PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
魔法のみなもと。わたしたちのなかに、めぐるちから。
それはひとによって色彩をかえて、かたちにはならないけれど。
アイラがつかうちからなら。痛みばかりをあたえるものには、ならないとおもうの。

(なんて、ことのはを交わした数度で、そう感じただけなのだけれど。
 微笑む彼女が音を返してくれたなら。頬をばら色に染めて、気恥ずかしそうに)

ありがとう。
わたしも、”みんな”が分け与えてくれる、このちからが。
……いまは、いまは。胸を張って、すきだって言えるの。

(恐れられたちから。
 『魔女』だと罵られたちから。
 けれどそれが、誰かを傷付ける為のものではないことを、もう、知っているから)

うん、……うん!
わたしも、ふゆをもっとたのしく過ごせるまほうを知ったのは、さいきんのことなの。
アイラにも、たくさん。たくさん、わけてあげるね。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM