PandoraPartyProject

ギルドスレッド

貸本喫茶『ひつじ雲』

【RP】営業中(その2)

最後にあの店を訪れたのはいつだったか。
確か、湿気がじっとり肌に纏わり付くような暑い日だったような気がする。

――― 冬、某日。
久しぶりにあの店の前を通ると、
扉には『OPEN』と書かれたプレートがぶら下がっていた。

ーーーーーーーーーーーーーーー

寒いね、凍え死んじゃいそう……。
そんなわけでお店の中は暖かくしてあるよ!

ところで……君は前にも会ったような
そうでもないような……?うん、ごめんよ。
相変わらず顔を覚えるのは苦手なんだ。

さて、今日は読み終わった本を返しに来たのかい?
なんとなく足を運んでみただけ?
新しい出会いを探しに、なんてのもロマンチックで素敵じゃない。
それも違うとなると……もしや、お目当てはウチの珈琲か。

ま、目的は何でも良いさ!
何方様もいらっしゃいませ、どうぞごゆっくり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼季節は冬
▼誰でも書き込みOKなRP推薦スレ
▼カウンター席の他、ソファー席も用意されている
▼四方に大きな本棚が設置されていて、中にはジャンル問わず様々な本が置かれている。全て店内での閲覧・貸し出し可能
▼メニューは一番下に
▼誰かと会話を楽しむもよし、じっくりと本を読むのも良し、思い思いに過ごす場所。
▼騒がしくしていると裏口から放り出されます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<メニュー> 

チャイ(選べます:カスタード or ジンジャー)

紅茶(ジャム・ひつじ型クッキー付)

ブレンド珈琲

抹茶ラテ

ホットココア(マシュマロ付)

他、オーダーあればどうぞ。材料揃えば作るよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

→詳細検索
キーワード
キャラクターID

可哀想に。トラックの運転手が何をしたっていうんだ……。

(客を待つ間暇だったのか、本棚の中の一冊を手に取って読んでいる。『冴えない俺が異世界に転生したら最強チートな冷酷魔王(♀)になっていた件』という長ったらしい題のライトノベルのようだ)
(自身の羽を風よけに広げながら冷たく吹く風をやり過ごし歩いていると、目に入ったのは『ひつじ雲』と銘打った喫茶店。少し寄っていくかと戸を開けた。広げていた翼を背に畳み、中を見回す)

…邪魔するぞ。
開かれた扉の隙間から冷風が吹き抜け、背を向けて読書に没頭する男の頬を掠めた。)
 
(続いて入口から聞こえてきた声に釣られるように振り返り、来客に気づくと慌てて立ち上がる)
 やあ、いらっしゃい。貸本喫茶へようこそ。本日一人目のお客様だ!嬉しいねぇ。
 こんなに寒い日じゃ誰も来てくれないかなーなんて諦めかけていたところなんだ。
 
 さ、お好きな席へどうぞ?
うぉぅさぶぶ……

店長さんこんにちはー
例のブツ持って来ましたよー
(膨れたかばんをぽんぽん)
(慌てて立ち上がる店の者らしき人物を見止めれば少しばかりの遠慮をその顔に映し)

ああ、すまん。読書中だったか。
冷たい風が少し堪えたんで、暖を取るために立ち寄らせてもらったんだが…、っと。

(会話の途中で後ろからの来客に気付き、すまん、と一声かけながら扉の前から身体を避ける。そのまま、促されるまま空いてる席へと移動を始めた)
葵さんじゃないかー。ふっふっふ、待ってましたよこの時を!外寒いのにありがとねー。
ま、立ち話もなんだから中へどうぞ。今温かい飲み物用意するから好きなものをオーダーしておくれ。
勿論、今回も僕のおごり!



そうだったんだー。確かに、風があると辛いよねぇ。

お客さん、ウチは初めてみたいだね。なら、簡単に説明しておこうかな。
ここは貸本喫茶、ドリンク片手に本を楽しむ為の場所さ。
置いてあるものは全て閲覧自由なんだ。ついでに、貸出しもやってるから読み切れなくても大丈夫!
特に冊数や時間の制限は設けてないから安心して。(説明しながら、ドリンクのメニューを渡し)

ってことで……はい、これがメニューね!
ありがとうございます、またおごられますね
今回はホットココアお願いしますー

えー、まずは先鋒、借りてた本です
空の上にある宇宙って所を冒険するお話でしたねー
…これ返す時って何か書きます?
いいや、大丈夫だよ。そっかー冒険ものかー、ウチの店じゃ人気ジャンルなんだ。
楽しんで貰えたかな(エプロンのポケットから豚の人形を出して)

それじゃ、ココアを持って来るから好きな席へどうぞ?
特に敵対してた宇宙人と、
最後は仲良くなるとことか面白かったですよ
旅人さんにも宇宙人とか居そうですねー
(豚の人形を受け取りつつ)

はい、お待ちしてまーす
(ソファ席に座ると型紙や不織布を取り出し、人形にあてがっていく)
(いくつも空いていた席の中、店の端の方に腰を下ろす。
言われればぐるりと店内を見渡して、所狭しと並べられた本に知識欲は擽られていき)
貸本喫茶か、なるほど。
お言葉に甘えて後で少し見て回らせてもらおう。

(渡されたメニューをしばし眺めてから返し、同時に注文を)
オススメを頼めるか。身体が温まる様なやつで。
宇宙人かー確かにこの世界なら出会えそう!僕も友達になってみたいな。
(取り出された布に気づいて)わお、色々持って来てくれたんだね!



ふふーん、そうなのですよ!絵本から魔導書まで豊富に取り揃えているんだー(と、少し自慢げに語り)
それじゃあ読書のお供にジンジャーティーを淹れてこよう。
味はどうしようか?普通ならハチミツを加えて甘くするんだけど、苦手だったら無しに出来るよ。
今回暖かい服ということなんで
ボア生地をメインにして、
パーカーやフリース、ダッフルコート辺り作ろうかなーと思いまして

それで布も何種類か持ってきたんですけど…
服の種類や色でリクエストありますか?
ご機嫌よう。
(扉を開け声を掛けた男の傍ら、冷たい風は店内へ滑り込み暖かな空気を連れ出そうとする)
(しかしその企みは直ぐに閉め出され中止となった)
少し風が入ってしまったかしら。ここは暖かいわね。

随分と遅くなってしまったけれど、今日はこちらを。
お陰で風邪を引かなくてすんだわ。ありがとう。
(そう言って店主へと差し出したのは何時かの夜に借りた黒い傘。その柄には黒いタッセルが結わえられている)
ここへ来る途中に通りかかったお店で見つけてしまったものだから。
邪魔だったら外して頂戴ね。
そうだなぁ……この子の肌ピンク色だし、赤色が似合うんじゃないかと思ってるんだ。
おじさん女の子の服装ってよく分からないんだけど……(必死に考えた結果)
うん!とりあえずスカート、かな!!



あの時のお客さん!わざわざ返しに来てくれたんだね。
(受け取った傘に付けられたタッセルに気づき、目を輝かせた)
わあ、素敵な飾りだ!……嬉しいけど、本当に頂いてしまっていいのかい?
えぇ、傘の対価はお渡ししていないから。(タダより高いものは無いでしょう、と冗談めかして笑い)
タッセルはお借りしたお礼。店主さんに気に入って戴けて良かった。
どうぞお納めになって。

冷たい外へ戻る決断を下すにはもう少し時間が掛かりそうだから、
お茶を一杯いただいても宜しいかしら?
(以前座ったソファは空いているだろうかと店内を窺う)
ふむふむ、そういうことでしたら…
赤のダッフルコートにキャメルのスカートですかねー
ついでに手袋もつけときましょう

ではしばーらくお待ちをー
(作業用の布を取り出し本格的に縫い始める)
魔導書まで…本当に豊富に揃えられているんだな。
(感心した様に見回し目についた小説を一冊手に取る。表、裏と表紙を眺めた後に主の質問に視線を向け直して僅かの思案)

それじゃあ、蜂蜜入りで頼めるか。それがいつもの味なんだろう?
苦手という事はない。宜しく頼む。
(窓の外でごうごうと鳴っている風の音を聞き)
あー、確かにこれは……身体を温めてから出た方が良さそうだ(以前座っていた席を思い出して案内した)
さてと、実は冬向けに色々と新作を出しているんだ。定番のもの以外に、チャイやラテなんか用意してるよ。
紅茶ならジンジャーを入れてみるのもいいかもしれないね。何がいいかな?



だふ…?きゃ、きゃらめ……る? なんだか美味しそうな名前だね!
うん、葵さんが繕ってくれるならきっと間違いなしさ!
(邪魔にならないようテーブルの隅に出来上がったココアを置いて)



はーい、少々お待ちを……ああそうだ、今のうちに渡しておかなければならないものが。
じゃじゃーん、ここでお客さん専用の貸出しカードの登場だー!
(エプロンのポケットから薄黄色のカードを出して)
これさえあれば、ウチの本を何冊だって借りれちゃうのさ。
ここに君の名前を書いてもらってもいいかな?
……ふへー、あったまりますねぇ
(作業の合間に手を止め、ココアの方へ)

あれ、そういえば…
トンコさんも恋人さんからのプレゼントなんですか? 
それとも他のところでしたっけ?
(案内される途中、手際良い裁縫に感心し)見事なものね。どこか洋裁店の方かしら。

(希望の席へ着けば嬉しそうに)あぁ、空いていたのね。この席居心地がよかったものだから、嬉しいわ。ありがとう。

季節の限定品ってヤツかしら。その時季にあったお品って風情があって好きよ。
それじゃあチャイを。ジンジャー入りで頂きたいわ。

お茶請けも欲しいのだけれど……何かいい物はあるかしら?
トン子ちゃんはこの世界の店で買ったんだ。店先で売れ残ってたんで、つい……。(と、苦笑いして)
お店には持って来てないけど、同じ理由で買っちゃった子がいっぱい居るんだ。
そろそろ部屋に置ききれなくなりそうだよ……。



僕の人形用に服を作ってもらってるんだー。とっても上手だよねぇ
クッキーやマシュマロがあるよ!

甘いものしか置いてなくてごめんね。もう少ししたらフードメニューも追加する予定なんだけど
まだ提供出来る段階ではなくて……。(と、申し訳無さそうに)
今はこっちの世界の人達はどういう味や料理が好きなのかなーって色々研究中なのさ。

参考までに教えて欲しいんだけど、シーヴァさんは何か好きな食べ物ってあったりする?
あーはい、目と目があうってやつですねー
どんな理由にせよ、トンコさんや他の子も喜んでると思いますよ
しかし部屋に置ききれないとは中々ですね…
そうなんだよー、片付けるのも面倒でずっと飾ったままなのさ。
店は店で本がたくさん置いてあるからねぇ……無理なんだよねぇ。

使い魔みたいに自立行動させる事が出来たら良いなと思って
魔法関係の本を調べてるんだけど、中々見つからないんだ。
葵さんはそういう魔法について心当たりないかい?物を動かしたりとか
(何度か瞬きをした後に、テーブルに置かれた布を数度突く)
(すると布がひとりでに立ち上がり、四隅を手足のように動かしながら歩き始めた)

えっと、こういうので合ってます?
これー!合ってます。なにこれすごい。布って歩けるんだ……。
というか今、呪文なしで動かしてた!?葵さん天才じゃない?

(布が動く度、興奮気味に感動の声を上げ)
何だかアラビアンナイトって物語に出てきた空飛ぶ魔法の絨毯を思い出すよ。
ソロモンも持ってるって言ってたっけなぁ。
(凡そは人と遜色ないが、どうにも細かな部分が人工的な、おそらくは男とおぼしい人影が扉から入ってくる。もし獣並みの鋭い嗅覚があるならば、生身の人間の匂いの代わりにコピー機とかみたいな、そういったオゾン臭がすると気づくかもしれないし、絵具めいて白い肌には血色という概念が存在しない。)

……。
(挨拶すべきだろうか、それとも無言でいいのだろうか、と少し様子を見ていた。)
(視界の端に見覚えの無い人影が映ったのに気づき)

やあ、いらっしゃい!貸本喫茶へようこそ。
いやー、寒いよねぇ。寒すぎるよねぇ。どうぞウチで温まって温まっていってくださいな。

(いちも通りの挨拶の後、客人の方へと向き直る。店主は、その肌色と不思議な色の瞳を見てもさして驚きはしなかった。
反応を待つようにニコニコと人の良さそうな笑みを浮かべている)
おじゃましまーす。
ねー、雪が降るとあたり一面とってもきれいだけど、とってもさむい。
さむすぎるの苦手だからあったまらせてもらうね。
(にこっと笑う。硬質な見た目と違って愛想がいいらしい。)

とりあえずコーヒーくださいな。
人形?(と目線を移せば豚の人形があった)
メェ太郎ちゃんのお洋服じゃないのね。店主さんは人形がお好きなのかしら?

(申し訳無さそうに話す店主へ笑みを向け)甘いものは嫌いじゃないからアタシは構わないわ。
でも、メニューの追加楽しみにしているわね。再訪の楽しみが出来るもの。

今日はマシュマロをいただきましょう。
こちらもチャイに……1つ2つ浮かべていただけるかしら?

(好きな食べ物を問われ暫し沈黙)…………(困ったように眉尻を下げ)「お茶」じゃダメかしら。店主さんが淹れてくださるお茶も好きよ。
飲み物はダメって言われちゃうと、難しい質問ね。

僕も大の苦手だよー。早く暖かくなって欲しいものだよねー(と、ガラス窓から離れた席へ案内した)

じゃあ、コーヒーを持って来るよー。……っと、そうだった。
初めてのお客さんには説明をしておかないとね。

えー、コホン……説明しましょう!
ここにある本は全部読み放題!貸出しOK!種類は魔導書から異世界の雑誌まで様々だよ!
しかも貸出し冊数に制限なし!期限もない!営業時間は昼から明け方まで!
心ゆくまで楽しんでいってくだサーイ(エプロンの中にサッとカンペを隠し)
……うん、こんなところだね!(ニッコリと)

お客さんは何か読みたい物はあるかい? 



ふふー、実はそうなんだー。
あの愛くるしい目とか、コロッとしたボディを見てると癒されるんだよー!
もちろん、一番のお気に入りは羊のぬいぐるみさ。

い、いや駄目ってことはないよ!むしろ良いと思う。僕もお茶好きだし。
いきなり変なこと聞いてごめんね。 

(伝票に「マシュマロ」と書いている途中でボキッとペンが折れて)

あ、あわ、ありがとう!これからも頑張ります。
あはは、嬉しくてつい力が入っちゃったよ。
だいたいわかった。
(席に案内され、説明を受け)
地理とか旅情報の雑誌でも読もうかな。土地のことは色々知っておいた方がいいからね。
大分幻想にも慣れてきたけど、違う人の視点ってのも新しい発見があるしね。
元々は紙で作った式神を動かす技術の応用ですね
あまり決まった形式やら呪文は無くて、動けば同じみたいなやつですけど……
確か練達上位式という名前だったので
それで調べれば見つけやすいかもしれないですねー

あとアラビアンナイトとやらが気になります、こちらに本あったりしませんか?
勤勉ですなぁ。旅人さんって、みんな自分から情報収集してるんだねぇ。
かく言う僕も旅人なんですけど、見習わなくちゃだねー(呑気に笑い)

旅行系の本は読んでいく人が多いからね、いっぱい揃えてあるよ
(「あの辺の棚に」と離れた場所を指さして)
地理は……、一部情報が欠けたものなら置いてあるんだ。深緑に覇竜、だっけ?
あの場所について書かれた本が中々見つからなくてねぇ。僕も一生懸命探してはいるんだけど。




ほう、ほう。式神!それは僕が来た世界でも聞いたことのある単語だ。
最も、あっちじゃフィクションとして片付けられてたんだけどね。
ありがとう、さっそく調べてみるよ。

ありますともー!これはもう布教するしかなさそうだね。
(棚から「千の夜と一つの夜」と題された分厚い本を持ち出して)
まずはこの表紙に注目していただきたいのです。綺麗でしょ、この衣装。
(表紙にはアラビアン衣装を身に纏った女性が微笑んでいるイラストが描かれていた)
この本にはこういうキラッキラな人がいっぱい出てくるんだ。
そして、色々な場所を冒険をするのさ。
おお、これは素敵な衣装!
この方は……踊り子さんなのでしょうか、動きが映えそうですねー
んー……、この衣装作れないかなー
(表紙の絵に目を輝かせ)
しかも冒険、いいですね!この本ぜひ貸してください!
でしょー!中の方にもいっぱいイラスト載ってるから、そっちも参考になるかも。
葵さんの腕なら、きっと素晴らしいものが出来るよー
(と、自分の人形の洋服が作られていく様子を見ながら頷き)

どうもありがとう。それじゃ、手続きを済ませてくるよ。
ぜひ楽しんでね!

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM