PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
……えへへ、わたしも!

(自分で言ったはいいけれど、ちょっぴりずうずうしいかもしれない、なんて。
 すこし。ほんのすこうし、不安になってしまったのだと囁いて。
 けれど彼女は柔らかく笑ってくれたから。自分の、友人たちの齎す色彩を、喜んでくれたから)

ありがとう。
ことばをかわして、まほうをかけあって。
アイラがわらってくれたことが、とってもうれしい。

(ありがとう。もう一度、溢れんばかりの想いを込めて)

うん、もちろん。
きのうから煮込んでおいたスープがあるの。
……ふふ!さっそくひとつ、”ふゆのあしおと”が聞けるね。

(立ち上がり、花でいっぱいに満たされた籠を抱えて。
 彼女のことのはを是と受け取ったなら、緩やかに。少女を先導するように歩き始めた)


(――木漏れ日の中、小鳥たちの歌声を聴き乍ら歩む道。
 シリトヴの森と精霊たちは、ふたりの娘を優しく見守っていた)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM