PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
だいじょうぶ。アイラならきっと、できるよ。
だって……ほら。わたしにも、”まほう”をくれたもの。

(花を紡ぎ、花を廻らせる。やさしい冠。
 あなたがくれたもの。それは、こんなにもあたたかいのだと告げて)

そう、みんな。
踊る風の歌声を。巡る水のせせらぎを。
大地の鼓動を、いのちのともしびを。
目に見えるものだけがぜんぶじゃないって、……わたしはみんなに、おしえてもらったの。

(自分のちからを理解すること。受け入れること。
 それは人々との触れ合いで培ってくる事が出来た、娘なりの成長のしるしなのだと目を細め)

ゆきがふったら、まっしろなじめんにからだをのせたり。
降り始めた霜の音を聞いたり……そう、それから。
うんとさむいところでたくさんあそんだら、あたたかいおへやで、あたたかいスープを飲むの。
そうするとね……。

(ひそひそ、声を潜めて)

びっくりするくらいおいしくて、からだも、こころもぽかぽかになるの!

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM