PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(彼らは恐れていた。
 神の御使いでないものを。
 木々の柵のそとから訪れるものを。
 自分たちとは違うものを。すべてを、)

……そう、そうだね。
わたしたちは、せかいにおちた奇跡のかけらなんだって、空中庭園で聞いたの。
だから……だから。わたしたちが、みんなのおてほんにならなくちゃ。

(自分たちが、種を違えようと手を取り合っていたならば。
 いつかは、いずれは。皆も、何をも恐れずに。
 等しくしあわせになってもらいたいのだとはにかんで)

おともだちができることって、とっても、とってもうれしいね。
それに……、……ね、わたしたち。

(いろが、おそろい!
 なんて、内緒話のように囁いて)

アイラの旅路に、みちゆきに。
たくさんのさいわいがありますように、……わたしからも、”みんな”からも。

(周りではしゃいでいた精霊たちのうち。
 花のいろを纏った乙女たちが、少女の頭上でぱっと花弁を咲かせ、振りまこうとしていた。
 雨のように。雪のように。たくさんのいろを、さいわいを)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM