PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
うん、そう。”おともだち”が使える、ひみつのまほう。
ひとつ、またひとつ。重ねていくたびふえていく、うれしいというきもち。

(だから。大丈夫。顔を上げて、と。告げずともはにかみ微笑む彼女の姿に微笑み返し)

せかいは、とても。とっても、ひろくて。
わたしたちでさえしらないことが、まだまだ、たくさん。たくさん、あるから。
わたしたちがちっぽけに思えるくらい、”ふしぎ”なものが見つかるよ。

(だからきっと。後ろめたく思うことも、嘆くこともないのだと添えて)

ふふふ!
やわらかいゆきにじぶんのかたちがのこるの、とってもたのしいんだよ。
スープのあたたかさも、燈りのまぶしさも。
たくさん、たくさん知っていこうね。

(それは自分も、一度知ってしまったら病みつきになってしまうほどのものなのだから!)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM