PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
えへへ。アイラ、とってもにあってる。

(ふかい、ふかい、海のいろに似た。
 ふしぎ。彼女の艶やかな黒い髪は、冬のそらより澄んで見える)

さむくて、つめたくて、いたくて……。
もちろん、強く厳かな一面も持ち合わせているけれど。
わたしはすき。高く澄んでいて、うつくしいふゆがすき。
だから……アイラのまほうが、とってもとっても、すき。

(なんて。面と向かって言うのは、少々面映いものがあったけれど。
 悲しそうな彼女の顔を見たら、言わずにはいられなかったのだ)

もちろん、……もちろん!
星を数えたり、氷柱で音色を奏でたり。
たのしいことが、たくさん。たくさんやってくるよ。

……そのときは。いっしょにあそんでくれる?

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM