PandoraPartyProject

ギルドスレッド

文化保存ギルド

誰が為の慰労会

幻想内にある温泉旅館。
大きくはないが温泉が有名な宿、今回の企画にはちょうどよいだろう。
今回はそちらを貸し切りました。そんな一幕。
なお、温泉は混浴ですのでくれぐれも湯着の着用をお忘れなく。(貸出有)

というわけで、勝手ながら過労気味の紫苑の君の慰労会を企画させてもらいましたとも。
注文すれば大概の物は出てくるんじゃないかな。

2週間位は借りてるよ。
先んじて視察に来ましたよ...と。
(今は湯に浸かるつもりはないので普段着のまま大浴場へ入り周囲を確認する。
使用人も何名か連れてきているので館内は任せるとしよう。)
(見渡し)...ふむ、なかなかの浴場。で、あちらは露天と。
ホールとの連絡用に一名はメイドを付けておくか...
(ひょこっと顔出して、とことこ歩いていった)
……温泉を借りた、ですって(招待状を持ってびっくり)
(戻ってくる)
先行組の到着と言ったところかな。やーやー、ようこそであるよ。
んむ、兄にイレギュラーズの支援という名目でちょいと資金を出してもらったのさ。
ああ、なるほど……ともあれ、本当に用意してくれるなんて思わなくて。
なんというか、うん、ありがとうとまずは言わせてもらうわ。
なぁに、半ばワタシのわがままみたいなものであるしね。
時には休息も必要という訳ですよー
そっか……うん、では遠慮なく。使わせてもらいましょうか。
どうせ蠍の依頼が返ってくるまで時間は有るしね
ぜひぜひ、せっかくの貸し切りですからね。しばらくの間は借りてあるから。
あ、施設の視察は一通り終わってるから聞きたければ答えるよ。
あ、それじゃああれよ。温泉に入りながら飲み食いしてみたいのだけど。どうなのかしら。いける?
うむ、そう来るだろうと思って浴場周りには色々と手配しておいた。
ウチのメイドを浴場の控えに待機させてるから、注文すれば持って来るよ。
ーーちょっとときめいたわ。
うん、じゃあ遠慮なく、風呂で肉を食べてみたいわ!
はいはい。ではそうだな...とりあえずローストビーフでも用意させよう。
(視線を向けると使用人が一礼して下がっていく)
...あ、干し肉のほうが良かった?
いいえ、ローストビーフで。ふふ、干し肉は平時の食事。そうじゃないならそれ相応のものを食べないとね。
ならば良し。直接浴場に運ばせるから...ご案内しましょうか?
o0(そういえばミーナも居たはずだけど...部屋に行ったかな?)
ええ、じゃあお願いするわ。一応水着も持ってきたしね。
(一方その頃。勝手に食堂に上がりこんでいる奴)
かしこまりました。ではこちらへどうぞ...
(やけに慣れた動作で案内する。そんなに掛からない内に更衣室入口前までつくだろう)
(食堂では呼込まれた使用人達が料理を並べている
バラバラに到着するのを見越したバイキング方式らしい。
主食は米・パン・パスタが揃い、サラダ各種に肉料理・スープなど様々な好みに対応できる。
広く揃えたようなので大人数向けの量ではないが。)
(使用人達はミーナを見ると丁寧に一礼して行く)
んー…っと(きょろきょろと周りを見渡すと、まずコップを手にとって牛乳を入れ始めた)

んっん…(こくこくと喉の乾きを潤して一息)
じゃ、せっかく温泉。早速楽しませてもらうわ。(明日以降高速を使うの意)本当に……使用人が多いわね。
(何かを使用人に伝え、困惑させるも強引に頼み込み。どこかの部屋へ)
はーいはい、せっかくの貸し切りですからゆっくりしてね。
んむ、まぁウチの館から何名か...

...ん?どうしたの?(使用人から連絡を受ける)...迷子?色黒で特徴的な金髪...
......ああうん、思い当たる知り合いがいる。お連れしてきて。
(指示を受けた使用人はマリアの元へ行きこちらの居場所を教えてくれるだろう)
(使用人に手を引かれてやってきた)
遅くなった。ここが会場で良いのだな
うむ、良いのだ。やーやーようこそマリア。
(使用人は一礼すると去っていく)
お風呂に入れると聞きまして。

ああ違う、いーちゃんをねぎらうんだっけ?
(肌寒いので薄手のケープを羽織ってきた。
受け取ろうとした使用人に当然のように渡してのそのそ歩いてきている。
なんだか歩き方がぎこちないのは、すっかり干物に成り下がっていた数日間のせいかも知れない)
貸し切りとは、剛毅なことだ。食事の時間は、まだ先だろうか
風呂場で食べても良いらしいわよ(ひょこっと顔を出してからすぐ引っ込み
お概ねお風呂に入れるであってる。やー、ごきげんようカタラァナ。
まぁ主目的はイーリンのねぎらいだけどね!(声が聞こえればそちらに手を振る)

そこな主賓が言うように風呂場でも問題ないし、フリータイムのバイキング方式を取ってるけど...ちゃんと食事の場も用意したほうがいいかな?
わ、すごい!(湯浴み用の薄いローブで現れてイーリンの隣に)
ご飯の場所はちゃんとあると嬉しいカナ?
おっけー、ではバイキングの方にしましょ。お湯の方でもそれで話がついたしーって。
ミルヴィ、寒くないの?
じんぐるべらない じんぐるべらない
まだまだ こんやは ものたりない♪
ふんむ。そのように手配しよう。
...聞いてたね?よしなに。(片手を上げて控える使用人に通達。近く、場が設けられるだろう)

...あ、ミルヴィもやっほー。んむ、そっちも手配するから待っててくれた前。
まさしくいつものメンバーって感じね。
ふふ、嫌いではないし心地よいわ(くすっと笑って
ここが馬の骨さんが言っていた例の……。
どうもどうも、遅れました。
ちょいと体が傷むので、リフレッシュにでもと。 えひひひ、招待どうもですよ。
エマもいらっしゃい。傷にも温泉は利くと思うし、養生していくと良いわ。
ということで私、食べたことない料理と食べたことのある料理を半々くらいで盛りたいわ?
慰労するのはイーリンだけに収まらん、な。エマも、ゆっくり体を休めると良い
私だけ疲れて他のみんなが元気ってほうがレアケースだものね
いっっっだぁーーい!(つつかれた)
なぁぁあにするんですかラァナさん!

ひぃひぃ、美味しいもの一杯食べて血肉にしますしますとも、大分血が減りましたからね!
あたたた。
ふふ、エマもいきてるわね。よしよし
あ、ちょっとメタな話、私明日の夜10時からしばらく高速に対応できるわよ。
(うーん、もうちょっと皆とおしゃべりしたいんだけど、時間の都合どんなものかしら。)
(木の夜から金土に掛けてであれば、時間ができる)
(その時間なら私は22-0時までの二時間コースね。それでも顔をだすわ。)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM