇ。

へぇ……(ニタァっと笑う)>依夜嬢ちゃん
だって依夜の言葉的に驚けっていう方が無理な方な気がするけど……。
というのと私もどっちかといえば驚かせる側だったからなぁ。
床から人が現れて驚かねぇポイントが迫力って、マスター、アンタも大概肝座ってんじゃねぇか。俺には肝はねぇけどよ! HAHAHAHAHAHAHA
なんか甘い……匂いが? お茶ってあのハーブ煎じて飲んだりする……薬じゃなかったんだ。
うぇえ、迫力ないかあ。怖くないかあ。
なんだろう、髪振り乱して、少し口の端で加えながら目を見開いて出てくればいいのかな。
でもでも、それじゃかわいくないし~。
なんで不敵に笑ったの!? 
あ、肝がないってロボットジョーク!(ぴしっと手を挙げて楽しそうに)
オデットちゃんも驚かせる側なの?
いやまあ、もう何度となく見てる光景だからっつーのもあるけどよ。どうにも依夜の嬢ちゃんは見た目が可愛いもんで驚けねえだろ。
ああ、地方じゃ茶は薬扱いされたりもするんだったか。こっちじゃ嗜好品の一種だぜ。(ほらよ、と蒸らし終えた紅茶を二つのカップに淹れれば、むわりと店内に甘い香りが漂い。エゼルと依夜の前へとカップを置いた)
なーるほど、イチヂクか……そういうのもありか

なんでって、お嬢ちゃんを捕まえる手が見つかったんだ。こりゃぁ俺の仕事もまた一つネタが出来たってやつさ。
元の世界ではよく近くの村の人間に悪戯してたのよ。
精霊の友達に手伝ってもらって作った落とし穴にハメたり、上から水ぶっかけたり、突風で転ばせたり、お菓子せしめたりいろいろ。
やってること的には驚かせる側かなって。
イッツァロボットジョオオオオオク!!!(と両手を上げ)
おぉぉ、入れただけでこの香りってのもすげぇなほんと(と砂糖菓子茶に)
……。と、少しうとうとしてしましましたね。
(目をこすり、首を振る)
用事も思い出してしまいましたし、済みませんが今日はこの辺りで。
また今度お話しましょうね。
(カウンターに硬貨を置くと、店外へ向かう)
ああ、日付が変わる前に戻って来いよ。行ってらっしゃい。
やめて、こわい。夜中にお手洗いいけなくなったら恨むからね。>依夜
あ、ほんとだ。すごい甘い匂い……。(暫し眺めていた)
見慣れてるか~。ここはインパクトが大事よね。でも竈からでようとして火が入ってたら幽霊のローストになっちゃうし(むむむとなやむ)
捕まえてどうするの!? 何のお仕事するの!?
わあ、そうだったんだ。妖精さんだもんね、って
けっこういろいろすごいことしてたんだ! えへへ、悪戯っ子だったのね。
すごい力強いジョークきこえたんだよ(きゃっきゃ)
大丈夫大丈夫。そういう依頼でもない限りやらないよ~。
ね、いいかおりでしょ。この紅茶好きなんだ~。
よく考えると落とし穴に水とか割と派手なイタズラしてんな。
インパクトのためになんかメイクでもしてみたらどうよ……(数秒考え)そもそも付くか? メイクとか諸々
おかげでその村では悪戯妖精で名前が通ってたわね!(えへんと胸を張る)

酷くても軽く捻挫したりとか風邪ひいたりだったから平気よ平気。
仲のいい精霊友達がいたからできたことだったしね。
捕まえておくのが俺の仕事で、それ以上は知らねぇなぁ……。

(飲み終えたカップを戻して)
ごちそーさん、さてさて、今日はのんびり寝っ転がって酒にするとするかねぇ。
またなー
(今日は多めにコインを積んでふらふら歩いていく)
異世界産、砂糖菓子の紅茶ってな。砂糖を混ぜなくてもその甘さだって言うんだから驚きだぜ。

どうにもオデットの嬢ちゃんがこういう話聞いてっと俺よりも長く生きてるって話がフカしに聞こえてくるからいけねえや。
ちょっとー、酷いじゃないのー。
逆に長生きだからいつもの生活が飽きて刺激的なことしたくなるのよ。
おう、芸術家の旦那もまた来な。あんまり酒入れすぎるなよ。

刺激的なことっつってもその内容がなあ……。もうちょっとなんだ、そう……無かったのか? 何か調べたりとか、そういう有意義なの。
悪戯妖精っ! わああ、ちょっと意外だったり!
いつか一緒に悪戯しようね!
何されるの!? ねぇ、何されるの私!?
ええとおつかれさまね。
長生きすっと退屈が敵になるってのはよー聞く話じゃねぇか。まぁルーチンワーク上等な俺みたいなロボには無縁の話だけどよ
調べるって言っても身近に同族いなかったから情報の収入源がなくって……。
かといって翼隠して人間の街まで行くには歩き慣れてなかったんだもの。
よかった。寝れなくなるかと……。
(ほっとして紅茶に口を付ける) あ、ほんと。とても甘い。どやって作ってるんだろう……。(言って、くぴくぴと飲む)
さてと、俺はじゃぁそろそろ帰るぜ。またくるぜー(とドアをエイこら押して立ち去る)
あは、依夜との悪戯はなんか楽しそうね。
悪戯の幅も広がりそう!楽しみにしてるわ!

……っと、もうこんな時間なのね。
私もそろそろ帰ろうかしら。まったねー。
(残っていたココアを飲み干して帰って行った)
へえ、それじゃあ今までは人里にも降りて来なかった嬢ちゃんが、今じゃこうして喫茶店までってところかい。なんつうか、本当に妖精って妖精なんだな。

それはそれとして紅茶は紅茶だから寝付けにくくなる成分も混じってるって聞くけどな。まあエゼルの嬢ちゃんなら多分大丈夫だろ。
おう、クラカの旦那もまた来な。
ね~、絶対楽しそう。やろうやろう。マスターとかマスターとかマスターとかにやろっ。
楽しみにしてるよ!

じゃ私もかえろっかなあ。
砂糖菓子の紅茶美味しかったあ。ありがとうね、ごちそうさま!
(お題を置いてふわふわ飛んでいく)
ちょっと、それ聞いてないんだけど。……寝れなくなったら来週怒るからね。(飲み干した)今日はもう終わりだったよね。それじゃあ、また今度ね。(小銭を置いて帰って行った)
ああ、オデットの嬢ちゃんも、依夜の嬢ちゃんもまた来な。
……俺に対する執念がすさまじい。勘弁してくれ……。
ああ、エゼルの嬢ちゃんも。まあ思い込みって話もあるらしいから、暖かくしてりゃ眠れるさ。また来週な。
――それからも、キャリー喫茶店ではしばしお茶会が続いた――

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM